スパイラル 〜推理の絆〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スパイラル 〜推理の絆〜
ジャンル ミステリー、サイコスリラー
漫画
原作・原案など 城平京
作画 水野英多
出版社 スクウェア・エニックス
掲載誌 月刊少年ガンガン
レーベル ガンガンコミックス
発表号 1999年9月号 - 2005年11月号
発表期間 1999年8月 - 2005年10月
巻数 全15巻
話数 全77話
小説
著者 城平京
イラスト 水野英多
出版社 スクウェア・エニックス
レーベル Comic Novels
巻数 全4巻
アニメ:スパイラル -推理の絆-
監督 金子伸吾
シリーズ構成 高橋ナツコ
キャラクターデザイン 中山由美
音楽 見岳章
アニメーション制作 J.C.STAFF
製作 テレビ東京創通映像
SME Visual Works Inc.
放送局 テレビ東京系
放送期間 2002年10月1日 - 2003年3月25日
話数 全25話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画ライトノベルアニメ
ポータル 漫画文学アニメ

スパイラル 〜推理の絆〜』(スパイラル すいりのきずな)は、原作:城平京、作画:水野英多漫画。またこれを原作とする小説アニメ及びドラマCD作品である。

漫画は「月刊少年ガンガン」で平成11年9月号(1999年8月)から平成17年11月号(2005年10月)まで連載された。すべての漫画、小説はスクウェア・エニックスから、ビデオ化されたアニメなどはソニー・ミュージックから発売されている。

サブタイトルは往年のSF小説などをもじったものが多い(アニメ版のオリジナルエピソードも含めて)。

累計発行部数は510万部[1]

時系列[編集]

以下説明において、特に断りが無い限り漫画『スパイラル 〜推理の絆〜』、『小説 スパイラル 〜推理の絆〜』、ドラマCD『コミックCDコレクション スパイラル 〜推理の絆〜 もうパズルなんて解かない』を「本編」と記載する。

  • (基点)
    • 漫画 『スパイラル〜推理の絆〜』
  • (同時間軸上)
    • 小説 『スパイラル〜推理の絆〜』
    • ドラマCD 『コミックCDコレクション スパイラル 〜推理の絆〜 もうパズルなんて解かない』
  • (本編から約4年前)
    • 外伝小説 『名探偵 鳴海清隆〜小日向くるみの挑戦〜』
    • 漫画 『外伝 名探偵鳴海清隆〜小日向くるみの挑戦〜』
  • (本編から約2年前)
  • (『スパイラル・アライヴ』の約2 - 3か月前)
    • ドラマCD 『LIFE IS SPIRAL(ライフ・イズ・スパイラル) それさえも貴き日々で』

なおアニメ『スパイラル 〜推理の絆〜』は漫画『スパイラル 〜推理の絆〜』を元に制作されたため、本編と同時間軸上にあるが、後半アニメオリジナルの展開になったため、一種のパラレルワールド的位置付けである。以下説明において、特に断りが無い限り便宜上これを「アニメ」、それ以外をまとめて「原作」と記載する。

登場人物[編集]

漫画[編集]

スパイラル 〜推理の絆〜[編集]

主人公は、鳴海歩。連載当初は推理漫画であったが、後半になると「『ブレード・チルドレン』と呼ばれる常人より優れた体力、知力を持った少年少女たちとの戦い」、および「天才と呼ばれる歩の兄、鳴海清隆と歩の兄弟の心理的葛藤」がメインテーマとなっている。単行本は全15巻。ちなみに第15巻は、スクウェア・エニックス(旧エニックス)によって発行された単行本の中で過去最も分厚いもののひとつとなっている。

巻数 初版発行日 ISBN 巻数 初版発行日 ISBN
1 2000年3月22日 ISBN 4-7575-0175-7 9 2003年8月22日 ISBN 4-7575-0982-0
2 2000年8月22日 ISBN 4-7575-0271-0 10 2004年1月22日 ISBN 4-7575-1099-3
3 2001年1月22日 ISBN 4-7575-0370-9 11 2004年5月22日 ISBN 4-7575-1186-8
4 2001年7月22日 ISBN 4-7575-0468-3 12 2004年9月22日 ISBN 4-7575-1252-X
5 2001年11月22日 ISBN 4-7575-0557-4 13 2005年5月22日 ISBN 4-7575-1366-6
6 2002年5月22日 ISBN 4-7575-0678-3 14 2005年10月22日 ISBN 4-7575-1521-9
7 2002年10月22日 ISBN 4-7575-0790-9 15 2006年2月22日 ISBN 4-7575-1605-3
8 2003年2月22日 ISBN 4-7575-0854-9 -

外伝 名探偵鳴海清隆 小日向くるみの挑戦[編集]

原作単行本9巻の巻末に収録された、小説『外伝小説 名探偵 鳴海清隆〜小日向くるみの挑戦〜』完全コミック版。当然同小説と時間軸は同じ。漫画『スパイラル・アライヴ』のキャラも登場している。なお同小説とタイトルが微妙に違う。

スパイラル・アライヴ[編集]

本作の前日譚である漫画作品。スパイラル・アライヴを参照。

小説[編集]

漫画版の挿話となるエピソードを描いた長編『小説 スパイラル 〜推理の絆〜』と、鳴海清隆を主人公とした『外伝小説 名探偵 鳴海清隆〜小日向くるみの挑戦〜』からなる。2001年から2004年までの間に4冊が発売され、作者の城平京により4冊で完結となることが発表された。

小説 スパイラル〜推理の絆〜
漫画版のストーリー展開の狭間に起きた事件を描いた長編で、漫画版と同じく鳴海歩を主人公としている。4巻の『幸福の終わり、終わりの幸福』は下記の『外伝小説 名探偵 鳴海清隆〜小日向くるみの挑戦〜』の長編版。漫画版との直接的な関わりはほとんどないが、各編とも「それはまた別のお話であるのだが。」というフレーズと漫画版の内容を暗喩する一文が終わりに用いられている。
  1. ソードマスターの犯罪 ISBN 4-7575-0415-2
  2. 鋼鉄番長の密室 ISBN 4-7575-0670-8
  3. エリアス・ザウエルの人喰いピアノ ISBN 4-7575-0852-2
  4. 幸福の終わり、終わりの幸福 ISBN 4-7575-1181-7
外伝小説 名探偵 鳴海清隆〜小日向くるみの挑戦〜
漫画版の単行本が出版される度に、出版元のインターネットサイトガンガンNETスパイラル推理の絆[2]上で発表されていた、鳴海清隆を主人公とし、主に小日向くるみの視点で書かれた短編(『幸福の終わり、終わりの幸福』のみ長編)小説。4巻の書き下ろし長編『幸福の終わり、終わりの幸福』をもってシリーズが完結した。主な登場人物は、歩の兄・鳴海清隆、小日向くるみ、羽丘まどか。なお、インターネットサイトから『小説 スパイラル〜推理の絆〜』に収録されるにあたり、若干の加筆修正が行われている。

アニメ[編集]

タイトルは『スパイラル -推理の絆-』。2002年10月から2003年3月まで、テレビ東京系で放送された。放送当時は原作が終了していなかったため、後半からはオリジナルの展開が多く、伏線等は回収されず原作でのキャラクター「カノン」とのオリジナル展開での対決の後に放送を終了した。その後、2007年1月6日から6月30日までTOKYO MXで再放送された。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 城平京
  • 作画 - 水野英多
  • 掲載 - 「月刊少年ガンガン」(エニックス刊)
  • 監督 - 金子伸吾
  • シリーズ構成 - 高橋ナツコ
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 中山由美
  • プロップデザイン - 白井順
  • 美術監督 - 廣瀬義憲
  • 色彩設定 - 箕輪綾実
  • 編集 - 関一彦
  • 音楽 - 見岳章
  • アフレコ演出 - 井上和彦
  • 音響演出 - はたしょうじ
  • プロデューサー - 東不可止、勝股英夫、板橋秀徳
  • 制作プロデューサー - 松倉友二、大山良
  • アニメーション制作 - J.C.STAFF
  • 製作 - テレビ東京創通映像SME Visual Work Inc.

主題歌[編集]

オープニングテーマ「希望峰
作詞・歌 - Strawberry JAM / 作曲 - あき / 編曲 - 野村義男
エンディングテーマ「カクテル
作詞・作曲 - たくや / 編曲 - 佐久間正英&Hysteric Blue / 歌 - Hysteric Blue
サウンドトラック
『スパイラル 〜推理の絆〜 テレビアニメーションサウンドトラック』 (SVWC1322)

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1 運命の旋律 高橋ナツコ 金子伸吾 木宮茂 桜井木の実
秦野好紹
2 死の聖樹館 政木伸一 浅見松雄 井嶋けい子
寺澤伸介
3 呪われた子供たち 北条千夏 奥田誠治 三宅雄一郎 桜井木の実
武内啓
4 信じる者の幸福 田中哲生 道理保 清水博明
金鐘學
5 霧の死刑台 堺三保 葛谷直行 山内東生雄 桜井木の実
青井清年
6 包囲網の死角 高橋ナツコ 江島泰男 大河原晴男
7 信じぬ者の選択 田中哲生 葛谷直行 桜井木の実
青井清年
武内啓
8 敗者ばかりの日 北条千夏 阿部雅司 しまだひであき
9 きみにできるあらゆること 高橋ナツコ 中島弘明 太田博光 桜井木の実
武内啓
10 たった一つの冴えたやり方 小出克彦 京田知己 大久保唯男 清水博明
11 グッドナイトスイートハーツ 高橋ナツコ 葛谷直行 福本潔 青井清年
12 乾いた瞳 北条千夏 江島泰男 三条実美 大河原晴男
13 Overture(オーバーチュアー)〜序曲〜 小出克彦 政木伸一 桜井木の実
武内啓
14 甘き香り陽炎に似て 高橋ナツコ 金子伸吾 浅見松雄 井嶋けい子
15 ライク・ア・スワン 田中哲生 葛谷直行 太田博光 木下勇喜
桜井木の実
16 まねかれざる訪問者 北条千夏 阿部雅司 しまだひであき
17 暗闇のスキャナー 堺三保 葛谷直行 福本潔 青井清年
18 嘆きの天使 高橋ナツコ 水島精二 新田義方 大河原晴男
19 心の鏡 小出克彦 葛谷直行 大宅光子 桜井木の実
20 ささやく影 田中哲生 福田道生 まつもとよしひさ 篁馨
吉田隆彦
井嶋けい子
21 心の砕ける音 北条千夏 葛谷直行 新田義方 原田峰文
武内啓
22 仮面の告白 高橋ナツコ
堺三保
阿部雅司 しまだひであき
篁馨
23 止まない雨 小出克彦 葛谷直行 福本潔 青井清年
24 高い城の男 高橋ナツコ 大河原晴男 新田義方 大河原晴男
篁馨
25 アヤメの凍て解く音 葛谷直行
金子伸吾
浅見松雄
金子伸吾
中山由美

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
関東広域圏 テレビ東京 2002年10月1日 - 2003年3月25日 火曜 18:00 - 18:30 テレビ東京系列 製作局
北海道 テレビ北海道
愛知県 テレビ愛知
大阪府 テレビ大阪
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
日本全域 BSジャパン 2002年10月2日 - 2003年3月26日 水曜 18:25 - 18:55 BS放送
AT-X 2003年12月16日 - 2004年6月8日 火曜 9:30 - 10:00 CS放送 リピート放送あり
東京都 TOKYO MX 2007年1月6日 - 2007年6月30日 土曜 22:30 - 23:00 独立局 事実上の再放送

関連商品[編集]

コミックCDコレクション『スパイラル 〜推理の絆〜 もうパズルなんて解かない』
2001年9月、エニックス、ISBN 4-7575-0555-8
原作者書き下ろしのオリジナルストーリーによるドラマCD。アニメ化前のドラマCD版キャスト。
スパイラル完全解説本『LIFE IS SPIRAL』
2003年2月、エニックス、ISBN 4-7575-0893-X
『スパイラル 〜推理の絆〜』第8巻までの解説や制作裏話、キャラクターの秘話を含めた解説などを収録した解説本。アニメ版キャストによるドラマCD「それさえも貴き日々で」が付録。
水野英多画集『SPIRAL』
2003年3月、エニックス、ISBN 4-7575-0930-8
『スパイラル 〜推理の絆〜』、『スパイラル・アライヴ』の描き下ろし含めた総計65点のカラーイラストを収録。水野英多初の画集である。
水野英多画集2『SPAIRAL ALL ALONG』
2006年1月21日、スクウェア・エニックス、ISBN 4-7575-1603-7
上記の水野英多画集『SPIRAL(スパイラル)』発売以後に本誌等で掲載されたカラーイラストを補完する。描き下ろしは7点ある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 事業概要”. スクウェア・エニックス・ホールディングス (2013年6月25日). 2013年6月26日閲覧。
  2. ^ ガンガンNETスパイラル推理の絆 2013年6月26日閲覧。

外部リンク[編集]

テレビ東京 火曜18:00枠
前番組 番組名 次番組
スパイラル -推理の絆-