今日、恋をはじめます

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
今日、恋をはじめます
ジャンル 少女漫画恋愛漫画学園漫画
漫画
作者 水波風南
出版社 小学館
掲載誌 Sho-Comi
レーベル 少コミフラワーコミックス
発表期間 2007年第19号 - 2011年第24号
巻数 全15巻
話数 全97話・前後編
テンプレート - ノート

今日、恋をはじめます』(きょう こいをはじめます)は、水波風南による日本漫画作品。『Sho-Comi』(小学館)にて、2007年19号から2011年24号まで掲載された。内、2011年11号のみ休載している。そして2012年『Sho-Comi』3.4合併号〜5号に前後編として、連載終了後のその後のストーリーが掲載された。

概要[編集]

水波風南の5作目の連載作品である。

2008年、『Sho-Comi』本誌6号付録にてドラマCD化され、2010年にはコミックス限定版としてアニメ化された。

2012年5月時点で単行本累計発行部数が800万部を突破[1]、そしてこの作品で水波の単行本累計発行部数が1000万部を突破した[2]

あらすじ[編集]

日比野つばきは、高校に入学したばかりの真面目が取り柄の女子高生。真面目過ぎるつばきは、三つ編みに、服装もいわゆる「戦時中の女学生」の姿で、入学式から注目の的となってしまう。そんな中、学校一のモテ男で名前の似ている・椿京汰と偶然隣の席になることに…。その上、ある事件がきっかけで彼にファーストキスを奪われ、遊ばれていると分かっていても、次第に京汰に惹かれていくつばきだが…?

登場人物[編集]

声の記述はドラマCD / OVA版の順、演の記述は映画版

日比野 つばき(ひびの つばき)
声 - 佐藤利奈 / 伊藤かな恵、演 - 武井咲
本作の主人公。高校1年生。入学式の際、椿京汰と出会いファーストキスを奪われ、彼の勝手な賭けのターゲット(遊び)にされる。当初は、そんな京汰を嫌っていたが、彼の意外な一面を知ってから徐々に惹かれ始める。真面目だが要領が悪い面があり、成績はいつも京汰より下の2位止まり。恋やお洒落にも興味はあるが、半ば諦め気味。特技はヘアアレンジ。高校入学当初は厳格な母親の意向で漠然と有名大学への進学を目指していたが、その後特技を生かし美容師を志す。
椿 京汰(つばき きょうた)
声 - 近藤隆 / 浪川大輔、演 - 松坂桃李
クラスの中心的存在の美少年。外見は派手だが、成績は学年主席で、入学式では新入生代表挨拶を務めた。口が悪く軽薄な性格。中学生の頃から賭け事で、地味な女の子を弄んでいた。高校入学後、次のターゲットをつばきにするが、徐々に本気で惹かれていく。宇宙に興味がある。
長谷川 西希(はせがわ にしき)
演 - 山﨑賢人
京汰の親友。さくらのことが好きで、彼女に積極的なアプローチを仕掛けて後に恋人同士になる。
市倉 深歩(いちくら みほ)
声 - なし/ 伊瀬茉莉也
つばきのクラスメイトで、友人。京汰とは中学からの知り合い。
日比野 さくら(ひびの さくら)
声 - なし/ 矢作紗友里、演 - 新川優愛
つばきの妹。毎朝、つばきに髪をアレンジしてもらっている。姉とは正反対で、少々派手でお洒落が大好き。京汰に恋心を寄せていたが、自分に気が無い事に気付いてからは諦め、自分に想いを寄せていた西希と付き合い始める。

小説[編集]

今日、恋をはじめます 初恋のプレリュード
2010年2月26日発売 著:高瀬ゆのか
今日、恋をはじめます 運命は君の手の中に
2011年2月25日発売 著:高瀬ゆのか

OVA[編集]

ANIME 今日、恋をはじめます
2010年6月23日発売の第9巻限定特装版に第1話、2010年10月23日発売の第10巻限定特装版に第2話を収録。2011年2月25日に2話を1エピソードにまとめたOVAを発売。OVAでは新作OP収録のほか、プレミアム・エディションには映像特典としてデジタルコミックを収録。
またフレンチ・キスのCD『If』同梱DVDではデジタルコミックが収録。
  • アニメDVD第1巻:2010年6月23日発売[3]
  • アニメDVD第2巻:2010年10月23日発売[4]
  • OVA:2011年2月25日発売[5]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

エンディングテーマ「いじわるな恋
作詞・作曲 - rino / 編曲 - 渡辺拓也 / 歌 - 伊藤かな恵
OVAオープニングテーマ「If
歌 - フレンチ・キス

映画[編集]

今日、恋をはじめます
監督 古澤健
脚本 浅野妙子
原作 水波風南
出演者 武井咲
松坂桃李
音楽 Flying Pan
撮影 喜久村徳章
編集 張本征治
製作会社 ファインエンターテイメント
配給 東宝
公開 日本の旗 2012年12月8日
上映時間 121分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 17.7億円[6]
テンプレートを表示

2012年12月8日公開。主演は武井咲松坂桃李。 テーマソングにはSCANDALPerfumeら計12組のアーティストが参加する[7]

全国301スクリーンで公開され、2012年12月8・9日の初日2日間で興収2億2,532万3,000円、動員18万8,378人になり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位となった[8]

キャスト[編集]

主要人物については上述「登場人物」の節を参照。

スタッフ[編集]

テーマソング[編集]

※楽曲使用シーン順

受賞[編集]

原作との相違点[編集]

  • 菜奈・美咲・香奈は原作には登場しない。逆に深歩は映画に登場するも登場時間が短い。
  • 日比野家が営業写真館を営んでいる。
  • 圭汰と京香の設定がところどころ変更されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]