MAZE☆爆熱時空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MAZE☆爆熱時空
小説
著者 あかほりさとる
イラスト 菅沼栄治
出版社 角川書店
掲載誌 ザ・スニーカー
レーベル 角川スニーカー文庫
刊行期間 1993年7月 - 1998年3月
巻数 本編9巻・ナンバリング外伝2巻・他
OVA
原作 あかほりさとる
監督 鈴木行
キャラクターデザイン 菅沼栄治
アニメーション制作 J.C.STAFF
製作 角川書店、日本ビクター、J.C.STAFF
発表期間 1996年7月24日 - 1996年9月21日
話数 全2巻
アニメ
原作 あかほりさとる
監督 鈴木行
シリーズ構成 長谷川勝己
キャラクターデザイン 後藤正行
音楽 山中紀昌
アニメーション制作 J.C.STAFF
製作 日本ビクター、角川書店、J.C.STAFF
放送局 テレビ東京
放送期間 1997年4月2日 - 1997年9月24日
話数 全25話
映画:MAZE☆爆熱時空 天変脅威の大巨人
監督 亀井亨
制作 J.C.STAFF
封切日 1998年4月25日
上映時間 42分
テンプレート - ノート

MAZE☆爆熱時空』(メイズばくねつじくう)は、あかほりさとるによる日本ライトノベルシリーズ。角川スニーカー文庫より発刊された[1]。のちにアニメ漫画、音声ドラマ化もされる。あかほりによると、『オズの魔法使い』をもとにした作品とされている[2]

ストーリー[編集]

悪夢にうなされ、目を覚ますと少女は見知らぬ異世界に飛ばされていた。さらに彼女は「メイズ」という自分の名前以外の記憶を失っていた。そこへジャイナ聖教団に追われて飛び込んできた王女ミル。

戦いが嫌いなメイズであったが、どうにかミルを追っ手から救うことに成功する。すっかりミルに懐かれてしまい、メイズはそのまま成り行きでドゥルガーという聖甲機(ロムアーマー)に乗って、ジャイナ聖教団と戦う羽目になってしまう。さらにメイズは、どういうわけか夜になると女好きで乱暴な男に変身してしまうという超特異体質。

かくしてメイズたちは、仲間たちとともに自分の正体を知るため、異世界の平和を守るために旅に出る。

登場人物[編集]

斑鳩萌衣(女メイズ)
三石琴乃
本作の主人公。昼間は彼女の人格と体で行動するが、夜になると男性の人格と体になる。優しく淑やかな性格の為敵に対しても思いっきり攻撃をかける場面は皆無ながら、ミルに対してゴージャスが死者を冒涜した行動をとった時は本気で彼を殺したいと望むほどの怒りを見せた事も。
その正体は斑鳩明の妹・萌衣。実の兄・明に想いを寄せており、兄妹の立場状絶対に結ばれない境遇を嘆いていたが、兄と共に駆け落ちを決意。直後、異世界に召喚された際に明と融合しメイズとなった(原作、コミック版ではその際に明と結ばれている)。彼女の意識は萌衣がメインに、僅かに明の意識が融合した物である。
斑鳩明(男メイズ)
声:関智一
メイズの夜の人格。女メイズとは対照的にスケベで攻撃的な性格をしている。
彼の正体は父親と反目し、家を飛び出していた萌衣の兄・斑鳩明。異世界に召喚された時に妹の萌衣と融合してメイズとなった。実は明だったときからスケベな性格ではあり、男メイズになってからはその性格が極端になった。彼の意識は明がメインに、僅かに萌衣の意識が融合した物である。
ミル・ヴァルナ王女
声:丹下桜
本作の副主人公で、大バートニアン帝国の皇位第一継承者(であったが権利放棄)。ジャイナ聖教団に追われていたところをメイズに助けられ、以後メイズをオネニーサマと言って慕う。14歳だが、基本的に公式の場以外ではかなりの"おポンチ"[3]で、実年齢より幼い印象。実は完全な女性ではなく両性具有者で、男メイズをも遥かに凌ぐ巨根の持ち主。
アスタロート・レゲェ(アスター)
声:石塚運昇
ゴツイ大男だが、その身長よりも大きな大剣を振り回してデミアーマーを狩るデミアーマー専門の狩人(デミハンター)。女好き。
ソリュード・スフォルツァ
声:折笠愛
アスターの相棒で、生身でデミアーマーを狩るデミハンター。レズであり、女メイズに惚れている。武器はニードル。幻光流を使った空間転移(フォル・ラーナ)が得意技。
サリス・レイピア
声:小林優子
元ビスタル王国の王宮親衛隊長。家の事情で男として育てられ、優秀な剣士となった。デミアーマーを操ることもできる。男メイズに惚れているが、素直になれない(なお、周囲にはバレバレで、よくおちょくられている)。原作とコミックで男メイズと肉体関係を持っている。
ランディ
声:西村ちなみ
メイズ達と行動を共にする身長約20cmの妖精。5色のクリスタルを探している。
元々原作には登場しないキャラクターで、OVAオリジナルキャラクターとして登場し、その後ラジオドラマ→TVアニメと、着実に活躍の場を広げていった。
ドルナード・ウル
声:佐藤正治
メイズ達と行動を共にする元ビスタル王国宰相。地下迷宮に幽閉されていた所でメイズと出会う。博識で爆弾製作は得意。性格はスケベ。捕まえた敵を拷問してメイズ達の居場所を吐かせるなど、冷酷な面もある。
シック
声:森川智之
ゴージャスの血を分けた実の兄で、教団の暗殺部隊、カタリナ派修道士達の長。常に冷静沈着で、何事にも(喩えそれが自らの生死に関わる事態でも)正確に、冷静に対処する。少年時代、父親のメジャー枢機卿によってハイ・デミコネクトを施され、超人的な身体能力を持っている。通常ハイ・デミコネクトを行うと殆どの場合助からない上残虐な性格となってしまうが、彼だけは唯一改造前の人格のままである。ハイ・デミコネクトの際、偶然時空に漂っているのを発見した最強の超魔甲機・ゴルゴンを操る。
ゴージャス
声:置鮎龍太郎
ジャイナ聖教団の幹部でナルシスト。唯一兄のシックにだけは、心を許している。少年時代は無邪気で優しい性格だったのだが、父親のメジャー枢機卿にハイ・デミコネクトをさせられてから冷酷残忍な性格になってしまった。不死機(アンデッター)を操るアンデッターナで、操作機体はゴード、カンナム(操者であるジッカーの魂を無理矢理魔甲機に喰わせて不死機とした)、邪霊機ナムチ。
サーベル
声:子安武人
ファーマウント王(ゴールド)
声:三木眞一郎
神聖王国パルアニア国王。「パルアニアの仮面王」と呼ばれいつもは仮面を被っているが、身分を隠しているときは「遊び人ゴールド」を名乗る。額に三日月の傷がある。女メイズに惚れていた。
モデルは『遠山の金さん』で、名前も「ファー=遠い・マウント=山・ゴールド=金さん」から(原作4巻の204Pより)。
ランチキ
声:今井由香
中魔甲機グリフォルに乗るパルアニア貴族の息子(?)。体は男だが心は乙女。ファーマウント王に好意を寄せているが、男メイズにも興味あり。
ヨ・リキ
声:冬馬由美
ファーマウント王の腹心で、パルアニア最強の軍師。表向きは宮廷音楽家だが、音楽センスは皆無。妙齢の美女で、ファーマウント王に想いを寄せている。
名前は「与力」から。
ドーシン
声:鈴木泰明
ファーマウント王の腹心。大柄な武人。
名前は「同心」から。
女創主
声:兵藤まこ
男創主
声:渡部猛
ジャイナ聖教団の創主。メイズと同じ幻光師で、老人と赤い女性の2つの姿を持つ。
タナス
声:土師孝也
バートニアン帝国のポートメリ辺境伯を務める。「龍牙兵団」を率いる、帝国屈指の智将。メイズに敗れ、後にファーマウント王に協力する。
グランタ
声:菅原正志
龍牙兵団の兵団長で、タナスの側近。頬から首にかけての大きな傷と、たくましい肉体が特徴。部下共々、タナスを非常に慕っており、絶対的な忠誠を誓っている。
グレイ
声:江川央生
カイル
声:うえだゆうじ
デン・マーシュ
声:中嶋聡彦
パルアニアでは禁教とされているジャイナ聖教団と裏で通じ、国を乗っ取ろうと企む悪大臣。
モデルは田沼意次
ポチョムキン
声:梁田清之
パルアニアに派遣されたジャイナ聖教団の幹部。シックをライバル視し、対抗意識を燃やしている。自らも超重魔甲機カルホーンを操る。ちなみにカルホーンは、原作とTVアニメではデザインが異なる。また、漫画版にはポチョムキンが登場しない。
メデューサ
声:島津冴子
アニメ版のみの登場人物で、ソリュードの元仲間。ソリュードと同じくレズで、彼女に惚れていた。
ナウクリフ
声:北村弘一
ビスタル王国の国王。
カサンドラ女王
声:鶴ひろみ
レイリック
声:岩永哲哉
ジファ
声:緑川光
ツルギー
声:小野坂昌也
ボスマン
声:長嶝高士
ダイ
声:本井英美
村長
声:坂口哲夫
サモナ
声:泉尚摯
師匠
声:増谷康紀
赤騎士
声:立木文彦
青騎士/レイリックの側近
声:小西克幸
黒騎士
声:サエキトモ[4]

登場メカ[編集]

聖甲機(ロムアーマー)ドゥルガー
メイズとミルが搭乗する、最強の魔甲機。過去に飛ばされたメイズがミルの先祖(ドゥルガーの開発者)であるメルとともに最初に搭乗したため、両者の遺伝子パターンを記録し、メイズの血を引く者とミルの血を引く者でなければその真価を発揮できなくなった。物語終盤で、この機体と対になるもう一体の聖甲機カーリーが存在していたことが判明する。名前はインドで悪魔を滅ぼしたシヴァ神の妻、「デーヴィ」の化身の一つドゥルガーから。本機体と対となる聖甲機カーリーも、同じデーヴィの化身からきている。
詠唱
「Lu Lu Varuna Hi Fammn La Foo!」(召喚)
「Lu Lu Rajra Maha-Agni!」(大爆熱)
「Lu Lu Agni Agni Agni Doom!」(究極爆熱)
魔甲機(デミアーマー)
中魔甲機(ミド・デミアーマー)ハンセン
レイピアが騎士時代に使っていたサリス王家の青い魔甲機。左肩に大きな盾がついているのが特徴。原作、アニメ版では破壊されるが、コミック版では終盤まで登場した。
中魔甲機グリフォル
ラン・チキの使う魔甲機。幻光流を使った攻撃をする。装甲が通常の3倍ある丈夫な機体。
黄金魔甲機ドラクーン
ファーマウント王が使うトパーズクリスタルを持つパルアニア王家の魔甲機。複数の強力な幻光流を使いこなすことができる。
重魔甲機(ハイ・デミアーマー)
超魔甲機(マハ・デミアーマー)ゴルゴン
シックの魔甲機。
不死機(アンデッター)アンダーテイク
ゴージャスの魔甲機。
大魔甲機(ジャイアント・デミアーマー)ツイン・テール
劇場版「MAZE☆爆熱時空 天変脅威の大巨人」に登場。
古代遺跡デルデル神殿に封印されていた、かつて「いにしえの巨人」と呼ばれ神聖王国バルアニアを滅亡寸前まで追いやったという巨大魔甲機。神殿内で幻光流を使うと感知し自己防衛機能が働き幻光流を吸収、復活してしまう。

※魔甲機は遺跡として発掘された物を使っているという設定。
※聖甲機は魔甲機の力に対抗する為に設計された物という設定。
※魔甲機は「生きた鎧」である事が、原作小説内で触れられている。

用語[編集]

幻光流(フォルム)
この世界を存在させる、地、水、火、風、光の五つの力。それぞれ「地の黄玉色(トパーズ・フォルム)」「水の青玉色(サファイア・フォルム)」「火の紅玉色(ルビー・フォルム)」「風の緑玉色(エメラルド・フォルム)」「光の白玉色(ダイヤモンド・フォルム)」と呼ばれ、これらの力を使い色々な魔法や魔甲機を扱う。
幻光士(フォルナー)
幻光流を触媒なしで扱える幻光流使い。幻光流5色全てを使いこなす幻光士を特に「幻光師(フォルム・マスター)」と呼ぶ。尚、幻光士は騎士と違い、魔契約する事なく魔甲機に搭乗する事が出来る(よって騎士のように「乗る機体が限られてくる」「魂を魔甲機に食われる」などのリスクが無い)。また、幻光士の乗った魔甲機は能力が強化される(共に原作より)。
魔甲機(デミアーマー)
幻光流を純粋に戦闘用に転化させることのできる体高約2~5mの強化装甲。殆どが発掘されたもので過去の超文明ではフェイアーマーと呼ばれていた。幻光士でないものは魔契約を交すことにより扱うことが出来る。1種の幻光流を扱える魔甲機を武魔甲機(ヤン・デミアーマー)、数種の幻光流を扱える魔甲機を中魔甲機(ミド・デミアーマー)、全ての幻光流を扱える魔甲機は重魔甲機(ハイ・デミアーマー)と呼ばれる。
聖甲機(ロム・アーマー)
完全な形で発掘された通常の能力を遥かに超える力を持つ魔甲機。強力な幻光士しか操縦できない。
不死機(アンデッター)
魔契約の失敗によって操縦者の魂を全て食った人の搭乗しない魔甲機。不死機使い(アンデッターナ)によって操られる。
邪霊機(バド・アーマー)
不死機の中でも特に操者の意識が霊体として残っている機体。通常の不死機よりも更に強力なパワーを持つ。
魔契約(デミ・コネクト)
幻光流を持たない者が魔甲機に乗るために行う古の秘術。儀式により魔甲機の中に己の魂の半分を埋め込み自分の半身となる。ただし契約に失敗すると魂を全て食われ亜人(デミヒューマン)と化す。元々魔甲機が開発された時代にはパイロットは専用のパイロットスーツを着用していたが、それらが失われた為の代用手段として編み出された。
魔甲機狩り(デミハンター)
魔甲機を使わず魔甲機を倒す事を生業にしている者達の通称。
クリスタル
ランディが集めていた幻光流の源と呼ばれる5つの宝石。強力な魔甲機や不死機が消滅した時に出現し、5つ集まった時メイズ達を現代の世界へと導く。原作では5つの王国それぞれに受け継がれており、形状も同じであったが、アニメ版ではそれぞれ形が違う。また、原作では5つ揃わずとも、創主が自分の力と3つのクリスタルの力でメイズらを現代に飛ばした点など、設定が少々異なる。
ジャイナ聖教団
バートニアン帝国建国時に殉教者ジャイナによって創始された絶対神カルダマを頂点とする一神教。独自の神殿騎士による兵団を持つ。
カタリナ派修道士
表向きはジャイナ聖教団一修道会派、実体は秘密暗殺者集団。武器としてチャクラムを使用する。

テレビアニメ[編集]

1997年4月2日から9月24日まで毎週水曜25時15分–25時45分にテレビ東京系でアニメ化され放送された。全25話。

アニメ作品は日本ビクター[5]からレーザーディスクVHSビデオが発売された以降、国内ではビデオソフト化はされていない。LD版は通称「おげれつ版」と呼ばれる、放送コードの枠を外れた肌色(冒頭で斑鳩萌依が目覚めるシーンが下着姿など)満載の絵になっているが、アメリカで発売されたDVD版(英語タイトル:『MAZE : THE MEGA-BURST SPACE』)はTV放送版の素材を使っている。

なお、TVシリーズの冒頭アイキャッチの台詞「起きろー」[6]は、ビデオソフトでは視聴時間帯が深夜とは限らないため、「始まるよー」に変わっている。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • OP「虚空の迷宮」
作詞:デーモン小暮、作曲:エース清水、編曲:聖飢魔II松崎雄一、歌:聖飢魔II
  • 前期ED「JUNK BOY」
作詞:薫理、作曲:ARG、編曲:2LUV、歌:KAORI 2 LUV
  • 後期ED「ハッピーマニア」
作詞:真間綾、作曲・編曲:山本姫子、歌:さとう珠緒
  • 最終回ED「時空を超えろ!冒険者」
作詞:梶原茂人、作曲・編曲:山中紀昌、歌:本田義博
もともとは後述のOVA版のED曲だった。

放映リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1 迷走時空の異邦人(ストレンジャー)ですぅ! 長谷川勝己 鈴木行 箕ノ口克己 名和宗則
2 電光石火の最強カップルですぅ! 今泉賢一
3 脱出不能・大ピンチですぅ! 箕ノ口克己 井硲清高 清水博明
4 究極激怒の大爆熱ですぅ! 須藤典彦 北川正人 戸田真一
5 古風無双・蒼き狼ですぅ! 山田靖智 越智浩仁 大河原晴男
6 愛情無敵の聖甲機(ロムアーマー)ですぅ! 又野弘道 中山由美
7 疾風閃光・真昼の大決闘ですぅ! 植竹須美男 鈴木胡擯 今泉賢一
8 美勇麗人の女騎士ですぅ! 山口武志 増谷三郎
9 暗躍鬼道の地下迷宮ですぅ! 香川豊 花井信也 戸田真一
10 栄華盛衰・涙の終わりですぅ! 山田靖智 越智浩仁 大河原晴男
11 軽薄豪華な遊び人ですぅ! 玉井豪 井硲清高 清水博明
12 天下御免の名裁きですぅ! 箕ノ口克己 まついひとゆき 中山由美
13 急転直下!?時をかけるメイズですぅ! 植竹須美男 山口武志 山口美浩 名和宗則
中山由美
14 聖者降臨!起動せよ聖甲機(ロムアーマー)ですぅ! 高田淳 今泉賢一
15 待望企画!温泉で♥(うきゅっ)ですぅ! 長谷川勝己 橋本光夫 ゑびす弥生 大河原晴男
16 決戦前夜、心乱れてですぅ! 山田靖智 井硲清高 杉本功
17 聖魔激突・メイズ死す!?ですぅ! 芦沢剛史 北川正人 戸田真一
18 風雲怒涛の大転移ですぅ! もりかわしげる 西本由紀夫 名和宗則
19 女子高生 私は萌衣…‥ですぅ! 長谷川勝己 小林哲也 中山由美
20 月下追撃・美しき異邦人(ストレンジャー)ですぅ! 都留稔幸 矢崎しげる 大河原晴男
21 夏色天使!素足の妖精ですノン! 山田靖智 高柳滋仁 今泉賢一 日向正樹
22 魔力消失!迫り来る驚異ですぅ! 植竹須美男 井硲清高 杉本功
23 首都強襲!邪神ゴージャスですぅ! 木崎文智 木崎文智
富岡隆司
中山由美
24 究極聖魔の最終決戦(ラストバトル)ですぅ! 長谷川勝己 やまざきたかし 又野弘道
岡本英樹
日向正樹
25 爆熱時空の冒険者(アドベンチャー)ですぅ! まついひとゆき 石川かつみ 髭剃男
26
(未放送)
作者真剣! 愛と死を見つめて…湯煙温泉紀行看護婦は見た あかほりさとる 鈴木行 杉本功

ネット局[編集]

※いずれも3ヶ月遅れの放送。びわ湖放送では日曜昼の放送だった。

  • AT-X ※二週遅れ

OVA[編集]

TV放映以前に映像化されたオリジナルアニメ。オリジナルストーリーとなっており、妖精ランディはOVAで初登場、OVAオリジナルのミックスも登場する。

ストーリー[編集]

ジャイナ聖教団から逃れバビロン大公国に着いたメイズ御一行。だがそこにはデ・デン・デン大公の罠が待ち受けていた。ミックスのおかげで脱出するも、ゴージャスの襲撃を受ける。メイズ達は聖甲機ドゥルガーで迎え撃つのだが。

OVAの登場キャラ[編集]

ミックス
声:西原久美子
デ・デン・デンの娘。踊りが得意。父の暴君を憂いている。
ナッツ
声:根谷美智子
デ・デン・デンの息子。甘えん坊で女メイズに惹かれる。
デ・デン・デン
声:石井康嗣
バビロン大公国の大公。バブルの塔建設の為、メイズ達を罠に嵌める。
怪鳥ロブロス
声:増谷康紀
ロテム
ポセイドン
声:長嶝高士
バブルの塔を守護する三つのしもべ。ロブロスはクイズ好きの怪鳥、ロテムは魔犬、ポセイドンは自爆能力を持つネズミ風モンスター。

スタッフ[編集]

  • 企画: 田宮武、小松茂明、阿部倫久
  • 原作: あかほりさとる
  • プロデューサー: 池田憲章尾留川宏之、川崎とも子
  • 脚本: 野呂昌史(前編)、長谷川勝己(後編)
  • 絵コンテ: 鈴木行
  • 演出: 白旗伸朗
  • キャラクターデザイン: 菅沼栄治
  • クリーチャーデザイン: 吉成曜
  • キャラクター作画監督: 青野厚司
  • エフェクト作画監督: 桝田浩史
  • 美術監督: 加藤浩(前編)、吉原俊一郎(後編)
  • 撮影監督: 大瀧勝之
  • 編集: 正木直幸
  • 音響監督: 三間雅文
  • 音楽: 山中紀昌
  • アニメーション制作: J.C.STAFF
  • 監督: 鈴木行
  • 製作: 角川書店、日本ビクター、J.C.STAFF

主題歌[編集]

  • 「時空を超えろ!冒険者」
作詞: 梶原茂人 作曲・編曲: 山中紀昌 歌: 本田義博

サブタイトル[編集]

  • 前編「MAZE☆爆熱時空 大胆素敵な挑戦者!!(だいたんすてきなチャレンジャー)」 1996年7月24日発売
  • 後編「MAZE☆爆熱時空 大胆過激な冒険者!!(だいたんかげきなアドベンチャー)」 1996年9月21日発売

映画[編集]

MAZE☆爆熱時空
天変脅威の大巨人
監督 亀井亨
脚本 あかほりさとる
製作 角川歴彦
出演者 三石琴乃関智一
音楽 山中紀昌
主題歌 関智一『BIG FIGHT!』
撮影 大瀧勝之
配給 東映
公開 日本の旗 1998年4月25日
上映時間 42分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

MAZE☆爆熱時空 天変脅威の大巨人』(- てんぺんきょういのジャイアント) 1998年4月25日公開。同時上映は「ようこそロードス島へ!」。TV放映が首都圏ローカルであったためか興行成績は振るわず、VHS、LD、DVD等のソフトもいまだに発売されておらず、小説化もされなかった。

ストーリー[編集]

「いにしえの巨人」奪取の命を受け、デルデル神殿に向かったメイズ御一行。巫女のデル三姉妹に巨人の復活を止められるが、ゴージャスとの闘いのなかついに大魔甲機ツイン・テールが復活してしまう。メイズたちは聖甲機ドゥルガーで巨人を食い止めようとするのだが…。

映画版の登場キャラ[編集]

ヤン・デル
声:久川綾
デル三姉妹の長女で、古代神殿を管理する巫女。
ユン・デル
声:長沢美樹
デル一族に代々生まれる双子。口元の右にホクロがある。ツイン・テール復活の鍵となる。
ヨン・デル
声:南央美
デル一族に代々生まれる双子。口元の左にホクロがある。ツイン・テール復活の鍵となる。

スタッフ[編集]

  • 企画: 田宮武
  • 原作・脚本: あかほりさとる
  • キャラクターデザイン・原作イラスト: 菅沼栄治
  • 製作プロデューサー: 阿部倫久、松倉友二
  • クリーチャーデザイン: やまむらはじめ
  • 協力: 戦船
  • 監督: 鈴木行
  • 演出: 白旗伸朗
  • 総作画監督: 青野厚司
  • 作画監督: 菊地聡延
  • エフェクト作画監督: 桝田浩史
  • 美術監督: 吉原俊一郎
  • 撮影監督: 大瀧勝之
  • 音響監督: 三園雅文
  • 音楽: 山中紀昌
  • アニメーション製作: J.C.STAFF
  • 製作: 『MAZE☆爆熱時空』製作委員会、角川書店、日本ビクター、J.C.STAFF
  • 配給: 東映

主題歌[編集]

  • 主題歌「BIG FIGHT!」
作詞: 渡辺なつみ 作曲・編曲: 山中紀昌 歌: 関智一
  • 挿入歌「双子の数え歌」
作詞: 鈴木行 作曲・編曲: 山中紀昌 歌: 久川綾(ヤン・デル)

小説[編集]

  • 1巻 完全無欠の最強カップル (1993/7)
  • 2巻 天下無敵の大パーティー (1993/11)
  • 3巻 永遠不変の異邦人 (1994/8)
  • 4巻 純情可憐の聖少女 (1995/9)
  • 5巻 驚嘆怒濤の大逆転 (1996/2)
  • 6巻 感激故郷の大異変 (1996/8)
  • 7巻 伝説聖地の超霊力 (1997/4)
  • 8巻 魔境虚空の哀闘士 (1997/9)
  • 9巻 純愛不滅あいこそすべての大団円 (1998/3)
  • 外伝 ミルちゃんの奥様な一日♡ (1995/2)
  • 外伝2 比翼の兄弟 (1995/12)
  • レイピア乱舞 (1996/10)
  • ミルちゃんの恋愛大作戦♡ (1998/1)
  • 角川mini文庫 大胆素敵な挑戦者 (1997/4)
  • 角川mini文庫 大胆無敵な冒険者

関連書籍[編集]

TRPG[編集]

  • 『MAZE☆爆熱時空RPG』 富士見書房

漫画[編集]

ラジオ番組[編集]

1996年4月11日からTBSラジオで、声優の丹下桜と関智一をパーソナリティにしたラジオ番組『MAZE☆爆熱アワー』が放送された[7]

ラジオドラマ[編集]

1996年と1997年にTBSラジオ『MAZE☆爆熱アワー』『ドラゴンアワー』、東海ラジオ山寺宏一のGAP SYSTEM』の枠内で放送。CDはBGMビクターから発売された[7] [8]

  • 『幻光流(フォルム)』シリーズ
  • 『パルアニア編』シリーズ

CD[編集]

  • 『MAZE☆爆熱時空 お楽しみサウンドコレクション』
  • 『MAZE☆爆熱時空 お楽しみソングコレクション』
  • 『MAZE☆爆熱時空 オリジナル・サウンドトラック』
  • 『MAZE☆爆熱時空 オリジナル・サウンドトラック2』
  • 『MAZE☆爆熱時空 パルアニア・サウンドコレクション』
  • 『MAZE☆爆熱時空 天変脅威の大巨人 オリジナル・サウンドトラック』

ボイスドラマ[編集]

  • 『MAZE☆爆熱時空』アニメV全員サービスのカセットテープ版

時空奇譚OZ[編集]

元は大陸書房発行の雑誌『コミックJAM』で『異時空行奇談OZ』として連載。ちょうど同時期にコミックコンプで『神星記ヴァグランツ』を連載していた麻宮騎亜が作画担当。同誌の三号目まで掲載し未完(同作品は96年ムービック発行『side-A』に全話掲載)。その後、ホビージャパン社の雑誌『RPGマガジン』に『時空奇譚OZ』というタイトルで創刊号(1990年)から第6号まで毎号掲載されていたが、第7号からは休載となり、第13号までは休載の告知が出ていたものの、結局そのまま打ち切られてしまった。イラストは同じく麻宮騎亜が担当し、登場人物の固有名詞も一部異なるが、世界観やストーリー展開はのちの『MAZE』とほぼ同じであった。

その他[編集]

原作イラストの菅沼栄治により外伝的ストーリーの漫画化もされたが、こちらは掲載雑誌『コミックニュータイプ』の廃刊により未完のままである。また、映画版の小説化もされていない。

脚注[編集]

  1. ^ 第1巻発売後に同文庫より発売された『NG騎士ラムネ&40EX3』(挿絵:菅沼栄治)の対談コーナーによれば、当作品はラムネ&40での実験を引き継いだものとされている。
  2. ^ 小黒祐一郎 『この人に話を聞きたい アニメプロフェッショナルの仕事 1998–2001』 飛鳥新社、2006年
  3. ^ 軽薄で頭が悪い間抜けな男性のことを指す「いかれぽんち」のこと。
  4. ^ のちに『六門天外モンコレナイト』(あかほりさとると長谷川勝己の合同原作)にて主人公・大矢門斗役を演じる。
  5. ^ ビクターエンタテインメントではない。
  6. ^ 当時は珍しかった深夜時間帯での放送だったため。
  7. ^ a b 情報>「MAZE☆爆熱時空」関連ラジオ番組 @nifty Anime Fan topics online 1996年4月6日
  8. ^ 情報>MAZE☆爆熱時空 パルアニア編 Vol.1 @nifty Anime Fan topics online 1997年1月20日

関連項目[編集]

  • 爆れつハンター』『爆炎CAMPUSガードレス
    • 共にあかほりによる小説。この2作に本作を加えた3作品を、あかほりは「3大爆走シリーズ」(当初は「3大暴走シリーズ」)と銘打っている。
  • 天空戦記シュラト
    • 作者であるあかほりが「文芸」名義でスタッフとして参加したアニメ作品。本作中(7巻)に登場した八部衆像が、同作品のキャラクターに置き換えられていた。

外部リンク[編集]

テレビ東京 水曜25:15枠(今作よりアニメ枠)
前番組 番組名 次番組
?
MAZE☆爆熱時空