ボーン・レガシー (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボーン・レガシー
The Bourne Legacy
監督 トニー・ギルロイ
脚本 トニー・ギルロイ
ダン・ギルロイ
原案 トニー・ギルロイ
原作 ロバート・ラドラム
製作 パトリック・クロウリー
フランク・マーシャル
ベン・スミス
ジェフリー・M・ワイナー
製作総指揮 ジェニファー・フォックス
ヘンリー・モリソン
出演者 ジェレミー・レナー
エドワード・ノートン
レイチェル・ワイズ
ジョアン・アレン
アルバート・フィニー
スコット・グレン
ステイシー・キーチ
オスカー・アイザック
デヴィッド・ストラザーン
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 ロバート・エルスウィット
編集 ジョン・ギルロイ
製作会社 ザ・ケネディ/マーシャル・カンパニー
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年8月10日
日本の旗 2012年9月28日
上映時間 135分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $125,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $213,381,756[1]
前作 ボーン・アルティメイタム
テンプレートを表示

ボーン・レガシー』(The Bourne Legacy)は、ロバート・ラドラムが執筆したジェイソン・ボーンを主人公とする小説を原作とした映画のシリーズの4作目となる2012年アメリカ合衆国のアクション・スリラー映画。なおラドラムの死後にエリック・ヴァン・ラストベーダー英語版が執筆した2004年の小説『ボーン・レガシー』が存在するが、内容は本作とは異なる[2]

ストーリー[編集]

時間軸は、前作ボーン・スプレマシー、およびボーン・アルティメイタムに前後する。

アラスカにてアーロン・クロスはアウトカム計画に参加しており日々過酷な訓練をしていた、その訓練課程のおいて必ず血液採取、問診、薬の服用を義務付けられていた。その頃CIA内部調査局のパメラ・ ランディの告発により暗殺者養成プログラムのトレッドストーン、ブラックブライアー計画が明るみになろうとしていた。国家調査研究所のリック・バイヤーは準備中の計画を含めた全プログラムの消去を命じる。 その消去の過程でアーロンの体調を管理しているステリシン・モルランタ社で銃の乱射事件が発生する。唯一の生存者のマルタ・シェアリング博士も命を狙われるがアーロンに命を救われ、ある目的の為に2人は協力する事になる。

キャッチコピー[編集]

  • ジェイソン・ボーンは氷山の一角に過ぎなかった。
  • "最強の暗殺者"は、ジェイソン・ボーンだけではなかった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
アーロン・クロス ジェレミー・レナー 中井和哉
マルタ・シェアリング博士 レイチェル・ワイズ 松雪泰子
リック・バイヤー エドワード・ノートン 森田順平
パメラ・ランディ ジョアン・アレン 小山茉美
ノア・ヴォーゼン デヴィッド・ストラザーン 小川真司
アルバート・ハーシュ博士 アルバート・フィニー 大塚周夫
エズラ・クレイマー スコット・グレン 伊藤和晃
マーク・ターソ ステイシー・キーチ 飯塚昭三
ディタ・マンディー ドナ・マーフィ 野沢由香里
アーサー・イングラム マイケル・チャーナス 遠藤純一
ゼヴ・ヴェンデル コリー・ストール 宮内敦士
テレンス・ワード デニス・ボウトシカリス 金尾哲夫
ドナルド・フォイト博士 ジェリコ・イヴァネク
ダン・ヒルコット博士 ニール・ブルックス・カニンガム 清川元夢
アウトカム計画 工作員 #3 オスカー・アイザック 板倉光隆
LARX-03 ルイ・オザワ

製作[編集]

ボーン・アルティメイタム』の脚本に参加したジョージ・ノルフィは、それまでのようにロバート・ラドラムの小説に関連にした第4の映画の脚本を書く予定であった。ジェイソン・ボーン役のマット・デイモンも当初からプロジェクトに入っており[3]、さらにジュリア・スタイルズジョアン・アレンも参加を依頼されていた。しかしながら当初続投が予定されていた監督のポール・グリーングラス(『ボーン・スプレマシー』、『ボーン・アルティメイタム』の2作を担当)の降板が2009年11月30日に発表され[4]、マット・デイモンも「彼無しで映画を撮ることはありえない」と述べた[5]

2010年6月9日、トニー・ギルロイが『The Bourne Legacy』の脚本、監督を担当し、同作が2012年に公開されると発表された[6]。『The Bourne Legacy』は小説『ボーン・レガシー』をベースとした内容ではなく[2]、ジェイソン・ボーンも登場しない[7]。同映画は新しいカノンに基づいたリブートの類ではなく、これまでのシリーズのスピンオフのような形となり、ボーンを作ったトレッドストーン作戦と類似の作戦によって生み出された新キャラクター、アーロン・クロスの物語として描かれる。またギルロイは、デイモンとグリーングラスが将来シリーズに復帰する可能性も無くなってはいないと語っている[8]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]