ボーン・レガシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボーン・レガシー
The Bourne Legacy
著者 ロバート・ラドラム(シリーズ創始者)
エリック・ヴァン・ラストベーダー英語版
訳者 三角和代
崎浜祐子
待兼音二郎
発行日 アメリカ合衆国の旗 2004年6月22日
日本の旗 2008年12月2日
発行元 アメリカ合衆国の旗 St. Martin's Press
日本の旗 ゴマブックス
ジャンル スパイ小説
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ページ数 日本の旗 343+301+335(上中下巻)
前作 最後の暗殺者英語版
次作 ボーン・ビトレイヤル英語版
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ボーン・レガシー』(The Bourne Legacy)は、エリック・ヴァン・ラストベーダー英語版による2004年のスパイ小説である。前作『最後の暗殺者英語版』(1990年)より14年ぶりとなるジェイソン・ボーンを主人公としたシリーズの4作目であり、シリーズ創始者のロバート・ラドラムが亡くなったため、本作よりラストベーダーが執筆することになった。ラストベーダーによるシリーズ作品は2012年時点で『The Bourne Imperative』まで7作が発表されている。

2012年8月に同名の映画が公開されたが、内容は本作と異なると報じられていて[1]そのとおりとなった。

あらすじ[編集]

最後の暗殺者英語版』の後、ジェイソン・ボーンは再びデヴィッド・ウェブと名乗り、ジョージタウン大学で言語学の教授に就いていた。しかしこの平穏は長続きせず、ボーンの頭を銃弾が霞めたことで沈黙は破られた。

ボーンはまず、CIA時代の友人だったアレックス・コンクリンに会いに行った。だがコンクリンの家に着くと彼は既に死亡しており、さらに直後に警察が駆けつけ、濡れ衣を着せられたボーンは追われる身となった。逃亡しながらボーンはコンクリンの携帯電話とメモを手掛かりに、自分を襲い、友人を殺した犯人を突き止めることにした。

同名の映画作品[編集]

ボーン・アルティメイタム』の脚本に参加したジョージ・ノルフィは、それまでのようにロバート・ラドラムの小説に関連にした第4の映画の脚本を書く予定であった。ジェイソン・ボーン役のマット・デイモンも当初からプロジェクトに入っており[2]、さらにジュリア・スタイルズジョアン・アレンも参加を依頼されていた。しかしながら当初続投が予定されていたポール・グリーングラス(『ボーン・スプレマシー』、『ボーン・アルティメイタム』の監督)の降板が2009年11月30日に発表され[3]、マット・デイモンも「彼無しで映画を撮ることはありえない」と述べた[4]

2010年6月9日、トニー・ギルロイが『ボーン・レガシー』の脚本、監督を担当し、同作が2012年に公開されると発表された[5]。映画『ボーン・レガシー』は小説『ボーン・レガシー』をベースとした内容ではなく[1]、ジェイソン・ボーンも登場しない[6]。同映画は新しいカノンに基づいたリブートの類ではなく、これまでのシリーズのスピンオフのような形となり、ボーンを作ったトレッドストーン作戦と類似の作戦によって生み出された新キャラクターが描かれる。またギルロイは、デイモンとグリーングラスが将来シリーズに復帰する可能性も無くなってはいないと語っている[7]。『ボーン・レガシー』は2012年8月3日に北米で公開された[8]

ジェイソン・ボーン・シリーズ(小説)[編集]

ロバート・ラドラム

エリック・ヴァン・ラストベーダー

参考文献[編集]