藍より青し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藍より青し
ジャンル 恋愛、美少女
漫画
作者 文月晃
出版社 白泉社
掲載誌 ヤングアニマル
レーベル ジェッツ・コミックス
発表号 1998年23号 - 2005年17号
発表期間 1998年11月27日 - 2005年8月26日
巻数 全17巻
アニメ:藍より青し(第1期)
藍より青し〜縁〜(第2期)
原作 文月晃
監督 下田正美
シリーズ構成 あみやまさはる(第1期)
金巻兼一(第2期)
キャラクターデザイン 岩倉和憲
音楽 増田俊郎
アニメーション制作 J.C.STAFF
製作 藍青計画、フジテレビ(第1期)
放送局 放送局参照
放送期間 第1期:2002年4月 - 9月
第2期:2003年10月 - 12月
話数 全36話:
(第1期:24話 / 第2期:12話)
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

藍より青し』(あいよりあおし)は、文月晃による日本の漫画作品。これを原作として、テレビアニメ小説ゲームなども制作された。

概要[編集]

タイトルは『荀子』勧学篇の言葉「青は藍より出でて藍より青し」(青出於藍而勝於藍)から由来(ちなみに荀子本来の意味とは異なる)。「これは時とともにさらなる愛を育んでいた、まるで藍染めの着物が、時を経ねてより青く染まるかのように……。」

白泉社の漫画雑誌『ヤングアニマル』にて1998年23号から2005年17号まで連載。単行本は全17巻。その他にドラマCDノベライズ、キャラクターグッズなども発売されている。

テレビアニメは、2002年4月から第1期が、2003年10月から第2期(『藍より青し〜縁〜』)が放送された。また、PS2PCでゲームも発売されている。

作品の舞台地域は埼玉県新座市志木市朝霞市周辺。東武東上線10030系と思しき電車や池袋駅朝霞台駅志木駅周辺と酷似した風景もある。桜庭館のモデルは旧松本邸である。

ストーリー[編集]

明立大学に通う平凡な大学生花菱薫。実は、花菱財閥総裁花菱優二に持ち、花菱財閥次期当主となる人間として生まれてきたのだが、母本条久美と父との間には正式な婚姻関係はなく、非嫡出子だったために自身も母も、周囲からは様々な誹謗中傷を受けて育った。だが薫が5歳のとき[1]に父が急死、そこから状況は一変する。跡取り欲しさに花菱家に半ば強引に引き取られたのだが、それからというもの、祖父花菱源一郎(優二の父)から次期花菱家当主となるべく、限りなく虐待に近い帝王教育を施されるようになっていた。

また、母久美が中学生の時に他界。大事に持っていた母の写真など形見を目の前で祖父に燃やされ、絶対に手放そうとしなかった臍の尾まで渡せと言われた上に、これに怒って抵抗した薫の形相に激怒した祖父にで背中を激しく叩かれてしまう。薫はそんな花菱を嫌い、母の死をきっかけに花菱との縁を切り、花菱家を出て行ったのだった。

しかし、薫には幼少の頃より薫を心から想ってくれている女性がいた。その名は、桜庭葵。桜庭呉服店(現:さくらデパート)の跡取り娘であり、花菱次期当主となる人間と婚約関係を結んでいた女性である。桜庭家と花菱家は様々な交流があり、葵は幼い頃から薫を慕っていたが、薫は葵の気持ちに気づいていなかった。

ところが、薫が花菱家を出たことで葵と薫の婚約は破棄され、桜庭家では他の縁談が進められていたが、葵は薫への思いを断ち切れず、彼を追って桜庭家を出て行ってしまったのだ。

互いに跡取りの使命を捨てて巡り会った2人だが、一緒に暮らすにはあまりにも困難な状況だった。だが、桜庭呉服店の使用人で葵の後見人神楽崎雅という唯一の理解者を得て、葵と雅は洋館に、薫は洋館の離れ(使用人の住む寮)に住むことになった。やがて、薫が所属する写真部の仲間もこの離れに集まり始め、洋館の離れは彼らのアパートと化してしまった。そのため、雅は洋館の管理人、葵はアパートの大家として振る舞うことになり、薫と葵の関係もスキャンダル防止のため、周囲に伏せたまま日々を過ごすことになる。

登場人物[編集]

声優の記載はアニメ・ゲーム版 / ドラマCD版の順。

主要人物[編集]

花菱薫(はなびし かおる)/ 本条薫(ほんじょう かおる)
声 - 保志総一朗 /幼少:日高奈留美
本作の主人公。明立大学の法学部生で、写真部所属だが、写真自体に興味はなく、付き合いで無理矢理入部させられた。花菱財閥の次期当主として育てられたが、非嫡出子だったこともあり、その虐待同然の厳しく辛い環境に嫌気が差し、家を出て一人暮らしをしていた。そんな折に葵と出会い、彼女達と共に桜庭館に住む。頼まれたら断れない、真面目で優しい反面、芯は強い。最終的には異母弟に家督を託し出奔、母方の姓(本条)を名乗り葵と結婚。大学→大学院弁護士となる。後者は本名。
桜庭葵(さくらば あおい)
声 - 川澄綾子
本作のヒロイン。薫の許婚で、彼を心底愛している[2]。桜庭呉服店(現:さくらデパート)の跡取り娘。幼少時に薫に出会い、彼に相応しい妻になるべく雅の指導の下、花嫁修業を頑張ってきた為、お嬢様育ちにして家事万能。得意料理は和食。純粋で淑やかな大和撫子。世間知らずだが、芯は強い。普段は藍色の和服姿だが、時には洋服姿や水着姿にもなる。スキャンダル発覚対策として、周囲には桜庭館大家と名乗っている。繭やティナの薫への想い、自身の父の反対、薫の異母弟との婚儀といった、様々な苦難を乗り越え、薫と結婚する。後に再会したティナから、閉鎖された桜庭館で最後に撮った集合写真を受け取る。
ティナ・フォスター
声 - 雪乃五月
薫の大学の後輩[3]で、写真部所属。写真に全く興味のなかった薫を(強引に)写真部に引きずり込んだ張本人。アメリカ人だが、博多育ちの為に博多弁口調、英語はいくらか忘れかけている。積極的で快活な性格だが、怖がりかつ寂しがり屋。薫の事が好き。他の女性陣の胸を触りまくる癖がある。アメリカへ帰国後はフリーのカメラマンとなり、世界中を駆け回っている。エピローグでは繭、雅、妙子、「ちかりんず」の3人、葵と薫を訪ね、全員と再会を果たし、閉鎖された桜庭館で最後に撮った集合写真を全員に渡していた。
神楽崎雅(かぐらざき みやび)
声 - 平松晶子 / 折笠愛
葵の後見人にして、彼女の理解者。桜庭家に仕えていた両親を早くに亡くし、桜庭家に引き取られた。桜庭家に恩返しするため、自分が受けた恩を葵に尽くそうとする。桜庭館の管理人→桜庭家養子かつデパートの支店長。当初は葵が花菱家から飛び出した薫を慕うのに反対し、薫を邪魔者としか見なさなかった(特に物語序盤では管理人の権限を利用して薫に横暴に振る舞うなど、悪役的な場面が目立った)。一見クールだが、内面は優しい。西瓜割りが異常に好き。愛車はBMW・Z3。妙子と共にティナと4年ぶりに再会し、閉鎖された桜庭館で最後に撮った集合写真を手にとって懐かしそうに見つめていた。
水無月妙子(みなづき たえこ)
声 - 水橋かおり / 堀江由衣
薫の後輩にして、写真部所属。幼い頃、父を亡くし母子家庭で育つ。桜庭館にハウスキーパーとして住み込んで暮らしている。不器用でドジだが、前向きで何事にも一生懸命に取り組む頑張り屋。薫のことが気になっているが、実は奥手で進展がない。巨乳でメガネっ娘、素顔はなかなかの美人。好きで、いくら飲んでも酔わない酒豪チョコが好物。免許を持っているが、車の運転は荒い。最終的には、雅が支店長を務めるデパートで従業員として働いており、雅と共にティナと4年ぶりに再会し、閉鎖された桜庭館で最後に撮った集合写真を見ていた。
美幸繭(みゆき まゆ)
声 - 成田紗矢香 / 千葉千恵巳
美幸紡績の社長令嬢。父親は美幸紡績の社長であり、母は各国王室ご用達の有名デザイナーである。両親ともに家にいないことが多く、幼少の頃は大変寂しい思いをして育った。幼い頃に美幸紡績創立150周年記念パーティーで薫と知り合って以来、彼に想いを抱く。なお、このとき両親からもらった11歳の誕生日プレゼント・ウサギのぬいぐるみ(ウッサー)で薫は繭の心を開かせた。以来ウッサーは彼女の宝物となり、それがないと眠れない。イギリス留学中は、早く帰国して薫に会いたい一心で猛勉強した末に、中高で計2年飛び級し、16歳で明立大学に帰国子女枠で編入した。普段は非常に高飛車だが、薫の前ではアプローチも積極的。常に自分の想いに正直な性格。5歳から始めたピアノが得意。
最終的にはイギリスに住み、ティナと再会、閉鎖された桜庭館で最後に撮った集合写真を受け取る。本条家にはしょっちゅう顔を出している。
西園寺琉伽(さいおんじ るか)
声 - 堀内賢雄
繭の世話係。両親が仕事で忙しく留守になりがちなため、代わりに彼女の面倒を見ている。
水無月ちか(みなづき ちか)
声 - 桃井はるこ
妙子の従妹。初登場時は中学生。祖母の旅館を手伝っていたが、私立ふじみ野女子高進学の際に桜庭館へ引っ越してきた。薫を兄のように慕う。いつも小麦色の肌をしている、明朗快活で活発な性格。体型は発展途上中。親友の夏樹、千鶴と3人で「ちかりんず」と称される。学校では成績優秀で水泳部所属。後に、夏樹と千鶴と共に明立大学へ進学し、ティナと4年ぶりに再会を果たし、閉鎖された桜庭館で最後に撮った集合写真を受け取り、桜庭館での日々を最高の思い出と評し、ティナに対し、「ありがとう」と言った。
ウズメ
声 - 猪口有佳
ティナが飼い始めたが、なぜか雅に懐いている。悪戯の度が過ぎて雅が自室に閉じこもった際、部屋の前で鳴き続けて、最後にはドアを開けさせたことから、アメノウズメノミコトにあやかって命名された。エピローグではティナが面倒を見ているようである。
つるべ
声 - 成田紗矢香
薫たちが桜庭館に来るよりも、前から住み着いていた猫。
小宮夏樹(こみや なつき)
声 - こやまきみこ
ちかの級友かつ水泳部員。快活で溌剌とした性格。少々男勝り。体型は、ちかとほぼ同じ。エピローグではちかと千鶴と共に明立大学に進学しており、ティナと再会した。
相澤千鶴(あいざわ ちづる)
声 - 能登麻美子
ちかの級友かつ水泳部員でありながら、泳ぎは苦手。大人しくおっとりとして優しい。一途な努力家。ちかりんずの中では、最もグラマラスな体型。エピローグではちかと夏樹と共に明立大学に進学しており、ティナと再会した。
鈴木(すずき)
声 - 中井和哉
大学で薫と同じ写真部に在籍していた。薫が来ていなかった間、部長になる。いつもサングラスをかけている。無類の鉄道マニア。妙子が入部した時に歓迎コンパを装って酒で酔い潰そうと企んだが、妙子の酒豪ぶりの前に自分が潰れた。
佐藤(さとう)
声 - 肥後誠
薫が来ていなかった間、副部長になる。アイドル趣味の強い人間。鈴木と共に妙子を酔い潰そうとするも、やはり鈴木と同時に潰れた。

花菱家[編集]

花菱源一郎(はなびし げんいちろう)
声 - 徳丸完
本作の最大の悪役。 優二の父親。性格は厳格の域を超えた悪辣なまでの要領の良さに加え、自己中心的で自尊心が過剰なまでに強く非常に傲慢で身勝手、些細なことですぐに癇癪を起こす暴力的な卑劣漢であり、後取り欲しさに自らの利益のためならば暴力も躊躇わない手段も駆使し、それを正当化するなど、まさに暴君やエゴイストそのものである。親類に対する愛情も軽薄で、息子を亡くした後、薫(兄の方)を次期当主とすべく、厳しい帝王教育を施すものの、僅かでも逆らえば倍以上の虐待を加え、更には遺された久美の遺品を残らず奪い取って目の前で燃やしていた。その結果、桜庭葵と婚姻した者を、花菱財閥次期当主とするという無責任な遺言を作成する。後に認知症を発症し、挙句に今まで薫に虐待してきたことが仇となり薫に決別され、精神的に弱った後、惨めに死んだ。
薫および弟双方共に虐待してきたため、2人からの強い憎しみを買った。
花菱優二(はなびし ゆうじ)
薫と薫(異母弟)の父親。周囲からの反対に遭い、久美とは入籍していなかった。薫が5歳の頃に事故死した。彼の死は、源一郎が暴挙に出るきっかけを作り、薫に苦難の人生を歩ませることとなった。
本条久美(ほんじょう くみ)
 薫の母親であり、彼が幼い頃に亡くなった。彼女の墓は、薫と葵と雅が訪れた舞台の1つである。
薫(異母弟)の母
本名不明。素顔は不明だが、口元に黒子がある。自分の息子を花菱財閥の正式な後継者と認識しており、薫(異母兄)の存在を知った時は悲しみと悔しさを露わにしていた。エピローグ直前の2人の薫が対面した際の会話から、この時点では存命している。
花菱薫(はなびし かおる)<弟>
薫の異母弟。異母兄と同姓同名。原作のみの登場。異母兄同様、非嫡出子として育った為、不遇な人生を過ごしてきた。出奔した異母兄の代わりとして源一郎から花菱家に招かれたことで、千載一遇のチャンスとばかりに進んで花菱財閥の跡取りになろうとする。源一郎の遺言の内容上、終盤では次期当主となるために、異母兄から力ずくで葵を奪い取ろうとする。認知症発症後に甲斐甲斐しく介護していることに関して日々感謝されていたためか、源一郎には肉親としての情を持ち、異母兄に対しては源一郎の認知症の元凶と強く信じて内心怒りを燃やす、どこか好青年的である。しかし、自分にも虐待を加え続けた源一郎に対しての恨みは残っていたらしく、彼の死を全く悲しんでいなかった。葵を花菱家に幽閉した後、葵の両親との面会にまで漕ぎつけるが、葵の決心と葵を奪還しに現れた異母兄の出現、源一郎の遺言の内容を葵の母に逆手に取られ、敗北。その後、異母兄から花菱家の家督を託された。

アニメ[編集]

両シリーズ共に後にCSチャンネルではAT-Xでも放送されている。

藍より青し(第1期)
2002年4月10日から9月25日までフジテレビ系列で放送された。全24話。
基本的に原作に忠実ではあるが、話中の季節を放送された時期に合わせたため、原作では年末年始や秋の学園祭でのエピソードが真夏とされているなどの変更点がある。
オープニング冒頭では葵が全裸で登場しているが、放送ではそのシーンは画面全てを白にさせている(足元から肩口にかけての部分となる、番組タイトル表示後の数秒間。DVDでは無修正)。
藍より青し〜縁〜(第2期)
2003年10月から12月まで放送された。全12話。
前作から2年後を舞台にしている。花菱・桜庭の問題は前作のアニメでほぼ解決していたため、原作のような急展開にはならず、後半はティナを中心として描いていた。

スタッフ[編集]

括弧内( )に説明がないスタッフは第1期・第2期共通。

主題歌[編集]

第1期 オープニングテーマ「永遠の花」(1話 - 24話)
作詞 - 相田毅 / 作曲・編曲 - 増田俊郎 / 歌 - 石田燿子
  • 24話ではエンディングで使われた。
第1期 エンディングテーマ「名も知れぬ花」(1話 - 14話、16話 - 17話、19話 - 23話)
作詞 - 田岡美樹、市川裕一 / 作曲・編曲 - 市川裕一 / 歌 - the Indigo
「朱い花」(15話)
作詞・作曲・編曲 - 市川裕一 / 歌 - the Indigo
「I'll Be Home」(18話)
作詞 - 相田毅、市川裕一 / 作曲・編曲 - 増田俊郎 / 歌 - ティナ=フォスター(雪乃五月
第2期 オープニングテーマ「たからもの」(1話 - 12話)
作詞・歌 - 石田燿子 / 作曲・編曲 - 増田俊郎
第2期 エンディングテーマ「I Do!」(1話 - 8話、10話 - 11話)
作詞 - 田岡美樹 / 作曲・編曲 - 市川裕一 / 歌 - the Indigo
「Presence」(9話)
作詞 - 田岡美樹 / 作曲・編曲 - 市川裕一 / 歌 - the Indigo
「永遠の花」(12話)
作詞 - 相田毅 / 作曲・編曲 - 増田俊郎 / 歌 - 石田燿子

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
藍より青し
1 縁〜えにし〜 あみやまさはる 下田正美 高島大輔 千葉道徳
2 夕餉〜ゆうげ〜 久保田雅史 島津奔 戸張節五郎 片岡英之
丸山博一
アベミエコ
3 別離〜わかれ〜 玉井☆豪 小滝礼 熨斗谷充孝 鈴木伸一
4 同棲〜どうせい〜 山田靖智 山本秀世 雄谷将仁 杉本功
5 朋友〜ほうゆう〜 金巻兼一 静野孔文 熨斗谷充孝 田中正弥
6 家道〜かどう〜 渡邊哲哉 土屋日 鈴木伸一
7 幻妖〜げんよう〜 久保田雅史 島津奔 桜美かつし 名和宗則
8 愛玩〜あいがん〜 山田靖智 佐山聖子 井硲清高 中矢雅樹
9 一夜〜ひとよ〜 金巻兼一 高橋滋春 小林ゆかり
10 学舎〜まなびや〜 あみやまさはる 山本秀世 高島大輔 千葉道徳
11 子女〜しじょ〜 金巻兼一 小滝礼 雄谷将仁 杉本功
12 接吻〜せっぷん〜 土屋日 鈴木伸一
13 星祭〜ほしまつり〜 あみやまさはる
玉井☆豪
福田道生 岡嶋国敏 田中誠輝
14 賄〜まかない〜 山田靖智 島津奔 橋本昌和 片岡英之
15 胸懐〜きょうかい〜 久保田雅史 高橋滋春 鈴木伸一
16 渚〜なぎさ〜 山田靖智 桜美かつし 丸山隆
17 漣〜さざなみ〜 金巻兼一 小滝礼 岡本英樹 中矢雅樹
18 同衾〜どうきん〜 土屋日 杉本功
19 膝枕〜ひざまくら〜 久保田雅史 島津奔 高島大輔 千葉道徳
20 癒〜いやし〜 福田道生 雄谷将仁 片岡英之
アベエミコ
21 風気〜ふうき〜 山田靖智 桜美かつし 湖山禎崇 川嶋恵子
22 帰省〜きせい〜 久保田雅史 島津奔 岡本英樹 中矢雅樹
23 決意〜けつい〜 金巻兼一 桜美かつし 中山勝一 丸山隆
24 葵〜あおい〜 下田正美 高島大輔
下田正美
杉本功
藍より青し〜縁〜
1 桜春〜おうしゅん〜 金巻兼一 下田正美 高島大輔 杉本功
2 友垣〜ともがき〜 しまづ聡行 雄谷将仁 丸山隆
3 庭球〜ていきゅう〜 高山カツヒコ 小滝礼 太田知章 野口このみ
4 怪〜もののけ〜 久保田雅史 しまづ聡行 土屋日 南伸一郎
5 洋琴〜ようきん〜 金巻兼一 山本秀世 高島大輔 杉本功
6 道程〜どうてい〜 久保田雅史 しまづ聡行 湖山禎崇 片岡英之
アベエミコ
7 避暑〜ひしょ〜 金巻兼一 まなかゆきお 秦義人 谷口淳一郎
8 水魚〜すいぎょ〜 久保田雅史 しまづ聡行 太田知章 野口このみ
9 白妙〜しろたえ〜 金巻兼一 雄谷将仁 丸山隆
10 湯帷子〜ゆかたびら〜 久保田雅史 小滝礼 高島大輔 片岡英之
11 月光〜げっこう〜 しまづ聡行 山本秀世 杉本功
12 絆〜きずな〜 金巻兼一 中山勝一 中山由美

放送局[編集]

第1期
フジテレビでは水曜日深夜に放送されたが、終盤の数週間(8月22日・9月5日・9月19日)は1度に2話を放送した(他局では週遅れで通常通り1話ずつ放送)。
第2期
前作と同じくフジテレビ系列を基本としながらも、関東地区だけ独立UHF放送局での放送だった。また、関西テレビ・東海テレビ・テレビ西日本・北海道文化放送初のUHFアニメとなった。
2004年7月から、テレ玉、tvk、チバテレビ、サンテレビ[4]で再放送された。
放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
藍より青し
関東広域圏 フジテレビ 2002年4月10日 - 9月25日 水曜 26:25 - 26:55 フジテレビ系列
中京広域圏 東海テレビ 2002年4月19日 - 11月8日 金曜 25:50 - 26:20
近畿広域圏 関西テレビ 2002年4月27日 - 10月12日 土曜 27:25 - 27:55
日本全域 フジテレビ721 2003年8月4日 - 8月7日 月曜 - 木曜 26:00 - 28:30 CS放送
藍より青し〜縁〜
埼玉県 テレ玉 2003年10月11日 - 12月27日 土曜 25:20 - 25:50 独立UHF局
神奈川県 tvk 2003年10月12日 - 12月28日 日曜 25:00 - 26:00
千葉県 チバテレビ 2003年10月13日 - 12月29日 月曜 25:25 - 25:55
近畿広域圏 関西テレビ 2003年10月18日 - 2004年1月24日 土曜 27:45 - 28:15 フジテレビ系列
中京広域圏 東海テレビ 2003年10月24日 - 2004年1月30日 金曜 25:50 - 26:20
福岡県 テレビ西日本 2003年11月3日 - 2004年2月9日 月曜 26:30 - 27:00
北海道 北海道文化放送 2003年11月7日 - 2004年2月13日 金曜 26:30 - 27:00
日本全域 キッズステーション 2003年12月3日 - 2004年2月25日 水曜 24:30 - 25:00 CS放送 リピート放送あり
兵庫県 サンテレビ 2004年7月5日 - 9月20日 月曜 24:00 - 24:30 独立UHF局
フジテレビ 水曜 26:25 - 26:55枠
前番組 番組名 次番組
Kanon(アニメ第1作)
藍より青し

その他[編集]

  • 連載が『ラブひな』と同じ時期があり、また各種メディアミックスの展開も赤松作品と同様に進行していたことから「和風『ラブひな』」と一部で呼ばれていた。

関連商品[編集]

DVD[編集]

  • 藍より青し ―藍青特報版―
  • 藍より青し 全8巻(各三話収録)
  • 藍より青し〜縁〜 最愛
  • 藍より青し〜縁〜 全6巻(各二話収録)

CD[編集]

  • 藍より青し 音絵巻/電脳絵巻
  • 藍より青し 歌絵巻
  • 藍より青し 葵唄 -あおいうた-
  • 藍より青し 藍青放送局
  • 藍青音盤一 "桜"
  • 藍青音盤二 "寒椿"
  • 藍青劇版一 "向日葵"
  • 藍青劇盤二 "秋桜"
  • 藍青〜縁〜音盤 "松"
  • 藍青〜縁〜劇盤一 "竹"
  • 藍青〜縁〜劇盤二 "梅"
  • HCD「藍より青しの夏休み」
  • HCD「藍より青し〜旅情編〜」
  • コミック11巻付録ドラマCD「吉報」

書籍[編集]

  • 藍より青し 第一巻 - 第十七巻 原作コミック
  • 藍より青し 〜花鳥風月〜 TVアニメビジュアルブック
  • 藍より青し ノベルズ(著:馬里邑れい
  • 藍より青し ファイナルファンブック
  • 藍より青し コンプリートワークス 完全保存版画集
  • 藍より青し 純愛心理解析書(占い)
  • 藍より青し ビジュアルコレクション(ペーパーバック)

ゲーム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本人もはっきりとは覚えていない
  2. ^ 多少行き過ぎもある
  3. ^ 入学は一緒だが、1年休学したため
  4. ^ サンテレビでは初めての放送であったが、公式サイト等では再放送とされていた。

外部リンク[編集]