ヤングアニマル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

ヤングアニマル』は、白泉社の発行する月2回刊青年漫画雑誌。発売日は毎月第2・第4金曜日1992年に創刊。略称は「YA」「ヤンアニ」。単行本のレーベルとして「ジェッツコミックス」がある。発行部数は約17万部(2009年時)[1]。関連の雑誌として『ヤングアニマル嵐』と『ヤングアニマルイノセント』がある。

概要[編集]

前身は『月刊アニマルハウス』。その系譜は1981年に創刊された月刊少年漫画雑誌の『少年ジェッツ』まで遡り、1983年の休刊後に『月刊コミコミ』が創刊。次いで1989年には青年誌としてリニューアルされた『月刊アニマルハウス』を経て、1992年に隔週刊としてリニューアル創刊された。単行本のレーベル名が「ジェッツコミックス」となっているのは、その当時の名残である。

1992年の創刊時には、前身の『月刊アニマルハウス』から、『あばよ白書』・『砂の薔薇』・『ベルセルク』などの作品を引き続き掲載する。1990年代には、本誌出身の作家として技来静也柴田ヨクサルももせたまみ二宮ひかる関崎俊三などが登場し、主力として誌面を牽引した。同時に、他社の雑誌で既に実績を挙げていた林崎文博あさりよしとお竹内桜などの作家も積極的に起用している。

2000年前後にはグラビア関係の記事にも力を入れ、2000年には「ミスヤングアニマル」がスタートして青年誌としての存在をアピールしている。また、『ふたりエッチ』や『コイズミ学習ブック』などの人気もあり、他方では多数の成年コミック出身の作家を起用した事と相まって、ソフトなエッチ路線の雑誌としての地位も確保した。1990年代にも『ぶっとび!!CPU』などで好評だったお色気路線が顕著になったのがこの時期であり、同時期に誕生した増刊の『ヤングアニマル嵐』(2000年に季刊としてスタート、2001年に隔月刊化)においてはその方向性を更に推し進めて行き、同誌は数々の有害図書指定を受けるなど、業界屈指の「過激な」青年漫画雑誌として衆目を集めている。しかし2011年現在では『ふたりエッチ』以外に直接的な性交シーンのある作品は存在しておらず、「寸止め」程度に収まっているため、過激さは全盛期よりも弱まりつつある。

2000年代の動向としては、各種メディアミックスが著しい事も特徴として挙げられる。既に1990年代において先述の『砂の薔薇』『ぶっとび!!CPU』等がOVA作品でアニメ化、また『ベルセルク』がTVアニメとして映像化されていた背景もある。2000年代に入ってからは実写作品への進出が目立ち、2000年に『ふたりエッチ』、2004年に『ああ探偵事務所』、2005年に『ホーリーランド』が、それぞれTVドラマ化されている。また2006年には『ユリア100式』がオリジナルビデオ、2008年には『デトロイト・メタル・シティ』が実写映画として製作された。アニメに関しても、2002年・2003年に『藍より青し』がTVアニメ化、2002年 - 2004年に『ふたりエッチ』がOVA化される。2008年に『デトロイト・メタル・シティ』がOVA化され、同作品は2009年に衛星放送、2010年には衛星放送と地上波でそれぞれ放映されている。他には、映画・アニメ・ゲーム作品のコミカライズも少数ながら行われている。付録に不定期にDVDが付属する。

姉妹誌でもある『ヤングアニマル嵐』とは、両誌での並行連載や連載作品の移籍、連載中の作品の番外編をもう一方の雑誌に掲載するなど、相互の交流が多い。関連性を持つ雑誌に関しては、『MELODY』が挙げられている。

現在連載中の作品[編集]

連載終了作品[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行[編集]

わ行[編集]

発行部数[編集]

  • 2004年(2003年9月 - 2004年8月) 201,083部[2]
  • 2005年(2004年9月 - 2005年8月) 201,209部[2]
  • 2006年(2005年9月 - 2006年8月) 196,334部[2]
  • 2007年(2006年9月 - 2007年8月) 190,125部[2]
  • 2008年(2007年10月 - 2008年9月) 190,000部[2]
発行部数(印刷部数公表より)(2008年4月以降)(社団法人日本雑誌協会
1 - 3月 4 - 6月 7 - 9月 10 - 12月
2008年 190,500 部 186,167 部 178,834 部
2009年 169,167 部 163,334 部 163,334 部 159,334 部
2010年 160,167 部 160,000 部 159,334 部 164,000 部
2011年 154,000 部 160,417 部 165,000 部 158,334 部
2012年 165,667 部 159,000 部 151,167 部 148,334 部
2013年 143,500 部 134,834 部 132,500 部

ミスヤングアニマル[編集]

2000年にスタート。当初は複数名のアイドルがエントリーし投票制で各賞を発表していたが、2002年から読者選出により同誌の顔とも言うべきグラビアアイドルを毎年5月上旬発売号で発表し現在に至っている。

ヤングアニマルDensi[編集]

ヤングアニマルDensi』は、独自の作品を配信している『ヤングアニマル』のweb雑誌サイト。2013年4月26日より配信を開始した。

通常連載[編集]

毎週金曜日更新。

連載終了・第1話のみ公開[編集]

読み切り[編集]

コラム[編集]

日替わり4コママンガ[編集]

以下の作品のうちの1本が不規則に掲載されていた。何故か正式告知がないまま2014年8月31日を最後に更新が途絶えている。

新人たちの挑戦 読み切り登竜門[編集]

2014年4月25日配信開始。月1〜2作程度の割合で追加配信されており、2014年8月1日現在、公開を終了した作品はない。

脚注[編集]

  1. ^ 社団法人日本雑誌協会のデータ(印刷証明付部数)による
  2. ^ a b c d e 社団法人日本雑誌協会JMPAマガジンデータによる該当期間中に発売された雑誌1号当たりの平均印刷部数。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]