小林拓己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小林 拓己(こばやし たくみ)は、日本漫画家女性埼玉県出身。

小林が漫画家を志したきっかけは、25歳の頃、当時萩原一至のアシスタントをしていた妹から依頼されて、萩原のアシスタントをしたことであった。デビューして初期の頃はレディースコミックに属する作品を発表。『砂漠の野球部』を連載していたコージィ城倉のアシスタントとしても活動していた。後に成人男性向けの漫画雑誌で活動するようになり、現在は主に青年誌で活動している。

小林の画風は、藤島康介と共通点が多い。小林の一般向け作品には、別に原作者がいるものが多い。

作品[編集]

※が付いている作品は成人向け作品。

脚注[編集]

  1. ^ 単行本は電子書籍のみで発売。

外部リンク[編集]