水野良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
水野 良
ペンネーム 水野 良
(みずの りょう)
誕生 1963年7月13日(51歳)
日本の旗 日本大阪府
職業 作家ライトノベル作家)
活動期間 2003年 -
代表作

『ロードス島』シリーズ

(『ロードス島戦記』)
(『ロードス島伝説』)
(『新ロードス島戦記』)
魔法戦士リウイ』シリーズ
など他
処女作 『ロードス島戦記』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

水野 良(みずの りょう、1963年7月13日 - )は、アニメ化された『ロードス島戦記』や『魔法戦士リウイ』で知られる作家ゲームデザイナーである。

大阪府出身、A型立命館大学法学部卒業。兄弟に2つ上の兄がいる。

経歴[編集]

大学在学中からRPGに関心を持ち、やがてグループSNEの設立(1987年)に参加することになる。1997年に独立し、現在は同社社友。

コンプティーク』誌で連載された、『ロードス島戦記』のリプレイ小説化した『ロードス島戦記 灰色の魔女』で小説家としてのデビューを飾る。本書は通算100万部以上売れるいわゆるミリオンセラーとなっており、ライトノベル分野におけるファンタジーの地位を確立する牽引役の一つとなったと考えられる。

『ロードス島』だけではなく、グループSNEが小説・ゲームの舞台として展開しているフォーセリア世界の設定においても大きな役割を占めている。

ブロッコリー社の作品『ギャラクシーエンジェル』の総監修を行う傍ら、2005年8月5日からはラジオ番組『水野良Produce りょーことゆーなの G☆A☆』(ラジオ関西/音泉・放送終了)にてレギュラー出演。

ソード・ワールドRPGリプレイ第3部ではプレイヤーとして参加していたとされており(プレイヤーキャラクターの1人『白いダークエルフ』ことスイフリーは「水野良→水 / 野良→スイ(水)フリー(野良)」という命名方法であるらしい)、『ソード・ワールドRPG 完全版』でのルール変更の一因を作っている。

作品リスト[編集]

小説[編集]

ロードス島戦記角川スニーカー文庫[編集]

  • 1. 灰色の魔女 (1988年4月)
  • 2. 炎の魔神 (1989年2月)
  • 3. 火竜山の魔竜(上) (1990年2月)
  • 4. 火竜山の魔竜(下) (1990年7月)
  • 5. 王たちの聖戦 (1991年3月)
  • 6. ロードスの聖騎士(上) (1991年12月)
  • 7. ロードスの聖騎士(下) (1993年4月)
  • ハイエルフの森 ディードリット物語 (1995年3月)
  • 黒衣の騎士 (1998年10月)

ロードス島伝説(角川スニーカー文庫)[編集]

  • 1. 亡国の王子 (1994年9月)
  • 2. 天空の騎士 (1996年7月)
  • 3. 栄光の勇者 (1997年4月)
  • 4. 伝説の英雄 (1998年4月)
  • 5. 至高神の聖女 (2002年11月)
  • 太陽の王子、月の姫 (1996年11月、mini文庫)
  • 永遠の帰還者 (2000年1月)

新ロードス島戦記(角川スニーカー文庫)[編集]

  • 序章 暗黒の島の領主 (1998年5月、mini文庫)
  • 序章 炎を継ぐ者 (1999年5月)
  • 1. 闇の森の魔獣 (1998年9月)
  • 2. 新生の魔帝国 (2001年4月)
  • 3. 黒翼の邪竜 (2001年12月)
  • 4. 運命の魔船 (2004年11月)
  • 5. 終末の邪教(上) (2005年11月)
  • 6. 終末の邪教(下) (2006年12月)

魔法戦士リウイ (富士見ファンタジア文庫)[編集]

  • 魔法戦士リウイ 1 (1998年10月)
  • 魔法戦士リウイ 2 (1999年2月)
  • 魔法戦士リウイ 3 (1999年6月)
  • 魔法戦士リウイ 4 (1999年12月)
  • 魔法戦士リウイ 5 (2000年4月)
  • 魔法戦士リウイ 6 (2000年8月)
  • 魔法戦士リウイ 7 (2001年3月)
  • 魔法戦士リウイ 8 (2001年7月)
  • 魔法戦士リウイ 9 (2002年2月)
  • 魔法戦士リウイ 0 (2003年3月)
  • 剣の国の魔法戦士 (2001年9月、新装版)
  • 湖岸の国の魔法戦士 (2001年9月、新装版)
  • 砂塵の国の魔法戦士 (2003年9月)

魔法戦士リウイ ファーラムの剣 (富士見ファンタジア文庫)[編集]

  • 賢者の国の魔法戦士 (2004年8月)
  • 呪縛の島の魔法戦士 (2005年3月)
  • 牧歌の国の魔法戦士 (2006年2月)
  • 鋼の国の魔法戦士 (2006年12月)
  • 神代の島の魔法戦士 (2007年12月)
  • 嵐の国の魔法戦士 (2008年8月)
  • 煙火の島の魔法戦士 (2011年1月)
  • 魔法の国の魔法戦士 (2012年6月)

クリスタニア シリーズ(電撃文庫[編集]

  • 漂流伝説クリスタニア 1 (1993年6月)
  • 漂流伝説クリスタニア 2 (1993年12月)
  • 漂流伝説クリスタニア 3 (1994年12月)
  • 漂流伝説クリスタニア 4 (1996年2月)
  • クリスタニア 封印伝説序章 (1995年8月)
(『若き承認者』所収)
  • クリスタニア 傭兵伝説序章 (1997年4月)
(『ベルディア砦の承認者』所収)

スターシップ・オペレーターズ (電撃文庫)[編集]

  • スターシップ・オペレーターズ 1 (2001年3月)
  • スターシップ・オペレーターズ 2 (2001年11月)
  • スターシップ・オペレーターズ 3 (2002年6月)
  • スターシップ・オペレーターズ 4 (2003年6月)
  • スターシップ・オペレーターズ 5 (2004年11月)
  • スターシップ・オペレーターズ 6 (2005年5月)

ブレイドライン アーシア剣聖記 (角川スニーカー文庫)[編集]

  • ブレイドライン 1 (2009年9月)
  • ブレイドライン 2 (2010年1月)
  • ブレイドライン 3 (2010年7月)
  • ブレイドライン 4 (2010年12月)
  • ブレイドライン 5 (2011年9月)

グランクレスト戦記(富士見ファンタジア文庫)[編集]

  • グランクレスト戦記 1 虹の魔女シルーカ (2013年8月)
  • グランクレスト戦記 2 常闇の城主、人狼の女王 (2013年12月)

ソード・ワールド短編集所収(富士見ファンタジア文庫[編集]

  • 一角獣(ユニコーン)の乙女(『レプラコーンの涙』所収)
  • レプラコーンの涙(『レプラコーンの涙』所収)
  • 神官戦士が六人(『ナイトウインドの影』所収)
  • ふたりの迷宮(ラビリンス)(『ふたりのラビリンス』所収)
  • ロマールの罠(『ロマールの罠』所収)
  • ただ一度の奇跡(『ただひとたびの奇跡』所収)
  • 祝福されざる聖杯に(『虹の舞う海に』所収)
「神官戦士が六人」以降の5作は、連作短編「羽根頭冒険譚」のシリーズである。

シェアード・ワールド・ノベルズ 妖魔夜行作品集所収(角川スニーカー文庫)[編集]

  • 身飾り(妖魔夜行作品集、『悪魔がささやく』所収)

ミラー・エイジ(グループSNEリレー小説[編集]

  • 第2話 石化の呪い

ギャラクシーエンジェル(富士見ファンタジア文庫)[編集]

  • ギャラクシーエンジェル 1 (2002年11月)

ギャラクシーエンジェル(角川書店)[編集]

  • ギャラクシーエンジェル 廃太子の帰還 (2006年3月)

テーブルトークRPG[編集]

  • ソード・ワールドRPG - ワールド・デザイン担当
    • ソード・ワールドRPG ワールドガイド
  • ロードス島戦記コンパニオン
    • RPGリプレイ ロードス島戦記(全3巻)
  • クリスタニアコンパニオン
  • クリスタニアRPG
    • RPGリプレイ 封印伝説クリスタニア
    • RPGリプレイ 漂流伝説クリスタニア
    • RPGリプレイ 暗黒伝説クリスタニア
    • RPGリプレイ 黄金伝説クリスタニア
    • RPGリプレイ 傭兵伝説クリスタニア(上・下)
    • RPGリプレイ 秘境伝説クリスタニア
    • レジェンド・オブ・クリスタニア ~はじまりの冒険者たち~ TRPGサウンド・リプレイ

その他[編集]

外部リンク[編集]