ミス・コンテスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第1回(1950年度)ミス日本・山本富士子

ミス・コンテストとは、ミスの敬称が示す通り独身女性を競うイベント。一般的には容姿を基準に審査員が優劣を決めるため、コンテストの上位入賞者は美人肩書きを得ることになる。日本語では「ミスコン」と省略されたり、「美人コンクール」と呼ばれたりもする。英語に基づいた表現として「ビューティー・ページェント[† 1]」を用いる場合もある。

ミスコンの上位入賞者は男性の注目を集め、美を求める女性の憧憬の念を得る効果があるため、たいていはコンテスト終了後も主催者と契約し、主催者が用意するイベントやキャンペーンPR活動や社会奉仕活動)に出演する。

概要[編集]

水戸市の梅娘 (偕楽園の梅祭り、なお現在は梅大使という名称になっている)

日本では、芸者などの職業毎の人気投票は存在したが、一般女性を対象にしたミスコンテストはシカゴ・トリビューン主催『世界美人コンクール』の日本予選である時事新報主催『全国美人写真審査』が最初とされる。同審査は、1907年明治40年)より時事新報が全国22の新聞社と共に1次審査を実施して、各地域5名ずつ、計215名を選抜した。翌1908年(明治41年)2月29日に時事新報社にて実施した2次審査で12等賞まで順位が決められ、1等賞は福岡県小倉市(現・北九州市)の末弘ヒロ子(当時16歳、『世界美人コンクール』では6位)、2等賞は宮城県仙台市の金田ケン子(19歳)、3等賞は栃木県宇都宮市の土屋ノブ子(19歳)となった。上位12名の出身地別内訳は、東京府東京市(現・東京都)が6名、宮城県仙台市が2名、茨城県水戸市・栃木県宇都宮市・三重県・福岡県小倉市が各1名だった。入賞者は3月5日に紙上掲載されたため、同日は後に「ミス・コンテストの日」とされている。

アメリカでは1920年代からミス・アメリカが行われ、水着審査の発祥である。また入賞者には奨学金が授与される。

ミス・コンテスト入賞者(特にミス・ユニバース、ミス・ワールド、ミス日本や、自治体のキャンペーンガール)に対してはそれを示すたすき[† 2]ユニフォーム帽子(これらはキャンペーン活動を含む公式行事に着用する)が贈呈される。又、コンテストの審査結果発表時にはこれにガウン王冠ティアラも贈呈される事もある。任期が定められているものもあり、任期は1年間のものが多いがそれよりも長い場合もある[† 3]

女性を外見で評価するため、反対運動が根強く、規模を縮小する例がある[1]

漫画雑誌では、誌上コンテストが開催されている(ミスマガジンなど)。

日本の大学におけるミスコンテスト[編集]

日本の大学では、学園祭の時期にあわせる形もしくは違う時期に独自企画としてミスコンテスト(ミスキャンパス)が行われている大学が多くあり、特に東京の大学のミスコンは、有名大学を中心にキー局アナウンサーである「女子アナ」への登竜門と言われ、実際にミスコン経験者のアナウンサーも多いほか、キャスターやタレントも多く輩出している。なお、大学のミスコンを初めて開催したのは青山学院大学である。

また有名大のミスコンを中心にテレビに出演したり、ミスコンを集める番組(フジテレビキャンパスナイトフジ」)もある。新たなムーブメントとなっている。他にもミスとして取材を受けたり、イベントが行われることもある。

ムーブメントの過熱化も起きており、例えば2006年のミス慶應(慶應義塾大学)には副賞として外国産車のBMWが、2007年にはティアラが贈られている[2]。これらは、ミスコン主催サークル等を通じて一流企業のPR目的の協賛があったためである。これらに関しては、学生の本分ではないなどとの批判も存在する。[誰?]

主要コンテスト一覧[編集]

主な国における4大国際コンテストと国内コンテストとの関係(2012年現在)

ミス・ユニバース
(MU)
ミス・ワールド
(MW)
ミス・インターナショナル
(MI)
ミス・アース
(ME)
主催者 アメリカ合衆国の旗 MU機構 イギリスの旗 MW機構 日本の旗 国際文化協会
日本の旗 外務省外郭団体
フィリピンの旗 カルーセル・プロ[† 4]
国際連合の旗 国際連合環境計画共催)
初回開催 1952年 1951年 1960年昭和35年) 2001年
ベネズエラの旗 ミス・ベネズエラ 1位が出場 2位が出場 3位が出場 4位が出場
韓国の旗 ミス・コリア 1位が出場 2位が出場 3位が出場
ミス・ワールド・コリア 1位が出場
インドの旗 ミス・ユニバース・インド 1位が出場
ミス・インド 1位が出場 3位が出場 2位が出場
フランスの旗 ミス・フランス 1位が出場 2位が出場
ミス・プレスティージュ
・ナスィヨナル
1位が出場
ミス・ナスィヨナル 1位が出場
日本の旗 ミス・ユニバース・ジャパン 1位が出場
ミス・インターナショナル
ジャパン
2位が出場 1位が出場
ミス・アース・ジャパン[† 5] 1位が出場
コロンビアの旗 ミス・コロンビア 1位が出場 2位が出場
ミス・ワールド・コロンビア 1位が出場
ミス・アース・コロンビア 1位が出場
ロシアの旗 ミス・ロシア 1位が出場
ミス・アース・ロシア 1位が出場
イギリスの旗

アイルランドの旗
ミス・ユニバースGB 1位が出場
ミスUK イングランドの旗ミス・イングランド1位
ウェールズの旗ミス・ウェールズ1位
スコットランドの旗ミス・スコットランド1位
北アイルランドの旗ミス・北アイルランド1位
の計4名が各々出場
ミスワールドに出場した
連合王国4ヶ国の代表
計4名の中から
ミスUK1位を選び
翌年大会に出場
ミス・アースUK 連合王国4ヶ国と
アイルランドの旗アイルランド
各1位計5名が出場
ブラジルの旗 ミス・ユニバース・ブラジル 1位が出場
ミス・ワールド・ブラジル 1位が出場
ミス・ブラジル 1位が出場
アメリカ合衆国の旗 ミスUSA 1位が出場
ミスUSインターナショナル 1位が出場

その他の国際的なコンテスト

日本での主な国内コンテスト

その他の国での主な国内コンテスト

ミス・コンテスト出身の主な著名人[編集]

新井寿枝・貴子は「実姉妹」。
  • 渡辺けあき ミス日本・海の日→プロボウラー・モデル
  • 萬田久子 ミス・ユニバース日本代表→女優
  • 織作峰子 ミス・ユニバース日本代表→写真家
  • 町本絵里 ミス・ユニバース日本代表→モデル、タレント、歌手、女優
  • 知花くらら ミス・ユニバース日本代表→モデル、タレント
  • 森理世 ミス・ユニバース日本代表。2007年度世界大会でミスユニバースに選ばれる。振付師ダンサー・モデル
  • 宮坂絵美里(REIRA) ミス・ユニバース日本代表→モデル・女優・タレント。(ミスユニバース日本代表に選ばれたことをきっかけに本名名義での活動を強化しており、現在は苗字を外した「絵美里」名義で活動)
  • 板井麻衣子 ミスユニバース日本代表→モデル・タレント(出場時は大分市役所地方公務員。ファイナリストに選ばれた後タレント活動へ転向している)
  • 白田久子 ミス・インターナショナル日本代表→女優
  • 杉山恭子(KYOCO) ミス・インターナショナル日本代表→モデル(出場当時はタレント)
  • 金ヶ江悦子 ミス・インターナショナル日本代表→タレント、インストラクター
  • 吉松育美 ミス・インターナショナル日本代表。2012年度世界大会でミス・インターナショナルに選ばれる。モデル。
  • 渡辺志穂 ミス・エアジャパン(ミス・アースの準ミスの一つ。準ミスの最高位<2位>に当たる賞)→タレント・モデル(元AKB48
  • 室井佑月 ミス栃木・ミス公園通り→レースクイーンなどを経て作家・テレビコメンテーター
  • 東里 第25代ミス熱海梅の女王(並行して女優・タレント・モデルとして活躍)
  • 山路ふみ子 ミス神戸→女優→実業家→社会事業家
  • 平野啓子 ミス東京→NHK専属契約アナウンサー→語り部(1995年1997年2004年の3回「燦々ぬまづ大使」に選出)
  • 浅田舞 フィギュアスケート選手・スポーツコメンテーター。フィギュア選手として活動しつつ2005年国際モードルオーディションORIBE」第2回グランプリ
  • 白石さおり タレント、オーディション研究家。アイドル時代より54ものミスコンテスト優勝・入賞や観光大使受賞歴を誇る「ミスコン女王」
  • 高野人母美 プロボクサー・モデル。「第4回アジアスーパーモデルコンテスト」上位やミス・アースジャパンファイナリストなどを経験。
  • 沼田さくら ミス・ワールド日本代表ファイナリスト→モデル(元バレーボール選手)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 英語: beauty pageant英語発音: /ˈbjuːti ˈpadʒənt/ ビューティ・ジャント)
  2. ^ たすきは持ち回り貸与が多いが、ミス日本のようにそのまま贈呈される場合もある
  3. ^ 例えば熱海市の「ミス熱海梅の女王・梅娘」は2年間である。また、2011年福島県ミスピーチ」は本来1年で任期満了となる予定だったが、東日本大震災の影響による福島県の事業見直しのためメンバーの新規募集はせず、2010年のメンバーを「続投」(任期延長)させている
  4. ^ 英語: Carousel Productions英語発音: /ˌkarəˈsɛl prəˈdʌkʃənz/ カラル・プラクシャンズ、英語発音: /ˌkaruːˈzɛl prəˈdʌkʃənz/ カルール・プラクシャンズ)
  5. ^ ミス・ユニバース・ジャパンが運営協力

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]