相田裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
相田 裕
生誕 1977年
日本の旗 日本 栃木県
職業 漫画家
イラストレーター
活動期間 2001年 -
代表作 GUNSLINGER GIRL
受賞 第16回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞
公式サイト JEWEL BOX
テンプレートを表示

相田 裕(あいだ ゆう、1977年昭和52年〉- )は、日本漫画家イラストレーター。代表作は、アニメ化もされた『GUNSLINGER GIRL』。

概要[編集]

栃木県出身。明治大学卒業、同学漫画研究会出身。同人活動や『イラストレーター』を経て、2001年FOX出版『コミックメガフリーク』4月号に掲載された短編ストーリー漫画『FLOWERS』が漫画家としての商業誌デビュー作となる。 2002年、同人活動として自身が執筆していた『GUN SLINGER GIRL』を『GUNSLINGER GIRL』と改題して商業誌に執筆の場を移し連載となった。同作は単行本が全15巻発行され、さらにはアニメ化されるほどのヒット作となった。また現在も同人活動を並行して行っている。

『GUNSLINGER GIRL』2度目のアニメ化となった『GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-』では、総監修、シリーズ構成、キャラクターデザイン原案に加え、共同執筆の3話分を除いた全話の脚本も担当している。

エピソード[編集]

作品リスト[編集]

漫画[編集]

イラストレーション[編集]

  • BITTERSWEET FOOLS (minori) 原画・キャラクターデザイン担当
  • Role&Roll Vol.60(新紀元社)2009年9月 イラスト数点
  • イラストレーターセッション常夏の島に刃が踊る(ジャイブ)2010年5月 イラスト数点

外部リンク[編集]