三浦建太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三浦 建太郎(みうら けんたろう、1966年7月11日 - )は、日本漫画家千葉県出身、日本大学藝術学部美術学科卒。代表作はダーク・ファンタジー作品の『ベルセルク』。

略歴[編集]

大学入学後、少年マガジン第34回新人漫画賞入選作となった『再び』(『週刊少年マガジン』掲載)、及び『NOA』(『フレッシュマガジン』掲載)で商業誌デビューを果たす。漫画家の技来静也森恒二は高校の同級生であり、森とは大学も同じ学科である[1]

1988年、大学在学中にプロトタイプの短編『ベルセルク』を『コミコミ』11月号に投稿し(単行本14巻に収録)、翌年の卒業後に本格的に漫画家として活動を始める。『月刊アニマルハウス』(『ヤングアニマル』の前身)で武論尊原作の『王狼』『王狼伝』『ジャパン』を、並行して『ベルセルク』を連載開始した。1992年以降は『ベルセルク』一本にしぼり、『ヤングアニマル』に不定期連載中である。物語締結の見通しはたっておらず、自身でも「死ぬまでに頭の中の全てを出せるのか」と語っている[2]

人物[編集]

両親は共にデザイナーであり、高校時代から漫画を描き続けていた三浦に対して理解を示していたとのことである[1]

音楽家平沢進の熱狂的なファンで、執筆中には必ず聴いているとのこと。これがきっかけでアニメ及びゲーム版『ベルセルク』の音楽は平沢が担当している。(劇場版は主題歌のみ担当)

学生時代、柔道を始めたばかりで初段の相手を吹っ飛ばしたというほど腰が強い。

少年時代から少女漫画を愛読しており、『ベルセルク』に多大な影響を及ぼしていると発言している(藤本由香里『少女まんが魂』での対談より)。

エロゲーマーであることを自認しており、尚且つ『真・恋姫†無双 〜乙女繚乱☆三国志演義〜』にはまっている(巻末コメントより)。

ニコニコ動画のヘビーユーザーであると『ヤングアニマル』誌の巻末コメントに寄せている。それを知った株式会社インターネットは、同サービスの時報を利用して自社商品のVOCALOIDソフト『がくっぽいど』のパッケージイラストの依頼をかけた。三浦はこれに応えて同製品のイメージキャラクター「神威がくぽ」を無償でデザインした。

シミュレーションゲーム『THE IDOLM@STER』のファンで、好きなキャラは如月千早とのこと。休載の際にXbox 360を購入した。

アシスタント[編集]

緻密な画風のためアシスタントには高い画力、集中力が要求される。尚、アシスタントで現在『ヤングアニマル』で執筆中の技来静也は高校の同級生である[1]

作品[編集]

関連項目[編集]

  • 武論尊 - 過去『王狼伝』の原作で三浦とコンビを組んでおり、「三浦の絵は原哲夫北斗の拳)と同じくマッチョ系」という共通性を認める内容のコメントを出している。
  • グイン・サーガ - 作家栗本薫の大長編ファンタジー小説。三浦が熱心なファンであることを公言。また、「グイン・サーガ・ワールド 8」(ISBN 978-4-15-031114-8 )の表紙画を描いている。
  • 羽海野チカ - オールモノクロ版「異世界の童話33・ベルセルク」カバーイラスト(絵と文 三浦建太郎)白泉社。
  • 3月のライオン - 2巻 特製カバー、カバーイラスト。
  • 平沢進 - 先述にもあるように三浦がファンと公言するミュージシャン。
  • マップス - 長谷川裕一著のスペースオペラ漫画。三浦がファンで,「マップス」最終回後に発売されたヤングアニマル巻末で「マップスが終わってしまった」と発言している。
  • ダーク・ファンタジー

脚注[編集]

文献[編集]

  • 藤本由香里『少女まんが魂 現在を映す少女まんが完全ガイド&インタビュー集』白泉社、2000年12月、ISBN 4592731786
    • 少女マンガ評論家・藤本由香里による特別インタビューを掲載