キルミーベイベー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キルミーベイベー
Baby, please kill me.
ジャンル ギャグ
漫画
作者 カヅホ
出版社 日本の旗芳文社
掲載誌 まんがタイムきららキャラット
レーベル まんがタイムKRコミックス
発表号 2008年7月号 - 連載中
巻数 既刊6巻 以下続刊
アニメ
原作 カヅホ
監督 山川吉樹
シリーズ構成 白根秀樹
脚本 白根秀樹、木村暢
久尾歩、馬場絵麻
キャラクターデザイン 長谷川眞也
音楽 EXPO
アニメーション制作 J.C.STAFF
製作 キルミーベイベー製作委員会、TBS(TV)
放送局 放送局参照
放送期間 2012年1月 - 3月
話数 全13話 + OVA
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

キルミーベイベー』は、カヅホによる日本4コマ漫画作品。併記されている英語タイトルは「Baby, please kill me.」。芳文社の月刊雑誌『まんがタイムきららキャラット2008年1月号で初めてフレッシュゲストとして掲載された後、同年7月号から同誌にて連載されている。

作品概要[編集]

カヅホのデビュー作品。最初はデビュー作品の練習用プロットの一つであったが、そのままネームを仕上げたものが『まんがタイムきららキャラット』に読み切り作品として掲載されることとなり、「不定期連載」の状態が半年ほど続いたのち、正式連載となった[1]

ごく普通に学校に通う「殺し屋」の少女・ソーニャとその友人・やすなが繰り広げる、コミカルで少しバイオレンスな日常を描く。キャラクター数は非常に少なく、基本的に主人公のやすなとソーニャの掛け合いだけで話が展開される(カヅホは本作を「漫才コント漫画」と称している)。カヅホいわく、当初は『まんがタイムきららキャラット』に溶け込めるよう日常系漫画を目指していたが、何か変なことをしないと生き残れないと思って、思い切ってギャグ漫画にしたところ好評だったため、ギャグ路線の芸風になったのだという[1]

2011年7月28日発売の『まんがタイムきららキャラット』同年9月号表紙でテレビアニメ化が発表され[2]2012年1月から同年3月まで放送された。

登場人物[編集]

折部 やすな(おりべ やすな)
- 赤﨑千夏
ソーニャの(自称)友人で、茶髪のショートカット。テレビアニメ版では序盤で「たぶん高校生」「おおよそ高校生」などといい加減な自己紹介をしている。
天然ボケが入ったおバカキャラ(原作初期では普通の少女として描写されていたが、後述の没キャラのボケ要素が吸収され、現在のキャラクター性が確立された)。ソーニャの正体を知りつつも物怖じせずちょっかいを出し、何かと怒りを買っては手痛いツッコミを受けている。そんな日常に適応したのか、身体は人一倍頑丈。ソーニャの本職を良く思っておらず、辞めるよう説得したり、仕事へ向かう邪魔をしたりするが、成功したことはほとんど無い。浪費癖があり、変わったものを衝動買いしては学校に持ち込んでいる。「ちくわ」と「ちくわぶ」という名の飼い犬がおり、気質も飼い主に似ている。
テレビアニメ版では、「くそう、くそう……」が口癖。
ソーニャ
声 - 田村睦心
とある組織に属する殺し屋の少女。白人風の外国人で、金髪碧眼。髪型はツインテール(単行本描き下ろしの番外編『ミルキーベイベー』『キル太郎』ではポニーテール)。
普段は普通の学校生活を送っているが、電話などで指令が下ると「仕事」に出る(ただし、仕事の様子は描写されない)。学校ではやすなのイタズラや暴走に巻き込まれて迷惑を被ることが日常で、彼女に対しては容赦なくきついツッコミを入れる。
殺し屋としての素養は非常に高く、それゆえか性格は淡白かつ真面目。その一方で、お化けや動物(特にイヌ)、虫などが苦手という少女らしい一面もある。初期は背後に人の気配を感じると反射的に手を出す悪癖があったが、気配判別能力を高めることで克服した。服の下は常に武装しており、特にナイフを大量に携行している。また、個人的な外出時も学校の制服で行動している。
テレビアニメ版では、やすなを友達と認めていることを窺わせるアニメオリジナルのシーンが多く登場した。
呉織 あぎり(ごしき あぎり)
声 - 高部あい
ソーニャと同じ暗殺組織に属する殺し屋の忍者。黒紫のロングヘア。瞳の色は赤紫だが、普段は目をちゃんと開けていない(糸目)ことが多い。やすなやソーニャよりも長身。
神出鬼没で掴みどころがないが、おっとりした性格で、どこか間の抜けたところもある。何らかの「仕事」でソーニャ達の学校に転校してきて、元・忍者同好会の部室である空き教室によく潜んでいる。忍術とは到底言えない胡散臭い技ばかり繰り出してソーニャ達を惑わせるが、危機から逃れる時などに本物の忍術らしきものを使うことがある(手裏剣苦無・変わり身の術など)。自宅は忍者屋敷。「何かお困りのようですね〜」と言いながら登場することが多い。
テレビアニメ版では、非常にのんびりとした口調で台詞を話し、語尾が伸びることが多い。この特徴は漫画版に逆輸入された[1]
没キャラ(ぼつキャラ)
声 - 釘宮理恵
赤毛緑眼の少女。髪型は三つ編みポニーテールで、アホ毛が2本生えている。名前の示す通り本作掲載前に没となったキャラであり、正式名称は設定されていない。
「やすな達と同じ学校に通うが、その実態はソーニャの組織に敵対する殺し屋で、彼女とはライバル関係にある」などという設定を持ったメインのボケ要員として構想されていたが、諸般の事情で登場は取り下げられ、ボケ要員としてのキャラクター性はやすなへ吸収されることとなった。原作本編では一切登場しないが、単行本描き下ろしの番外編には数回登場している。
テレビアニメ版ではセミレギュラーとして本編に登場[3]。自身が没キャラであるという自覚を持っており、出番を求めてやすな達への接触を試みる(初登場時には、自分と違って出番の多いやすなとソーニャを敵視していた)が、登場するたびに行き違いとなってしまい、実際に相対することはなかった。また、脚本案の段階では没キャラがメインの回もあったが、やりすぎると「没キャラ」ではなく「採用キャラ」になってしまうため、この案はお蔵入りになった[1]

書誌[編集]

単行本[編集]

芳文社より「まんがタイムKRコミックス」として刊行されている。

巻数 発売日 初版発行日 ISBN
第1巻 2009年1月27日発売 2009年2月11日初版発行 ISBN 978-4-8322-7773-1
第2巻 2010年1月27日発売 2010年2月11日初版発行 ISBN 978-4-8322-7883-7
第3巻 2011年2月26日発売 2011年3月13日初版発行 ISBN 978-4-8322-8000-7
第4巻 2012年1月27日発売 2012年2月11日初版発行 ISBN 978-4-8322-4105-3
第5巻 2013年3月27日発売 2013年4月11日初版発行 ISBN 978-4-8322-4277-7
第6巻 2014年3月27日発売 2014年4月11日初版発行 ISBN 978-4-8322-4418-4

アンソロジー[編集]

芳文社より「まんがタイムKRコミックス」として刊行されている。

  • Baby, please kill me. 「キルミーベイベー」ファンブック&アンソロジーコミック(2012年3月27日発売 ISBN 978-4-8322-4135-0
    • 前半は作者の自宅紹介や製作現場などファンブック、後半はアンソロジーコミックという2部仕様。

テレビアニメ[編集]

2012年1月から3月まで、TBSBS-TBSほかにて放送された。全13話。

制作会社が同じ『探偵オペラ ミルキィホームズ』とのコラボレーションとして、 2011年12月2日から同年12月4日まで、限りなく公式HPに近いサイトのトップページが『ミルキィベイベー』として乗っ取られていた。

本編と次回予告のナレーション、およびモブキャラクターチョー新井里美が担当しており、エンディングではエトセトラボーイ(チョー)、エトセトラガール(新井)とクレジットされている。ちなみに本作に声をあてた声優は、全編を通じて6人だけである。

アニメ化の企画は以前にも立っていたが、その当時は流れてしまったため、今回の企画に対して当初カヅホは疑っていた。しかし、企画が通った後はスタッフの要請に応じて会議に出たり台詞への意見を出すなど、積極的に参加している[1]

2013年10月16日に発売されたアルバム「キルミーベイベー・スーパー」には、新作のオリジナルアニメDVD「ぶつぞうけがってにせはろうぃーん(オムニバス形式で8本のショートストーリーを収録)」が同梱された[4]。スタッフ・担当声優はテレビアニメと同一だが、絵柄はより原作に近いタッチに変更された。端役は新井里美が一人で担当し、また没キャラは登場しない。

2013年12月4日にBD-BOXが発売された。

テレビ放送終了後に発売されたBD/DVDの売上は芳しいものではなかった(BD第1巻の初週販売数は686枚)が、コアなファンによるネット上でのアピールや公式twitterのマメなリプライなど地道な活動が実を結び、twitterのフォロワーは放送終了後の約2年で3倍になり、ベストアルバムやBD-BOXの売り上げは好調に推移。これについてプロデューサーは「ファンに恵まれたの一言。彼らが育ててくれた作品です」とコメントしている[5]

スタッフ[編集]

  • 原作 - カヅホ芳文社まんがタイムきららキャラット」連載)
  • 企画 - 村上仁之、古川陽子、孝壽尚志、阿部倫久、木村康詩
  • 監督 - 山川吉樹
  • シリーズ構成 - 白根秀樹
  • キャラクターデザイン - 長谷川眞也
  • 美術監督 - 丹伊田輝彦
  • 色彩設計 - 日野亜朱佳
  • 撮影監督 - 黒澤豊
  • 編集 - 西山茂
  • 音響監督 - 明田川仁
  • 音楽 - EXPO山口優松前公高
  • 音楽プロデューサー - 中村伸一
  • 音楽制作 - ポニーキャニオン
  • プロデューサー - 田中潤一朗、中村伸一、小林宏之、松倉友二、相田武一郎
  • アニメーション制作 - J.C.STAFF
  • 製作協力 - ポニーキャニオン、芳文社、J.C.STAFF、ポニーキャニオンエンタープライズ
  • 製作 - キルミーベイベー製作委員会、TBS(テレビアニメ)/キルミーベイベー製作委員会(OVA)

主題歌[編集]

オープニングテーマ「キルミーのベイベー!
作詞 - 藤本功一 / 作曲・編曲 - EXPO / 歌 - やすなとソーニャ(赤﨑千夏田村睦心
ギターに今堀恒雄、ドラムに佐野康夫(共にUnbeltipoのメンバー)が参加。EXPOとは京浜兄弟社で旧知の関係である。
エンディングテーマ「ふたりのきもちのほんとのひみつ
作詞 - 藤本功一、松前公高 / 作曲 - 松前公高 / 編曲 - EXPO / 歌 - やすなとソーニャ(赤﨑千夏、田村睦心)
エンディングでは、単行本第1巻表紙カバー下に掲載されている「キルミーダンス」がアニメ化された。

原作との相違点[編集]

  • 制服のネクタイが黒から赤、あぎりの髪色が黒紫から紫に変更されている。アニメの関連グッズも、原作者描き下ろしイラストを含め変更後の色で統一されている。
  • 話の順序が大幅に変更されており、主に同じ季節でそれぞれ別の年に生じたエピソードが、同年に連続して生じたエピソードとなるように構成されている。そのため、一部のエピソードに矛盾を避けるための変更が加わっている。
  • オリジナルエピソードが複数追加されており、単行本のおまけページ限定のキャラだった没キャラも本編に登場した。

各話リスト[編集]

最終話を除く各サブタイトルは、その話に収録されているエピソードの題材(「犬」や「忍」など)を繋げた文章になっている。

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督
キルその1 いぬをしのびてさくらさく 白根秀樹 山川吉樹 神保昌登 長谷川眞也 -
キルその2 わざぬんちゃくでくまふうせん 木村暢 高島大輔 島村秀一 長谷川眞也
キルその3 えすぱのろえばあめずもう 白根秀樹 青井小夜 熊谷勝弘
キルその4 あいするすいかよがしかく 久尾歩 羽多野浩平 安藤正浩
キルその5 むしをまつりてうみにんぎょう 馬場絵麻 二瓶勇一 鈴木健太郎 斎藤敦史
キルその6 へそからくりでてるごおり 木村暢 山川吉樹 羽多野浩平 福世孝明
小野沢雅子
安藤正浩
キルその7 ぶんかおてだまできばせん 白根秀樹 櫻井親良 大木良一 長谷川眞也
キルその8 はまりかなでりつきささり 木村暢 羽多野浩平 安藤正浩 -
キルその9 つりつちのこしわすれえだ 久尾歩 岩瀧智 羽多野浩平 古澤貴文
福世孝明
キルその10 さんたつららてゆきだるむ 二瓶勇一 吉田りさこ 熊谷勝弘
橋口隼人
舘崎大
長谷川眞也
キルその11 ふろたこもちてはつゆめし 白根秀樹 山川吉樹 羽多野浩平 古澤貴文
福世孝明
安藤正浩
キルその12 ちょこがねむけてけがしっぷ 木村暢 神保昌登 佐々木貴宏 長谷川眞也
キルその13 きるがみーしてべいべする 白根秀樹 山川吉樹 大木良一
OVA ぶつぞうけがってにせはろうぃーん 山川吉樹 山川吉樹
鈴木健太郎

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
関東広域圏 TBSテレビ 2012年1月5日 - 3月29日 木曜 25:25 - 25:55 TBS系列 製作局
近畿広域圏 毎日放送 2012年1月16日 - 4月2日 月曜 26:50 - 27:20 4月2日は2話連続放送
中京広域圏 中部日本放送 2012年1月19日 - 4月12日 木曜 26:00 - 26:30
日本全域 BS-TBS 2012年2月4日 - 4月28日 土曜 25:00 - 25:30 TBS系列
BS放送
AT-X 2012年5月1日 - 7月24日 火曜 8:00 - 8:30 CS放送 リピート放送あり
TBSチャンネル2 2013年6月26日 - 7月4日 月曜 - 金曜 25:00 - 26:00 2話連続放送

WEBラジオ[編集]

キルミーベイベー 殺し屋ラジオ』は、2011年12月9日から2012年4月27日までHiBiKi Radio Stationで配信されていたラジオ番組。毎週金曜日配信[6]。なお『キルミーベイベー 殺し屋ラジオ 復活スペシャル』が2013年10月15日にHiBiKi Radio Stationにて配信された。

パーソナリティ
ゲスト
  • 三森すずこ(第4回。『探偵オペラ ミルキィホームズ』シャーロック・シェリンフォード役)[脚 1]
  • 徳井青空(第4回。『探偵オペラ ミルキィホームズ』譲崎ネロ役)[脚 1]
  • 佐々木未来(第4回。『探偵オペラ ミルキィホームズ』エルキュール・バートン役)[脚 1]
  • 橘田いずみ(第4回。『探偵オペラ ミルキィホームズ』コーデリア・グラウカ役)[脚 1]
  • 高部あい(第15回。呉織あぎり 役)[脚 2]
ラジオCD
  • キルミーベイベー殺し屋ラジオCDスペシャルその1 2012年2月24日発売 PCCG.01242
  • キルミーベイベー殺し屋ラジオCDスペシャルその2 2012年3月21日発売 PCCG.01243
  • キルミーベイベー殺し屋ラジオCDスペシャルその3 2012年5月25日発売 PCCG.01244

CD[編集]

テレビアニメ (CD)[編集]

オープニングテーマ/エンディングテーマ キルミーのベイベー!/ふたりのきもちのほんとのひみつ
2012年1月18日発売 PCCG-01231(起),01232(承),01233(転)
キルミーのベイベー!
作詞 - 藤本功一 / 作曲・編曲 - EXPO / 歌 - やすなとソーニャ(赤﨑千夏田村睦心
ふたりのきもちのほんとのひみつ
作詞 - 藤本功一、松前公高 / 作曲 - 松前公高 / 編曲 - EXPO / 歌 - やすなとソーニャ(赤﨑千夏、田村睦心)
「起」「承」「転」の3バージョンが同時発売された。主題歌をアレンジしたカップリング曲、ボーナストラック(CM風ショートコント)がそれぞれ異なるほか、バージョンによって異なるジャケットイラスト(カヅホによる描き下ろし)をコンプリートすると4コマ漫画になる(オチの「結」ジャケットは「転」に封入)[7]。2012年1月30日付のオリコンウィークリーチャートで13位を獲得した[8]
劇中音楽集「Music From "Kill Me Baby"」
2012年4月27日発売 PCCG-01271
音楽 - EXPO
キルミーベイベー・スーパー
2013年10月16日発売。 PCCG-01372
OP・EDや下述のキャラクターソングなどを収録。オリジナルアニメDVD付き。
2013年10月28日付のオリコン週間アルバムランキングで初登場9位を獲得した。[9]

キャラクターソング[編集]

【やすな】盤
2012年2月15日発売 PCCG-01239
HOW TO ENJOY[脚 3]
作詞 - はかせ (IOSYS) / 作曲・編曲 - 松前公高 / 歌 - やすな(赤﨑千夏)
今日も二人で
作詞 - はかせ (IOSYS) / 作曲 - 山口優 / 編曲 - 山口優・谷口尚久 / 歌 - やすな(赤﨑千夏)
【ソーニャ】盤
2012年2月15日発売 PCCG-01240
Wanted! OBAKA dead or alive
作詞 - 七条レタス (IOSYS) / 作曲・編曲 - 永田太郎 / 歌 - ソーニャ(田村睦心)
焼きそばパン
作詞 - はかせ (IOSYS) / 作曲・編曲 - 山口優 / 歌 - ソーニャ(田村睦心)
【あぎり】盤
2012年2月15日発売 PCCG-01241
ティーンエイジ・ハイスクール・ニンジャ・ガール
作詞・作曲・編曲 - 松前公高 / 歌 - あぎり(高部あい)
空き地と野良猫
作詞 - はかせ (IOSYS) / 作曲・編曲 - 片岡知子 / 歌 - あぎり(高部あい)

アプリケーション[編集]

  • キルミーベイベーアラームクロック(2012年2月9日、TBSテレビ)
  • キルミーベイベーシェイクユー(2012年2月21日、TBSテレビ)

脚注・出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d コメントのみの出演。
  2. ^ キルミーベイベー やすなとソーニャのkmb!!祭 “公開殺し屋ラジオ”ゲスト
  3. ^ この曲のタイトルは、呉織あぎり役の高部あいが考案したもの。

出典[編集]

外部リンク[編集]

TBS 木曜25:25枠
前番組 番組名 次番組
キルミーベイベー