叡山電鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
叡山電鉄株式会社
Eizan Electric Railway Co., Ltd.
Eiden 900 Series 01.jpg
900系電車「きらら」
種類 株式会社
市場情報 株式非公開
略称 叡山電車、叡電
本社所在地 日本の旗 日本
606-8205
京都府京都市左京区田中上柳町25番地の3 京阪出町柳ビル
本店所在地 606-8007
京都府京都市左京区山端壱町田町14番地の1
設立 1985年(昭和60年)7月6日
業種 陸運業
事業内容 旅客鉄道事業 他
資本金 2億5000万円
主要株主 京阪電気鉄道 100%
外部リンク eizandensha.co.jp
テンプレートを表示

叡山電鉄株式会社(えいざんでんてつ、Eizan Electric Railway Co., Ltd.)は、京都府京都市左京区出町柳駅から八瀬・鞍馬への路線を運営する鉄道会社。通称「叡山電車」。略称は「叡電」(えいでん)[1]。本社は京都市左京区田中上柳町25番地の3(出町柳駅に隣接)、本店は京都市左京区山端壱町田町14番地の1。

1985年京福電気鉄道(京福)の完全子会社として設立されたが、1991年11月に京阪電気鉄道(京阪)が筆頭株主となったのち、2002年3月からは同社の完全子会社となっている(後述)。

全国登山鉄道‰会に加盟している。

概要[編集]

叡山本線鞍馬線の2路線を運営し、比叡山鞍馬方面への観光客輸送、周辺住民輸送を担っている。

これらの路線は、かつて京都電燈および鞍馬電気鉄道により運営され、電力事業の戦時統制による再編後は京福が運営していたが、沿線から市内中心部直通のバス路線充実に加え、京都市電が廃止され他の鉄軌道線との連絡が絶たれたことによって孤島状態になり利用客も減少した。当時開通していなかった京阪鴨東線の完成後は乗客の大幅増加が見込まれたが、経営的には危機的状態であり、1985年に京福は叡山電鉄を設立(分社)してこの2路線を分離した。

分離以前から電鉄側でも集客に努めており、各種イベントの開催や、京福に残った八瀬遊園[2]の次々の改装のほか、特にこの時期においてさえも出町柳 - 宝ヶ池間で日中毎時8本運転とし「待たずに乗れる」を印象付けていたことは特筆に値する。それでも乗客数は会社設立時の1985年でそれまでのピークであった1964年の4割にまで落ち込み、なお減少傾向であった。

1989年10月5日に京阪鴨東線が開業し出町柳駅で連絡するようになり、11年ぶりに他の鉄道路線との連絡運輸が復活した結果、大阪方面からの利便性が向上し、利用者も一気に増え再び活気を呈するようになった。しかし、1997年京都市営地下鉄烏丸線国際会館駅まで延長され、その後同駅を中心にバス路線網も再整備されたため、左京区岩倉地域の住民が市中心部へ向かう場合などの利用がそちらに移転することになった結果、また利用者が減少しつつある。

これに対して1997年パノラミック電車「きらら」を登場させ、各種イベントを開催するなど積極的な利用者確保を行なうと共に、2004年には原則として全列車のワンマン化を行うなどの経費削減策も講じている。2005年は、NHK大河ドラマ義経』のために鞍馬方面の観光ブームになり、近年にない賑わいを見せた。

しかし現在、京都市建設局により、並行して走る鞍馬街道京都府道38号京都広河原美山線)のバイパス建設や拡幅整備が計画されており[3]、完成すると鞍馬方面への大型観光バス等の通行が容易となることから、その将来は必ずしも安泰ではない。

略称の「叡電」は現在の叡山本線が京都電燈の叡山電鉄部であったことに由来し、京福となったあとも叡山本線・鞍馬線の総称として一般に使われていた。分社によって、略称が文字通り会社名の省略形となった[1]

分社当時、京福が京阪の子会社[4]であったものの、車両技術面では阪神電気鉄道から831形を譲り受けてデナ500形として導入したことがあったことや、阪神の関連会社であった武庫川車両工業(現在は廃業)での車両製造の経緯などから阪神色が強いなど、独特の京福(叡電)色を有していた。1989年の京阪鴨東線開業あたりから、サービス面で徐々に京阪色も出てきていた[5]が、2002年に京福が越前本線列車衝突事故による経営悪化のため所有株をすべて京阪に売却し同社の完全子会社となって以降、京福色から京阪色の色合いが多岐にわたって濃くなってきている[6]。ロゴマークは2008年以降、京阪電鉄と同じ「KEIHAN」で、下に「叡山電車」の文字が入ったものである。

スルッとKANSAIでカードに印字される符号はEZである。

歴史[編集]

  • 1985年昭和60年)7月6日 - 京福の全額出資で会社設立。設立時の資本金は1億円。
  • 1986年(昭和61年)4月1日 - 京福から叡山本線・鞍馬線を譲り受け営業を開始。
  • 1991年平成3年)11月29日 - 資本金を2億5000万円に増資。なお、増資分(出資比率60%)は京福によりすべて引き受けののち、京阪にすべて有償譲渡された。
  • 1997年(平成9年)10月4日 - パノラミック電車「きらら」の運転を開始。
  • 2002年(平成14年)3月29日 - 京福が保有する株式の全てを京阪に有償譲渡し、同社の完全子会社となる。
  • 2004年(平成16年)3月1日 - 全線でスルッとKANSAI対応カードの利用に対応。
  • 2008年(平成20年)10月19日 - 駅ナンバリングが全駅に導入。

路線[編集]

路線図

全線が京都府京都市左京区内にある。各路線の詳細については以下の項目を参照。

多客時は臨時ダイヤで運転されることがあり、特に毎年10月22日に行われる鞍馬の火祭においては事実上唯一の交通機関となり、ほぼすべての車両をフル稼働させるぐらいの運転となるが、それでもピーク時には鞍馬線二軒茶屋駅以北が単線で線路容量に制約がある関係もあって長蛇の列(乗車までに数時間の待ち時間)となる。

また、2004年1月からは全路線で一部列車を除いて終日ワンマン運転を行っている。

2007年秋からラインカラーにちなんだ駅名標を一部の駅に設置している。駅名標にはその色の元になったシンボルマークもあしらわれている。また、ローマ字に加えて朝鮮語中国語の表記もある。新型駅名板の設置開始当初は出町柳・三宅八幡・岩倉・京都精華大前・市原・二ノ瀬・鞍馬の各駅には旧型駅名板しか設置されていなかったが、現在は新型駅名板が各駅に少なくとも1箇所は設置されている。2008年10月19日には駅ナンバリングも導入され、新型駅名標および一部の旧型駅名標にも駅番号の表示が行われている。また同時にユニバーサルデザインピクトグラムも導入され、京阪線の案内表示に準拠したものが使われている。

2011年春から車内自動放送に英語案内が追加された(以前は出町柳駅のみ)。

ラインカラー・駅番号導入後の叡山本線の駅名標 ラインカラー・駅番号導入後の鞍馬線の駅名標
ラインカラー・駅番号導入後の叡山本線の駅名標
ラインカラー・駅番号導入後の鞍馬線の駅名標

車両[編集]

京福では三つの路線群で異なる独特の形式称号が存在したが、その叡山線を継承した叡電では伝統的に「デナ」「デオ」「デト」が使われている。営業用車のカタカナの2文字目は「ナ」が中型(なかがた)、「オ」が大型の略称である。1995年のデナ21形廃車により「デナ」は形式消滅している。事業用車の2文字目は国鉄の貨車に準じていて、京福時代には「デワ」も存在した。なお、2009年のデオ600形全廃により、叡電からは旧京福時代以前からの旅客営業車両は消滅した。

旧車両の代替として、デオ710形が登場してからは、デオ710形、デオ720形、デオ730形をまとめて700系とする表記がよく見られるようになった。そのことは、叡山電車公式サイトの車両紹介ページでも700系(けい)デオ710形(がた)、800系デオ800形、900系デオ900形と案内されているとおりである。

叡電の車両は現在でも「デオ」といえども、車体長16mクラスの現在の日本においては小型に属する車体である。また開業当時からデナ21形の製造当初とデナ500形を除き、すべて当線区での新造(実質車体新成含む)車両となっており、現存営業用車両は後述のような統一性がある。ただし車両塗装に関しては、デオ700系列の旧塗装消滅後は、ほぼ各車両(編成)ごとに異なるという、他の鉄道会社に無い特徴がある。

勾配区間での安全性やメンテナンス面から、すべて電動車かつすべての軸が駆動軸であり、抵抗制御発電ブレーキの組み合わせによる制御、カルダン駆動となっている。車体においては無人駅での乗車券収集の便から車端に客用ドアが存在し(2両固定編成の800系、900系では連結面側は少し内側に寄っている)、乗務員室ドアが引戸となっているのも特徴である。

以前の経緯より現存すべての車両が、かつて存在した阪神系の武庫川車両工業製造となっているが、部品などでは京阪から譲渡され、再利用しているものも多い[7]

前述のとおり叡電は京阪の完全子会社であることから、2008年から各車両に京阪グループの新しいCIロゴが車両側面の上部(運転席側)に貼り付けられている。

現存車両[編集]

営業用

事業用

過去の車両[編集]

営業用

事業用

車両数の変遷[編集]

デナ21形 デオ200形 デオ300形 デナ500形 デオ600形 700系 800系 900系 計(冷房車)
1982 8 4 2 2 6 22
1983 8 4 2 2 6 22
1984-
1987
8 4 2 6 20
1988 6 2 2 6 4 20(4)
1989 6 6 8 20(8)
1990 6 6 8 20(8)
1991 6 6 8 2 22(10)
1992 6 6 8 2 22(10)
1993 6 6 8 4 24(12)
1994 2 6 8 8 24(16)
1995 2 6 8 8 24(16)
1996 6 8 10 24(18)
1997 6 8 10 24(18)
1998 4 8 10 2 24(20)
1999-
2009
2 8 10 4 24(22)
2010 8 10 4 22(22)
2011 8 10 4 22(22)
  • 事業用車除く
  • 1982・83年は1月1日現在、84年以降は4月1日現在
  • 『私鉄車両編成表』各年版、ジェー・アール・アール

運賃[編集]

叡山本線、鞍馬線を通じて、普通運賃は区間制、定期運賃は対キロ制となっている。普通運賃の場合、修学院駅岩倉駅二軒茶屋駅二ノ瀬駅に区界があり、この駅を越えて乗車すると区数が1つ増え運賃が変わる。また、鞍馬駅方面から宝ヶ池駅で乗り換えて八瀬比叡山口駅方面に乗り換えた場合や、その反対の場合も区数が1つ増える。このため、たとえば出町柳駅から修学院駅まで乗車した場合は2.9キロメートル乗車しても1区で済むが、八幡前駅から三宅八幡駅まで乗車した場合は、1.5キロの乗車で2区となる。回数券については普通の大人・小人用(普通運賃の10倍で11回)のほかに学生割引回数乗車券(大人用のみ・同15回)、敬老割引回数乗車券(同20回)が設定されている。

普通運賃(2014年4月1日改定)[8]

  • 1区 - 210円(小児110円)
  • 2区 - 260円(小児130円)
  • 3区 - 330円(小児170円)
  • 4区 - 380円(小児190円)
  • 5区 - 420円(小児210円)

京阪との初乗り区間相互間(元田中 - 修学院と京阪・神宮丸太町 - 祇園四条)に大人20円・小人10円の割引が設定されている。事前に自動券売機での連絡乗車券購入が必要で、叡山電鉄側からの場合、自動券売機稼動時間以外は出町柳駅改札で発売される。なお、スルッとKANSAI共通カードの場合は出町柳駅での乗り継ぎ時間が30分以内であれば自動的に割引された額で引き落とされる。

出町柳駅では駅員が常駐し、自動改札機自動券売機も常に稼動しており、駅構内に入場する際には入場券大人210円が必要である。鞍馬駅では始発・終電近くで無人となるほか駅員が駐在しており、その間は自動改札機も稼動する。他の駅では常に駅員(出札・集改札要員)が駐在している駅はない。なお、貴船口駅や八瀬比叡山口駅では観光客が多い時期の日中に駅員が駐在するほか、紅葉の時期には岩倉駅に駅員が駐在するなど、臨時に駅員が配置される場合もある。その他、平日朝のラッシュ時には茶山駅・一乗寺駅・修学院駅・岩倉駅・木野駅・京都精華大前駅・二軒茶屋駅では時間を限って駅員が出張してくる日がある。学生の休日には平日であっても駅員が出張しない駅もある。

乗車時は有人駅では自動券売機で切符を購入し、自動改札機に切符を通す。無人駅のほとんどでは駅での改札はなく、乗車時に電車の乗車口に設置された整理券発行機から整理券を取るか、スルッとKANSAI共通カードをカードリーダーに通し、乗車駅を記録させる。無人駅でも時間を限って自動券売機がある駅もあり、そのような駅で予め切符を購入した場合は、そのまま乗車すればよい。一部の駅では自動改札の内側に自動券売機があるが、現金の場合は改札の横を通り抜けてホームに入り切符を購入すればよい(戻って自動改札に通す必要はない)。自動改札機は出町柳駅・修学院駅では終日稼動している。鞍馬駅・貴船口駅・八瀬比叡山口駅では駅員が駐在している時に自動改札機を稼動させる。その他京都精華大前駅・二軒茶屋駅では鞍馬行きのホーム側出入口にのみ自動改札機が設置され、日時を限って稼動させる。

下車時に有人駅では改札口で現金を払うか、自動改札機に切符、またはスルッとKANSAI共通カードを通す。無人駅では運転席横の運賃箱に整理券と現金を投入するか切符を投入する。整理券には乗車駅を示すパターンが印刷されており、下車駅では自動的に運賃額を運賃箱に表示させることができる。スルッとKANSAI共通カードはカードリーダーに通す。定期券は運転士に提示する。

無人駅での乗車口は後ドア、降車口は前ドアとなっている。3ドア車両の中ドアと2両編成の場合の後の車両のドアは有人扱いの駅を除き締切である。運賃箱やカードリーダー、整理券発行器は進行方向左側のドア横のみに設置されている。

出町柳駅・鞍馬駅の窓口及び修学院駅の定期券売場では、1000円(小児500円)で全線が1日乗り放題になる「1日乗車券 えぇきっぷ」を発売している。提示するだけで沿線社寺や観光施設で拝観料・入場料の割り引きを受けたり、粗品の進呈を受けたり、沿線の飲食店・土産物店で特典を受けることができる。通用日は自動改札機または車内のカードリーダーを通すことによって、裏面に印刷され決定する。無人駅での乗車時には最初の乗車時以外カードリーダーに通す必要はないが、無人駅での下車時には必ずカードリーダーに通す必要がある。

親会社の京阪側では叡電と連携した企画乗車券[9]を発売しているが、逆に叡電側では京阪と連携した企画乗車券を発売しておらず、京阪出町柳駅で別途購入する必要がある[10]

インターネットを媒体とした情報発信とコラボレーションへの取り組み[編集]

2010年ごろからは、特に、インターネットを活用した取り組みが目立っている。

同年9月末ごろから、自社アカウントによるTwitterの発信を開始した。また、同年の第6回えいでんまつりでは、イベントトレインの運転台からの映像をUstreamを活用し生中継したほか、イベントの模様をTwitterで逐次発信した。さらに、自社アカウントによるYouTubeのチャンネルも運営している。

2011年9月1日から2012年2月19日まで運行された、漫画アニメけいおん!』に因んだ「えいでん!×けいおん!トレイン」では、Google Latitudeを活用し当該車両の運行位置情報をウェブサイトに常時アップデートしていた。この作品においては記念乗車券を発売するなど、漫画・アニメ関連作品とのコラボレーションに取り組むきっかけとなり、『けいおん!』と同じ芳文社発行の漫画雑誌まんがタイムきららキャラット連載作品の『ひだまりスケッチ』、姉妹誌まんがタイムきららMAX掲載作品の『きんいろモザイク』や『ご注文はうさぎですか?』、まんがタイムきららフォワード掲載作品の『ハナヤマタ』、芳文社が製作に参画しているアニメ映画『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』においてもほぼ同様の企画が行われている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 家電量販店のエディオンの前身の一つで、愛知県名古屋市に本社を置いていた「株式会社エイデン」は旧社名の「栄電社」が由来であり叡山電鉄とは全く無関係である。
  2. ^ 子会社の「比叡産業」に経営委託。
  3. ^ 主要府道京都広河原美山線二ノ瀬バイパスの整備 - 京都市
  4. ^ 京福の発行株式の約40%を京阪が保有している。
  5. ^ 自動券売機の路線図が京阪様式になる、制帽がいわゆる「京阪ドゴール帽」になるなど。
  6. ^ 駅、車内の広告や告知、案内放送のほか、車両への部品再利用等が行われている。
  7. ^ 京福時代の京津線パンタグラフ化で捻出されたポール先端のスライダーシューのほか、現有車両でも京津線260形の制御機、500形の床下機器、京阪線の2200系冷房化以前の菱形パンタグラフ、1800系や1900系の台車、などが再利用されている。
  8. ^ 平成26年4月1日(火)からの旅客運賃のお知らせ (PDF) - 叡山電鉄、2014年3月11日
  9. ^ おトクなチケットのご案内 - 京阪電気鉄道
  10. ^ お得な乗車券メニュー - 叡山電鉄

参考文献[編集]

  • 『叡山電車形式集』 1998年 レイルロード
  • 『叡山電鉄(会雑誌 no25)』 1992年 京都大学鉄道研究会
  • 『企業情報・改革』有価証券報告書 京福電気鉄道株式会社

外部リンク[編集]