八風バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
八風バス株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:511-0841
三重県桑名市大字小貝須字新堀北1593-3
設立 1952年3月7日
業種 陸運業
事業内容 乗合・貸切バス事業
資本金 2400万円
外部リンク http://happubus.sanco.co.jp/
テンプレートを表示

八風バス株式会社(はっぷうバス)は、三重県桑名市を中心に乗合バス事業と貸切バス事業を運営する運輸業。三重交通の関連会社である。本社は三重県桑名市大字小貝須字新堀北。 2007年12月1日より貸切事業所を四日市市へ移転している。

沿革[編集]

  • 1952年 3月7日: 会社設立。
  • 1952年3月21日: 乗合事業営業開始。
  • 1958年 4月1日: 三重交通傘下となる。
  • 1961年5月28日: 貸切事業営業開始。
  • 2007年12月1日: 三重交通(北部観光営業所)に貸切バス受注を委託。
  • 2008年 4月1日: 三重交通から、同社の高速バス事業・貸切バス事業の管理・運営受託事業を開始。

現行路線[編集]

一般路線[編集]

梅戸線[編集]

  • 桑名駅前 - 益生駅前 - 桑部橋 - 赤尾台 - 志知 - 大長 - 南金井
  • 桑名駅前 - 益生駅前 - 桑部橋 - 赤尾台 - 桑名西高校
  • 桑名駅前 - 益生駅前 - 桑部橋 - 赤尾台 - 志知
  • 桑名駅前 - 益生駅前 - 桑部橋 - 伊坂台 - 赤尾台 - 志知 - 大長 - 南金井
  • 桑名駅前 - 益生駅前 - 桑部橋 - 伊坂台 - 赤尾台 - 桑名西高校
  • 桑名駅前 - 益生駅前 - 桑部橋 - 伊坂台 - 赤尾台 - 志知
  • 桑名駅前 → 益生駅前 → 桑部橋 → 正和台 → 桑名西高校
  • 桑名駅前 → 益生駅前 → 桑部橋 → 正和台 → 志知

以前は福王山まで運転されていた。2006年12月20日のダイヤ改正により、志知 - 南金井間の本数が減っている。また南金井発は朝のみ、
南金井ゆきは夕夜のみ運行。2007年9月20日のダイヤ改定で、さらに減便されている。

ネオポリス・桑名西高線[編集]

  • 城山二丁目 - 笹尾西三丁目 - 笹尾東一丁目 - 穴太駅前 - 志知 - 桑名西高校
    休校日は運休。

運行受託[編集]

高速バス[編集]

  • 赤尾台名古屋高速線
    • 名古屋(名鉄バスセンター)→イオン桑名SC口→公団住宅前→星見ヶ丘→赤尾台→西正和台→正和台
    • 名古屋(名鉄バスセンター)←イオン桑名SC口←公団住宅前←星見ヶ丘←正和台←西正和台←赤尾台
    平日6往復、土曜・休日は2往復のみ運転。三重交通が運行し、八風バスが三交から運行管理を受託。
    沿革

コミュニティバス[編集]

廃止路線[編集]

空港連絡バス[編集]

桑名 - 中部国際空港線

一般路線[編集]

朝日線[編集]

桑名川越高校線[編集]

  • 桑名駅前 - 益生駅前 - 白梅の丘 - 川越高校
    2008年12月22日廃止

車両[編集]

2006年度からワンステップバスが導入され、梅戸線、朝日線の他、桑名西高校のネオポリススクールバスにも運行。 2007年度、さらにワンステップバスを2台導入

路線車はほとんどの車輌にラッピングを施している。      

脚注[編集]

  1. ^ 桑名・赤尾台から名古屋へ高速バス運行開始! (PDF) - 三重交通・八風バス 2006年12月8日
  2. ^ 三重交通と八風バス、日本で初めてバスに電子マネー“Edy”を導入! - ビットワレット 2006年10月4日
  3. ^ 三重交通と八風バス、日本で初めてバスに電子マネー“Edy”を導入! (PDF) - 三重交通 2006年10月4日
  4. ^ バスの料金をEdyで支払い――セントレアへの空港線で - ITmediaニュース 2006年10月05日15時15分
  5. ^ 桑名中部国際空港高速線の廃止について (PDF) - 三重交通・八風バス 2008年8月29日

外部リンク[編集]