三宅八幡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三宅八幡駅
駅全景
駅全景
みやけはちまん - Miyakehachiman
宝ケ池 (0.6km)
所在地 京都市左京区上高野木ノ下町
駅番号  E07 
所属事業者 叡山電鉄
所属路線 叡山本線
キロ程 4.4km(出町柳起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
399人/日
-2012年-
開業年月日 1925年大正14年)9月27日
ホーム中央より八瀬比叡山口方面
イベント運行の900系きららと下り駅舎

三宅八幡駅(みやけはちまんえき)は、京都府京都市左京区にある叡山電鉄叡山本線にある駅ナンバリングE07

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ無人駅。出町柳駅行きホームには1両分程の長さの上屋があり、八瀬比叡山口駅行きホームの中ほどには小さな上屋を備えたベンチがある。柵や上屋の柱などは三宅八幡宮に因んで朱色に塗られている。主要な出入り口はホームの八瀬比叡山口駅側にあり、駅構内踏切(第1種甲)もこちら側にあるが、出町柳駅行きホームの出町柳側にも小さな出入り口がある。

上下共にバリアフリーには対応していない。レール面からホーム面までの階段のみであるが、車椅子等での利用には介護者が必要。

のりば
叡山本線(上り) 宝ケ池出町柳方面
叡山本線(下り) 八瀬比叡山口方面

構内踏切は以前は3種踏切だった

駅周辺[編集]

大原街道(国道367号)が 高野川を渡る 三宅橋から100mほど南に入った所にある。周りは古くからの農家の面影を残す住居の混じる住宅地である。

バスのりば[編集]

京都バス 三宅八幡バス停より

  • 北行きバス
    • 10系統:八瀬バイパス・大原・途中 経由朽木学校前行
    • 16・17・1819系統:大原
    • 19系統:大原・古知谷 経由 小出石行

歴史[編集]

その他[編集]

駅名の由来となった三宅八幡宮へは、鞍馬線八幡前駅の方が近いが、三宅八幡宮への正式な参道(表参道)はこちら側からであり、駅前から北側に三宅八幡宮の朱塗りの大鳥居が見える。また、駅前には戦後すぐまでの神社名である「三宅八幡神社」と刻まれた石の社名標がある。

隣の駅[編集]

叡山電鉄
叡山本線
宝ケ池駅(E06) - 三宅八幡駅(E07) - 八瀬比叡山口駅(E08)
  • ()内は駅番号を示す。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]