マリオネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリオネット
マリオネット

マリオネット: Marionnette: Marionette)は、人形劇でよく使われる操り人形の一つであり、特にで操るものを指す。日本では糸繰り人形とも言う。

マリオネットの語源はフランス語においての「マリオ」「マリア」の親愛形である。ただし、フランス語のマリオネット(Marionnette)は、糸操り人形に限定されず、英語のパペット(puppet)と同義で、動かして楽しむ人形全般を意味する。

マリオネットを使った作品[編集]

マリオネットを扱った有名な話として『ピノキオ』が上げられる。

映画『サウンドオブミュージック』(1965年)では、「ひとりぼっちの羊飼い」の曲に合わせて、子どもたちがマリオネットを使って人形劇を演じるシーンが印象深い(Bil Bairdが監修)。

サンダーバード』の作者として知られるジェリー・アンダーソンによってスーパーマリオネイション(supermarionation)と呼ばれる、顔に使う部品もコントロールできる技術も開拓されている。

からくりサーカス』には、人間サイズ(ないしはそれより大型)のマリオネットが武器として多数登場する。

フランスの劇団ロワイヤル・ド・リュクスの作品『スルタンの象と少女』は、ラ・マシンが作った10メートル前後の巨大人形を数十人の人間で、街中で動かす人形劇である。


関連項目[編集]