苺ましまろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
苺ましまろ
漫画
作者 ばらスィー
出版社 メディアワークス
→アスキー・メディアワークス
掲載誌 月刊コミック電撃大王
発表期間 2001年 -
巻数 既刊7巻
アニメ
監督 佐藤卓哉
シリーズ構成 佐藤卓哉
キャラクターデザイン 坂井久太
メカニックデザイン 渡辺義弘
アニメーション制作 童夢
製作 苺ましまろパートナーズ、TBS
放送局 TBS、BS-i
放送期間 2005年7月14日 - 10月13日
話数 全12話
OVA:苺ましまろ(OVA1)
苺ましまろ encore(OVA2)
監督 佐藤卓哉
シリーズ構成 佐藤卓哉
キャラクターデザイン 坂井久太
アニメーション制作 童夢
製作 苺ましまろOVAパートナーズ
苺ましまろOVA2パートナーズ
発表期間 OVA1:2007年2月23日 - 4月25日
OVA2:2009年1月23日 - 3月25日
話数 OVA1:全3話 / OVA2:全2話
ゲーム
ゲームジャンル アドベンチャー
対応機種 PlayStation 2
発売元 メディアワークス
発売日 2005年8月11日
レイティング CERO全年齢対象
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

苺ましまろ』(いちごましまろ)は、ばらスィーによる日本漫画、およびそれを原作としたアニメゲーム作品。『月刊コミック電撃大王』(メディアワークスアスキー・メディアワークス)において2001年から連載されている[注 1]2005年7月からテレビアニメが放送されたほか、同年8月にはゲーム化もされた。2007年2月23日から同年4月25日までOVAが全3巻で発売された。2009年1月23日からOVA第2期が発売されている。

キャッチコピーは「かわいいは、正義!」。

概要[編集]

主な登場人物は11歳から16歳までの少女(女の子)5人。一話完結形式で、特になんてことはない普通の日常に見えて実は目一杯シュールな世界を描く。ローティーンの女の子の仕草やファッションなどが詳細に描かれている点が特徴的。作中の小学生はランドセルではなく、ショルダーバッグなど普通のバッグで学校に通っている。キャッチコピーの「かわいいは、正義!」は、英語圏でも文法を逸脱して「Cute is Justice!」と表されることが多い[要出典]

水野透子の漫画に『苺ましゅまろ』(松文館刊)という題のものがあるが、本作とは無関係である。

舞台設定[編集]

作品の舞台は作者の出身地でもある静岡県浜松市であり、同市に実在する建物・風景(JR浜松駅佐鳴湖など)がよく描かれ、お祭りなどの地域行事もネタに取り入れられている。アニメ版においても同様で、担当スタッフが現地取材を行っている[1]。また、原作中の地名表記等から主要登場人物は浜松市中区に居住している設定であることが明らかとなっている。

登場人物の通う学校や作中に登場する地名はいずれも浜松市内に実在していることから、ファンが「聖地巡礼」と称して現地を訪れていたが、地元住民が迷惑を受けているとして電撃大王2006年3月号誌上で「このような行為は控えていただきたくお願い申し上げます」との告知が出された[注 2]2011年3月から同年5月末まで期間限定で、浜松市のスタータクシーグループがキャラクターを車体に描いた「萌えタク」と称するタクシーの運行と萌えタクを使って作中に登場する舞台を回る観光ツアーを行なった[2]

登場人物[編集]

主要キャラクター[編集]

前節の通り主要登場人物は浜松市在住の設定ではあるが、普段はどの人物も遠州弁などの方言は用いず標準語で会話をしている。ただし伊藤千佳・松岡美羽の2人は「ボケとツッコミ」のやりとりにおいては関西弁を話すことが多い。また、一度だけながら美羽が名古屋弁を使うシーンがあった他、連載初期においては会話が全体的に関西弁と標準語が混在した口調で作られていた。

伊藤 伸恵(いとう のぶえ)
- 生天目仁美
原作では16歳の高校1年生、アニメ・ゲームでは20歳の短大生(設定年齢の違いは後述)。10月17日生[3]。A型。
連載当初は金髪のロングヘアだったが、途中より黒く染め、髪型もセミロングに変化した。千佳、美羽、茉莉からは「お姉ちゃん」、アナからは「お姉様」と呼ばれている。また、時々千佳と美羽から「伸姉」と呼ばれている。
アニメとゲームで年齢が変更されている理由は、喫煙・飲酒・無免許運転[注 3]など未成年者としては問題のある行為が多いためと思われ、それに合わせてアニメ版では普通自動車免許を持っている。
ずぼらな性格で生活習慣もだらしないが、面倒見が良く同年代の友人からもボスと認識される姉御肌で、実妹の千佳以外の3人(美羽・茉莉・アナ)からも姉のように慕われている。女性少女愛の傾向があり[注 4]、特にアナと茉莉を可愛がっている。アニメ版においては、猫耳帽子と猫の尻尾のようなアクセサリーや、子供サイズの白衣と看護婦の衣装を複数所有[注 5]しているなど嗜好がかなりエスカレートしているように描かれている。
酒と煙草が好きで、酒は麒麟淡麗〈生〉(アニメ版ではハイネケンに似た緑色の缶ビール)を愛飲し、昼間や入浴中であっても飲んでいる。煙草も禁煙を試みたが失敗している。吸っている銘柄はマイルドセブンライト[注 6]。原作では原付のかごに煙草がカートンごと入れてあるのが見受けられる。いつも金欠に陥っており、タバコ代の工面に困ると妹から強引に借金しようとする場面が多い。
授業中の喫煙・早弁は当たり前、さらに中一レベルの数学の参考書を開いて「難しい」と評する等、勉強は好きでも得意でもない。
ウェイトレスのアルバイトをすれば美羽による執拗な嫌がらせにブチ切れて店内で大暴れしクビになる、コンビニのアルバイトに応募しようとしたら履歴書にいたずら書きされたのを気づかないまま面接を受けてしまい不採用になるなど、美羽にアルバイトを邪魔されることがある。
クラスメイトからは恐がられているため彼氏は出来たことが無い。苦手な食べ物はナス。
伊藤 千佳(いとう ちか)
声 - 千葉紗子
12歳の小学6年生。5月11日生。身長145cm。A型。伸恵の妹。体重は35kg(アニメ版)。
連載初期は単なるショートカットだったが、現在は髪留めの玉で右側の髪を結んでいる。アニメ版を見る限り、髪留めの玉は多数所持している模様。また、初期は眼鏡を掛けている事もあった。伸恵からは「ちぃ」、美羽からは「ちぃちゃん」、茉莉からは「ちかちゃん」、アナからは「千佳さん」と呼ばれている。
5人のメインキャラの中では、一番の常識人でしっかり者。姉の少女愛趣味もある程度理解しており、是認するわけでもないが特に批判も干渉もしない。だが良識派の性格ゆえに美羽や伸恵に振り回される事が多く、怒ると伸恵に似て言葉遣いと行動が乱暴になる。そのため作中では専らツッコミ役ではあるが、たまに美羽の放つネタがツボにはまり、腹を抱えて必死に笑いをこらえることがある。この瞬間が美羽の至福らしい。菓子作りが得意で、よくレシピを研究して振舞っており、皆の評価は抜群である。宿題などやるべき事は先にきちんと済ませるタイプで、よく美羽に宿題の写しをせがまれている。あまりオシャレに気配りをする様子はなく、朝起きてから鏡をチェックする事もほとんどない[注 7]。その上服装も年齢相応のものが多いことから、伸恵には「くそまじめ」「特徴がないのが特徴」と言われている。
ペットとして「さたけ」という名前の犬を飼っている。アニメ版では、屋台の金魚すくいで掬った金魚を2匹飼うようになる。名前は伸恵命名の「リチャード」と「ジェームス」。基本的に好き嫌いはないが、パセリは苦手。
松岡 美羽(まつおか みう)
声 - 折笠富美子
千佳の同級生で、同じく12歳の小学6年生。9月8日生。身長144cm。B型。
伸恵からは「美羽」、千佳からは「みっちゃん」(ごく初期のみ「みっちん」)、茉莉からは「みうちゃん」、アナからは「みうさん」と呼ばれている。自宅は伊藤家の隣で、いつも屋根を渡って千佳の部屋に直接やって来る。
基本的に、突然トンチンカンな言動やボケを繰り返すトラブルメーカーであるため、悪ふざけが度を超すと伸恵や千佳の怒りを買い、たびたび鉄拳制裁を受けたり[注 8]、仲間外れにされたりする。周囲からの評価も「うるさい」「邪魔」「じっとしていてほしい」「いじわる」と散々なものだが、本人は全く意に介していない。しかし一人っ子のためか根は寂しがり屋で、幼い頃から伸恵のことをとても慕っている。そのため、頻繁に茉莉とアナを可愛がる伸恵に対してやきもちを妬き、感情を爆発させて号泣してしまったこともある。千佳とは幼馴染かつ腐れ縁で遠慮無く本音を言い合える間柄で、「ゆいいつむにの相方」と呼び、自分へのツッコミ役と捉えている。パンツを他人に見られても全然平気で、作中ではパンチラの頻度が最も高く、銭湯にやって来た時は自分のパンツを頭に被ってふざけた事もある。一方で胸に関するコンプレックスが強い。
一見勢いだけで生きているように見えるが、笑いを取るためにシュールな絵や漫画を描いたり、ほとんど即興で本を書いたり、体育の授業でファウルボールを(おそらく意図的に)茉莉やアナのいる5年2組の教室に叩き込んだりと、多芸多才な実力を持つ。また、笑いをとるためのコスプレや小道具も数多く持っており、何故そんな物を持っているのかとツッコまれるような物まで平然と持ち込んでくる。小学生とは思えないほどボキャブラリーは豊富で、伸恵の影響か時々千佳に過剰なスキンシップを取ることもあるが、いずれもほとんどの場合において意味を正確に理解していない。
連載当初は髪についての設定が一貫しておらず、セミロング、ダブルシニヨンなどを経て、現在のツインテールに定着した。また当初は物語開始以降に黒髪を茶髪に染めたとされていたが、後に掲載された過去の回想シーンでは6歳(アニメ版では3歳)の時点ですでに髪の色が茶色だった。
桜木 茉莉(さくらぎ まつり)
声 - 川澄綾子
伊藤家の近所に住む11歳の小学5年生。1月25日生。O型。
髪型は普通のセミロングだが、灰色もしくは銀色がかった白髪に、毛先だけ黒という不思議な毛色が特徴で、本人はコンプレックスにしている[注 9]。裸眼では数十センチ先に落としたものを拾えない、相手の体を触らなければ目の前の人がだれかを判別できないなど極度の近眼であり、常時眼鏡を着用。
純真無垢な性格で、実年齢より幼い言動がしばしば見られる。サンタクロースの存在を信じていたり、絵本を愛読しているなど、メルヘンチックな少女。ナイーブなところがあり、気弱かつ泣き虫。人の言うことをすぐ信じてしまうため、美羽にからかわれたり、振り回されることが他のメンバーと比べて特に多い。また、体力があまり無い上に、運動神経も鈍いドジっ娘で、自転車は未だに補助輪付き。アナ曰く「あたしがいなくなっただけでも学校で生活できなさそう」とのこと。
転入してきたアナが日本語を話せる(英語を話せない)事実を最初に知ってしまい、それをきっかけに彼女と親しくなる。運動が苦手な反面、勉強は得意なようで、アナに頼まれて一緒に英語の勉強をしている内に、今ではアナより英語が上手になり、外国人に道を訪ねられた時もすらすら答えて、全く対応できなかったアナを凹ませた。ペットとして「ジョン」という名前のフェレットを飼っている。
美羽とは対照的に連載初期から容姿がほとんど変わっていないが、初登場話(単行本未収録)のみ苗字が「桜井」であり、強気な性格で美羽に辛辣な言葉をかける毒舌キャラになっているなど性格が大きく異なっていた。
アナ・コッポラ(Ana Coppola)
声 - 能登麻美子
日本に移住して5年になる英国人。11歳の小学5年生。6月18日生。AB型。
作品途中(原作では第11話、アニメでは第2話)より転校してきた茉莉のクラスメイト。桜木家の近くにある豪邸で、父(声:三宅健太)と母(声:皆川純子)との三人暮らし。
イギリス人ではあるが、日本での生活が長く、日本食が好きで、日本文化に精通しており、日本語が達者な生粋の日本通。しかし本人は英国人でいたがっている。英語をほとんど忘れてしまっていることと、「コッポラ」というファミリーネームにコンプレックスを抱いている。転校してきた頃は英語が話せないこと、日本語が話せること、苗字が「コッポラ」であることを隠していたが、すぐに千佳達にばれてしまい、アニメでは美羽に「穴骨洞」などと当て字をされたりもした。学校生活では何事につけても、ドジでか弱い茉莉のフォロー役で、ほぼ全面的に世話をしているが、前述のとおり日本語を話せることを隠しているため、アナもまた茉莉を介さなければクラスメイトとコミュニケーションできない。しかし、途中からどうでもよくなったのか学校でも普通に日本語で話している。英語を話せるという設定を真実にするため茉莉に英語の勉強に付き合ってもらったりしているが、茉莉の方が飲み込みが早くアナはなかなか覚えられないため、茉莉の英会話能力だけが一方的に上昇してしまっている。
学校ではモテており、男子からラブレターをよくもらっているが、先述の理由によりほとんどの生徒とコミュニケーションできないので浮いた話はゼロ。家は裕福で一部屋まるごとのドレスルームを持っており、オシャレを自認する美羽を凹ませた。それだけではなく、アニメでは家族や親戚と一緒に軽井沢セカンドハウスに行っていたことまである。ペットとして「フルシアンテ」という名の大型犬を飼っている。トマトとブロッコリーが苦手。日本人より成長が早いのか若干胸が膨らみ始めており、美羽から一方的にひがまれている。
初登場時は「良家のお嬢様」のステレオタイプに近い設定で、口調・性格ともに高飛車に描写されていたが、物語が進むにつれて徐々にいじられ役に移行。最近では文化の違いをネタにした天然ボケが出ることもある。

その他のキャラクター[編集]

笹塚(ささづか)
声 - 皆川純子
茉莉とアナの同級生。名前は不明。
何も悪くないにも拘わらず、担任から毎日廊下に立たされる気の毒な男子。それだけにとどまらず、アナの夢の中でパシリにされる、美羽のいたずらの濡れ衣を着せられて自宅謹慎させられる、単行本の書き下ろしイラストで一人だけ顔を映してもらえないなど、登場すると毎回のように悲惨な目に遭っている。
ゲームでは、プレイヤーである主人公と5人の主要メンバー以外に登場する唯一の人物。
5-2担任
声 - 近藤孝行[注 10]
茉莉、アナ、笹塚の担任教師。
茉莉やアナには日頃からとても甘い反面、なぜか笹塚を目の敵にしており、事あるごとに「笹塚、立ってろ」と言って、彼を廊下に立たせる。普段から眼鏡を掛けているが、時々サングラスを着用する(たまになにもしていないこともある)。テレビアニメの最終回では、笹塚が廊下に立たされることを拒んだ際に、なぜか彼の方が大人しく廊下に立っていた。
6-2担任
声 - 生天目仁美
千佳、美羽の担任教師。
眼鏡を掛けている、クールな性格であるなど5-2担任と似た部分が多い。美羽が授業で意味不明な行動を取るときつい口調でツッコミを入れたり、廊下に立たせたりしている。
おじいさん
声 - 長島雄一
千佳達の通学路の辺にある文房具屋(あるいは駄菓子屋)「明文堂」の主人。俳句を詠んだ際に明文(あきふみ)という名が判明したが、これが本名なのか俳号なのかは不明。
伸恵が一時アルバイトしていたファミリーレストランの常連客として姿を見せたのが初登場。美羽から執拗な嫌がらせを受けて激怒した伸恵と、それに反撃した美羽の暴走の巻き添えに遭ってしまう。原作ではこの話にしか登場しないが、アニメではその後もたびたび姿を見せる。しかし、銭湯でゆったり浸かっていると美羽の騒ぎ声に邪魔される、見ようとしていたテレビ番組が突然無期限延期になってしまうなど、総じて酷い扱いを受ける事が多い。
紺野 愛子(こんの あいこ)
声 - 福圓美里
伸恵の親友で、クラスメート。席も隣同士で、昼食を一緒に食べたりするなど、伸恵の学校生活ではほぼ毎回登場する。アニメでは伸恵の設定が短大生に変更されたため大幅に出番がカットされてしまい、アルバイトの同僚としてしか登場しない。
なお、「紺野」の姓はアニメ版オリジナルの設定であり、原作コミック中では姓が不明である。
伊藤 高文(いとう たかふみ)
不定期掲載だった頃の、ごく初期の2話(単行本未収録)のみに登場した伸恵と千佳の兄で、18歳の学生。受験生なのか登校しておらず、常に自宅にいる。単行本収録以降の話では存在そのものがなかったことにされているが、周りから酷い扱いを受ける役割は、笹塚に引き継がれた。また、単行本に収録されてからの話でも、細身・眼鏡・無精ヒゲという彼と同じ外見の人物は、何度か姿を見せている。

日本国外版における差異[編集]

本作は欧米でも翻訳版が流通しており、人物設定や舞台設定の改変はない[注 11]。しかし、発音の便宜上から一部のキャラクターにオリジナルのあだ名がつけられている(Nobue→Nobyなど)。また、子供同士の会話が中心なので原作に比べて卑俗な口語体や幼児語が多く登場する。

日本語の文字や日本独自の文化がネタになっている場合は欄外に注が加えられている。なお、理由は不明であるが一部の効果音や擬音が消去されていたり日本語表記のままで残されていたりしている。

単行本[編集]

日付は発売年月日。

テレビアニメ[編集]

2005年7月14日から10月13日までTBSで、同年8月4日から10月27日までBS-iで放送された。全12話。作品自体は16:9のハイビジョンサイズで製作されているが、TBSでは画面の左右を切って4:3のスタンダードサイズにして放送された。

演出の特徴として、原作にある独特の間をあらわすために、音楽を少なくして声優の演技や効果音を前面に打ち出している[4]

スタッフ[編集]

  • 監督・構成 - 佐藤卓哉
  • 企画 - 川村明廣、久木敏行、小林洋輔、安田正樹、余田光隆
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 坂井久太
  • メカニックデザイン・小物デザイン - 渡辺義弘
  • 美術監督・美術設定・美術 - 大野広司
  • 色彩設計 - 馬庭由佳
  • 編集・総撮影監督 - 田中恒嗣
  • 撮影監督 - 佐々木正典、樋口哲治
  • 音響監督 - 明田川仁
  • 音楽 - 渡辺剛
  • プロデューサー - 関戸雄一、梅澤淳、後藤秀樹、金庭こず恵、源生哲雄
  • アニメーションプロデューサー - 安西武、西岡大輔
  • タイトルデザイン - 里見英樹
  • アニメーション制作 - 童夢
  • 製作協力 - ジェネオンエンタテインメントメディアワークス、ジェネオンエンタテインメント(U.S.A)、ムービック
  • 製作 - 苺ましまろパートナーズ、TBS

主題歌[編集]

オープニングテーマ「いちごコンプリート」
作詞 - くまのきよみ / 作曲・編曲 - 渡辺剛
歌 - 千佳(千葉紗子)・美羽(折笠富美子)・茉莉(川澄綾子)・アナ(能登麻美子
エンディングテーマ「クラス・メイト」
作詞 - くまのきよみ / 作曲・編曲 - 上野洋子 / 歌 - 折笠富美子

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1 バースディ 佐藤卓哉 佐藤卓哉 おざわかずひろ 越智信次
2 アナ 神戸守 阿部達也
3 家庭訪問 花田十輝 あべたつや 米田光宏 大河原晴男
4 アルバイト 池端隆史 三芳宏之 立田眞一
5 そいね 平見瞠 佐藤竜雄 太田雅彦 清丸悟
6 真夏日 横手美智子 神戸守 阿部達也
7 海水浴 花田十輝 米田光宏 大河原晴男
8 お祭り 平見瞠 おざわかずひろ 阿部達也
9 育ちざかり 花田十輝 おざわかずひろ 楠本巨樹 柳瀬譲二
10 横手美智子 池端隆史 太田雅彦 清丸悟
11 初雪 花田十輝 神戸守 越智信次
坂井久太
12 プレゼント 平見瞠 佐藤卓哉
神戸守
おざわかずひろ 坂井久太

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
関東広域圏 東京放送 2005年7月14日 - 10月13日 木曜 25:55 - 26:25 TBS系列 製作局
日本全域 BS-i 2005年8月4日 - 10月27日 木曜 25:00 - 25:30 TBS系列
BS放送
TBSチャンネル2 2013年12月11日 - 12月18日 月曜 - 金曜 25:00 - 26:00 TBS系列
CS放送
2話連続放送
TBS 木曜25:55枠
前番組 番組名 次番組
苺ましまろ

DVD[編集]

ジェネオンエンタテインメントより、全6巻。

OVA[編集]

プロローグ[編集]

  • 苺ましまろ プロローグ
    • 2005年6月8日発売。テレビシリーズ放映に先立って先行リリースされたDVDビデオ。本DVD用に制作された数分のアニメと声優5人の対談、及びテレビシリーズ主題歌のPVが収録された。

OVA第1期[編集]

テレビシリーズの後に、ジェネオンエンタテインメントより全3巻が制作/販売された。主音声の他、声をあてた声優によるオーディオコメンタリー(以下=AC)が収録されている。

スタッフ
  • 監督・構成 - 佐藤卓哉
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 坂井久太
  • プロップデザイン - 渡辺義弘
  • 美術監督・美術設定 - 大野広司
  • 色彩設計 - 馬庭由佳
  • 編集・撮影監督 - 田中恒嗣
  • 音響監督 - 明田川仁
  • 音楽 - 渡辺剛
  • プロデューサー - 関戸雄一、梅澤淳、金庭こず恵
  • アニメーションプロデューサー - 安西武、西岡大輔
  • アニメーション制作 - 童夢
  • 製作 - 苺ましまろOVAパートナーズ(ジェネオンエンタテインメント、メディアワークス、ムービック)
主題歌
オープニングテーマ「あっかん berry berry」
作詞 - くまのきよみ / 作曲・編曲 - 渡辺剛
歌 - 伸恵(生天目仁美)・千佳(千葉紗子)・美羽(折笠富美子)・茉莉(川澄綾子)・アナ(能登麻美子
エンディングテーマ「夕待ちの風」
作詞 - くまのきよみ / 作曲・編曲 - 上野洋子 / 歌 - 折笠富美子
各巻リスト
巻数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1 けしき。 花田十輝 池端隆史 おざわかずひろ 大隈孝晴
2 いつも。 平見瞠 大畑清隆 越智信次、定井秀樹
3 まいにち。 佐藤卓哉 おざわかずひろ 越智信次、清丸悟
渡辺義弘、高柳佳幸

OVA第2期[編集]

  • 苺ましまろ encore(いちごましまろ アンコール)』(全2巻)
    • VOL.01 2009年1月23日発売
    • VOL.02 2009年3月25日発売
スタッフ
  • 監督・構成 - 佐藤卓哉
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 坂井久太
  • メカニックデザイン・小物デザイン - 渡辺義弘
  • 美術監督・美術設定 - 大野広司
  • 色彩設計 - 馬庭由佳
  • 編集・撮影監督 - 田中恒嗣
  • 音響監督 - 明田川仁
  • 音楽 - 渡辺剛
  • プロデューサー - 宮川みちよ、梅澤淳、金庭こず恵
  • アニメーションプロデューサー - 安西武、西岡大輔
  • アニメーション制作 - 童夢
  • 製作 - 苺ましまろOVA2パートナーズ(ジェネオンエンタテインメント、アスキー・メディアワークス、ムービック)
主題歌
オープニングテーマ「苺すぷらっしゅ」
作詞 - くまのきよみ / 作曲・編曲 - 渡辺剛
歌 - 伸恵(生天目仁美)・千佳(千葉紗子)・美羽(折笠富美子)・茉莉(川澄綾子)・アナ(能登麻美子)
エンディングテーマ「ずっと、ずっと」
作詞 - くまのきよみ / 作曲・編曲 - 渡辺剛 / 歌 - 折笠富美子
各巻リスト
巻数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1 こんにちは 横手美智子 佐藤卓哉 太田雅彦 坂井久太
2 またあした 佐藤卓哉 おざわかずひろ 坂井久太、清丸悟
さとう陽、高木晴美
大隈孝晴、佐藤利幸
江上夏樹、沼田誠也

CD[編集]

  • 苺ましまろ Chara-CD ※テレビアニメ放送に先んじて発売された、ミニドラマ+キャラクターソングCD。
    • 苺ましまろ Chara-CD 1「千佳」(2005年3月9日発売・B00078RT68)
    • 苺ましまろ Chara-CD 2「茉莉」(2005年4月6日発売・B0007N37RS)
    • 苺ましまろ Chara-CD 3「アナ」(2005年5月11日発売・B0007WAFG0)
    • 苺ましまろ Chara-CD 4「美羽」(2005年6月8日発売・B0008JH7GI)
  • 苺ましまろ オリジナルサウンドトラック(2005年9月22日発売・B000ALJ2DA) ※テレビアニメ版苺ましまろのサウンドトラックCD。全21曲。
  • 苺ましまろ DRAMA CD ※ミニドラマを収録したCD。全編オリジナルストーリー。
    • 苺ましまろ DRAMA CD Volume 1(2005年7月22日発売・B0009S8FWI)
    • 苺ましまろ DRAMA CD Volume 2(2005年8月24日発売・B000A1EEO2)
    • 苺ましまろ DRAMA CD Volume 3(2005年9月22日発売・B000ALJ1VS)
    • 苺ましまろ DRAMA CD Volume 4(2006年7月21日発売・B000FUU0DC)
    • 苺ましまろ DRAMA CD Volume 5(2006年8月25日発売・B000GG4E0A)
  • 苺ましまろ Toy-CD ※ミニドラマ(原作を元にしたもの)とキャラクターソングを収録した企画CD。
    • 苺ましまろ Toy-CD 1(2005年8月24日発売・B000A1EF0K)
    • 苺ましまろ Toy-CD 2(2005年10月26日発売・B000B63GC2)
  • 苺ましまろ キャラクターソングアルバム(2006年3月29日発売・B000EBDF6Q)※Chara-CDとToy-CDに収録されたキャラクターソング集。
  • 苺ましまろ OVA Sweet-CD ※OVAのリリースに合わせ発売される、ミニドラマ+キャラクターソングCD。
    • 苺ましまろ OVA Sweet-CD 1(2007年2月23日発売・B000M7FP42)
    • 苺ましまろ OVA Sweet-CD 2(2007年4月25日発売・B000NVTGNI)

ゲーム[編集]

2005年8月11日に、PlayStation 2用ゲームソフトがメディアワークスから発売された。CEROレーティング・全年齢対象。

ゲームでは、伸恵の幼なじみで東京から浜松へ帰省してきた大学2年生の男の子を主人公として5人のヒロインたちとの交流を描くシナリオとなっている。

関連書籍[編集]

ラジオ[編集]

苺ましまろ情報局[編集]

週刊アニメプレス内で放送。全10回。

苺ましまろと洋楽[編集]

原作者が洋楽好きであるため、洋楽に関するものが作中に多数盛り込まれている。特に1990年代以降の音楽を好む傾向が見受けられ、Aphex TwinSquarepusherSuper Furry Animalasなどの関連単語は何度も登場する。

また、音楽雑誌FADER vol.11ではエイフェックスツインをモチーフにした1ページ漫画を描き下ろしている。この時、千佳が聴いているのはRichard D. James Album収録の4という曲である。擬音で表すと本当に1コマ目のようになる。

ジョン(茉莉のペット)
Red Hot Chili Peppersのギタリスト、John Fruscianteから。
フルシアンテ(アナのペット)
Red Hot Chili Peppersのギタリスト、John Fruscianteから。
リチャード、ジェームス(千佳のペット(アニメ版のみ))
Richard D. Jamesから。
KID A(episode.4、美羽の服)
Radioheadの4thアルバムから。
LOVERS ROCK(episode.4、伸恵の服)
Sadeのアルバムから。
HIGH DRY(episode.5、千佳の服)
Radioheadの2ndアルバム内の一曲High and Dryから。
AFX(episode.5とepisode.6間の描き下ろし)
PAPP(episode.6、千佳の帽子)
Julius Pappから。
Aussois Drukqs(episode.9、タイトルページの千佳の服)
Aphex TwinのアルバムDrukqsとその中の一曲Aussoisから。
RED, HOT, PEPPERS(episoce.10、茉莉の服)
Red Hot Chili Peppersから。
Hail To The Thief(単行本Volume2裏表紙の伸恵の傘)
Radioheadの6thアルバムから。
episode.12、アナの部屋の写真
RadioheadのボーカルThom YorkGorrilazTravisから。
AFX237V7(episode.13、タイトルページの車のナンバー)
Aphex TwinのアルバムDrukqsの一曲Afx237 V7から。
u-Ziq(episode.13、伸恵の服)
Come on My Selector(episode.14、伸恵の服)
SquarepusherのアルバムBig Loadaの一曲。
♪くろいーひとみーの天使たちーぼくといっしょに泳いーだら(episode.15、茉莉の歌)
RadioheadのPyramid Songの一節"black-eyed angels swam with me"から。
RINGS AROUND THE MOON(episode.16、タイトルページのアナの傘)
The Bee GeesのマキシシングルAloneの一曲。
SFA(episode.16、千佳の服)
Super Furry Animalsの略称。また、4巻カラーページの茉莉の下に敷いてあるタオルケットにはRing! Ring! Rings Around The World、Hello Sunshine、Slow Life(いずれもSFAの歌詞、または曲)、mwngのジャケットが描かれている。
oasis(episode.17、タイトルページの美羽の服)
Oasisから。
18(episode.17、タイトルページの茉莉の服)
Mobyのアルバムから。
SFA(episode.18、千佳の服)
Mobyのアルバムから。
Coldplay(episode.19、美羽の服)
Coldplayから。
REGURGITATOR(episode.21、美羽の服)
HARD NORMAL DADDY(episode.23、伸恵の服)
Squarepusherのシングルから。
Rephlex(episode.23、千佳の服)
イギリスのレコードレーベルRephlex Recordsから。
Corm(episode.24、美羽の服)
Sigur Ros(episode.29 伸恵の部屋の壁紙)
アルバムAgaetis Byrjun のジャケット
PLAY(episode.29、美羽の服)
Mobyの2ndアルバムから。
12 MEMORIES(episode.30、タイトルページの美羽のかばん)
Travisの4thアルバムから。
SFA(episode.30、千佳の服)
Travisの4thアルバムから。
Kish Kash(episode.31、伸恵の服)
ベースメント・ジャックスの3rdアルバムから。
OUT KAST(episode.41、美羽の服)
アウトキャスト - アメリカのヒップホップユニットから。
Nine Inch Nails(episode.45、伸恵の服)
ナイン・インチ・ネイルズ - トレント・レズナーによるインダストリアル・メタルバンド。
COMMON(episode.46、タイトルページの美羽の服)
コモン - 多芸な作風で知られるヒップホップアーティストから。
Jeff Mills(episode.46、伸恵の服)
ジェフ・ミルズ - 世界的に有名なテクノDJから。
Black Eyed Peas(episode.48、タイトルページの伸恵の服)
ブラック・アイド・ピーズ - ヒップホップ・ユニット。伸恵が着ているTシャツのデザインはアルバムElephunkのジャケット。
また、4巻の質問コーナーでもBlack Eyed Peasと書かれたTシャツを着ている。
Matisyahu(episode.50、千佳の聴いているCD)
マティスヤフ(レゲエ・アーティスト)のLive at Stubb'sというアルバムを手にしているのが分かる。
Fugees(5巻、P.67、千佳の服)
フージーズ - ヒップホップグループ。
Arctic Monkeys(5巻、P.68、美羽の帽子)
アークティック・モンキーズ - 英国出身の4人組ロックバンド。靴下に文字が切れているが、Whatever People Say I Am, That's What I'm Not(彼らの1stアルバム)と書かれている。
BECK(5巻、P.78、アナの靴下)
ベック - アメリカのオルタナミュージシャン。恐らく、世界三大ギタリストのジェフ・ベックでも、漫画のBECKでもないと思われる[要検証 ]
The Police(5巻、P.129、アナの鞄)
ポリス - 1970年代後半から1980年代半ばに活躍したイギリスの3ピースバンド。
Underworld、Moby、Aphex Twin(1巻カラーページ、美羽の部屋のポスター)
アンダーワールドA Hundred Days Offモービー18エイフェックス・ツインWindowlickerのジャケット。
Basement Jaxx(episode.31、茉莉家の玄関の額縁)
ベースメント・ジャックスの2ndアルバムRootyのジャケット。
AFX XMD 5a(episode.46、扉絵ののナンバー)
Xの部分が隠れているが、おそらくAphex TwinのアルバムChosen Lordsの一曲XMD 5aから取ったものだと思われる。

この他にも、部屋に貼っているポスターなどにアルバムジャケットなどが使われることが多い。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ レギュラー扱いではあるが作者都合による休載が非常に多いため、現在では事実上の不定期掲載である。詳細は作者の項目を参照のこと。
  2. ^ 告知文によると学校付近で不審者として警察に職務質問を受けた者もいるという。
  3. ^ 原作中では原付免許しか持っていないが何度か普通自動車の運転もしており、「免許取ったの?」と聞かれた際には「今年から(免許取得は)届出制になったからすぐ取れた」と誤魔化していた。
  4. ^ ばらスィーによる同人誌『pitching machine』では、伸恵が同級生の男子にフラれた際に相手が同性愛者だったことが判明し、それ以来女性少女愛者になってしまったという経緯が描かれている。
  5. ^ 原作では持ち主が美羽である物も一緒くたにされている。
  6. ^ しかし連載初期ではマールボロらしき銘柄を吸っていた他、セブンスターも吸っていたことがあるらしい。
  7. ^ 伸恵や美羽の悪戯として顔に落書きをされ、それに長時間気付かないでいることが作中での定番ギャグのひとつである。
  8. ^ 次のコマでうつ伏せに倒れている、または頭にタンコブができているオチが特徴。
  9. ^ ただし、一部のカラーイラストやゲーム版においては全体がアナと同様の金髪で、先端が焦茶色。
  10. ^ この他にも男性の端役の声を多数演じている。
  11. ^ 英語翻訳版においては、登場人物全員が英語を話す時点でアナの人物設定に矛盾を生じさせてしまうので、アナの一部セリフをヘボン式ローマ字表記にして片言であるように表現している。

出典[編集]

  1. ^ 電撃大王編集部『苺ましまろ完全ビジュアルブック』アスキー・メディアワークス 2006年 60p.
  2. ^ “浜松市舞台の「苺ましまろ」描いた“萌えタク”3台運行開始 静岡”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2011年3月3日). http://sankei.jp.msn.com/region/news/110303/szk11030319540018-n1.htm 2011年3月7日閲覧。 [リンク切れ]
  3. ^ 原作4巻における主要キャラクターに対するインタビューでの回答。但し免許証には「昭和61年10月29日」と表記されているほか、アニメで誕生日を祝われる場面では桜が咲いており、またその月の「18日」とされるなど設定に一貫性がない。
  4. ^ 「2005年新作アニメリーグ キックオフ直前情報!!」、『アニメディア』第25巻第7号、学習研究社、2005年7月1日、 28頁、2012年9月18日閲覧。

外部リンク[編集]