ジュエルペット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュエルペット
ゲーム:ジュエルペット かわいい魔法のファンタジー
ゲームジャンル 魔法リズムアクション
対応機種 ニンテンドーDS
発売元 エム・ティー・オー
メディア DSカード
プレイ人数 1 - 4人
発売日 2009年4月30日
レイティング CERO:A(全年齢対象)
キャラクターボイス なし
その他 ダウンロードプレイ対応
ゲーム:ジュエルペット 魔法のDSキラピカリーン☆
ゲームジャンル 魔法リズムアクション
対応機種 ニンテンドーDS
発売元 エム・ティー・オー
メディア DSカード
プレイ人数 1 - 4人
発売日 2009年12月17日
レイティング CERO:A(全年齢対象)
セーブファイル数 2
キャラクターボイス あり(アニメ版に準拠)
その他 ダウンロードプレイ対応
文字表示はすへて「ひらがな」「カタカナ」のみ
左利きモード対応
ゲーム:ジュエルペット 魔法のお部屋でいっしょにあそぼう!
ゲームジャンル ふれあいコミュニケーション
対応機種 ニンテンドーDS
発売元 エム・ティー・オー
メディア DSカード
プレイ人数 1人
発売日 2010年8月5日
レイティング CERO:A(全年齢対象)
キャラクターボイス あり(アニメ版に準拠)
ゲーム:ジュエルペット 魔法のリズムでイェイッ!
ゲームジャンル 魔法のリズムアクション
対応機種 ニンテンドー3DS
発売元 フリュー
メディア 3DSカード
プレイ人数 1 - 4人
発売日 2011年11月10日
レイティング CERO:A(全年齢対象)
キャラクターボイス あり(アニメ版に準拠)
ゲーム:ジュエルペット 魔法でおしゃれにダンス☆デコ~!
ゲームジャンル 魔法のリズムアクション
対応機種 ニンテンドー3DS
発売元 フリュー
メディア 3DSカード
プレイ人数 1 - 4人
発売日 2012年11月8日
レイティング CERO:A(全年齢対象)
キャラクターボイス あり(アニメ版に準拠)
ゲーム:ジュエルペット カフェで魔法のクッキング!
ゲームジャンル カフェのシミュレーション
対応機種 ニンテンドー3DS
発売元 フリュー
メディア 3DSカード
プレイ人数 1 - 4人
発売日 2013年11月14日
レイティング CERO:A(全年齢対象)
キャラクターボイス あり(アニメ版に準拠)
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画ゲーム
ポータル 漫画ゲーム

ジュエルペットラテン文字表記:Jewelpet)は、サンリオセガトイズが共同開発したキャラクターグッズ用キャラクター群。およびそれから派生したテレビアニメ漫画作品。プロデュースは山口裕子が手掛けている。

来歴[編集]

2008年1月15日に、サンリオ・セガサミーグループのコラボレーション企画の第一弾として発表された[1]。当初のジュエルペットは33種類だった。第1号商品の販売は同年夏[2]。 ウェブサイト連動玩具「うぇぶぐるみ 〜ネットで出会える魔法ペット〜」やテレビアニメなど、様々なメディアミックス展開が行われている。

2010年3月1日、新キャラクターとして、34番目のジュエルペット「ラブラ」が発表された。

2010年2月、サンリオによればキャラクター商品は自社企画とライセンス商品を合わせ600品目、ライセンシーは25社程度[3]となり、目標以上の年間売上実績をあげた[3]。 また、年度終盤にかけては『ジュエルペット』人気からサンリオピューロランドの入場者数は急回復し、第4四半期は前年度比17%増の入場者数となった[4]

2010年6月、キャラクターのかわいらしさから6 - 8歳の女児を中心に次第にブレイクし、バンダイこどもアンケート『0〜12歳のお子様が好きなキャラクター』の女子総合にて上位入りを果たす[5]

2010年7月、サンリオピューロランドにてジュエルペットが主役となるショー&アトラクション『ジュエルペットのどきどき!マジカル☆マーチ』、『ジュエルペットとシナモンのみらいレボリューション!』が始まり、テーマパーク全体の入場者数回復に至るほどの集客効果をもたらした。

2010年12月、新キャラクターとして、35 - 37番目のジュエルペット「エンジェラ」「チャロット」「ジャスパー」が発表された。

2011年12月、姉妹キャラクターとしてスウィーツペット12匹が追加された。

2012年3月、新キャラクターとして、38 - 39番目のジュエルペット「グラナイト」「コール」が発表された。

2012年6月、サンリオピューロランドにてテレビアニメの世界観が準拠となるショー&アトラクション『ジュエルペット きら☆デコッ!ミュージカル』が始まる。

2012年8月、初の映画『ジュエルペット スウィーツダンスプリンセス』が公開される。

2012年10月、セガトイズより販売された玩具『ジュエルポッドダイアモンド ピンク』が、9月の月間おもちゃ売上ランキングが女の子向け部門でプリキュアを抑えて1位となった。

2013年3月、新キャラクターとして、40番目のジュエルペット「ローサ」が発表された。

2014年3月、新キャラクターとして、41番目のジュエルペット「ルーア」が発表された。

設定[編集]

ジュエルランドに暮らす、目に宝石が埋め込まれた、魔法使いに育てられている動物(ペット)たちである。動物たちは自らの目に埋め込まれている宝石に則した効果の魔法を使うことができるが、未熟なため、魔法学校で魔法の勉強をしている。

キャラクター[編集]

ジュエルペット[編集]

名前
正式名
動物の種類
誕生日
性別
属性(瞳の色)
ルビー ルビー ウサギニホンウサギ 7月29日 (マジカルレッド)
サンゴ 珊瑚 ネコ茶トラ 7月10日 (マジカルレッド)
リン シトリン インコ 11月23日 (マジカルレッド)
ニック サードニクス フェレット 8月22日 (マジカルレッド)
チターナ チタナイト シマリス 9月23日 (マジカルレッド)
リル
(レディ)
レッドベリル ミニブタ 4月24日 (マジカルレッド)
ブラウニー ブラウンクォーツ ハリネズミ 10月23日 (マジカルレッド)
コハク
(ハク)
琥珀 イヌ柴犬 6月5日 (マジカルレッド)
ガーネット
(ネット)
ガーネット ネコペルシャ 1月8日 (マジカルレッド)
アレク アレキサンドライト ネコスコティッシュフォールド 3月3日 (マジカルレッド)
ジャスパー ジャスパー チーター 2月14日 (マジカルレッド)
ローサ インカローズ クマ エゾヒグマ 6月18日 (マジカルレッド)
ペリドット
(リット)
ペリドット イヌパピヨン 8月3日 (マジカルグリーン)
カイト マラカイト イヌジャック・ラッセル・テリア 12月4日 (マジカルグリーン)
ミルキィ
(ミルク)
ミルキークォーツ英語版 イヌチワワ 4月8日 (マジカルグリーン)
ネフライト ネフライト(同じ) イヌウェルシュ・コーギー 2月1日 (マジカルグリーン)
ラルド エメラルド パンダ 5月17日 (マジカルグリーン)
トール トルマリン ネコアメリカン・ショートヘア 10月13日 (マジカルグリーン)
フローラ フローライト ヒツジ 1月17日 (マジカルグリーン)
タータ ターコイズ リスザル 12月19日 (マジカルグリーン)
クリス クリソコーラ イヌミニチュアダックスフンド 7月5日 (マジカルグリーン)
プレーズ クリソプレーズ イヌトイプードル 2月14日 (マジカルグリーン)
エンジェラ エンジェライト アルパカ 3月30日 (マジカルグリーン)
サフィー サファイア イヌキャバリア 9月1日 (マジカルブルー)
トパーズ トパーズ(同じ) イヌヨークシャー・テリア 11月12日 (マジカルブルー)
ラピス ラピスラズリ ネコロシアンブルー 9月15日 (マジカルブルー)
ルナ ムーンストーン ウサギネザーランド ドワーフ 6月8日 (マジカルブルー)
イオ アイオライト ウサギロップイヤー 12月29日 (マジカルブルー)
ユーク ユークレース英語版 イヌビーグル 11月3日 (マジカルブルー)
アクア アクアマリン クマノミ 3月26日 (マジカルブルー)
アメリ アメジスト ジャンガリアンハムスター 2月9日 (マジカルブルー)
カイヤ カイヤナイト ネコ(シャム) 5月15日 (マジカルブルー)
オパール オパール(同じ) ユニコーン 10月3日 (マジカルブルー)
チャロット チャロアイト ミツバチ 4月3日 (マジカルブルー)
キング オニキス イヌフレンチ・ブルドッグ 8月10日 (マジカルブラック)
ダイアナ ダイヤモンド ネコマンチカン 4月20日 (マジカルブラック)
ディアン オブシディアン ネコメインクーン 1月20日 (マジカルブラック)
ラブラ ラブラドライト クマ ポーラーベア 12月27日 (マジカルブラック)
グラナイト 御影石 ホワイトライオン 12月1日 (マジカルブラック)
コール コール カピバラ 9月6日 (マジカルブラック)
ルーア ブルーアパタイト ウサギダッチウサギ 8月28日 (マジカルブラック)

ジュエルペットの誕生石について[編集]

ジュエルペットは現在、41匹が公式に発表されており(ちゃお、小学一年生、小学二年生、ぷっちぐみなどでたまに新たなジュエルペットを募集することもある)、誕生石はそれぞれの月に1匹は必ず設定されている。実際の誕生石では月によっては複数誕生石が存在することもあるがこの作品では公式ページ以外の宝石は誕生石にしていない。各月の誕生石とされているジュエルペットは以下の通りである。

  • 4月:ダイアナ(ダイヤモンド)
  • 5月:ラルド(エメラルド)
  • 6月:ルナ(ムーンストーン)
  • 7月:ルビー(ルビー)
  • 8月:ペリドット(ペリドット)、ニック(サードニクス)
  • 9月:サフィー(サファイア)
  • 10月:トール(トルマリン)、オパール(オパール)
  • 11月:トパーズ(トパーズ)、リン(シトリン)
  • 12月:タータ(ターコイズ)
  • 1月:ガーネット(ガーネット)
  • 2月:アメリ(アメジスト)
  • 3月:アクア(アクアマリン)

ジュエルペットの属性について[編集]

ジュエルペットの属性は4つの属性に分けられており、それぞれ性質の異なる魔法が使える設定がある。各属性の魔法の性質については以下の通りである。

赤属性:マジカルレッド
かわいく火を操る魔法が使える。
緑属性:マジカルグリーン
植物を操ったり変身する魔法が使える。
青属性:マジカルブルー
物を自由に操る魔法が使える。
黒属性:マジカルブラック
占いや神秘的な魔法が使える。

スウィーツペット[編集]

名前
スウィーツ
動物の種類
誕生日
性別
属性(瞳の色)
さくらん 桜餅 クマヒグマ 3月9日 (マジカルレッド)
メロリーナ メロンパン イヌプードル 4月12日 (マジカルレッド)
エクレン エクレア ウサギ(レッキス 1月24日 (マジカルレッド)
マカロニア マカロン ウサギ(ホーランドロップ 3月15日 (マジカルレッド)
ドナドナ ドーナツ ゴールデンハムスター 1月15日 (マジカルレッド)
ハニー ワッフル モモンガ 11月28日 (マジカルレッド)
ショコラ チョコレートアイスクリーム クマツキノワグマ 6月6日 (マジカルレッド)
マコ マカロン ロボロフスキーハムスター 11月11日 (マジカルレッド)
ロコ マカロン ロボロフスキーハムスター 11月11日 (マジカルレッド)
コロン マカロン ロボロフスキーハムスター 11月11日 (マジカルレッド)
グミミン グミ フェネック 5月30日 (マジカルレッド)
プリンキー プリン コモンリスザル 8月31日 (マジカルグリーン)
カコ マカロン ロボロフスキーハムスター 11月11日 (マジカルグリーン)

雑誌連載[編集]

サンリオが自社で発行している雑誌と、小学館の『小学一年生』・『小学二年生』・『学習幼稚園』・『幼稚園』・『ぷっちぐみ』・『ちゃお』で連載されている。

漫画版は『小学一年生』・『小学二年生』・『ぷっちぐみ』に連載されている。『ちゃお』では、2010年9月号まで連載されていた。『ちゃお』では竜山さゆり、他の3誌では森江真子が執筆している。

基本的にアニメ版準拠だが、『ちゃお』ではジュエルランドが主な舞台であり、人間界のキャラクターが登場しない。

なお、『ちゃお』では、漫画版終了後は、情報ページを連載している。

映像作品[編集]

テレビアニメ・テレビ番組[編集]

テレビ東京などで2009年より継続して放送されている。シリーズごとに世界観や人間キャラクターが刷新され、シリーズ通して登場するジュエルペットの設定も変更される。


タイトル 監督 シリーズ構成 キャラクターデザイン アニメーション制作 放送期間 放送時間
人間など ペット
1 ジュエルペット 佐々木奈々子 前川淳 宮川知子 宮川知子 スタジオコメット 2009年4月5日
- 2010年3月28日
テレビ大阪
日曜9時30分枠
2 ジュエルペット てぃんくる☆ 山本天志 島田満 伊部由起子 スタジオコメット
(特別編 - ゼクシズ
2010年4月3日
- 2011年4月2日
テレビ東京
土曜9時30分枠
3 ジュエルペット サンシャイン 稲垣隆行 柿原優子 藤田まり子 スタジオコメット 2011年4月9日
- 2012年3月31日
4 ジュエルペット きら☆デコッ! 森脇真琴 ふでやすかずゆき 宮川知子 2012年4月7日
- 2013年3月30日
5 ジュエルペット ハッピネス 桜井弘明 ジュエル学園文芸部 小田嶋瞳 2013年4月6日
- 2014年3月29日
6 レディ ジュエルペット 川崎逸朗 高橋ナツコ 八尋裕子
中西彩
ゼクシズ
スタジオコメット
2014年4月5日 -

アニメ以外では2010年10月5日から2011年3月29日放送分(テレビ東京の場合)まで『キティズパラダイスpeace』にてエンディング曲「マジカル☆ツイスト」の映像内でルビー、ガーネット、サフィーが登場していた。

劇場アニメ[編集]

映画ジュエルペット スウィーツダンスプリンセス』のタイトルで、2012年8月11日より公開された。監督は桜井弘明、脚本は山田隆司、キャラクターデザインは宮川知子と小田嶋瞳。同時上映は『おねがいマイメロディ 友&愛(ゆう&あい)』。

イベント[編集]

サンリオピューロランドにおいても他のサンリオキャラクターと共にジュエルペットの着ぐるみが登場している。また、2009年の11月6日から12月25日まで『ジュエルペットのキラキラ!?クリスマス』を開催した。

現在、ルビー、サフィー、ガーネット、ラブラ、エンジェラ、ジャスパー、チャロット、ローサ、ルーアの9体がグリーティングやイベントに登場している。これらの着ぐるみは、皆帽子とマントを身につけた魔法使いの正装をしている。

ゲーム[編集]

オンラインゲーム[編集]

うぇぶぐるみ 〜ジュエルペットたちとネットでくらそう!〜』とは、2008年10月8日より仮想空間付玩具連動で開始されたオンラインゲーム。2010年4月12日より『ジュエルランド オンライン』へとリニューアルされた。2012年3月31日に閉鎖。

家庭用ゲーム[編集]

エム・ティー・オーより発売。

  • ジュエルペット かわいい魔法のファンタジー
2009年4月30日発売のニンテンドーDSソフト。自称DS初のお祈り要素を取り入れたリズムゲーム。
  • ジュエルペット 魔法のDS キラピカリーン☆
2009年12月17日発売のニンテンドーDSソフト。リズムゲーム第2弾。登場キャラがアニメ版になった。ファミ通殿堂入りソフトに選ばれている。
  • ジュエルペット 魔法のお部屋でいっしょにあそぼう!
2010年8月5日発売のニンテンドーDSソフト。ハートタウンでジュエルペットと仲良くなり親友になるふれあいコミュニケーションゲーム。

フリューより発売。

  • ジュエルペット 魔法のリズムでイェイッ!
2011年11月10日発売のニンテンドー3DSソフト。リズムゲーム第3弾。登場キャラは『ジュエルペット サンシャイン』に準拠。
  • ジュエルペット 魔法でおしゃれにダンス☆デコ〜!
2012年11月8日発売のニンテンドー3DSソフト。リズムゲーム第4弾。
  • ジュエルペット カフェで魔法のクッキング!
2013年11月14日発売のニンテンドー3DSソフト。シミュレーションゲーム。

アーケードゲーム[編集]

2009年10月より発売のセガ、セガトイズ、サンリオが共同開発した落ちモノゲームを組み合わせたキッズ向けトレーディングカードアーケードゲーム。3枚のキャラクターカードをスキャンして『コラムス』と同内容のゲームをプレイする。他機種と比べるとカードのリリースペースは遅い。2011年11月末にサービス終了した。
リリース
  • ジュエルペットカード 第1弾
2009年10月27日より稼動。全33種。
  • ジュエルペットカード エアリーマジック☆コレクション
2010年3月19日より稼動。全39種。全てキラキラカード。1枚で3匹登場するスペシャルカード登場。
  • ジュエルペットと魔法のエプロン
2010年7月より稼動しているエクサムのトレーディングカードアーケードゲーム『ハローキティとまほうのエプロン』では『キラキラ魔法の宝石箱』が稼動を終了した2010年12月の第6弾よりジュエルペットのキャラクターが登場するようになり、2012年8月の第8弾は『ジュエルペットと魔法のエプロン』として全カードがジュエルペット関係(アニメに登場した人間キャラクターを含む)となっている。

トレーディングカードゲーム[編集]

  • 「ジュエルペット」トレーディングカードゲーム[2]
2009年7月発売。サンリオピューロランドなどでプロモーションイベントも開催されたが、シリーズ化されなかった。

ライトノベル[編集]

  • 金杉弘子 『ジュエルペットジュエルフェスティバルはおおさわぎ!?』 角川書店〈つばさ文庫〉、2012年5月15日ISBN 978-4-04-631237-2-C8293。

参考文献[編集]

原作版
  • 『月刊いちご新聞号外 JEWELPET SPECIAL』サンリオ、2008年9月10日発行。無料配布
  • 『月刊いちご新聞号外 JEWELPET SPECIAL』サンリオ、2010年3月10日発行。無料配布
  • 『ジュエルペットキラキラひみつだいひゃっか』サンリオ、2009年。ISBN 9784387090847
原作版・アニメ版
  • うえだ未知、ジュエルペット製作委員会『小学館のテレビ絵本 ジュエルペット 33キャラせいぞろい』小学館、2009年。ISBN 9784091158338
アニメ版
  • ジュエルペット製作委員会『テレビ超ひゃっか ジュエルペットキャラじてん』小学館、2009年。ISBN 9784097510406
  • ジュエルペット製作委員会『テレビ超ひゃっか ジュエルペットひみつじてん』小学館、2009年。ISBN 9784097510369

著名なファン[編集]

  • 芦田愛菜(子役タレント)
    • ジュエルペット きら☆デコッ!のテーマソングと劇場版『映画ジュエルペット スウィーツダンスプリンセス』の主題歌を担当している。テーマソング歌唱のオファーが来た時は大喜びしたと言う。

出典[編集]

  1. ^ (株)セガトイズ (株)サンリオが共同開発 新キャラクター 『ジュエルペット』誕生 〜かわいい動物をモチーフにした33種類の“魔法使いのペットたち”〜”. サンリオ (2008年1月15日). 2009年6月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年6月22日閲覧。
  2. ^ “TVアニメ『ジュエルペット』、2010年4月より新シリーズが放送開始”. マイコミジャーナル (マイナビ). (2010年3月19日). http://journal.mycom.co.jp/news/2010/03/19/091/index.html 2013年6月22日閲覧。 
  3. ^ a b 「サンリオ『ジュエルペット』品目倍増、セガトイズと開発のキャラ、ライセンス拡大」『日経MJ』2010年2月12日、9頁。
  4. ^ [1] BLACK OUT ゲーム株1行情報
  5. ^ バンダイこどもアンケートレポート Vol.178、2010年6月。

外部リンク[編集]