平野美宇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平野 美宇 Table tennis pictogram.svg
平野美宇.jpg
選手情報
生年月日 2000年4月14日(14歳)
利き腕
グリップ シェークハンド
テンプレートを表示

平野 美宇(ひらの みう、2000年4月14日 - )は、日本卓球選手。ミキハウスJSC山梨(ジュニアスポーツクラブ)JOCエリートアカデミー所属[1]

人物[編集]

静岡県沼津市生まれ。2歳より山梨県中央市在住で、中央市立田富北小学校に通っている[2]。かつての福原愛のように、幼い頃から卓球が上手く、負けそうになると泣いて悔しがったので、マスコミから「第2の愛ちゃん」と呼ばれ一躍有名になった。2007年の全日本卓球選手権大会バンビの部では福原愛以来史上2人目の小学校1年生の優勝者になった。卓球一家で、三女以外は全員、卓球をする。 (2010年10月頃、三女の亜子もジュニアオープンに参加しデビュー戦となった[3]。) 両親ともに元筑波大学卓球部主将、元教師の母親は全国教職員卓球大会ベスト8に入ったこともある。また内科医の父親は筑波大学時代に全日本選手権2回戦に進出[2]、次女、世和(せわ)も卓球選手。祖父の平野光昭山梨大学名誉教授の数学者で山梨医科大学[4]卓球部の顧問をしていた[5]

2012年にはジャパントップ12卓球大会に11歳で初出場した[6]

戦歴[編集]

  • 2003年9月 - 3歳5ヶ月で卓球を始める[7]
  • 2004年7月 - 全日本卓球選手権大会 バンビの部 最年少出場(4歳2ヶ月)
  • 2004年9月 - 全日本卓球選手権大会全国大会バンビの部:予選リーグ敗退1勝1敗(福原愛より1年早く幼稚園年少児で出場)
  • 2005年7月 - 全日本卓球選手権大会全国大会バンビの部:ベスト64(出場者169人)
  • 2006年7月 - 全日本卓球選手権大会 バンビの部 ベスト16
  • 2007年7月 - 全日本卓球選手権大会 バンビの部 優勝(小学校1年生での優勝は福原愛以来12年ぶりの快挙)[2][8]
  • 2008年7月27日 - 平成20年度全日本卓球選手権大会ホープス・カブ・バンビ カブの部 準優勝[8]
  • 2009年1月 - 全日本卓球選手権大会 ジュニアの部に小学2年で出場。福原愛が小学4年でつくった史上最年少出場と勝利記録を更新[7][8]
  • 2009年7月24~26日 - 全日本選手権カブの部 優勝
  • 2010年1月 - 全日本卓球選手権一般の部に史上最年少となる9歳で出場[9]
  • 2012年1月 - 平成23年度全日本卓球選手権ジュニアの部で初の決勝進出をし、準優勝。

卓球を始めたきっかけ[編集]

美宇の母が自宅で卓球教室「平野英才教育研究センター卓球研究部」を開いており、まだ3歳だった美宇は、ずっと一緒にいたかった。その一心から「美宇もママの卓球教室に入れて」と泣きながら頼んだのがきっかけだった。 最初は2、3日に一度、5分程度の練習だったが、2ヶ月後には毎日になり練習時間も延びた。

平野家の方針[編集]

美宇の両親は、卓球をやるかやらないかは本人の意志に任せている。卓球を始めたいといったのも本人であり、朝練も本人の意思で始めた。母親は卓球の上手くなる秘訣として兄弟姉妹や友達など、近くにライバルを作る事と話している。また、泣きたい時は思いっきり泣かせてあげる事。5歳の全日本卓球選手権大会バンビの部で「負けちゃう負けちゃう~」と大泣きしている場面や、祖父との卓球で祖父が手加減しなかったために、「今のは強すぎる~」「美宇の点、美宇の点~」と泣き崩れる場面は、フジテレビ福原愛が4歳の時に全日本ベスト16の試合で号泣しているシーンを何度も流したように、これらの映像はたびたび放送されている。幼稚園の時の1日の練習時間は基本的に朝1時間、夕方2時間。小学校に入ってからは、朝が早いため朝練はしていないが、1日3時間の練習は欠かさない。

エピソード[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 朝日新聞 2009年4月9日
  2. ^ a b c 卓球:愛ちゃん超え!8歳美宇ちゃん最年少勝利 スポーツニッポン 2009年1月15日
  3. ^ 「ニックのJr卓球練習日記」” (2009年1月30日). 2010年1月23日閲覧。
  4. ^ 山梨大学と合併し山梨大学となった。
  5. ^ 平方眞 (2009年1月30日). “「天才卓球少女『平野美宇ちゃん』のおじいさん」”. 2010年1月23日閲覧。
  6. ^ 11歳平野と伊藤が初出場 卓球ジャパン・トップ12”. MSN産経ニュース (2012年1月27日). 2012年3月31日閲覧。
  7. ^ a b 8歳平野美宇ちゃん最年少勝利/全日本卓球、福原抜き”. 四国新聞社 (2009年1月14日). 2010年1月23日閲覧。
  8. ^ a b c d 金メダルを目指して卓球一直線!! 疲れ見せずに毎日練習 勉強にも手を抜かず努力”. 山梨日日新聞 (2009年2月24日). 2010年1月23日閲覧。
  9. ^ 山田貴史 (2010年1月13日). “「愛ちゃん2世」9歳美宇ちゃん、高校生また破る”. 産経ニュース. 2010年1月23日閲覧。

外部リンク[編集]

  • 美宇ちゃんネット (内容閲覧には平野美宇オフィシャルサポーターズクラブへの登録が必要)