国際卓球連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国際卓球連盟
略称 ITTF
設立年 1926年
本部 スイスの旗 スイス
ウェブサイト www.ittf.com

国際卓球連盟(こくさいたっきゅうれんめい、英語: International Table Tennis Federation, 略称:ITTF)は、卓球の国際組織であり、世界卓球選手権を主催する団体である。

本部はスイスローザンヌにある。現在、220の国・地域が加盟しており、国際バレーボール連 盟の加盟協会数222に次いで加盟協会数が全スポーツ中で2番目に多い団体である[1]。現在、アダム・シャララが会長を務めている。

沿革[編集]

初めての国際大会は1926年1月にドイツベルリンで開催され、オーストリア、ドイツ、ハ ンガリースウェーデンの4ヶ国の尽力で同連盟が設立された。後に世界選手権第1回大会がロンド ンで開催された。

ロイ・エバンズ会長時代に1988年のソウルオリンピックより卓球をオリンピック種目とすることを実 現した[2]

荻村伊智朗会長時代に青い卓球台の導入、ラージボールの創設が行われた。また1991年世界選手権千 葉大会での統一コリアチーム結成を後押しした[2]

アダム・シャララが会長となってからテレビ時代にあったルール変更が行われ、直径38mmであった ボールの40mmへの変更、1ゲーム21点制から11点制への変更などが行われている。

2004年3月5日、ドーハでの理事会で2006年9月1日以降の会場内での接着剤使用及び2007年9月1日以 降の接着剤の使用を禁じた[3]

2005年の総会で木村興治が副会長に就任することが決定した[4]

2013年の総会で前原正浩が副会長に就任することが決定した[5]

2014年4月30日、年次総会の記者会見でアダム・シャララ会長が9月1日で会長職を辞任すると発表され た。会長職は2017年の年次総会での会長選挙までは、ヴァイカット会長代理が務める。また、新たに作られたチェアマンという職務に、アダム・シャララが就任する [6]

世界選手権開催[編集]

2014年現在 、国際卓球連盟の加盟協会数は220となっている。世界選手権の規模が巨大化しているた め、国際卓球連盟理事会で大会を縮小することが決定した。アダム・シャララ会長はインタビューで、 歴史的に卓球競技はどの協会でも世界選手権に参加できるやりかたをしてきた。組織委員会が受け入れ る事ができればそれを維持したいが、2014年東京大会の規模で、日本卓球協会でさえ難しいと言う状況 であった。日本で難しいという事は他の国ではできない事を意味すると述べている[7]

歴代会長[編集]


大会[編集]

現在のITTF大会とオリンピック試合:[8]

大会名 開始年 開催時 ITTFランキング[9] 種目[a]
ランキング ボーナス MT WT MS WS MD WD XD
オリンピック 1988 4年に1度 R1 B1
世界卓球選手権個人戦 1926 奇数年 R1 B1
世界卓球選手権団体戦 1926 偶数年 R1
男子ワールドカップ 1980 1年 R1 B2
女子ワールドカップ 1996 1年 R1 B2
ワールドチームカップ 1990 奇数年 R1
中国 vs. 世界挑戦 2009 1年 R2
ITTFワールドツアー 1996 1年 R2 B3
ITTFワールドツアー・グランドファイナル 1996 1年 R2 B2
ユースオリンピック 2010 4年 R1 B3
世界ジュニア選手権 2003 1年 R1 B3
ITTFグローバルジュニアサーキット 1992 1年 R2 B4
ITTグローバルカデットチャレンジ 2003 1年 R2 B4
ITTFパラ卓球世界選手権 1990 4年

a. ^ MT/WT: 男子チーム/女子チーム; MS/WS: 男子/女子 シングルス; MD/WD: 男子/女子 ダブルス; XD: 混合ダブルス

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ITTFの加盟協会数、215に増加”. 卓球王国 (2011年5月11日). 2011年5月12日閲覧。
  2. ^ a b c List of ITTF presidents”. english.eastday.com (2005年4月26日). 2011年5月15日閲覧。
  3. ^ グ ルーイングについての国際卓球連盟発表”. JUIC (2004年3月). 2011年5月15日閲覧。
  4. ^ 木村興治氏、国際卓球連盟の副会長に決定”. 卓球王国 (2005年5月1日). 2011年5月15日閲覧。
  5. ^ 前原正浩氏、副会長に 選出。「青天の霹靂(へきれき)だが、これも天命」”. 卓球王国 (2013年5月15日). 2013年11月23日閲覧。
  6. ^ 『卓球王国』2014年7月号、アダム・シャララ国際卓球連盟会長インタビュー、p87、96
  7. ^ 『卓球王国』2014年7月号、アダム・シャララ国際卓球連盟会長インタビュー、p97
  8. ^ ITTF Calendar”. ITTF. 2010年7月27日閲覧。
  9. ^ Policy for Inclusion in the ITTF World Ranking (PDF)”. ITTF. 2010年6月21日閲覧。

外部リンク[編集]