国際バレーボール連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国際バレーボール連盟
略称 FIVB
設立年 1947年
種類 バレーボール組織
本部 スイスの旗 スイスローザンヌ
メンバー 220カ国
会長 Ary Graça(アリ・グラサ)
ウェブサイト FIVB
テンプレートを表示

国際バレーボール連盟(こくさいバレーボールれんめい、フランス語: Fédération Internationale de Volleyball)は、バレーボールの国際統括団体。略称はFIVB。本部はスイスローザンヌに置かれている。インドアのみならずビーチバレーも統括している。

概要[編集]

1947年に初代会長のPaul Libaud(ポール・リボウフランスの旗 フランス)を中心に、22カ国の参加のもとパリに設立された。1949年に第1回男子世界選手権を開催した。日本のFIVBの加盟は1951年であったが、当時日本は9人制が主流であったため世界選手権の初参加は1960年と出遅れた。日本がFIVBとともに、バレーボールをオリンピックの正式種目にするように国際オリンピック委員会に働きかけたため、1964年の東京五輪でバレーボールが正式種目となった。このころにはFIVBの加盟数は89となった。

1984年にRubén Acosta(ルーベン・アコスタメキシコの旗 メキシコ)が2代目会長に就任し、それとともに本部をスイスのローザンヌに移行した。現在、世界で220カ国がFIVBに加盟しており、その規模はサッカーバスケットボールをしのぐ。

FIVB加盟国はそれぞれアジア、中北米、南米、ヨーロッパ、アフリカの大陸連盟に分けられており、各国代表者1名が2年ごとに行われるFIVB総会に出席し、予算と来期計画の審議を行う。

また、世界大会での成績をもとにFIVBランキングが作成される。その得点方式はオリンピック、世界選手権、ワールドカップの成績を1位100点、2位90点、3位80点、4位70点、5位45点とし、大陸選手権、ジュニア世界選手権の成績を10点-30点で加算し合計点を出したものである。ランキングは2012年1月4日時点で日本は男子が15位、女子が3位となっている[1]

資金不正流用疑惑で2005年に専務理事を解任されたジャンピエール・セッピが、2006年10月26日、世界規模の新たな統括団体として国際ビーチバレー・バレーボール協会(FIABVB)を設立すると発表した。

2008年6月に、ルーベン・アコスタが会長を退任することを発表した[2]

アコスタは大の日本びいきとして知られた人物であったこともあり、ワールドカップや世界選手権、五輪最終予選など主要な大会の多くが日本で開催されている。これには、日本のテレビ中継から出る利益を重視していることが大きい。しかしその結果、主要な大会での日本びいきが露骨になり(日本の試合は固定で、ルールも変えたこともあった。リベロ制、ラリーポイント制の導入も、日本のテレビ局のためのルール改編であった)、当然他の国からは不満の声があがり、さらに日本が弱体化する一因となった。また、大会運営そのものが日本のテレビ局の都合を重視して進められ、試合中にCMのための休憩の導入や、大会の決勝戦が、日本の出場する順位決定戦の前座として扱われるなどの大会運営がなされた。この行き過ぎとも言える運営に、朝日新聞などの日本の一部メディアも苦言を呈した[要出典]

アコスタの後任たる3代目会長には、魏記中(ウェイ・ジジョン、中華人民共和国の旗 中国)第一副会長が昇格し、アコスタの残任期間を務めた。

2012年9月21日アメリカ合衆国カリフォルニア州アナハイムでの年次総会にてAry Graça(アリ・グラサブラジルの旗 ブラジル)が新会長に選出された[3]

2013年5月27日ホンダ欧州と協賛契約(4年間)を締結したと発表。FIVBの公式パートナー契約は、これが初という[4]

FIVBの主催する主な大会[編集]

公式大会[編集]

公認大会[編集]

ビーチバレー[編集]

ユニフォームに関する騒動[編集]

1997年11月14日、グランドチャンピオンカップ大阪大会で、全日本女子チームがハーフパンツを着用して試合に臨んだ。ルーベン・アコスタ会長(当時)をはじめとするFIVB首脳陣から「バレーには独自のブルマーがある」とのクレームがついた。当時、日本のVリーグではハーフパンツが主流であり、ブルマーを着用しているチームは1チームのみという背景もあった。新ユニフォームは試作品で1着しかなかったこともあり、続く広島大会と東京大会では従来のブルマーを着用して、騒動はいったん収束した[5]

翌1998年にFIVBは次のようなユニフォームに関する新規定を設けた。

  1. ユニフォームの上は、身体にフィットするシャツ。
  2. 下はブルマーか股下5cm以内のショートパンツ。

これに従わず、バレーボール世界選手権で身体に密着度の低いダボダボのシャツを着用するチームが出現し、同年11月6日にFIVBは5チーム(ブラジル、ロシア、イタリア、クロアチア、ブルガリア)に対して、3,000ドルの罰金を科した。これに対して、ブラジルのアナ・サングラード主将は抗議の意を示した。選手・スタッフや識者からは「動きやすければ何でもよい」「セクハラだ」などと賛否の声が渦巻いた[6]

歴代会長[編集]

  • フランスの旗 ポール・リボウ (Paul Libaud) (1947- 1984)
  • メキシコの旗 ルーベン・アコスタ (Rubén Acosta) (1984- 2008)
  • 中華人民共和国の旗 魏記中 (Wei Jizhong) (2008- 2012)
  • ブラジルの旗 アリ・グラサ (Ary Graça Filho) (2012-)

脚注[編集]

  1. ^ バレーボール世界ランキング FIVB公式サイト
  2. ^ アコスタ会長、退任声明 FIVBプレスリリース
  3. ^ グラサ新会長選出 国際バレーボール連盟 日刊スポーツ 2012年9月22日閲覧
  4. ^ ホンダ欧州がFIVBと4年間の協賛契約 スポニチ 2013年[5月27日
  5. ^ 読売新聞夕刊 1997年11月15日4版 14ページ
  6. ^ 朝日新聞夕刊 1998年11月11日4版 1ページ

外部リンク[編集]