世界キックボクシング団体協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界キックボクシング団体協会
英語: World Association of Kickboxing Organizations
WAKO(アマチュア)のロゴ
略称 WAKO
設立年 1975年
種類 非営利の国際スポーツ組織
地位 1988年2月6日のスイス法に基づく
目的 [1]
本部 イタリアの旗イタリア
位置 ロンバルディア州ミラノ県モンツァ
貢献地域・分野 全世界
メンバー 国内団体:106
地域団体: 1
国際団体: 1
個人: 2
公用語 英語
議長 イタリアの旗Ennio Falsoni
提携 スポーツアコード
世界アンチ・ドーピング機関
ウェブサイト http://www.wakoweb.com/en/Default.aspx
1975年設立時の名称は「世界全流派空手機構」(WAKO)
テンプレートを表示

世界キックボクシング団体協会World Associations of Kickboxing Organizations / WAKO)はキックボクシングの国際組織の一つで、スポーツアコード(旧称・GAISF)公認のアマチュアキックボクシング統括団体である。アマチュア部門とプロ部門(WAKO-PRO)の2つの組織で構成されており、毎年アマチュア部門の世界選手権を開催するかたわら、プロ部門で多様な王座を認定している。日本は未加盟であるが、プロ部門においては武蔵前田憲作が世界王座を獲得した。また、キックボクシングの段級位の認定を行っている。

本部はイタリアロンバルディア州ミラノ県モンツァにある。執行委員会が置かれており、現議長はイタリアのエニオ・ファルソーニである。

歴史[編集]

設立[編集]

1975年に、アメリカのプロ空手協会(PKA)に対抗する団体としてドイツでGeorges Brucknerによって設立された。設立時は「世界キックボクシング団体協会」ではなく、「世界全流派空手機構」(World All Style Karate Organization, WAKO)という名前で、アマチュア競技団体だった。

大会の開催[編集]

創立者のGeorges Brucknerは、1977年にウィーンで第1回WAKOヨーロッパ選手権を、1978年11月5日にドイツの西ベルリン市で第1回WAKO世界選手権を開催した。

組織が分裂し、1985年の第5回世界選手権が11月2日にイギリスのロンドンで、同日にハンガリーのブダペストで2度開催された。なおこの分裂騒動は1年で治まった。

1991年にプロ部門「WAKO PRO」が設立され、プロの王座認定を行い始めた[2]

1993年の第9回世界選手権は組織上の問題で分裂し、アメリカのニュージャージー州アトランティックシティで11月4日から6日に渡って、ハンガリーブダペストで1993年11月25日から28日に渡って、2度にわたって開催された。

GAISF加入とIAKSAとの統合[編集]

2006年4月7日に、韓国ソウルで開かれたGAISF総会で、GAISF側からIAKSAとの統合を要求された。この件に関しては、当時同じように選考団体として申請していた世界キックボクシング協会(WKA)が、不公平で非民主的で問題があると主張している[3]

9月27日にクロアチアのザダルで行われた特別総会で、WAKOとIAKSAは正式に統合した[4]。翌10月17日にスイスのローザンヌで開催されたGAISF評議会の会合で、WAKOは正式にGAISFの一員として承認された。

FIKAとの協力関係[編集]

2011年、石井和義が中心となって翌年よりK-1を統括する予定である国際K-1連盟(FIKA)と開催協力で基本合意している[5]

ルール[編集]

セミコンタクト(Semi-contact)[編集]

  • シニア部門は8メートル、ジュニアとカデット部門は6メートル四方の畳の上で行われる。ただし、地域大会や低いレベルの大会では試合場が多少小さくても構わない。ただし、少なくとも競技場の一片の長さは6メートルなくてはならない。
  • 競技者はヘッドギア、マウスピース、胸部プロテクター(女性用)、セミコンタクト用グローブ、ファールカップ、脛当て、足パッド、ズボン(裾が足首まであること)、T-シャツかブイネックの道衣(前と後ろに競技者の国籍と名前もしくはイニシャルが書いてあること)。なお、バンテージの使用は自由。
  • 国際大会では、シニアおよびジュニア部門両方共3分2ラウンド(インターバル1分)で争われる。ただし、公式の国際大会では参加人数が多いため、2分2ラウンドに減らすことができる。カデット部門は1分30秒2ラウンド(インターバル1分)で争われる。
  • 蹴りは前蹴り、横蹴り、後ろ蹴り、飛び蹴り、回し蹴りが許される(かかとを使った攻撃は危険なため禁止)。突きは、正拳、裏拳、フックが許可される。
  • 頭部(顔面、側面、後頭部)、胴体部分、ふくらはぎより下の脚部(足払い)が許される。足払いを除くベルトラインより下の部分の蹴り、頭頂部、肩の上、首への攻撃は禁止。
  • 試合はポイント制で争われるため、上記の攻撃がヒットすれば一定の点数が選手に入る。パンチ、胴体への蹴り、足払いは1点。頭部への蹴り、胴体への飛び蹴りは2点。頭部への飛び蹴りは3点である。ただし、足払いは1度までしか点を与えられない。

ライトコンタクト(Light contact)[編集]

フルコンタクト(Full contact)[編集]

  • 4本のロープは張ったボクシングのリング上で行われる。
  • 競技者はヘッドギア、マウスピース、胸部プロテクター(女性用)、10オンスのボクシンググローブ、ファールカップ、脛当て、足パッド、上着(女子のみ)、ズボン。
  • 攻撃可能な箇所は頭部と胴体のみ。
  • アマチュアは2分3ラウンド。プロは2分5、7、10、12ラウンド。なお、インターバルは1分。
  • 足払い以外での下半身への攻撃、喉、下腹部、肘打ち、手刀、サミング、頭突き、投げは禁止。ロープに絡まった相手、ダウンした相手への攻撃も禁止。
  • 男子12階級、女子7階級で行われる。
  • 軽量は試合日の前日か当日の朝8時から10時に行われる。
  • 競技者はラウンド毎に最低でも6回以上の蹴りを使わなければならない。1ラウンド終了時に蹴りが6回以下だった場合、レフェリーから警告が出る(この時点では減点は無し)。2ラウンド終了時までに計12発以上の蹴りを出さなかった場合は1点減点となる。また、たとえ1ラウンド目に6回以上蹴りを出しても、2ラウンド目も同様に6回以上の蹴りを出さなければならない。加えて、最初の1ラウンド目に5発しか蹴りを出さなかった場合、次の2ラウンド目で最低7発以上蹴りを打差なければ減点される。3ラウンド終了時までに計18発以上の蹴りを出さなかった場合はさらに1点減点となる。このルールで3点以上失った競技者はその時点で失格となる。リングサイドにはキックカウンターがおり、各ラウンド終了毎に競技者が何発蹴りを出したか報告する。

ローキック(Low-Kick)[編集]

ローキック有りのフルコンタクトルール。

ムエタイ(Thai-Kickboxing)[編集]

男子12階級、女子7階級。

ミュージカル・フォームス(Musical Forms)[編集]

アマチュアのみ。ミュージカル・フォームは用意した曲(選手個人が用意する)一人もしくは複数の仮想の敵を相手に東洋の武術の技を用いて闘うパフォーマンスを競い合う競技である。 競技者は一つの大会で複数のスタイルに出場できる。 体重分けはされていないが、男女両方とも下記のスタイルによってカテゴライズされている。

  • ハードスタイル:空手もしくはテコンドーの技術で表現する。
  • ソフトスタイル:中国拳法の技術で表現する。
  • ハードスタイルウェポンス:空手もしくはテコンドーの技術と鎌、サイ、トンファー、ヌンチャク、棒を使って表現する。
  • ソフトスタイルウェポンス:中国拳法の技術と薙刀、ヌンチャク、太極拳ようの刀、鎖、中国拳法用の長めの棒、二刀流、フックソード、フックソード二刀流等を使って表現する。

競技者に対する服装は特に定められていないが、ハードスタイルでは裸足、ソフトスタイルでは靴をはかなくてはならない。女子を除いて上半身裸でも良い。

エアロキックボクシング(Aero Kickboxing)[編集]

アマチュアのみ。 エアロキックボクシングはキックボクシングの技術のみを用いて音楽とともにパフォーマンスを行う競技である。

階級[編集]

アマチュア[編集]

プロ[編集]

プロの階級は競技によって違いがある下記の階級表は、「フルコンタクト」・「ローキック」・「K-1」・「ムエタイ」部門の階級である。「セミコンタクト」・「ライトコンタクト」は別の階級制をとっている。

男子 女子
全17階級。
階級名称 体重
キログラム/kg)
スーパーヘビー級 94.1kg以上
クルーザーヘビー級 94.1kg
ヘビー級 88.6kg
クルーザーライトヘビー級 85.1kg
ライトヘビー級 81.4kg
スーパーミドル級 78.1kg
ミドル級 75.0kg
ライトミドル級 71.8kg
スーパーウェルター級 69.1kg
ウェルター級 66.8kg
ライトウェルター級 64.5kg
スーパーライト級 62.3kg
ライト級 60.0kg
フェザー級 58.2kg
バンタム級 56.4kg
フライ級 54.5kg
アトム級 52.7kg
全13階級
階級名称 体重
キログラム/kg)
ヘビー級 70.0kg以上
スーパーミドル級 70.0kg
ミドル級 68.0kg
スーパーウェルター級 66.0kg
ウェルター級 64.0kg
スーパーライト級 62.0kg
ライト級 60.0kg
スーパーフェザー級 58.0kg
フェザー級 56.0kg
スーパーバンタム級 54.0kg
バンタム級 52.0kg
スーパーフライ級 50.0kg
フライ級 48.0kg


加盟団体[編集]

WAKOへの加盟は1国1団体とは限らず、1国から複数の団体が加盟していることがある。また個人や国際地域団体が加盟していることがある[6]。国内団体は106、地域団体は1(香港)、国際団体は1(WAKO ASIA)、個人は2名である。


ヨーロッパ[編集]

アジア[編集]

アメリカ[編集]

アフリカ[編集]

オセアニア[編集]

国際団体[編集]

  • WAKO ASIA

地域団体[編集]

個人[編集]

段級位制[編集]

WAKOでは、キックボクシングの段級位を認定しており、級位は白帯・黄帯・オレンジ帯・緑帯・茶帯の4段階で、初段から黒帯になる。初段取得までには最低3年かけるとされ、14歳から取得できる。4段以上は、試験は指定された論題の口答試験になる。最低40ページ以上の分量を発表しなければならない。

王座[編集]

プロの王座は「セミコンタクト」・「ライトコンタクト」・「フルコンタクト」・「ローキック」・「K-1」・「ムエタイ」の6つの部門に分けられている。ルールについてはルールの項目を参考にされたし。

王座は上から順に、「世界」・「コンチネンタル」(大陸)・「インターコンチネンタル」(大陸間)・「地域」がある。コンチネンタル王座は、「ヨーロッパ」・「アフリカ」・「アジア」・「北アメリカ」・「南アメリカ」・「オーストラリア」の6つに、地域王座は「地中海」・「バルカン半島」・「北欧」の3つに分けられる。

また王座は各部門において男女両方を認定している。

脚注[編集]

  1. ^ WAKO規則第2条参照のこと
  2. ^ WAKO-PRO: a brief history and CODE OF ETHICS wakopro.org 2007. 2010年11月21日閲覧.
  3. ^ GAISF Recognition
  4. ^ IAKSA and WAKO Merger
  5. ^ 創始者・石井和義氏が“中国マネー”でK-1再建へ - リアルライブ 2011年11月4日
  6. ^ WAKO Official Members
  7. ^ ベルギーは「WAKO Belgium」と「Association Belges des Clubs BA&DA」の2団体が加盟している。
  8. ^ フランスは「Federation Full contact et DA」と「Federation Francaise de Sports de Contact et DA」の2団体が加盟している。
  9. ^ アイルランドは団体ではなく、個人で加盟している(2名)。
  10. ^ トリニダード・トバゴは、「WAKO Trinidad&Tobago/Caribbean」と「National Kick-Boxing Council of T&T (N.K.C.T.T.)」の2団体が加盟している。
  11. ^ アメリカ合衆国は、「WAKO KICK USA」と「WAKO」の2団体が加盟している。

出典[編集]

外部リンク[編集]

PDF形式による無償配布