国際K-1連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国際K-1連盟(こくさいケイワンれんめい、英語: Federation International K-1 Association)は、キックボクシングの競技統括団体の一つ。略称はFIKA。代表は石井和義

概要[編集]

2011年11月3日に設立を発表[1]。本部は香港に置かれる予定だった。競技統括だけでなく興行主催機能も持つ予定で、資本的には中国の投資会社である「七星グローバルエンタティメント」と提携し、設立当初は石井が40%、七星が60%を出資する[2]

従来K-1の興行を運営してきたFEGが経営難に陥り、2011年のK-1 WORLD GPの開催が事実上困難になったため、当初は2012年よりK-1の興行を引き継いでK-1 WORLD GPを主催するほか、スポーツ・武道としての「K-1」の普及促進活動にも取り組む予定としていた。この時点で世界キックボクシング団体協会(WAKO)と開催協力で基本合意していた[3]

その後の交渉で、K-1 WORLD GP等のプロ興行についてはEMCOMホールディングス系列(当時)の「K-1グローバルホールディングス」が担うことになったため、FIKAはアマチュア部門に特化した組織となり、2012年3月17日のK-1甲子園決勝大会よりアマチュア部門の大会を主管。ただK-1甲子園以後は全く動きがなく、公式サイトも消滅するなど事実上活動を休止している。

2014年にグッドルーザー運営の下「K−1実行委員会」が主催するK-1 WORLD LEAGUE及びK−1 CHALLENGEが立ち上げられ、K-1 CHALLENGEのプログラムとしてK-1甲子園も開催されることが発表されている[4]

FIKA主管のイベント[編集]

  • K-1 RISING!(K-1グローバルホールディングス主催)
  • K-1甲子園(全国高校K-1選手権実行委員会主催)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]