国際ラクロス連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国際ラクロス連盟(こくさい - れんめい、英語:Federation of International Lacrosse、略称:FIL)はラクロスを統括する国際競技団体。2008年に旧国際ラクロス連盟(ILF)と国際女子ラクロス協会(IFWLA)が合併する形で誕生した[1]。本部はカナダトロントにある。

歴史[編集]

国際ラクロス連盟(ILF)[編集]

国際ラクロス連盟(International Lacrosse Federation、ILF)は1974年に設立され、男子世界選手権やU19世界選手権を主催していた。

国際女子ラクロス協会[編集]

国際女子ラクロス協会(こくさいじょし - きょうかい International Federation of Women's Lacrosse Associations IFWLA)は女子ラクロスを世界に普及していた競技団体。1972年に設立。2008年に国際ラクロス連盟(ILF)に吸収合併される形で国際ラクロス連盟(FIL)となった。

加盟当初はオーストラリアイングランドスコットランドウェールズアメリカ合衆国であったが、後にデンマーク香港カナダ日本チェコドイツニュージーランドも加盟している。主に女子ラクロス・ワールドカップとU-19世界選手権の開催を運営されている。いずれも4年毎の開催である。

本会員としてイロコイ連邦(ホーデノショーニー、Haudenosaunee)が加盟しており、世界で初めてファースト・ネーション先住民族)を認知した国際競技団体となった。

加盟国・地域[編集]

本会員[編集]


*1 ホーデノショーニー(Haudenosaunee)という名称・表記を使用することもある。またイロコイはイロコワ(仏語読み)、イラコイなどとカナ表記されることもある。


その他、準会員、新興地域会員などの種別もある。

主催大会[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Logue, Brian (2008年8月13日). “ILF, IFWLA Merge to Form FIL”. US Lacrosse. Lacrosse Magazine. 2008年11月13日閲覧。

外部リンク[編集]