ココロ (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ココロ
Kokoro Company Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
205-8556
東京都羽村市神明台4丁目9番1号
設立 1984年2月1日
業種 機械
事業内容 ロボット・自動販売機の開発・製造
代表者 黒瀬七生(代表取締役社長)
資本金 4億9500万円
決算期 3月31日
主要株主 サンリオ(100%)
関係する人物 辻信太郎(代表取締役会長)
外部リンク www.kokoro-dreams.co.jp
テンプレートを表示

株式会社ココロ英文名称Kokoro Company, Ltd.)は、サンリオグループのロボットメーカー。

沿革[編集]

  • 1984年2月1日 - 株式会社ココロ設立
  • 2000年 - 本社を東京都羽村市に移転
  • 2005年 - サンリオの100%子会社へ

主な事業[編集]

RT(Robot technology)事業[編集]

  • アミューズメント・エンターテイメント
  • イベント・プロデュース
  • ロボット・レンタル
  • 博物館・科学館
  • 大学・研究機関

SR(Shop robot)事業[編集]

  • サポート・ネットワーク
  • ポップコーン販売機
  • ゲーム型自動販売機
  • 中身商品開発
  • アミューズメント機の開発

主な製品[編集]

ロボット[編集]

アクトロイド
  • 愛知万博のアクトロイド
  • インタラクティブモデル
  • アミューズメントモデル
  • アクトロイド-DER
  • アクトロイド-DER2
  • アクトロイド-DER3
I-FAIRY
  • I-FAIRY(アイ―フェアリー)

2010年1月にアメリカ・ラスベガスで開幕された家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」にて世界初のお披露目となり、 米国人らの注目の的となり米テレビ局の取材が殺到した[1]

その他[編集]

納入実績[編集]

国内外あわせて約400件以上の物件実績がある。

国内[編集]

海外[編集]

  • ロンドン自然史博物館(イギリス・ロンドン)
  • アメリカ自然史博物館(アメリカ・ニューヨーク)
  • ディノポリス(スペイン・テルエル)
  • 老虎灘極地海洋動物館(中国・大連)
  • 台湾 國立自然科學博物館(台湾・台中)
  • ゴンドワナ・ダス・プレーヒストリウム(ドイツ・ノインキルヘン)

大型イベント[編集]

  • 2001年 「Predatour:LIfe and death(プレデター展)」(イギリス・ロンドン)
  • 2003年 恐竜展「回到白亜紀展」(中国・北京、石塚庄、鄭州、成都、広州、常州、ウルムチ) 
  • 2003年 「巨大昆虫生態教育博覧会」(台湾・台北、桃園、高雄、台中)
  • 2003年 「T.rex:The Killer Question」(イギリス・ロンドン)
  • 2005年 「勇闖恐龍谷 日本機恐龍大展」(台湾)
  • 2006年 「2006 機器人教育博覧会」(台湾・桃園、高雄、台中、台北)

その他[編集]

2007年3月に羽村本社は環境マネジメントシステムの国際規格(ISO14001)を認証取得。

関連事項[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]