石川佳純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
石川佳純 Table tennis pictogram.svg
Ishikawa and Fukuhara at Table Tennis Pro Tour Grand Finals 2011 (5).jpg
選手情報
生年月日 1993年2月23日(21歳)
最高世界ランク 5位
利き腕
グリップ シェークハンド
ラケット クリッパーCR WRB
戦型 ドライブ攻撃型
フォア面ラバー ファスタークG-1
バック面ラバー テナジー64
 
獲得メダル
日本の旗 日本
卓球
オリンピック
2012 ロンドン 女子団体
世界卓球選手権
2008 広州 女子団体
2010 モスクワ 女子団体
2014 東京 女子団体
テンプレートを表示

石川 佳純(いしかわ かすみ、1993年2月23日 - )は、日本の女子卓球選手。ロンドン五輪日本代表シングルス及び団体)。山口県山口市出身。全農所属。左利き。O型。

来歴[編集]

「愛ちゃん」2世[編集]

1993年2月23日、山口県山口市に生まれる。両親は共に元卓球選手で、山口市立平川小学校[1]の1年の時に近所で行われていた白石卓球クラブの練習に連れて行かれたのがきっかけに遊び半分で卓球を始め、7歳の誕生日に両親からユニフォームをプレゼントされ本格的に卓球を始めた。元国体選手の母・久美の指導を受け、練習3ヶ月で全日本選手権バンビの部(小学2年以下)山口県予選を2位通過し、本選でもベスト64に入った。才能を確信した両親は、山口市の自宅に卓球場を造った。

母が指導する「山口ジュニアクラブ」で腕を磨き、土日は毎週のように各地で開かれる大会に参加し、大人相手に実戦経験を積んだ。小学校6年で出場した2005年全日本卓球選手権・女子シングルスでは高校生と大学生を破り3回戦進出し、「愛ちゃん2世」として話題になった。

2005年4月から大阪の四天王寺羽曳丘中学校に進学、また福原愛がかつて在籍したミキハウスJSC卓球部に所属し、チームメイトと寮生活をするようになる。2006年の全日本選手権では5回戦まで進出。同年春に日本代表候補入りを果たした。

妹の石川梨良も卓球選手である。

視力が0.1のためメガネを愛用してきたが、2006年からコンタクトレンズに替えた。

遠縁の親族には岩谷直治竹下登などがいると言われている。

国内選手権の制覇[編集]

中学2年で出場した2007年全日本卓球選手権大会では6回戦で高校生の石垣優香を4-0で破り、福原愛以来となる中学生でのベスト8進出。13歳11ヶ月での8強入りは福原の13歳1ヶ月に次ぐ史上2位の年少記録だった。さらに準々決勝で社会人の樋浦令子を4-3で破り、史上最年少でのベスト4入りを果たした。

また、全日本選手権ベスト4により招待されたジャパントップ12卓球大会では予選リーグ初戦で、全日本選手権ジュニアの部決勝で勝利した四天王寺高校の藤井優子に敗れたものの、2戦目で十六銀行の田勢美貴江にストレート勝ちし、ゲームポイント計算で決勝トーナメントに進んだ。 準決勝の対戦相手は同門の先輩であり、2007年の全日本選手権優勝者の平野早矢香で、先に2ゲームを先取するものの、その後4ゲーム連取され逆転負けとなり、ベスト4となった。

2007年2月26日、同年5月からの世界選手権代表(クロアチアザグレブ)のダブルスに史上最年少で抜擢された。

2008年1月、全日本選手権シングルで2年連続ベスト4入り。同年2月の世界選手権団体メンバー(5人)にも選ばれた。同年4月、四天王寺高校に進学。1年生のときの全国高校総体(インターハイ)卓球シングルスでは、決勝で同じ高校の先輩の藤井優子を4-0で破り、1年生チャンピオンとなった。1年生のインターハイ優勝は女子では57年ぶりである。

2008~09年の高校1年在籍中の1年間でインターハイ、国体、選抜、全日本ジュニアと高校生レベルの国内4大会を高校1年生にして完全制覇という大偉業を達成した。

2011年1月、全日本選手権シングルで初優勝した。

世界舞台への挑戦[編集]

2009年世界ランク99位で出場した世界卓球選手権(個人)横浜大会では、2回戦で世界ランキング10位の帖雅娜(香港)にゲームカウント0-3、第4ゲームも3-9と劣勢の中から大逆転勝ちした。その後も3回戦で福岡春菜、4回戦でユ・モンユ(シンガポール)にも勝ちベスト8入りした。準々決勝では世界ランク1位の張怡寧(中国)と対戦し、1-4とゲームを取る善戦をした。なお、日本人女子選手が世界選手権でベスト8入りしたのは2003年パリ大会の福原愛以来である。同年(09年)の全国高校総体(インターハイ)では、シングルス全試合で1ゲームも落とすことなく優勝し、連覇を果たした。

2010年1月、全日本選手権ジュニア女子の部で優勝し、史上初の4連覇を達成。松平健太とのペアで優勝した混合ダブルスと合わせて、2冠を果たした。5月の世界選手権(団体)で4勝(2敗)を挙げ、日本女子の5大会連続銅メダルに貢献。メダルをかけた準々決勝の韓国戦は3番手として出場し、世界ランク16位の唐汭序をゲームカウント0-2から3ゲームを奪って大逆転した。7月のITTFプロツアー・モロッコオープンではでシングルス初優勝。8月の全国高等学校総体(インターハイ)では女子シングルスを制し、女子で史上初の3連覇を成し遂げた。同年12月の第8回世界ジュニア選手権の女子団体では中国の8連覇を阻止し初優勝をした。ジュニア大会ではあるが、世界タイトルイベントでの日本女子団体種目優勝は1971年世界卓球選手権(名古屋大会)女子団体優勝以来、39年ぶり。

2011年1月22日、全日本卓球選手権大会女子シングルスで初優勝[2]。高校生での全日本女王は1988年の佐藤利香以来4人目。第51回世界卓球選手権個人戦終了後の5月16日付世界ランキングでロンドンオリンピックのシングルス出場が決定[3]

ロンドン五輪での活躍[編集]

ロンドンオリンピックのシングルスでは、第4シードとして3回戦から登場し、カンビン・リ(オーストリア)を4-2で下すと、4回戦はチェン・リー(ポーランド)を4-1で、準々決勝は王越古(シンガポール)を4-1で破って、オリンピックのシングルスで日本勢男女通じて初めての準決勝進出を達成。

メダルを賭けた準決勝は第2シードの李暁霞(中国)に1-4で、3位決定戦は馮天薇(シンガポール)に0-4で敗れて獲得はならなかったが、日本勢史上最高の4位入賞。続く福原愛平野早矢香とともに出場した団体では準決勝でシンガポールを破り、決勝で中国に敗れたものの2位となり卓球界初のオリンピックメダルとなる銀メダルを獲得した。

帰国後の8月17日には生まれ故郷・山口県山口市で石川佳純本人による人力車によるパレードが行われた。山口市の渡辺純忠市長は「世界を舞台に活躍した石川選手は社会に明るい希望と活力を与えた」とたたえ、「市民栄誉賞」の第一号を贈った[4]

プレースタイル[編集]

左シェーク・オールラウンド型。ラバーは裏裏で、フォアハンド、サーブを得意とする。 バックはこれまで課題だったが、2007年1月の全日本ではバックでもかなり実力が上がっている事を証明した。予測能力も高く、状況に柔軟に対応できる。

デビュー時に「愛ちゃん2世」とマスコミで取り沙汰されたが、そのプレースタイルは異なる。尊敬する選手は王楠、目標とする選手は郭躍で、どちらも左利きの中国人。

日本代表監督:近藤欽司は、北京オリンピック前には「オリンピック代表候補の選考に入る一人」と語っていた。また、西村卓二(元日本代表監督)は、「福原と同じく日本の宝」とその才能を賞賛している。

人物[編集]

芸能人では伊藤英明倖田來未のファン。特に伊藤については『海猿』のうちわをロンドン五輪の際に持っていったほど[5]。また倖田とは、かつては一ファンとしてライブを見に行っていたが、2014年現在は友達付き合いする仲で[6]、2014年2月に発売された倖田のアルバム『Bon Voyage』には石川への応援曲が収録された[7]

年表[編集]

主な戦績[編集]

2004年
  • 全日本卓球選手権大会(ホープスの部):優勝
2005年
  • 全国中学校卓球大会:シングルス ベスト32、団体優勝(四天羽中2年連続3度目)
  • 全日本卓球選手権大会(カデットの部):13歳以下シングルス優勝
  • 全日本卓球選手権大会(カデットの部):ダブルス優勝(酒井春香ペア)
2006年
  • 1月 全日本卓球選手権大会:ジュニアの部ベスト8
  • 8月 全国中学校卓球大会:シングルス優勝、団体優勝(四天羽中3年連続4度目)
  • 9月 ITTFプロツアー・ジャパンオープン荻村杯:出場(一般代表初出場)
  • 全日本卓球選手権大会(カデットの部):14歳以下シングルス優勝
  • 全日本卓球選手権大会(カデットの部):ダブルス 2位(俵美幸ペア)
  • 12月 世界ジュニア選手権大会:シングルス ベスト16
2007年
2008年
2009年
  • 1月 全日本卓球選手権大会:女子ダブルス初優勝(平野早矢香ペア)、女子ジュニア優勝(3連覇)、女子シングルスベスト8
  • 3月 第36回 全国高等学校選抜卓球大会:女子学校対抗 優勝(四天王寺高校)
  • 5月 第50回世界卓球選手権個人戦(横浜大会):シングルス ベスト8
  • 7月 ITTFプロツアー・モロッコオープン:ダブルス優勝 (福原愛ペア)
  • 8月 インターハイ:学校対抗準優勝、シングルス優勝(2連覇)、ダブルス優勝(酒井春香ペア)
  • 9月 第64回国民体育大会(新潟):少年女子優勝(大阪少年女子3連覇=酒井春香・石川佳純・高橋真梨子)
  • 12月 第5回東アジア競技大会:ダブルス優勝(福原愛ペア)、団体3位,混合ダブルス3位(岸川聖也ペア)
  • 12月 世界卓球選手権団体戦(モスクワ大会)国内選考会:1位
2010年
  • 1月 全日本卓球選手権大会:女子ジュニア優勝(4連覇)、混合ダブルス優勝(松平健太ペア)女子シングルスベスト8
  • 2月 ジャパントップ12卓球大会:優勝
  • 2月 ITTFプロツアー・カタールオープン:U21優勝
  • 3月 ITTFプロツアー・ドイツオープン:ダブルス優勝 (福原愛ペア)
  • 3月 第37回 全国高等学校選抜卓球大会:女子学校対抗 優勝(四天王寺高校)
  • 5月 第50回世界卓球選手権団体戦(モスクワ大会):3位
  • 7月 ITTFプロツアー・モロッコオープン:シングルス優勝、ダブルス優勝 (樋浦令子ペア)
  • 8月 インターハイ:シングルス優勝(3連覇)
  • 10月 ITTFプロツアー・ハンガリーオープン:ダブルス優勝 (福原愛ペア)
  • 11月 ITTFジュニアサーキットファイナル:女子シングルス優勝
  • 11月 第16回アジア競技大会(広州):女子ダブルス3位(福原愛ペア)、混合ダブルス3位(松平健太ペア)
  • 12月 第8回世界ジュニア選手権大会:女子団体初優勝(石川、森薗、谷岡、前田)、シングルス準優勝、ダブルス準優勝(森薗美咲ペア)
2011年
  • 1月 全日本卓球選手権大会:女子シングルス初優勝、混合ダブルス準優勝(松平健太ペア)
  • 1月 ITTFプロツアー・イングランドオープン:U-21優勝
  • 4月 ITTFプロツアー・スペインオープン:U-21優勝
  • 4月 第20回日本卓球リーグ・ビッグトーナメント(石川大会):準優勝
  • 5月 第51回世界卓球選手権個人戦(ロッテルダム大会):シングルス ベスト16
  • 8月 ITTFプロツアー・チリオープン:シングルス優勝,ダブルス優勝(平野早矢香ペア)
  • 10月 ITTFプロツアー・スエーデンオープン:U-21優勝
  • 11月 LIEBHERR2011ワールドチームカップ:準優勝(石川、福原、平野)
  • 11月 第9回世界ジュニア選手権大会:女子団体準優勝(石川、谷岡、前田、丹羽)
  • 11月 ITTFプロツアー・グランドファイナル:ダブルス準優勝(福原愛ペア)、U-21優勝
2012年
  • 1月 全日本卓球選手権大会:女子シングルス準優勝
  • 1月 ITTFワールドツアー・スロベニアオープン:U-21優勝
  • 2月 ITTFワールドツアー・カタールオープン:U-21優勝
  • 4月 ITTFワールドツアー・スペインオープン:U-21優勝
  • 4月 ITTFワールドツアー・チリオープン:U-21優勝
  • 5月 ITTFワールドツアー・韓国オープン:U-21優勝
  • 6月 ITTFワールドツアー・ジャパンオープン:U-21優勝
  • 8月 ロンドンオリンピック:シングルス4位,女子団体2位(石川,福原,平野)
  • 12月 平成24年内閣総理大臣杯 JTTLファイナル4:優勝(日立化成ゴールド選手として参戦)
  • 12月 ITTFワールドツアー・グランドファイナル:U-21優勝
2013年
  • 1月 全日本卓球選手権大会:女子シングルス準優勝
  • 1月 ITTFワールドツアー・オーストリアオープン:女子ダブルス準優勝(森園美咲ペア)
  • 2月 ジャパントップ12卓球大会:優勝
  • 2月 ITTFワールドツアー・クウェートオープン:女子ダブルス準優勝(森園美咲ペア)
  • 3月 ワールドチームカップ(中国・広州):女子団体準優勝
  • 4月 ITTFワールドツアー・韓国オープン:女子シングルス準優勝
  • 4月 アジアカップ:3位
2014年
  • 1月 全日本卓球選手権大会:女子シングルス優勝,ダブルス優勝(平野早矢香ペア)
  • 5月 第52回世界卓球選手権団体戦(東京大会):準優勝
  • 6月 ITTFワールドツアー・ジャパンオープン:女子シングルス準優勝
  • 9月 アジア競技大会 卓球 女子団体:準優勝
  • 10月 2014卓球女子ワールドカップ:3位
  • 11月 ITTFワールドツアー・ロシアオープン:女子シングルス優勝,女子ダブルス優勝(平野早矢香ペア)

受賞[編集]

テレビ・CM出演など[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山口市立平川小学校
  2. ^ 石川佳純が全日本初制覇! 22年ぶり高校生女王誕生 スポーツニッポン 2011年1月22日閲覧
  3. ^ 福原 シングルスで五輪切符!石川は初、男子は水谷&岸川スポーツニッポン2011年5月16日
  4. ^ 「卓球『銀』」佳純ちゃんがパレード、リオに意欲」(『読売新聞』2012年8月18日付)
  5. ^ 卓球・石川佳純選手が「食わず嫌い」で見せた試合中との“大きなギャップ”とは - サイゾーウーマン・2012年9月2日
  6. ^ 明石家さんまの軽快トークに豪華ゲストも本音がポロリ?ブレーク必至の若手芸人も登場 - TV LIFE・2014年1月2日
  7. ^ 倖田來未、石川佳純への応援曲「背中を押せる曲をあげたい」 - サンケイスポーツ・2014年2月24日
  8. ^ さわやか行政サービス推進運動WEB啓発ポスター資料館
  9. ^ 山口国体「被災地に元気を」開会式、3万1千人の輪”. 山口新聞 (2011年10月2日). 2012年8月22日閲覧。
  10. ^ “石川佳純選手との広告出演契約締結について” (PDF) (プレスリリース), 山口フィナンシャルグループ, (2013年3月1日), http://www.ymfg.co.jp/news/2013/news_0301.pdf 2013年4月13日閲覧。 

外部リンク[編集]