レディ ジュエルペット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュエルペット > アニメ作品 > レディ ジュエルペット
レディ ジュエルペット
ジャンル 少女向けアニメファンタジー
アニメ
原作 サンリオセガトイズ
監督 川崎逸朗
シリーズ構成 高橋ナツコ
キャラクターデザイン ワダアルコ(原案)
八尋裕子、中西彩、
宮川知子(ペットデザイン)
音楽 市川淳
アニメーション制作 ZEXCSスタジオコメット
製作 テレビ東京
テレビ東京メディアネット
ウィーヴ
放送局 テレビ東京ほか
放送期間 2014年4月5日 -
話数 全52話予定
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

レディ ジュエルペット』(Lady Jewelpet)は、サンリオセガトイズによるキャラクター、ジュエルペットを起用した日本テレビアニメ

前作までと同様にローカルセールス枠のため、製作局のテレビ東京のみ土曜9時30分 - 10時00分放送だが他のテレビ東京系列局では放送時間がそれぞれ異なる。テレビ東京・テレビ大阪テレビ愛知の3局のみ字幕放送を実施している。字幕放送を実施してない地域(TVHの場合)で放送中に字幕の入・切が出来るが、字幕は表示されない。

概要[編集]

ジュエルペットのアニメシリーズ第6作目[1]。本作では過去5作を制作したスタジオコメットに加え、第2作『てぃんくる☆』の番外編をコメットと共同制作したZEXCSが新たに参加する[2]

また、タイトルロゴの「ジュエルペット」の部分が過去5作品で使用されて来たを基調にしたものから一新され、ピンクを基調にしたスマートなデザインになっている。

ストーリー[編集]

あこがれのお兄ちゃんの結婚式に参加していたももな。ところがかわいいうさぎの姿をしたジュエルペット、ルビーに連れられてジュエルランドの女王にして最高の女性、レディジュエルの候補生たちが集まるジュエルパレスにやってきた。ももなは、そのレディジュエルの候補としてルビーに選ばれて…。

登場キャラクター[編集]

ジュエルペット[編集]

本作ではジュエルパレスに集められたレディジュエル候補生たちのパートナー(メンター)として登場する。
メンターとは、ルビーいわく「パートナーであり、同志であり、かけがえのない相手」のこと。
ルビー
声 - 齋藤彩夏
パートナーはももな。
明るく前向きでお調子者な性格。なんとなくももなが良いと思ったという理由でももなを候補に選んだ。
ももなを素敵なレディにするためにサポートするが、レディという認識が周りとかなり異なっており、ももなに行う指導やアドバイスもズレていることが多い。
自称「できるメンター」としてももなに名乗っているが、実際はルーアに「天才的にポンコツ」と称されるほどのメンターで、テーブルマナーを教える際は本を取り出し、知識がない課題はやる気で乗り越えさせようとしたり、ももなと連絡がとれなくなった時には遊び続け、いなくなった際は一人だけ気がつかなかったりと、メンターとしての能力や自覚は低い様子。しかし、ももなを素敵なレディにしたいという気持ちは本物で、メンターとして一生懸命な所も多い。
ルーアに遠回しな嫌味や悪口を言われてもまったく気がつかず、褒められていると誤解するため、サフィーに「天然」と称された。好きなものはニンジン。
第5話でももなを適当に連れてきたことが確定しており、そのことがルーアの密告によりミウラにも知られてしまい、秘密を漏らさないようにと助言される。しかし、26話でそのことがももなにも知られてしまいショックを受けたあげく失望されかけたことがあるが、後にミウラによりももなの下へ連れ戻られ和解し以後も彼女のメンターとして互いにトップを目指すことを決意した。
ルーア
声 - 井口裕香
本作より新登場のジュエルペット。青い蝶の耳飾りと青薔薇のネックレスに、左足側にあるピンクのハートマークが特徴。
パートナーはリリアン。
上品な口調とは裏腹にルビーやももなを中心にバカにするも腹黒い言動が多いが、泣いたりリリアンに懐くときは声高で「ふみゅーん」と鳴くのが口癖。パートナーであるリリアンを世界一のレディと思っており、彼女をレディ・ジュエルにするため尽力する。とても優秀なメンターで自覚も強く、休日ができた時も「リリアンががんばっている時に遊んでいられない」と一人勉強に励むほど。レディ・ダイアナを知っている素振りを見せる。
その為ルビーを見下すことが多いが、何故かルビーにちょっかいを出している。ルビーに対しては遠回しな嫌味をいうものの、反対の褒め言葉に受け取られるため、逆にイライラさせられる場合が多い。密かにルビーやももなを出し抜くためにミウラの力を借りようとしたり、パートナーであるリリアンを強制的にトップ・オブ・レディ(クイーン)にさせるために野心を燃やしている。
しかし、思惑通りにはいかず予想外なことに、自分が加勢させようとしたミウラやももな達がリリアンと仲良くなることに不安を抱き始めた結果、密かに課題を妨害させるために自ら悪企みをするようになってしまう(ただし、謎の影により彼女の陰謀を逆利用されている)。度々ミウラに説得されるが、受け入れず彼とは対立状態になる。また、リリアンが自分の思い通りにならない苛立ちから、彼女に対する態度も次第に高圧的なものへと変わっていき、遂には「リリアンに友達は要らない」と横暴さまで見せた事から、「私はルーアの人形じゃない」と拒絶されてしまうが、人形の件で彼女の想いを知ってからは、和解する事になる。
リリアンが課題の際に旧館でオルゴールを見つけられ、それを見て過去を振り返ってしまうが、雨が嫌いで過去のことが原因でトラウマになっている。
ガーネット
声 - 平野綾
パートナーはみずき。
女の子らしい性格でオシャレなどに詳しい。美人でかっこよく、凛々しいみずきにガーネットのかわいらしさが加われば、最高のレディになると信じている。
メンターとして優秀で、みずきに苦手な課題が出た際はいざという時は棄権させることも考える慎重さを持っている。一方で、課題で不利だと分かっている選択をしたみずきを止めず、信じて課題に挑ませるなど、みずきに対して強い信頼を寄せている。
サフィー
声 - ささきのぞみ
パートナーはかろん。
温和で協調性のある性格。街で出会ったかろんに心の中にきらめく宝石を持っていると感じ、素敵なレディになれると信じてパートナーに選んだ。
優秀なメンターであるものの、初めは候補としての誘いを断っていたかろんをなんとかその気にさせようと苦戦していた。しかし、かろんに恋愛小説家になる夢があると知ると、その夢を後押しするために身を引くなど、かろんに対して強い思いやりと信頼を持っている。

その他のジュエルペット[編集]

以下は、準レギュラー・ゲストを含むジュエルペットたち。
エンジェラ
声 - 豊崎愛生
パートナーはなし。口癖は「~パカ」
ジュエルペット達が集まる談話室で、ルビー達にお茶やケーキなどを運ぶ給仕係として登場している。
13話ではルビーによりティーマイスターとしてももなに紹介されており、執事の出で立ちで登場してももなに紅茶に関する基本を教えており、16話ではジュエルランドの警備を任されていたりと多岐に渡る任務に携わっている。
オパール
声 - 沢城みゆき
パートナーは不明。口癖は「~ったら」
ローサ
声 - 茅野愛衣
パートナーは不明。
ブラウニー
第4話のシルエットクイズで画像のみの登場。
タータ
第9話のインタビュー修業の協力者としてルビーが連れてきた。
ラルド
第9話のインタビュー修業の協力者としてルビーが連れてきた。
ラブラ
声 - 沢城みゆき
口癖は「~ラブ」。
第12話の子育て修業の協力者として登場。第29話ではルーアの悪企みをそっくり悪用した何者かにより、怪物に変えられももな達に襲い掛かってきたが、ミウラの乱闘で元の姿に戻った。
フローラ
パートナーは不明。
イオ
声 - ささきのぞみ
口癖は「~だッチ」。
第21話のジュエルフェスティバルでレビンの協力者として登場。
ペリドット
声 - 甲斐田ゆき
パートナーなしのフリーペットで、ももなに「野良ペット」と称されていた。口癖は「~でーす」
第26話ではルビーに代わり、ももなの代理メンター(彼女曰く「お試しメンター」)という大役を担った。ルビーが復帰しなかった場合は以後も、自らももなの新しいメンターとして引き継ごうとしたが、後にルビーはミウラによりももなの下へ連れ戻され、二人がようやく和解できたことに感動していた。
ネフライト
声 - 尾崎恵
第27話の犬のパートナーとして登場。口癖は「ゲロッパ!」。
ももなと組むことになるが、常に無愛想な性格をしており、最初は課題を行っているにも関わらずももなを快く思わず課題の練習に取り組めなかった。かつてレディ・ダイアナとは面識があり、ももなのリボンを見てダイアナに似ていると思いながら恥ずかしがっていたため素直に振る舞えなかったことに謝罪し、ももなと共に真面目に課題を行うことになった。その際に、ももなを庇うためにルーア(実は謎の黒幕)により怪物に変貌させたラブラに立ち向かうも負傷してしまうが、ミウラの乱闘により救われた後、この課題で見事合格を果たす。
コハク
声 - 皆川純子
第27話の犬のパートナーとして登場。
リリアンと組むことになるが、課題の最中に突如出現した怪物(実はラブラ)の妨害で、パートナー(リリアン)のことを全く考慮せずユークやクリスと共に、恐れをなして逃亡する。
ユーク
声 - 吉田仁美
第27話の犬のパートナーとして登場。
かろんと組むことになるが、課題の最中に突如出現した怪物(実はラブラ)の妨害で、パートナー(かろん)のこと全く考慮せず恐れをなして逃亡する。
クリス
声 - 金田アキ
第27話の犬のパートナーとして登場。
みずきと組むことになり、相変わらず無邪気でやんちゃな性格をしている。課題の最中に突如出現した怪物(実はラブラ)の妨害で、パートナー(みずき)のことを全く考慮せず恐れをなして逃亡する。
ダイアナ
第32話に登場。パートナーは不明。

レディジュエル候補生[編集]

ジュエルパレスに集められたレディジュエルの候補生たち。メンターに選ばれた女の子が対象となり、一年間友人やプリンスと協力して、課題をクリアしながら修業を積むことになる。一年間修業したプチ・レディの中でただ一人が「トップ・オブ・レディ」=レディ・ジュエルに選ばれる。

ももな
声 - 小林桂子
本作の主人公。パートナーはルビー。レディ候補生とは言え庶民派な少女。課題のために激しく困難になり失敗ばかりするドジっ娘だが、前向きに頑張る。
憧れのお兄ちゃんであるアルトの結婚式で、レディ・ダイアナと会話している最中雪原に移動させられ、説明を全くされないままレディ候補生になった。
周りとの差や、適性検査時のハプニングなどで初めは候補生としてあまりやる気はなかったが「レディ・ダイアナのようなレディになりたい」、「レディ・ジュエルになれたら、みんなを笑顔にできる素敵なレディになりたい」と少しずつ目標を作り、レディ候補生として頑張るようになる。
単純でお調子者なところがあるが、頑張り屋で心優しい性格。困っている人を放っておけない所があり、時折牽制してくるリリアンすら応援したり、手助けしたがるため、リリアンに「お人好し、お節介」と称された。カイエンとは適性検査以来仲が悪かったが、プリンスとして努力したり優しくしてくれるところなど認めており、彼のことが好きになる。以後、ロイヤルパレスへ転校したカイエンの背中を追いかけるために、レディ候補生として更なる高みを目指すことを決意した。ホットドッグが好き。
本人自身は謎の声によりルビーに適当に連れて来られたため、正式なプチ・レディでないことを気付いておらず、24話でミウラとの話しにより知らされるも、26話でそのことが明らかに知ってしまいルビーを失望したことがあるが、後に和解しレディ・ダイアナからの置き手紙により正式なプチ・レディとして認められた。
リリアン
声 - 種田梨沙
完璧なレディ候補生で、スタイル抜群の少女。パートナーはルーア。如何なる課題を完璧にこなす最有力な候補生。プリンス候補生であるカイエンに誰よりも好意を抱いており、登場当初はももなや他のレディ候補生たちが彼と一緒になることに険悪感を抱き、特にももなをカイエンの下から引き離すために独占しようとしていたが、彼とは兄妹であることが判明。その後、崖から落ちてしまうところをももなに助けられ改心し、友情が芽生え親しくなるが、内心ではカイエンをめぐって未だももなをライバル視しているようである(但し、嫉妬している訳ではなく、ももながカイエンにとって相応しいレディであることが本人自身を認めさせることに疑問を抱いている)。課題でロメオやソアラやレビンなど、他のプリンスともペアになった際も厭わずに行っており、彼らとも仲がいい。自らキングを指名するためレディ・ジュエルにならなければと覚悟を決めている。
パートナーのルーアとの関係は良好である反面、徐々に都合の良い価値観を押し付けられていくようになった事から、彼女にとって自分が何なのか不安を抱く様になっている。
カイエンがロイヤルパレスへ転校した後にプリンスとして復帰してきたミウラに対しては、当初はレディを冷やかす態度から避けていたが、やがて考えを改め少しずつミウラにも好感を持つようになる。そして、彼の内面に触れていくにつれて、徐々にお互いを意識し、惹かれ合っていく事になるが、ルーアからは快く思われておらず、自身の知らない所で妨害されている。また、自分がルーアの思い通りにならない苛立ちから、彼女に対する態度も次第に高圧的なものへと変わっていき、遂にルーアは「リリアンに友達は要らない」と横暴さまで見せられた事から、「私はルーアの人形じゃない」と拒絶するが、やがて人形の件で彼女の想いがルーアに通じて和解する。
ある課題の際に旧館でオルゴールを発見し、それを聞いている間に少しずつ過去を振り返るも自分自身を悩み戸惑ようになるが、原因は明らかになっておらず、後にミウラに解析してもらうよう手渡している。
みずき
声 - 仙台エリ
クールなレディ候補生で、男勝りな少女。パートナーはガーネット。女の子らしくすることが苦手で男の子のような格好でいたり、いじめっ子から女子を守ったりしていたが、少女らしい格好するのが凄く恥ずかしがる一面も持つ。プリンス候補生に強がりや負け嫌いな発言も多い。行動力があって頼りがいがあるため他のレディ候補生たちから人気が高く、お姫様だっこのプリンス代役では、人気NO.1のロメオを越すかと思えるほどの人気だった。課題でソアラと組むことが多く、お互いに好感を持ち合い親しくなる。
幼少のころ、別荘近くの森で迷子になった自分を救ってくれた「仮面をつけた白馬のレディ」に憧れ、彼女のような素敵でかっこいいレディになりたいと思うようになり、レディ候補生になった。虫が大の苦手。
かろん
声 - 下村実生(フェアリーズ
文化系で冷静なレディ候補生。パートナーはサフィー。将来は小説家になることで、文章を書くのが得意。根暗な少女に見えるが、しっかり者。引っ込み思案なところもある。初めのころは何かをする前に諦めていたが、現在は迷いながらも前に進むようになった。ももなやみずきとは仲が良い。えりすという姉がいる。
初めは候補生になってほしいというサフィーの誘いを無理だという断り続けていたが、えりすとの昔話でかつて自分が恋愛小説家になる前に絵本に出てくる素敵なヒロインになりたかったことを思い出し、ショーウインドウに飾ってあったドレスが似合うレディになって素敵に輝けるかサフィーに訊ね、後にレディ候補生になった。当初はレビンにはまったく気がなかったが課題で彼と組むことが多く、お互いに好感を持ち合い親しくなる。現在のところ仲が良く、レビンから愛称で「かろかろ」と呼ばれるようになる。

プリンス候補生[編集]

レディジュエルを支える『キング』の候補生。

カイエン
声 - 野島健児
NO.1・2を争う有力なエリート候補生。頭にキレやすく憎たらしい性格をしているが、優しいところもある。他のプチ・レディからは人気で、ももなには一番手を焼いているが、彼女に興味を示している。好意を抱いているかどうかはまだ明らかになっていない。リリアンの兄であることが判明。一人称は「オレ」。薔薇に詳しい。甘いものが嫌いだが「カイエンスペシャル」という焼いたマシュマロを使ったお菓子だけは好き。第15話よりロイヤルパレスへ転校することなる。
ロメオ
声 - 近藤隆
カイエンと匹敵する有力な候補生。誰よりも優しい性格で、区別しない公平な優しさと優雅な振る舞いが武器。カイエンとは良きライバルで、カイエンと同じく他のプチレディから人気。かつてお姫様抱っこされたいプリンスで一番人気だった。課題でカイエンと同じくらいももなと組むことが多く、現時点のプリンスでももなと最も仲がいい。一人称は「ボク」(第27話では「オレ」も使用していた)。課題をこなす際、小馬鹿にしながらもももなを意識したような発言をするカイエンをからかう発言が多いが、因縁のあるミウラが復帰して以来、彼の挑発に乗ってしまい立腹することもある。第26話では、カイエンとは異なりロイヤルパレスへ行くことすら出来ない理由があるらしいが、詳細は明らかになっていない。
ソアラ
声 - 山下誠一郎
クールで頭脳派な候補生。独自の冷静さと分析能力を武器に頂点を狙う。勉強熱心な性格で、どんなに役に立つかわからない情報でも「データは役立てるために集めるもの」としている。一人称は「私」もしくは「ボク」。常に敬語を使って話す。毎日フェンシングの練習をするのが日課。幽霊、オカルトが苦手。
レビン
声 - 沢城みゆき
マイペースな候補生。カイエンを含むプリンスの中では一番背が低い。年下系の可愛さを武器に頂点を狙う。一人称は「オレ」もしくは「ボク」。レディ候補生の中では、かろんに興味を示しており、課題で彼女と頻繁に組むことが多いが、当初は自分に感心していないことにショックを受けていたが、その後かろんも考えを改め少しずつ互いに好感を持ち合うようになる。また、彼女の小説作りに貢献したりかろんの庇うために自らレクターやブートにより謹慎を受けるなど、他人思いの一面も持つ。24話より、かろんのことを「かろかろ」と愛称で呼ぶようになる。
ミウラ
声 - KENN
カイエンが転校した直後に登場した謎の候補生。白髪の青年で、外見がカイエンと少し似ている。一人称は「オレ」。何らかの不正行為を行っていたため長期間も謹慎処分されていたが、カイエンが去ってから解放されることになり、ももな達と知り合う。挑発的でロメオとは深い因縁があり、プリンスの実績や親友であるカイエンに対する皮肉を言ったことにロメオの逆鱗に触れたり、彼よりもプチ・レディをからかう発言が多い。本人の従者であるイオタとジュエルパッドで密かに連絡を取り合いながら、ジュエルパレス内の秘密を探っている。ルーアの密告によりももなが正式なプチ・レディでないことが知らされながらも、本人自身にとっては未だももなが必要なため彼女を庇うために秘密を漏らさないよう密かにルビーに助言したりするなど優しい一面も持っており、ルーアの思惑には加担せず常に自ら行動している。後にリリアンにも「不思議な人」と称されながらも少しずつ好意を寄せられているが、彼女が発見したオルゴールを本人に解析してもらうよう手渡される。

レディ[編集]

レディ・ジュエル
声 - 平野綾
女王的で指導教官の頂点に立つ存在で、ジュエルランドで一番素敵な女王のこと。
レディ・ダイアナ
声 - 豊崎愛生
ももなの従兄の花嫁で、彼女が持つマジカルレターペンの前の持ち主。同じ名前を持つジュエルペットのダイアナとは無関係。
レディ・レクター
声 - 沢城みゆき
メガネをかけた婦人的な指導教官。ジュエルパレスの館長で、レディの中のレディ。
レディ・ブート
声 - 沢城みゆき
軍人的な指導教官。黒髪長髪で、左目の下に二重線のマークがある。課題ではプチ・レディ達に「イエス、マム」と呼ばれる。別名「レディ・コンダクター」。みずきが幼少のころ、別荘近くの森で迷子になっていたところを救った「仮面をつけた白馬のレディ」だと思われるが、まだ明らかになっていない。

主要人物関係者[編集]

ももなのパパ
声 - 上田燿司
短髪でメガネをかけている。可愛いレディになったももなに会える日を楽しみにしているとももなを送り出した。
ももなのママ
声 - 茅野愛衣
茶髪長髪を一つに結っている。ももながレディ候補生になったことに驚いたが、素敵な夢を見つけられたようで嬉しいとももなを送り出した。
アルト
声 - 木島隆一
ももなの従兄(いとこ)で、憧れの人。名前は第33話より判明。ももなとは仲良しで、彼女から「お兄ちゃん」と呼ばれてた。レディ・ダイアナの夫。
カイエンの母
カイエンの母親で、少年時代の回想シーンのみ登場。
えりす
声 - 中村繪里子
かろんの姉。肩まで伸びた茶髪で左右にリボンを結んでいる。かろんとは対照的に明るく社交的な性格らしく、人前に出ないと自分のようなレディになれないぞ、とかろんにパーティに出ないか誘いに来た。かろんの部屋にあった古い絵本を見つけた際にした思い出話で、かろんが昔は物語に出てくる素敵なヒロインになりたかったことを思い出させるきっかけを作った。
イオタ
声 - 不明(現在のところ、EDテロップでは「???」としか表記されていない)
ミウラに仕えるジュエルパッドの中の従者で、主人ミウラの相棒でもある。

その他の人物[編集]

謎の影
密かに、ももなを避け、リリアンを優先にトップ・オブ・レディにさせようとするルーアの悪行を思い通りに悪用する謎の影。本作の黒幕だが、プリンス候補生であるのかは不明。
カレー王子
声 - 斉藤壮馬
第27話に登場。ターバンにアラビア風の服装をした青年。ルーアにより謎の鍵(キー)で、ミウラの作ったカレーから誕生させたが、謎の影の手により怪物と化されレディ達を無差別に襲ったが、リリアンとミウラの調理により元のカレーに戻っていった。 
エレナ
声 - 高橋美佳子
第29話より登場。カイエンがロイヤルパレスで知り合った謎のレディ候補生。
館長
声 - 上田燿司
第31話に登場。ももなとミウラがキノコ狩りの途中に訪れたオルゴール博物館(ミュージアム)の館長。そこには、リリアンが旧館で発見したオルゴールと同じ物が置いてあり、「永遠の誓い」として記念に置かれた若き頃のダイアナとアルト(ももなの従兄)の写真が飾られていた。 

アイテム[編集]

マジカルレターペン
レディ候補生の証。 手紙にペンを当てることでメッセージを読んだり、パラソルに形を変えることができる。
マジカルレターペンは候補生の修業が終わると次の候補生に受け継がれる形になっており、ももなの持っているレターペンの前の持ち主はレディ・ダイアナ。持っている人間によって色が違う。色はどれも薄めの色で、ももな=ピンク、みずき=緑、かろん=青、リリアン=紫。
ジュエルポッドプレミアム ハート
第5世代のジュエルポッド
前レディ候補生から、次のレディ候補生に向けられたメッセージを読み込んだり、ドレスや課題に必要な服装に変身したり、ジュエルステージなどに移動する際など様々な用途で使われる。メールや電話といった機能以外にも曲を聞いたりと多数の機能がある。マジカルレターペンと同じく持ち主によって色が異なる。色はレターペンと同じ。
レディ候補生とメンターはジュエルポッドの機能である「ジュエルメッセンジャー」を使えば、例え圏外の場所であろうとダイレクトでつながる。ただし、ジュエルポッドが破損している場合はエラーとなって連絡がとれない。
ジュエルパッド
タブレット型のアイテム。人物のデータなど様々な情報が掲載されているほか、解像度が低い写真を綺麗にすることもできる。正式なレディ候補生の証としてメンターであるペットがレディパレス開校時にレディ・レクターから授かることになっているが、ももなを適当に選んだルビーはもらっていなかった。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

前作『ハッピネス』と同様にSONIC GROOVEより発売。エンディングテーマは『ハッピネス』の第4クールオープニングが引き続き使用される[2]

オープニング「Your Love」
作詞 - Satomi / 作曲・編曲 - Todd Wright、Ethan Mentzer、Dana Alexandra / 歌 - Mスリー(SONIC GROOVE)
エンディング「Run With U
作詞 - Satomi / 作曲 - LASSE HANSEN / 編曲 - KAZ / 歌 - フェアリーズ(SONIC GROOVE)

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル シナリオ 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 放送日
第1話 レディのたしなみレディ・ゴー! 高橋ナツコ 川崎逸朗 山本天志 中野彰子
矢澤泰史
南伸一郎
谷津美弥子 2014年
4月5日
第2話 レディたるものステキにお食事! 金杉弘子 宇根信也 飯田清貴
加藤荘
中野彰子
宮川知子
4月12日
第3話 舞台の上で輝けレディ! 高橋ナツコ 山本天志 関田修 福山貴人
九鬼朱
4月19日
第4話 お姫様だっこはレディのたしなみ 横谷昌宏 関野関十 一川孝久
福地和浩
谷津美弥子
宮川知子
4月26日
第5話 レディたるものロマンティックな一夜を 金杉弘子 大原実 村上貴之 中谷友紀子 中野彰子
宮川知子
5月3日
第6話 レディたるもの星を手に入れよ! 稲垣隆行 萩原露光 鶴田愛
鈴木光
谷津美弥子
宮川知子
5月10日
第7話 ステキなメールはレディのたしなみ 山口宏 大原実 山本天志 南伸一郎
福山貴人
中野彰子
宮川知子
5月17日
第8話 レディのハートを射抜け! ハラダサヤカ 石踊宏 加藤壮 谷津美弥子
宮川知子
5月24日
第9話 ステキなレディ・アナウンサー 千葉克彦 山本天志 浅見松雄 九鬼朱
福山貴人
八尋裕子
中西彩
宮川知子
5月31日
第10話 パラソルはレディのたしなみ 高橋ナツコ 川崎逸朗 宇根信也 一川孝久
むらせまいこ
谷津美弥子
宮川知子
6月7日
第11話 レディポリスはドキドキがいっぱい 横谷昌宏 藤本義孝 村上貴之 中谷友紀子 中野彰子
宮川知子
6月14日
第12話 赤ちゃんに好かれるのはレディのたしなみ 武上純希 関野関十 鈴木光
鶴田愛
谷津美弥子
宮川知子
6月21日
第13話 アフターヌーンティはレディのたしなみ 金杉弘子 山本天志 伊部由起子 中川彰子
宮川知子
6月28日
第14話 レディは自撮りも華麗に 千葉克彦 石踊宏 加藤壮 谷津美弥子
宮川知子
7月5日
第15話 笑顔でさよなら ハラダサヤカ 川崎逸朗 浅見松雄 九鬼朱
福山貴人
中野彰子
宮川知子
7月12日
第16話 読書はレディのたしなみ 山口宏 森脇真琴 宇根信也 一川孝久
むらせまいこ
谷津美弥子
宮川知子
7月19日
第17話 人助けはレディのたしなみ 高橋ナツコ 藤本義孝 浅見松雄 山村俊了
佐藤哲也
中野彰子
宮川知子
7月26日
第18話 レディファーストはプリンスのたしなみ 横谷昌宏 稲垣隆行 萩原露光 鶴田愛
鈴木光
谷津美弥子
宮川知子
8月2日
第19話 お化け屋敷もレディのたしなみ 武上純希 山本天志 佐土原武之 南伸一郎
中野彰子
中野彰子
宮川知子
8月9日
第20話 アルバム作りはレディのたしなみ 千葉克彦 石踊宏 加藤壮 谷津美弥子
宮川知子
8月16日
第21話 レディたるものフェスティバルの花に 金杉弘子 大原実 浅見松雄 九鬼朱
山村俊了
中野彰子
宮川知子
8月23日
第22話 レディは一期一会でおもてなし 高橋ナツコ 川崎逸朗 宇根信也 高橋敦子
むらせまいこ
谷津美弥子
宮川知子
8月30日
第23話 ヒミツを守るのはレディのたしなみ 藤本義孝 山内東生雄 桜井木の実
福山貴人
藤田正幸
中野彰子
宮川知子
9月6日
第24話 コロコロはレディのたしなみ 山口宏 阿部雅司 鈴木光 谷津美弥子
宮川知子
9月13日
第25話 スマイルランチはレディのたしなみ 荒川稔久 大原実 浅見松雄 南伸一郎
中野彰子
中野彰子
宮川知子
9月20日
第26話 NOと言えるレディ ハラダサヤカ 川崎逸朗 徐恵眞 加藤壮 中野圭哉
宮川知子
9月27日
第27話 カレーのプリンスさまっ! 横谷昌宏 こでらかつゆき 関田修 九鬼朱
山村俊了
木下由美子
中野彰子
宮川知子
10月4日
第28話 レディのサンバカーニバル 金杉弘子 稲垣隆行 宇根信也 鶴田愛
本田辰雄
中野圭哉
宮川知子
10月11日
第29話 お散歩はレディのたしなみ 武上純希 大原実 浅見松雄 佐野陽子
福山貴人
佐藤哲也
林隆洋
中野彰子
宮川知子
10月18日
第30話 レディのハロウィンパーティー 高橋ナツコ 石踊宏 鈴木光
むらせまいこ
中野圭哉
宮川知子
10月25日
第31話 プリンスのキノコ鍋 千葉克彦 村上貴之 五十内裕輔
渡辺奈月
藤崎真吾
谷津美弥子
宮川知子
11月1日
第32話 レディたるものジュエルパワーを味方に 金杉弘子 名村英敏 徐恵眞 加藤壮 中野圭哉
宮川知子
11月8日
第33話 大人のデートはドキドキ 横谷昌宏 山本天志[3] 黒川あゆみ
洪範錫
谷津美弥子
宮川知子
11月15日
第34話 流行りのドレスを着こなすレディ ハラダサヤカ 福田道生 宇根信也 鶴田愛
本田辰雄
中野圭哉
宮川知子
11月22日

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 遅れ日数
大阪府 テレビ大阪[4] 2014年4月5日 - 土曜 7:00 - 7:30 テレビ東京系列 2時間30分先行
関東広域圏 テレビ東京 土曜 9:30 - 10:00 製作局
北海道 テレビ北海道 2014年4月6日 - 日曜 7:00 - 7:30 [5]
愛知県 テレビ愛知
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
滋賀県 びわ湖放送 2014年5月18日 - 日曜 5:55 - 6:25 独立局 43日遅れ
和歌山県 テレビ和歌山 2014年7月16日 - 水曜 7:30 - 8:00 3か月遅れ

脚注[編集]

  1. ^ アニメ「レディ ジュエルペット」4月5日(土)スタート!
  2. ^ a b レディ ジュエルペット「レディのたしなみレディ・ゴー!」
  3. ^ 本放送ではテロップミスにより、「絵コンテ:川崎逸朗」と表示されてしまった。https://twitter.com/itsuro_k/status/533424241081720832
  4. ^ FIFAワールドカップの中継のため11話が放送休止。翌週に11話、12話放送(6:30-7:30)
  5. ^ 1日遅れだったが、6月22日にFIFA中継で休止。以降8日遅れで放送。テレビ愛知は遅れ分を8月30日土曜7:00-7:30の枠で放送、TVHも9月15日8:00-8:30の枠で放送。

外部リンク[編集]

テレビ東京 土曜9:30枠
前番組 番組名 次番組
ジュエルペット ハッピネス
(2013年4月6日 - 2014年3月29日)
レディ ジュエルペット
(2014年4月5日 - )
-