ジュエルペット 〜キラキラ魔法の宝石箱〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュエルペット
〜キラキラ魔法の宝石箱〜
ジャンル アクションパズル,
トレーディングカード
対応機種 アーケードゲーム
開発元 セガ
発売元 セガ
人数 1人
稼働時期 2009年10月27日 - 2011年11月
テンプレートを表示

ジュエルペット 〜キラキラ魔法の宝石箱〜』(ジュエルペット キラキラまほうのほうせきばこ)は、セガが開発した日本トレーディングカードアーケードゲーム2009年平成21年)10月27日に稼動を開始し[1]2011年(平成23年)11月を以て稼動を終了した。

概要[編集]

1990年にセガが発売した落ち物パズルコラムス』をベースに、サンリオセガトイズが共同開発したキャラクタージュエルペットをデザインしたトレーディングカードの収集要素を組み合わせている。2010年(平成23年)7月より稼動しているサンリオキャラクターを起用したエクサムの競合機種『ハローキティとまほうのエプロン 〜サンリオキャラクター大集合!〜』では本タイトルとの兼ね合いよりジュエルペットのキャラクターが登場していなかったが、本タイトルの稼動終了を受けて2011年12月の『まほうのエプロン』第6弾以降ではジュエルペットのキャラクターも同作に登場するようになっている。

バージョン[編集]

雑誌付録やイベント限定のプロモーションカードは除く。

  • 第1弾
全33枚(ノーマル24/レア6/スーパーレア3)
  • 第2弾:エアリーマジック☆コレクション
全39枚(レア33/スーパーレア6)‥スーパーレア6枚は1枚スキャンで3キャラクター分に相当。

ゲームのルール[編集]

基本的なルールはコラムス#基本ルールも参照。

開始時にカードが1枚排出され、プレイヤーはカードを受け取った後に手持ちのカードを含めた1〜3枚のカードをスキャンする。毎回ランダムで決定される「ラッキージュエル」と同じタイプのカードをスキャンすると5段階の宝石パワーが高くなり、魔宝石のドロップ確率が高くなる。ジュエルはマジカルレッド(ハート型)・マジカルブルー(しずく型)・マジカルグリーン(六角形)・マジカルブラック(ダイヤモンド型)の4種類で縦・横・斜めのいずれかに3個以上並べると消滅する。稀に落ちて来る魔宝石は真下のジュエルと同じタイプの石を画面内から全て消滅させる。

ジュエルが最上段のラインまで積みあがるとゲームオーバーだが『コラムス』のようなエンドレスタイプではなく、画面右上のゲージ(マジカルジュエル)が満杯になるとステージクリア。成績に応じて次のステージが決定し、ラストステージをクリアするのが目的となっている。1プレイの平均時間は5分。

脚注[編集]

  1. ^ “『ジュエルペット』のアーケードカードゲームが本日稼働開始!”. 電撃オンライン (アスキー・メディアワークス). (2009年10月27日). http://news.dengeki.com/elem/000/000/206/206823/ 2012年10月4日閲覧。 

外部リンク[編集]