茂垣弘道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

茂垣 弘道(もがき ひろみち)は、日本のアニメーションプロデューサースタジオコメットの代表取締役である。

経歴[編集]

アニメーション制作会社(現在は映画製作会社)のナック(現:ICHI)にて『チャージマン研!』・『ドン・チャック物語』(第2期)・『星の王子さま プチ・プランス』などのプロデュースを手掛け、ナック退社後の1980年、同じくアニメ制作会社土田プロダクションに移籍。同プロでは制作担当として『がんばれゴンベ』・『おじゃまんが山田くん』などの制作に携り、プロデューサーとしては『まんがことわざ事典』・『まんが日本史』・『さすがの猿飛』(放送当時はNASの役員も兼務しており、本作には同社所属のプロデューサーとして関わった。)・『らんぽう』などの制作に関与した。

1986年1月に土田プロダクションを退社し独立、スタジオコメットを設立した。設立以来、現在(2013年)まで25年以上に渡り同スタジオの代表取締役を務め、役員・従業員らを取り纏める傍ら『ついでにとんちんかん』・『ドラゴンクエスト』・『ツヨシしっかりしなさい』・『水色時代』・『ビックリマン2000』・『Dr.リンにきいてみて!』・『おねがいマイメロディ』・『ジュエルペット』など、数々のテレビアニメのプロデュース・企画にも携っている。

携わった作品[編集]

ナックでの担当作品[編集]

土田プロダクションでの担当作品[編集]

スタジオコメットでのプロデュース作品[編集]

その他[編集]

外部リンク[編集]