メノウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メノウ
アルゼンチンの縞瑪瑙; 横幅9.5cm
分類 酸化鉱物 石英種(Quartz variety)
化学式 SiO2 二酸化ケイ素
結晶系 三方晶形 微晶質(Rhombohedral Microcrystalline)
晶癖 潜晶質 二酸化ケイ素(Cryptocrystalline silica)
へき開 なし
断口 非常に鋭い貝殻状.
モース硬度 6.5–7
光沢 ガラスや樹脂光沢
無色(内包物により多彩な色を現す)
条痕 白色
透明度 半透明から不透明
比重 2.58–2.64
屈折率 1.530–1.540
複屈折 up to +0.004 (B-G)
多色性 なし
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示
アメリカ、ニューメキシコ州のサンダーエッグ
ハンガリー、マトラ山脈のモスアゲート
インド、ケン川のデンドリティックアゲート
アメリカ、オレゴン州のプルームアゲート
アメリカ、オレゴン海岸のセージナイトアゲート
アメリカ、オレゴン州のチューブアゲート
アメリカ、オレゴン州のイリスアゲート
メノウを含む地層がある地域では小石状のもの(水磨礫)を川原や海岸などで拾うことができる

メノウ(瑪瑙、碼碯、agateアゲートアゲット)は、状の玉髄の一種で、オパール(蛋白石)、石英、玉髄が、層状に岩石の空洞中に沈殿してできた、鉱物変種である。

成分・種類[編集]

縞瑪瑙(しまめのう、Banded agate
タマネギのように同心状に縞が成長したもの、平行に縞が成長したもの、レースのカーテンのように縞が成長したものなど、様々な縞瑪瑙が存在する。
オニキス(onyx、オニックス)
縞瑪瑙の中でも平行な縞状模様があるもの。蛋白石質と石英質の部分が交互に配列するため、縞状に見え、黒色白色がきれいに層状になっているものは、古くからカメオ細工の材料として用いられている。縞を生かしたデザインにされる場合と、単色部分のみを用いたデザインにされる場合がある。単に縞瑪瑙とも呼ばれる。
サードニクス(sardonyx、サードニックス)
オニキスの一種で、縞目が紅色と白色に彩られていて美しいもの。8月誕生石とされている。紅縞瑪瑙とも呼ばれる。
サンダーエッグ(雷の卵、Thunderegg
メノウや蛋白石、碧玉が満たされた、流紋岩等のノジュール(団塊)。アメリカのオレゴン州の先住民の伝説に由来している。アメリカのオレゴンとニューメキシコ州やドイツのザクセン州で産出したものが有名。
雨花石(うかせき、Rain flower pebble、ユーファストーン)
南京近郊の川で採れるカラフルな模様石(主にメノウや碧玉)で、磨かなくともそのままの状態で美しい。かつて南京の雨花台で採れたことに由来している。乾燥時は白っぽいが、水に濡らすと透明感や色の鮮やかさが増す。
錦石(にしきいし、Nishiki stone
青森県津軽地方で採れる、メノウや碧玉、珪化木などの磨くとツヤの出る美しい色彩の石。どのような石か、明確に定義されているわけではない。
苔瑪瑙(こけめのう、Moss agate、モスアゲート)
緑泥石や鉄やマンガンの酸化物の内包により、緑や赤色等の状の模様が現れたもの。インドやハンガリーのマトラ山脈で産出したものが有名。
樹枝瑪瑙(Dendritic agate、デンドリティックアゲート)
鉄やマンガンの酸化物の内包により、黒や赤色等のシダ状の模様が現れたもの。石の中に0.何ミリという薄さで模様が入っているため、薄くカットされアクセサリー用に加工される。マダガスカルやインドのケン川で産出したものが有名。
羽毛瑪瑙(うもうめのう、Plume agate、プルームアゲート)
鉄やマンガンの酸化物の内包により、黒や赤色等の羽毛や草花状の模様が現れたもの。樹枝瑪瑙とは異なり、模様にボリュームがある。アメリカのテキサス、オレゴン、カリフォルニア州で産出したものが有名。
針入り瑪瑙(はりいりめのう、Sagenite agate、セージナイトアゲート)
針鉄鉱や沸石、輝安鉱等の針状鉱物の内包により、針状の模様が現れたもの。模様だけを残し、メノウに置換しているもの(仮晶)も多い。アメリカのカリフォルニア州ニポモで産出したものが有名。
チューブアゲート(Tube agate
針状に伸びた針状鉱物や霰石、鉄やマンガンの酸化物を芯に、周囲を玉髄が覆い管状の模様が現れたもの。
虹瑪瑙(にじめのう、Iris agate、イリスアゲート)
稀に透明度の高い縞瑪瑙の中に、薄くスライスして強い光を当てると虹が現れるものがある(細かい縞が回折格子の役割を果たすため) 。ギリシア神話に登場する虹の女神イリス(Iris)に由来している。ブラジル、アメリカ、アルゼンチンやメキシコでの産出が確認されている。
ファイアーアゲート(Fire agate
葡萄状の玉髄を多層の薄膜状褐鉄鉱が覆うことにより、虹が現れたもの。メキシコとアメリカのアリゾナ州での産出が確認されている。人工的に処理された虹の無い赤いメノウ、クラブファイアーアゲート(スパイダーウェブ・カーネリアン)がよくファイアーアゲートの名で流通しているが、まったくの別物である。
水入りメノウ
空洞中に液体の水が含まれるもの。中に含まれる水は、メノウが形成されたときの岩漿水であると言われることが多いが、必ずしもそうとは限らない。中の水は、多孔質の構造を通して蒸発しやすく、逆に長時間水中に浸けることで、人為的に水を入れることもできる。

産出地[編集]

メノウはありふれた鉱物で、世界各地で産する。特にメキシコアルゼンチンなどの南米や、ドイツオーストラリアボツワナポーランドチェコイギリススコットランドのものはカラフルで、世界中のコレクターの間で人気がある。日本では青森県石川県富山県北海道などで産し、七宝のひとつに数えられている。

性質・特徴[編集]

主成分は SiO2二酸化ケイ素)。比重は2.62-2.64、モース硬度は6.5-7。隠微晶質であるため、肉眼では結晶を認めることができず、非晶質のように見える。

中心部にすき間を残していることがしばしばあり、まれに液体気体がそのすき間に存在することもある。

用途・加工法[編集]

メノウは、玉髄とともに、各種の彫刻材料として使われており、硬度が高いのを利用して、化学用の乳鉢天秤支点灰皿置時計火打石と、様々なものに用いられている。また、円形加工皮革の艶出し用のローラー素材として使われている。

ジュエリー数珠に使われることも多い。最近は、を開けた球状の縞瑪瑙に、ゴムを通し、ブレスレットペンダントなどのアクセサリーとしても使われる。

多孔質であるため、人工的に染色が可能である。

サイド・ストーリー[編集]

瑪瑙の名前は、石の外観がに似ているためつけられた[1]英語agate は、ギリシャ語achates に由来し、これはイタリアシチリア島の同名の川(Acate、現名はディリッロ川)でこの石がとられていたためである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 木下亀城小川留太郎 『標準原色図鑑全集 第6巻 岩石鉱物』 保育社1967年、75頁。ISBN 4-586-32006-0

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]