クリソプレーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリソプレーズの原石
クリソプレーズ

クリソプレーズchrysoprase または chrysophrase)は、宝石の名前。緑玉髄(りょくぎょくずい)ともいう。玉髄(カルセドニー、繊維状の石英)の一種である。

産出地[編集]

クリソプレーズのよく知られた産地としては、オーストラリアクイーンズランド州西オーストラリア州ドイツポーランドロシアアメリカ合衆国アリゾナ州カリフォルニア州、他にブラジルが挙げられる。

クリソプレーズは、ニッケルを含んだ蛇紋岩や他の超塩基性岩が、激しく風化したりラテライト化したりするところから生じる。オーストラリアの鉱床では、クリソプレーズは、菱苦土鉱(マグネサイト)の豊富な腐食岩石が、二酸化ケイ素の下になったところで、茶色針鉄鉱や他の酸化鉄と共に、鉱脈や小塊となって生じる。

性質・特徴[編集]

モース硬度は6ないし7であり、劈開性を持つ。

クリソプレーズは隠微晶質英語版であり、非常に微細な結晶からなるため、通常の倍率では、はっきりした微分子として観察し得ない。この点において、クリソプレーズは、紫水晶(アメジスト)や黄水晶(シトリン)など、その他の水晶類と性格を異にする。これらの水晶類は基本的に透明であるが、六角の水晶の結晶からなることが容易に観察できるのである。他に隠微晶質を持つ玉髄には、瑪瑙カーネリアンオニキスがある。

多くの不透明な水晶類とは異なり、クリソプレーズを価値あるものとするのは、模様の出かたよりむしろそのである。その色は、通常は黄緑色だが、深緑色のものもある。エメラルドの美しい緑色クロムを含有するためであるが、クリソプレーズの色はエメラルドとは異なり、その構造に含まれる微量のニッケルによるものである。

用途・加工法[編集]

流通量の不足とその美しい緑色から、クリソプレーズは最も高価な水晶類の1つに数えられる。より品質の高いものは、しばしば硬玉と間違われる。

カボション・カットジュエリーに使用するため、滑らかな丸いドーム状に磨く宝石のカットの一種)にすると、良質の紫水晶と同じくらいの価値を持つ。

サイド・ストーリー[編集]

chrysoprase は、ギリシア語chrysos)と prason西洋ねぎ)という単語からきている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]