カーネリアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
手芸用に穴のあいたカーネリアン

カーネリアンcarnelian)は、鉱物の一種で、玉髄(カルセドニー)の中で赤色橙色をしており、網目模様がないもの。紅玉髄(べにぎょくずい)ともいう。ちなみに、網目模様があるものを瑪瑙と呼ぶ。

産出地[編集]

主な原産地はインドグジャラート州)、ブラジル等。

性質・特徴[編集]

化学式は SiO2二酸化ケイ素)。モース硬度で 6.5 - 7。比重は 2.61。

用途・加工法[編集]

他の玉髄などと同様、工芸品彫刻の材料、印鑑印章アクセサリー等に使用されている。

サイド・ストーリー[編集]

インダス文明ドーラビーラ)は、この鉱物を材料とするビーズを加工して繁栄をきわめたことで知られる。

カーネリアンはパワーストーンとしても有名で、活力を与える鉱物とされている。ナポレオンマホメットもこれで印章を作らせている。

ルビーと同じく7月誕生石とされており、4月27日誕生日石ともされている。

石言葉は、勇気友情連帯喜び落ち着き精神バランスなど。

carnelianは、ラテン語で「肉」を意味する carnis に由来するといわれている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]