菱苦土鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
菱苦土石
菱苦土石
分類 炭酸塩鉱物
化学式 MgCO3
結晶系 三方晶系
へき開 あり
モース硬度 4
光沢 ガラス光沢
無色、白色
条痕 白色
比重 3.0
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

菱苦土石(りょうくどせき、magnesite、マグネサイト)は、鉱物(炭酸塩鉱物)の一種。菱苦土鉱(りょうくどこう)ともいう。方解石グループに属する。

組成は炭酸マグネシウム(MgCO3)で、菱鉄鉱(FeCO3)との間では連続固溶体を形成する。三方晶系。純粋なものは透明か白だが、不純物を含み色のついているものもある。比重3.0。モース硬度3.5-4.5。

用途・加工法[編集]

ハウライトと混同されて売られていることがある。現在流通しているハウライトのビーズなどの多くはマグネサイトである。またトルコ石ラピスラズリの代用品として、染めて使われることが多い石でもある。

ブロイネル石[編集]

を少し含む亜種をブロイネル石(breunnerite)という。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]