スティショバイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スティショバイト
分類 酸化鉱物(ケイ酸鉱物)
シュツルンツ分類 4.DA.40
Dana Classification 4.4.1.9
化学式 SiO2
結晶系 正方晶系
モース硬度 7.5 - 8
文献 [1][2]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

スティショバイトstishoviteスティショフ石)は、鉱物の一種。化学組成は SiO2二酸化ケイ素)、結晶系正方晶系

名前は、ロシア鉱物学者 Sergey M. Stishov にちなむ。

性質・特徴[編集]

石英を含んだ岩石への超高速度隕石衝突の影響によって、非常に高い衝撃圧(100kbar = 10GPa)と高温(1,200℃)で形成される、二酸化ケイ素の結晶形の一つ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Stishovite, MinDat.org, http://www.mindat.org/show.php?id=3790 2012年3月31日閲覧。  (英語)
  2. ^ Stishovite, WebMineral.com, http://webmineral.com/data/Stishovite.shtml 2012年3月31日閲覧。  (英語)

参考文献[編集]

関連項目[編集]