超硬度材料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

超硬度材料とは金属の切断や切削などに用いられる非常に硬度の高い物質の総称。代表的な物質にダイヤモンドが挙げられる。[1]

硬度[編集]

超硬度材料の物質としてダイヤモンド立方晶窒化ホウ素などが挙げられる。ナノテクノロジーの進歩によりダイヤモンド以上の硬さの物質も発見されている。また、立方晶窒化炭素も理論上はダイヤモンドより硬い物質と考えられている。 それぞれの物質の硬さは以下の通り。

超硬度材料の硬度表[2][3][4][5]
物質名 ハイパーダイヤモンド ロンズデーライト ダイヤモンド 超硬度ナノチューブ 立方晶窒化ホウ素
硬さ (GPa) 350-260 152(理論値) 150-70 150-62 62

脚注[編集]

  1. ^ R. H. Wentorf, R. C. DeVries, and F. P. Bundy "Sintered Superhard Materials" Science 208 (1980) 873
  2. ^ V. L. Solozhenko et al. (2009). “Ultimate Metastable Solubility of Boron in Diamond: Synthesis of Superhard Diamondlike BC5”. Phys. Rev. Lett. 102: 015506. doi:10.1103/PhysRevLett.102.015506. 
  3. ^ Pan, Zicheng; Sun, Hong; Zhang, Yi; and Chen, Changfeng (2009). “Harder than Diamond: Superior Indentation Strength of Wurtzite BN and Lonsdaleite”. Physical Review Letters (102): 055503. doi:10.1103/PhysRevLett.102.055503. Lay summary – Physorg.com (12-02-2009). 
  4. ^ V. Blank et al. "Ultrahard and superhard phases of fullerite C60: comparison with diamond on hardness and wear" Diamond and Related Materials 7 (1998) 427 free download
  5. ^ M. Popov et al. (2002). “Superhard phase composed of single-wall carbon nanotubes” (free download PDF). Phys. Rev. B 65: 033408. doi:10.1103/PhysRevB.65.033408. http://www.ssl.physics.ncsu.edu/publication/browse/getFileAction?fileref=2003-02-27+12:53:01&dbfilename=2002-PRB65-033408.pdf. 

関連項目[編集]