蒸発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

蒸発(じょうはつ、英語:evaporation)とは、液体の表面から気化が起こる現象のことである。

概要[編集]

液体状態の原子あるいは分子が十分なエネルギーを得て気体の状態になる過程である。化学プロセスにおいては、混合溶液から溶剤を気化させ、溶質濃縮、または結晶析出する操作のこともいう。普通は、固体の場合は昇華と呼んで区別する。液体からの蒸発は沸点以下の温度で起こり、蒸気圧飽和蒸気圧になるまで続き、そこで液相平衡に達する。温度が沸点に達すると、液体内部からも気化(沸騰)が起こる。ちなみに、蒸発に際して、物質は周囲から潜熱蒸発熱、または気化熱ともいう)を吸収する。液体の表面張力に打ち勝つ熱運動エネルギーを持つ分子は蒸発することができる。言い換えると、蒸発する分子は液体表面への付着についての仕事関数を超える力学的エネルギーをもっている。したがって蒸発は液体の温度が高かったり、表面張力が低かったりするほど早く進行する。蒸発に関与、その系のエントロピーは増大しており、相変化に伴ってエネルギーの流入が必要とされる。このことは、蒸発によるエントロピー変化(ΔSevaporation)は常に正の値を持つ。

その他の用法[編集]

人に関して[編集]

液体で可視物として存在していたものが気体という不可視のものになってしまうことから転じて、人が突然行方不明になって(失踪して)しまうことにも「蒸発」を用いる。1970年代には約9,000名もの蒸発者が生じ[1]、社会問題にもなった。

交通に関して[編集]

夜間トンネル内など、辺りが暗い場所を自動車で通行していると、自分の車と対向車との前照灯の光が重なる場所に歩行者などがいた場合、運転席からその歩行者を全く確認できない(蒸発したかのように突然見えなくなってしまう)ことがある。これを「蒸発現象」と呼ぶ。特に対向車が前照灯を点けたまま連なって停車渋滞など)している場合や、横断歩道手前で対向車が停車している場合、この現象により歩行者などを見落としていないか、よく注意して走行しなければならない。場合によっては減速、一時停止を行う必要がある。

ブラックホール[編集]

スティーヴン・ホーキングは、ブラックホールがエネルギーを放射(ホーキング放射)し、最終的にはすべてを放出して消滅してしまうという理論を提唱した。このようにして、ブラックホールがすべてのエネルギーを失って消滅することも「蒸発」と呼ばれる。

脚注[編集]

  1. ^ 昭和49年 警察白書”. 警察庁. 2014年2月1日閲覧。

関連項目[編集]