輝安鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
輝安鉱
Stibnite.jpg
カーネギー自然史博物館に展示される輝安鉱
分類 硫化鉱物
化学式 Sb2S3
結晶系 斜方晶系
モース硬度 2
光沢 金属光沢
鉛灰色
条痕 鉛灰色
比重 4.6
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

輝安鉱(きあんこう、stibnite[1]、スティブナイト)は、アンチモナイト(antimonite)とも呼ばれる鉱物(硫化鉱物)。組成式 Sb2S3 で表される。斜方晶系に属し、モース硬度は2である。希少な金属であるアンチモンの最も重要な鉱石鉱物である。

産出[編集]

主に熱水鉱床において産する。一般的に鉱床は小さく、大きなものはまれである。

世界の主要な産地はカナダアメリカメキシコのオクサカ、ペルー中国ルーマニアのバイアスプリーとヘリア、、アルジェリアボルネオ(カリマンタン)、ドイツのハルツ山地、ロシアのネルチンスク、ボリビアのポトシ、チェコのプリプラム、カナダのニューブルンスイックなど。特に、中国湖南省では多く産出していて、鉱物標本も多く出回っている。アメリカ合衆国ではアーカンソー州アイダホ州ネバダ州カリフォルニア州アラスカ州に見られる。

日本の愛媛県市之川鉱山(現在は閉山)では、かつて大型で美麗な輝安鉱結晶が産出したことで有名であり、明治時代には多くの標本が海外に流出した。現在でも国内外の博物館に展示されている。この他に、山口県鹿野鉱山愛知県津具鉱山(津具金山)などが産地として有名である。

脚注[編集]

  1. ^ ラテン語の stibium に由来する。(ロナルド・ルイス・ボネウィッツ著、青木正博訳 『ROCK and GEM 岩石と宝石の大図鑑』 誠文堂新光社 2007年 136ページ)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]