染色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

染色(せんしょく)とは、など繊維質に色素吸着結合させることである。

染め方で大きくは浸染系と捺染系に分けられる。

生物学の研究技術としての染色は染色 (生物学)を参照。

種類[編集]

0 Monschau, Marktplatz - Le Teinturier.JPG
  • 染色補正(しみ落とし・汚れ落とし・繊維医者)
  • 浸染系(無地染め)
    • 糸染
    • 反染
    • 製品染
  • 引染系(無地染めおよび柄染め)
    • 反染
  • 捺染系(柄染め)
    • 直接捺染
    • 抜染
    • 防染
    予め紋様を表す部分に糊や蝋を付けておき、その部分に色が染まるのを防ぐことによって紋様を表す手法。

関連項目[編集]