菫青石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
菫青石
流紋岩中の菫青石
流紋岩中の菫青石(イタリア産)
分類 ケイ酸塩鉱物
シュツルンツ分類 9.CJ.10
Dana Classification 61.2.1.1
化学式 Mg2Al3(AlSi5O18)
結晶系 斜方晶系
へき開 なし
モース硬度 7
光沢 ガラス光沢
灰青色青緑色
条痕 白色
比重 2.6
文献 [1][2][3]
主な変種
桜石 分解して白雲母緑泥石に変化したもの
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

菫青石(きんせいせき、cordierite[4])はケイ酸塩鉱物の一種。化学組成は Mg2Al3(AlSi5O18)。結晶系斜方晶系

産出地[編集]

高温低圧型の広域変成岩接触変成岩、特に泥岩を起源とするホルンフェルスに見られるほか、花崗岩にも含まれることがある。

性質・特徴[編集]

モース硬度は7。多色性が非常に強く、観察する角度によって群青色から淡い枯草色に変わる。このことからダイクロアイトdichroite[5])の別名もある。

桜石[編集]

菫青石の六角柱状結晶が分解すると、その形を残したまま白雲母緑泥石に変化する(仮晶)。そして岩石が風化すると結晶が分離し、その断面が花びらのように見えることから桜石cerasite[6])とよばれる。

京都府亀岡市薭田野町の「薭田野の菫青石仮晶」は国の天然記念物に指定されている(1922年指定)。

アイオライト[編集]

アイオライト

宝石としてはアイオライトiolite[7]菫青色)とよばれる。色は名のとおり青みを帯びた菫色で、サファイアに似ていることからウォーターサファイアwater sapphire)ともよばれる。

主にスリランカミャンマーインドマダガスカルなどで採掘される。インドのものがおそらく一番サイズが大きく、価格も安いと思われる。これは単に産出量が多いからであろう。スリランカのものは薄い青色であったり、無色であったりして、希少石の扱いをうける。ただし価格は大して高くはない。スリランカではかえって、濃い青色のものが希少である。

特殊効果としてはキャッツアイスターがある。前者はスリランカとインド、後者はインドが有名である。

石言葉は「初めての愛・徳望・誠実・心の安定・癒し・不安の解消」など。8月10日の誕生日石かつ、サファイア、ラピスラズリと共に9月の誕生石

サイド・ストーリー[編集]

英名のコーディアライト(コーディエライト[8]cordierite)は、フランス地質学者ルイ・コルディエ(1777 - 1861)の名に由来している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「おもな鉱物」『理科年表 平成20年』 国立天文台編、丸善2007年、644頁。ISBN 978-4-621-07902-7
  2. ^ Cordierite, MinDat.org, http://www.mindat.org/show.php?id=1128 2013年1月19日閲覧。  (英語)
  3. ^ Cordierite, WebMineral.com, http://webmineral.com/data/Cordierite.shtml 2013年1月19日閲覧。  (英語)
  4. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、73頁。ISBN 4-8181-8401-2
  5. ^ Dichroite, MinDat.org, http://www.mindat.org/show.php?id=5121 2013年1月19日閲覧。  (英語)
  6. ^ Cerasite (of Kikuchi), MinDat.org, http://www.mindat.org/show.php?id=5125 2013年1月19日閲覧。  (英語)
  7. ^ Iolite, MinDat.org, http://www.mindat.org/show.php?id=5119 2013年1月19日閲覧。  (英語)
  8. ^ 「コージライト」、「コージェライト」とも表記される。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]