菱マンガン鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
菱マンガン鉱
Rhodochrosite with Quartz
石英を伴う菱マンガン鉱(コロラド州産)
分類 炭酸塩鉱物
シュツルンツ分類 5.AB.05
Dana Classification 14.1.1.4
化学式 MnCO3
結晶系 三方晶系
単位格子 a = 4.777Å、c = 15.67Å
へき開 三方向に完全
断口 不規則 - 貝殻状
モース硬度 4
光沢 ガラス光沢
灰色紅色
条痕 白色
比重 3.7
光学性 一軸性
屈折率 nω = 1.814 - 1.816、nε = 1.596 - 1.598
複屈折 δ = 0.218
文献 [1][2][3]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示
熱水鉱床中の硫化鉱物を伴う菱マンガン鉱(北海道八雲鉱山産)
手芸用に丸く削られたもの

菱マンガン鉱(りょうまんがんこう、rhodochrosite[4])は、鉱物炭酸塩鉱物)の一種。化学組成は MnCO3炭酸マンガン(II))、結晶系三方晶系。不透明なピンク色の方解石グループの鉱物。1813年に発見された[2]

産出地[編集]

日本では、秋田県尾去沢鉱山などに産する[5]

変成を受けたマンガン鉱床でばら輝石を初めとする様々なマンガン鉱物を伴って産する。その他、熱水鉱床では閃亜鉛鉱方鉛鉱黄鉄鉱重晶石などを伴って産する。

性質・特徴[編集]

方解石(CaCO3)、菱鉄鉱(FeCO3)との間では、固溶体を形成する。ピンク色から赤褐色で、透明から半透明劈開は完全。比重は3.6。モース硬度は3.5 - 4。屈折率は、ω1.816、ε1.597。

用途・加工法[編集]

マンガン鉱石鉱物

ピンク色が美しいことから宝飾に用いられることも多いが、硬度が低いため、厳密な意味では宝石にはならない(半貴石)。宝飾品としてはロードクロサイトインカローズという商品名で扱われる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国立天文台編 『理科年表 平成20年』 丸善2007年、641頁。ISBN 978-4-621-07902-7
  2. ^ a b Rhodochrosite, MinDat.org, http://www.mindat.org/show.php?id=3406 2011年11月6日閲覧。  (英語)
  3. ^ Rhodochrosite, WebMineral.com, http://webmineral.com/data/Rhodochrosite.shtml 2011年11月6日閲覧。  (英語)
  4. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、114頁。ISBN 4-8181-8401-2
  5. ^ 松原聰宮脇律郎 『日本産鉱物型録』 東海大学出版会国立科学博物館叢書〉、2006年、108頁。ISBN 978-4-486-03157-4

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]