ときめきメモリアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ときめきメモリアル
ジャンル 恋愛シミュレーション
対応機種 PCエンジン[PCE]
PlayStation[PS]
スーパーファミコン[SFC]
セガサターン[SS]
Windows 95[Win]
ゲームボーイ[GB]
PlayStation Portable[PSP]
ゲームアーカイブスPS3/PSP)[GA]
iアプリ[i]
EZアプリ[EZ]
S!アプリ[S]
ウィルコムW-ZERO3シリーズ専用[W]
開発元 PCE:コナミ
PS:コナミコンピュータエンタテインメント東京
SFC:コナミコンピュータエンタテインメント大阪
SS:コナミコンピュータエンタテインメント東京
Win:コナミコンピュータゲームズ青山
GB:コナミコンピュータエンタテインメント神戸
PSP:コナミ・テンキー
GA:コナミデジタルエンタテインメント
i:コナミ
EZ:コナミ
S:コナミ
W:コナミデジタルエンタテインメント
発売元 コナミ
人数 1人
メディア CD-ROM[PCE/PS/SS/Win]
ROMカートリッジ[SFC/GB]
UMD[PSP]
ダウンロード販売[GA]
発売日 PCE:1994年5月27日
PS:1995年10月13日
SFC:1996年2月9日
SS:1996年7月19日
Win:1997年12月4日
GB:1999年2月11日
PSP:2006年3月9日
GA:2009年11月11日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)[PSP/GA]
その他 本項中では必要に応じてプラットフォーム別に上記略称を用いる。
テンプレートを表示

ときめきメモリアル』は、1994年5月27日に、コナミからPCエンジンSUPER CD-ROM²向けに発売された、恋愛シミュレーションゲーム。なお、2006年3月31日持株会社化に伴い、版権はコナミデジタルエンタテインメントに移っている。

略称は、一般的に「ときメモ」として知られているが、コナミの公式な略称は「ときめき」とされている。これは当初「ときめき」を正式タイトルにする方向だったことから来ており、商標が取得できなかったため、改題された。ただ、『ONLINE』のCMなどでは公式でも「ときメモ」の略称が用いられることもある。キャラクターデザインは、小倉雅史(こくら雅史)。

目次

概要[編集]

本作は日本の家庭用一般ゲームにまだ「恋愛シミュレーションゲーム」「恋愛ゲーム」という物が定着してなかった頃に販売されたゲームであり、この作品が大ヒットしたことによりそういったジャンルが流行し増加していくようになった。

PCエンジン版
コナミのPCエンジン最後のタイトルで、PCエンジンに『出たな!!ツインビー』や『グラディウスII -GOFERの野望-』を移植したスタッフによって蓄積された技術の粋が注ぎ込まれた作品である。いわゆる「美少女ゲーム」が多くのハードコアなゲームユーザーから軽視されていた時期のため、前評判は決して高いものではなかった。
しかしPCエンジン専門誌2誌でのレビューの高評価と、発売前にNifty Serveに書き込まれたレビュワー自身のレビューがパソコン通信(主にNifty ServeとPC-VAN)で話題となり、PCエンジン末期のソフトとしては爆発的な人気を呼ぶ。
だが94年はPCエンジン市場自体が末期で急速に先細りしていく状況で、元々コナミ側でこのゲームをさほど重視していなかったために生産量が少なかったこと、さらに当時のゲーム流通の不備故に売り切れが続発。プレミアム価格が付くなどの騒動を巻き起こし、第4版まで再発売が繰り返された。再発されるたびにバグの改善等の細かな修正が加えられていった。なお、バージョンはパッケージ裏の記号表記で確認できる。
PlayStation版以降
PCエンジン版の人気により当時次世代機と呼ばれていたPlayStation1995年10月13日、『ときめきメモリアル 〜forever with you〜』と改題し発売された。人気ながらも品薄状態が続いていたPCエンジン版や興味はあったがPCエンジンを持っていなかったユーザーの渇望もあり、大ヒットする。
それ以降、スーパーファミコンセガサターンWindows 95ゲームボーイの各機種で発売され各機種の合計で延べ100万本以上を売り上げコンシューマーゲーム機でのギャルゲーブームの立役者となり、家庭用の男性向け恋愛シミュレーションゲーム市場を開拓したと評された。
2006年3月9日にPlayStation版を元にしたPlayStation Portableへの移植版が発売された。
関連商品
本作の大ヒットにより、関連ゲームソフト・書籍・CDOVA・キャラクターグッズ・フィギュアなどが多数コナミから販売された。またコナミ以外からも、各キャラクターのガレージキットなどが多数リリースされた。コナミは本作とそのキャラを前面に押し出し、コナミのブランドイメージをも変えた作品となった。
本作の関連商品におけるコナミの売上は100億円を突破し[1]、「キャラクター商品の売り上げが、ゲームソフト自体を上回った最初のもの」とされている[2]
シリーズ化
シリーズは次の世代に受け継がれ、1999年11月25日にキャスト・スタッフ等を一新した『ときめきメモリアル2』がPlayStation、2001年12月20日に一般層へのアプローチを試みた『ときめきメモリアル3 〜約束のあの場所で〜』がPlayStation 2でそれぞれ発売された。
その後もゲーマー以外へのアプローチを模索し、2002年6月20日に女性プレイヤー向けの『ときめきメモリアル Girl's Side』がPlayStation 2で発売し、2006年3月23日にはコミュニケーションを重視したオンラインゲームとしてゲーム内容を改めた『ときめきメモリアルONLINE』がWindows向けにサービスを開始した。『Girl's Side』は発売がきっかけで女性向け恋愛ゲームの市場が開拓され、シリーズ化されたが、『ONLINE』は2007年7月31日をもってサービス終了となった。
2009年12月3日に男性向け恋愛シミュレーションゲームとしては約8年ぶりの新作となる『ときめきメモリアル4』がPlayStation Portableで発売された。
モバイル版
携帯電話PHSコンテンツとしても、DoCoMo向け(iアプリ)・au向け(EZアプリ)・SoftBank向け(S!アプリ)にて配信中。WILLCOM向け(Javaアプリケーション)はW-ZERO3(WS003SH/WS004SH)専用で配信されていたが2009年3月31日にサービス終了となった。

ゲーム内容[編集]

このゲームの主人公(プレイヤー)は架空の私立高校「きらめき高校」に入学した男子生徒である。主人公は、「卒業式の日に、校庭のはずれにある樹(伝説の樹)の下での女の子からの告白で生まれたカップルは永遠に幸せになる」というきらめき高校の伝説を聞く。

勉強、スポーツ部活動などに取り組み主人公の能力値を高め、幼なじみで憧れのヒロイン・藤崎詩織の理想に近付け、さらにはデートを重ねて親しくなり卒業式の日に伝説の樹の下で彼女からの告白を受けることが目的である。

『ときめきメモリアル 〜forever with you〜』の起動後一定時間操作がないと始まるオープニングムービーでは藤崎詩織のナレーションで始まり、オープニングテーマが流れる。

登場キャラクター[編集]

テーマソング[編集]

オープニングテーマ
『ときめき』:作詞 - SANOPPI、作曲 - メタルユーキ、歌 - 金月真美
PCエンジン版発売当初からの、1コーラスのみのバージョン。『ときめきメモリアル対戦ぱずるだま』や『ときめきメモリアル対戦とっかえだま』ではイントロからAメロディ前の間奏までで、その後の間奏部分でヒロイン達によるタイトルコールが入るバージョンである。
『ときめきメモリアル対戦ぱずるだま』アーケード版はPCエンジン版のアレンジに近いが、PS版やSS版では『もっと!モット!ときめき』同じアレンジである。また、アーケード版とPS版やSS版ではタイトルコール部分のアレンジが異なっている。なお、この『対戦ぱずるだま』バージョンはアーケード版だけだがサントラ盤で聞ける。
『もっと!モット!ときめき』:作詞 - SANOPPI&2番を作らなくちゃね!実行委員会、作曲 - メタルユーキ、歌 - 金月真美
『ときめき』をベースに若干のアレンジと歌詞に2番・リフレインが追加されたバージョン。1994年11月3日発売のアルバム『CDドラマ ときめきメモリアル パート2 featuring 藤崎詩織』に収録されているものが初出であり、後に金月のファーストシングルとしてシングルカットされている。ドラマシリーズのVoL.2『彩のラブソング』とVol.3『旅立ちの詩』とOVA版では、根岸貴幸のアレンジのバージョンが使われている。後に発表される『2』や『3』、『OnlyLove』でも、'99(編曲 - 岩崎元是)や2001(編曲 - 米光亮)、OnlyLove(編曲 - m-takeshi)といった別アレンジバージョンが野田順子神田朱未牧島有希、それぞれの歌唱で発表されている。
4』ではメインヒロインの星川真希がナレーションを務めるオープニングムービーで、本曲のサビ部分がメロディとして流れている。
エンディングテーマ
『二人の時』:作詞 - ときめき作詞実行委員会、作曲 - メタルユーキ、歌 - 金月真美
「伝説の樹」の下で女の子から告白された場合のエンディング。
後にたっぴーアレンジによる『二人の時〜forever〜』が作られPlayStation版のゲームサントラに収められた後、ゲームサントラ収録版からオープニングとエンディングの歓声を省いたバージョンがシングル『もっと!モット!ときめき』のカップリングに収録される。
『もっと恋しよう』:作詞・作曲 - 長沢ゆりか、歌 - 金月真美
主人公からの告白が成功した場合のエンディング。セガサターン版のみ。
『女々しい野郎どものテーマ』:作曲 - メタルユーキ
PCエンジン版のバッドエンディングテーマ。下記『女々しい野郎どもの詩』の原曲だが、キーが異なる。
『女々しい野郎どもの詩(うた)』:作詞 - IGA、作曲 - メタルユーキ、歌 - 上田祐司(現・うえだゆうじ
PlayStation版発売時に制作された同版以降のバッドエンディングテーマで、上記『女々しい野郎どものテーマ』に歌詞と主人公の友人である早乙女好雄役の上田祐司によるボーカルを加えたバージョン。「めめやろ」の略称・通称がある。セガサターン版では誰からも告白されなかった時に加え自ら告白して失敗した時のエンディングもこの曲となる。なお、好雄に彼女を紹介されるイベントが発生した場合はカラオケバージョンとなる。後に、2番とリフレインを追加したバージョンがシングル発売されている。
挿入歌
『恋はほどほどに〜過ちを2度繰り返さないために』:作詞 - 大内正徳、作曲 - シタール妹尾、歌 - 川口雅代
ゲーム内のデートでカラオケに行った時に発生するイベントで片桐彩子がフルコーラス歌う曲。PlayStation版から登場した。
備考
金月のセカンドシングルになった『告白』は元々伝説の樹の下での女の子から告白シーンで使う為に製作されたが、あるスタッフの「告白シーンに歌物はどうか?」と言う指摘からゲーム用のインストバージョンが作られた。ドラマCDでは使われている。

各機種版の特徴[編集]

オリジナルとなるPCエンジン版との相違点を中心に、後に発表された各機種向け移植版の特徴を示す。

PlayStation版『ときめきメモリアル 〜forever with you〜』[編集]

1995年10月13日発売のPS版ではハードウェア性能のアップに伴いグラフィック・サウンドの大幅強化が図られ、ユーザーインターフェイスの改善が図られている。また、新規描き下ろしの人物・イベントグラフィックも多数追加された反面、PS審査基準に合わせて露出が抑えられたグラフィックもある。タイトルロゴデザインも若干変更されている。パラメータ成否にアルゴリズムが採用されているが、周期設定にバグ(主人公の誕生日が特定の期間を除いて、周期が本来の1/2となる)が存在するためコマンドの失敗率が高く、他機種より難易度が若干高くなっている。

2009年11月11日からゲームアーカイブスPS3PSP)で配信開始された。

スーパーファミコン版『ときめきメモリアル 伝説の樹の下で』[編集]

1996年2月9日発売。任天堂ゲーム機初であり、現時点ではシリーズで唯一の任天堂の据え置き型機である。PCエンジン版をベースにアレンジを加えている。キャラクターごとにミニゲームが用意され攻略の過程で条件を満たすことでプレイすることができ、その結果により相手の好感度が上がる。また、キャラクターの表情がオリジナル版よりもマイルドに描き換えられる。

一方、ROMカートリッジの容量の都合上、台詞の音声データは削除される。その補完として一部の台詞では感情に合わせてフォントが変化するほか、ヒロイン総登場のミニドラマと本作品エンディングテーマ「二人の時」のオールキャスト版を収録したシングルCDが同梱される。ゲームスタート時にデータロードが完了して本編が始まる際、前回のプレイで最も好感度の高かったキャラクターの短い台詞の音声が流れる。これはSFC版において唯一女の子の声を聞ける機会である。PS版までのBGMはハ長調の曲が多かったが、SFC版では様々な調性にアレンジされており、全体的に色彩感豊かな音楽に仕上がっている。

ニンテンドウパワーで2007年2月まで入手可能だった(任天堂への直接申し込みのみ)。また、このSFC版をWindowsに移植したものが「i-revo」(アイレボ)によるゲーム配信サービス「i-revoゲーム」によって配信されるアナウンスがされていたが、 配信されないまま、サービスは終了している。

セガサターン版『ときめきメモリアル 〜forever with you〜』[編集]

1996年7月19日発売のセガサターン版では卒業式が終わった後、意中の女の子に直接告白できるイベントが追加された。この要素はセガサターン版以外では導入されていないが、PCエンジン版メインプログラマーの永山は「伝説の樹を設定した時点で、男子から告白するという概念が存在し得なかった。サターン版はサービスのようなもの」という証言をしている。なお、相手から毛嫌いされている状態であえて告白したときに聞ける主人公を振る際の台詞は非常に容赦のないもので、ゲーム内でクリア後に聞ける声優のコメントでも「ここまで言わなくてもいいのに」とまで言われている。

また一部のキャラクターに追加イベントが設定されたほか、ユーザーインターフェイスの改善など快適なプレイに重点を置いたチューンアップが施されている。

Windows 95版『ときめきメモリアル 〜forever with you〜』[編集]

1997年12月4日発売のWindows版では、PS版をベースにグラフィックの高解像度化・BGMにMIDI音源が利用できることなどPC用に特化したチューンアップが施された。

Windows版はゲーム中の台詞を翻訳した上で中国では「心跳回憶」、台湾では「純愛手札」のタイトルで発売された(華義国際発売)。このほか、韓国語版も存在する。

ゲームボーイ版『ときめきメモリアルPOCKET』[編集]

1999年2月11日に発売されたゲームボーイ版でありシリーズ初の携帯機ソフト。ゲームボーイカラーでのカラー表示にも対応している。文化系クラブとその関連ヒロインが登場する『カルチャー編 ~木漏れ日のメロディ~』と、運動系クラブとその関連ヒロインが登場する『スポーツ編 ~校庭のフォトグラフ~』の2本が同時発売された。

移植のベースはPS版だが、容量の関係上ヒロインがソフト単体では全員登場しない。その代わり、本作だけで登場するオリジナルヒロインが追加されている(ときめきメモリアルPOCKETに登場する人物を参照のこと)。また、藤崎詩織の幼年期のエピソードなどオリジナルの追加イベントやオリジナルのオープニングデモが用意されている。 ミニゲームではbeatmaniaを2曲(文化祭でのみプレイできるDJ BATTLEも含めると3曲)プレイ可能である。部活動に関してはカルチャー編では文化系クラブのみ、スポーツ編では運動系クラブのみにしか入部できない。

スポーツ編とカルチャー編に分けて登場キャラを割り振っていることにより、スポーツ編とカルチャー編では攻略難易度のバランスが異なる。また、カルチャー編では攻略の仕方によっては、ゲーム中に遭遇するRPG戦闘(修学旅行・不良戦・番長戦等)イベントの全てを体験することが可能である。

また他のシリーズにはない特徴として、ユーザー同士で行う通信があり、ベストカップル対戦・対戦ビートマニア・スクリーンセーバーのキャラ交換がある。特にベストカップル対戦はユーザー同士でキャラの相性を競うもので、違うバージョン同士でも対戦できるが、両方のバージョンに登場するキャラのみでの対戦となる。なお、勝負の判定はクリア時のパラメーター等で左右される。また、一つのヒロインで負け続けると対戦不可能になり、最初からそのヒロインを攻略し直す必要がある。

ゲームボーイカラーと互換性を持つ全てのゲームボーイシリーズでプレイできるが、ゲームボーイアドバンス以降の機種でプレイすると、一部の音声が出力されない互換性上の問題がある。

なお、本作品は初代PCE版と同じく、8ビットゲーム機でリリースされた作品である。

PlayStation Portable版『ときめきメモリアル 〜forever with you〜』[編集]

2006年3月9日発売のPSP版。『ときめきメモリアル』シリーズ10周年を突破したことを踏まえて、1995年発売のPS版の完全移植版として発表された。

しかし、あくまでも復刻版でありリメイク版ではない。1995年4月から始まるゲーム内の時間の流れ、それに伴って1990年代前半をベースとしている時代考証なども含めてPS版そのままの再現を目指している。

限定版パッケージ[編集]

ときめきメモリアルの歴史を彩ったのが、多彩な付録を同梱した限定版パッケージである。

PCエンジン版『ときめきメモリアル』[編集]

徳間書店インターメディアのPCエンジン専門誌『PC Engine FAN』の創刊7周年記念で通信販売された。

  • PCエンジン版ゲームソフト『ときめきメモリアル』(通常版と同一仕様)
  • 特製フルカラー攻略ガイドブック(B6判)
  • 藤崎詩織ポストカード(匂い付き)

PlayStation版『ときめきメモリアル 〜forever with you〜』[編集]

PS版の限定版。

  • PS版ゲームソフト『ときめきメモリアル 〜forever with you〜』(限定版専用レーベルデザイン)
  • 電子オルゴール(外箱内側に接着され、箱を開けると光に反応して告白シーンの曲が流れる)
  • PS用マウス(藤崎詩織イラスト入り)
  • マウスパッド2枚(描き下ろしイラスト入り)

セガサターン版『ときめきメモリアル 〜forever with you〜』[編集]

SS版は厳密には限定版ではなく、付録の異なるスペシャル版とデラックス版の2パッケージ併売体制をとった。

スペシャル版[編集]

  • SS版ゲームソフト『ときめきメモリアル 〜forever with you〜』(スペシャル版専用レーベルデザイン・紙製化粧箱入り)
  • パワーメモリー(SS本体に装着して使用する外部メモリーカートリッジ。エメラルドグリーンの限定カラー)
  • パワーメモリー用ラベル2枚
  • 特製バインダー(パッケージ兼用、差し替え用のジャケット付き)

デラックス版[編集]

  • SS版ゲームソフト『ときめきメモリアル 〜forever with you〜』(デラックス版専用レーベルデザイン・紙製化粧箱入り)
  • 紙製キャラクター紹介カード12枚(描き下ろしイラスト入り)
  • パワーメモリー用ラベル2枚

PlayStation Portable版『ときめきメモリアル 〜forever with you〜』[編集]

コナミデジタルエンタテインメントのオンラインストアコナミスタイルの専売商品として2000件の受注が集まることを条件に商品化計画が発表されていた。商品化判断予定日を延長して受注目標を達成し、商品化された。

  • PSP版ゲームソフト『ときめきメモリアル 〜forever with you〜』(通常版と同一仕様)
  • 新作シナリオ収録ドラマCD
  • PSP用スクリーンフィルター(覗き見防止シート)
  • PSP用収納ポーチ
  • PSP用ストラップ

このほか、本作から派生した『ときめきメモリアルドラマシリーズ Vol.3 旅立ちの詩』にも限定版が発売された。特典内容は、『ときめきメモリアルドラマシリーズ』の当該項目を参照のこと。

派生したソフト[編集]

ゲームソフト

  • ときめきメモリアル対戦ぱずるだまアーケードPSSSWin95
  • ときめきメモリアル対戦とっかえだま(PS・SS)
  • ときめきメモリアル 〜おしえてYour Heart〜(アーケード)
    • ときめきメモリアル 〜おしえてYour Heart〜 シールバージョン+(プラス)(アーケード・Win95
  • ときめきメモリアルドラマシリーズ
    • ときめきメモリアルドラマシリーズ Vol.1 虹色の青春(PS・SS)
    • ときめきメモリアルドラマシリーズ Vol.2 彩のラブソング(PS・SS)
    • ときめきメモリアルドラマシリーズ Vol.3 旅立ちの詩(PS・SS) ※SS版は限定版のみ。
  • ときめきの放課後 ねっ☆クイズしよ(PS)
  • ときめきメモリアルタイピング(WinMacハイブリッド)

ファンディスク

  • ときめきメモリアル プライベートコレクション(PS)
  • ときめきメモリアル Selection 藤崎詩織(PS・SS)
  • ときめきミュージックCD2(仮題)(PS・SS) ※発売中止。ときめきメモリアルSelectionの第2弾と推測される。

デスクトップアクセサリー

  • きらめき宝石箱(Win95・Mac)
  • うきうき弁当箱(Win95・Mac)
  • らくがき絵具箱(Win95・Mac)
  • どきどきびっくり箱(Win95)
  • ときめきメモリアルデスクトップアクセサリー 虹色の青春(Win95)
  • ときめきメモリアルデスクトップアクセサリー 彩のラブソング(Win95)

ときめきメモリアル対戦ぱずるだま[編集]

ときめきメモリアル対戦ぱずるだま
ジャンル 落ち物パズル
対応機種 アーケードゲーム[AC]
Windows 95[Win]
PlayStation[PS]
セガサターン[SS]
ゲームアーカイブスPS3/PSP)[GA]
Windows 95[Win]
開発元 AC:コナミ
PS:コナミコンピュータエンタテインメント東京
SS:コナミコンピュータエンタテインメント東京
Win:コナミコンピュータゲームズ青山
GA:コナミデジタルエンタテインメント
発売元 コナミ
人数 1人 - 2人
メディア CD-ROM[PS/SS/Win]
発売日 AC:1995年
PS:1996年9月27日
SS:1996年9月27日
Win:1996年12月27日
GA:2010年1月13日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)[GA]
その他 ゲームアーカイブス版はPSP/PSP Goでの使用時は1人プレイのみ
テンプレートを表示

アーケードで稼働していた『対戦ぱずるだま』の第2弾として『ときめきメモリアル』のキャラクターを採用し、アーケード市場に投入された作品。家庭用にはまずPS・SS版が1996年9月27日に発売され、その後Windowsに移植、1996年12月27日に発売された。開発に当たったのはPS・SS版がコナミコンピュータエンタテインメント東京、Windows版がコナミコンピュータゲームズ青山

ゲームシステムやルールなど『対戦ぱずるだま』そのものについての解説は、当該項目を参照のこと。

PS・SS版では、アーケード版での『対戦ぱずるだま』シリーズ第3弾となる『進め! 対戦ぱずるだま』のルールが採用された。なお、オプション設定でオフにも出来る。また、ステージ間のデモ画面やエンディングなどがフルボイスになるなどの主に演出面での家庭用ゲーム向けのアレンジが加えられた。また、一部キャラクターのこうげきだまパターンも若干変更され操作性もアーケード版と微妙に異なる。

一方、別の開発チームが製作したWindows版ではそれらの施策は行われずゲームパッド対応やオプション機能などを除いては演出面なども含めて徹底的にアーケード版の忠実な再現を目指して開発された。

ただし、ゲームの処理速度にハードウェアへの依存性がある。そのため発売された1996年当時のパソコンでは快適に動作したものでも10年経過した2006年時点での最新パソコンの場合、仮にOS上で動作したとしても著しく処理速度が上昇しプレイそのものが非常に困難な状況になる。

なお、PlayStation版は2010年1月13日からゲームアーカイブスで配信されている。

エンディングのスタッフロールにおいてエンディングテーマの「二人の時」の編曲者がたっぴーとクレジットされているが、彼がアレンジを担当した「二人の時~Forever~」ではたっぴーが生ドラムを演奏しているが、本作の物はドラムが打ち込みである事から本編のEDと同じ土師一雄アレンジの物である。最も曲名自体が「二人の時~Forever~」と表記されている。

英語版Wikipediaの記述はen:Tokimeki Memorial Taisen Puzzle-Damaを参照。

ときめきメモリアル対戦とっかえだま[編集]

ときめきメモリアル対戦とっかえだま
ジャンル パズルゲーム
対応機種 PlayStation[PS]
セガサターン[SS]
開発元 コナミコンピュータエンタテインメント札幌
発売元 コナミ
人数 1人 - 2人
メディア CD-ROM
発売日 PS:1997年6月19日
SS:1997年8月7日
テンプレートを表示

『対戦ぱずるだま』の派生作品として1997年に登場した。前年に登場したアーケード版『対戦とっかえだま』に続き、『とっかえだま』のコンシューマ第1弾となった作品。開発はコナミコンピュータエンタテインメント札幌。発売日はPS版が同年6月19日、SS版が同年8月7日

「はねだま」と称するプレイヤーが自由に操作できる翼のついた輪を印象づけるべく、パッケージや説明書などのキャラクターには天使のように背中に翼をつけた新バージョンのちびキャラが描かれている。ゲーム内には翼つきのちびキャラは登場しないがコスチュームはプレイモードや対戦時の場面設定によって制服・私服・水着の3種類が設定されており制服はPS版が冬服、SS版が夏服である。

  • ときめきモード - キャラクターごとに独自のストーリーが設定されていて、伊集院レイをラスボスとする6番勝負。
  • きらめきモード - 基本的にはオリジナルのアーケード版『とっかえだま』と同じ。難易度は3段階設定されている。
  • ひらめきモード - 詰め将棋のように規定回数の操作で「全部消す」「規定数以上の連鎖を発生させる」「一括で何個消す」問題が計99問設定されている。なおPS版、SS版で出題される問題はすべて異なる。

こちらも基本的なシステムやルールは『対戦とっかえだま』の項目を参照。

ときめきメモリアル 〜おしえてYour heart〜[編集]

1997年にリリースされた『ときめきメモリアル 〜forever with you〜』のアーケード版。

ゲーム内容は本編のデートシーンをクローズアップしたものになっている。サブタイトルの「おしえてYour heart」という名称どおり操作パネルの左側にはマウスほどの大きさでプレイヤーの発汗・心拍数を計測する「ときめきセンサー」が存在し、センサーの上に左手を載せてプレイする。右手側のレバーとボタンでの操作によるゲーム内の選択肢に加え、ときめきセンサーの数値が好感度の上下に影響するためゲームのクリアのためには心拍数のコントロールが必要である。プレイ終了時にはイベントのグラフィック(500種類以上)がカードとしてプリントアウトされ、コレクションアイテムとなっていた。

リリース後、プリントアウトされる物がカードではなくプリクラ風のシールになった『ときめきメモリアル 〜おしえてYour Heart〜 シールバージョン+』もリリースされた。

1998年3月26日には、『ときめきメモリアル 〜おしえてYour Heart〜 シールバージョン+』の移植版がWindows 95用として発売された。移植版は『ときめきメモリアル 〜おしえてYour heart〜』の移植版も収録されている。ときめきセンサーはプレイヤーが自分でマウスを左右に動かすことで心拍数とするシステムとなっている。

ときめきメモリアルドラマシリーズ[編集]

本編の外伝的作品となるアドベンチャーゲームで、コナミコンピュータエンタテインメントジャパンにより小島秀夫製作総指揮の下で制作された。1997年7月10に『Vol.1 虹色の青春』、1998年3月26日に『Vol.2 彩のラブソング』、1999年4月1日に『Vol.3 旅立ちの詩』が発売された。

ときめきの放課後 ねっ★クイズしよ♥[編集]

ときめきの放課後 ねっ★クイズしよ♥
ジャンル クイズゲーム
対応機種 PlayStation[PS]
ゲームアーカイブスPS3/PSP)[GA]
開発元 PS:コナミコンピュータエンタテインメント東京
GA:コナミデジタルエンタテインメント
発売元 コナミ
人数 1人
メディア CD-ROM[PS]
発売日 PS:1998年7月16日
GA:2010年2月24日
対象年齢 全年齢[PS]
CERO:A(全年齢対象)[GA]
その他 PS版のレーティングは2003年9月18日発売のPS one Books版のもの。
テンプレートを表示

1998年7月16日コナミから発売されたクイズゲーム。製作会社はコナミコンピュータエンタテインメント東京。対応機種はPlayStation。

『ときめきメモリアル』のキャラクターイラストを担当した小倉雅史、音楽を担当したメタルユーキらPCエンジン版からのメンバーが中心となって制作された。本編をクイズゲームとしてリメイクした作品で出演キャラクターも藤崎詩織をはじめ本編と同じだが、脇役だった早乙女好雄もメインキャラクターに昇格して主人公との友情エンドが用意されている。

ゲームの内容は本編同様3年間の高校生活に見立て1ステージ=1か月相当の全35のステージに挑戦し、その間12に分割されたジャンルのうちどれにどのくらい正解したかでプレイヤーに対するキャラクターの気持ちが変化する。14人のキャラクターの中で1人でも感情が最高潮になっているキャラクターがいればそのキャラクターとのハッピーエンドが見られ、それ以外ではバッドエンドになるというルール。

各ステージごとに14人のキャラクターから1人を選んでパートナーにすることができ、わからない問題はパートナーに答えてもらうことができるというのも特徴である。ただし、パートナーには得意科目・不得意科目があるので間違えることもある。

各ヒロインごとに異なる一定の条件を満たすと、ヒロインの髪型が変わる別バージョンのエンディングが見られる。これは本作と小説版の挿画でしか見られない。

本作で全キャラクターとのエンディングを見た後で「きらめき高校校歌」を聴く事ができる。同曲の合唱バージョンは本ゲームのオリジナルサントラCDに収録されている。

なお、2010年2月24日からゲームアーカイブスで配信されている。

ときめきメモリアル プライベートコレクション[編集]

ときめきメモリアル
プライベートコレクション
ジャンル ファンディスク
対応機種 PlayStation[PS]
開発元 コナミコンピュータエンタテインメント東京
発売元 コナミ
人数 1人
メディア CD-ROM[PS]
発売日 1996年4月26日
テンプレートを表示

1996年4月26日に発売。対応機種はPlayStation。

本作のキャラクターやイベントに関するクイズや占い、ゲーム雑誌に掲載されたイラストが収録されたファンディスク。クイズで3問不正解すると外井のプライベートビーチ(スキンヘッドのマッチョな兄貴達)に招待される。このプライベートビーチは5種類ある。

ときめきメモリアル Selection 藤崎詩織[編集]

ときめきメモリアル
Selection 藤崎詩織
ジャンル ファンディスク
対応機種 PlayStation[PS]
セガサターン[SS]
開発元 コナミコンピュータエンタテインメント東京
発売元 コナミ
人数 1人
メディア CD-ROM[PS/SS]
発売日 1997年3月27日
テンプレートを表示

1997年3月27日にPlayStation版、セガサターン版が同時発売。

本作のメインヒロイン・藤崎詩織を単独フィーチャーしたファンディスク。当時、バーチャルアイドル政策の一環として藤崎詩織名義で発表されたシングル2曲のビデオクリップのほか「あっち向いてホイ」などのミニゲーム、ビジュアル集、台詞集などを収録。

デスクトップアクセサリー集[編集]

1996年9月27日に、デスクトップアクセサリー集Vol.1『きらめき宝石箱』がWin95版、Mac版同時に販売され、同年12月20日にはVol.2『うきうき弁当箱』、1997年3月7日にはVol.3『らくがき絵具箱』、そして同年の8月28日にはVol.4『どきどきびっくり箱』とリリースされた。ただし『どきどきびっくり箱』はWin95版のみ。

収録されていたのは壁紙(Win95版:BMP形式、Mac版:PICT形式)、スクリーンセーバー、各キャラクターのイラストやゲーム本編のワンシーンなど。また『うきうき弁当箱』以降には各キャラクターのデスクトップマスコットと時計、カレンダーが、また『らくがき絵具箱』には本編の内容にちなんだカルタのミニゲームが追加されていた。

また『どきどきびっくり箱』には後にコナミから発売される『あいたくて… 〜your smiles in my heart〜』のプロローグ体験版や壁紙、マスコットなども収録されていた。

ただ「アクセサリー集」ではあったものの、ウィザードの起動中はデスクトップのキャプチャー(ハードコピー)ができない構造になっていた。『きらめき宝石箱』では起動中常時クリップボードを「コピー禁止」の警告画像で書き換えている。『うきうき弁当箱』以降の3作はPrintScreenキー押下によるハードコピー時のみクリップボードが「コピー禁止」の警告画像に書き換えられるように変更されている。

Windows版『〜forever with you〜』にも『きらめき宝石箱』と同様のクリップボード書き換えが実装されているが、これはクリップボードの内容を常時消去するものである。

ときめきメモリアルタイピング[編集]

2002年4月25日に『ときめきメモリアルタイピング』(Windows&Macintosh版)が株式会社アクティマインドより発売された。

ビーマニポケット ときめきメモリアル[編集]

『ときめきメモリアル』の曲で『beatmania』を遊ぶことができる液晶携帯ゲーム。ゲーム内の曲やイメージソングのインストアレンジが6曲収録されている。同じ曲の難易度別バージョンがあるため、実際に遊べるステージは9種類となる。

パチスロ ときめきメモリアル[編集]

2009年11月に、コナミの子会社・KPEより発売されたパチスロ機。

藤崎詩織・虹野沙希・館林見晴の3人が演出の中心になっており、3色のボーナス図柄にもそれぞれのキャラクターが描かれている。出玉を増やす主な手段として、3人のうちいずれかのキャラクターとデートをする演出の「ときめきタイム」が設けられている。

OVA[編集]

1999年6月17日OVA『ときめきメモリアル Vol.1』が、また同年10月8日には『Vol.2』が発売され2000年3月3日にはDVD-Video版が1・2同時にリリースされた。アニメーション制作はスタジオぴえろ(現・ぴえろ)。

このOVA版(Vol.1)において当時はまだ詳細が発表されていなかった『2』の舞台・ひびきの高校の制服を着た女子生徒が背景の雑踏の中に存在しており、1999年8月の『2』制作発表時に話題となった。

ゲームでの主人公側ではなくヒロイン側からの視点での描写が行われ(そのため主人公は後ろ姿などでしか登場しない)、彼女たちの葛藤や友情が描かれている。キャラクターデザインも大幅に変更された。

なおDVD-Video版だけの特典としてVol.1には菊池志穂(館林見晴役)、Vol.2には金月真美(藤崎詩織役)のインタビューが収録されている。

スタッフ[編集]

キャラクターCD[編集]

本作に登場するキャラクターが現実世界で歌手デビューしたことも話題を集めた。当時コナミでは藤崎詩織のことをバーチャルアイドルと称しておりそのデビューシングル『教えてMr.Sky』は発売から1ヶ月で10万枚[3]を売り上げ、『教えてMr.Sky』と初アルバム『My Sweet Valentine』は合計で約20万枚[4]を売り上げた。また『My Sweet Valentine』はオリコン初登場9位を記録した。

藤崎詩織

  • シングル
    • 教えてMr.Sky(1996年12月5日)
    • 終わらないメモリー(1997年9月26日)
    • もう一度キスしよう(1998年3月4日)
    • Say Hello!(1998年5月22日) ※「栗林みえ with 藤崎詩織」名義
    • 幸せのイメージ(1999年3月5日) - ときめきメモリアルドラマシリーズVol.3 主題歌
    • いっしょにいたいから(1999年11月3日)
  • アルバム
    • My Sweet Valentine(1997年2月14日)
    • Memories(1997年11月6日)
    • 風の扉(1999年4月2日)
    • forever with you(1999年12月3日) - ベストアルバム

虹野沙希

  • シングル
  • アルバム
    • over the rainbow(1997年9月26日)
    • 虹のリトグラフ(1998年10月9日)

館林見晴

  • シングル
    • もしも私が天使だったら(1997年11月21日)
  • アルバム

片桐彩子

朝日奈夕子

  • アルバム
    • Hero(1998年9月4日)

早乙女好雄

  • アルバム
    • 100%の自分(1998年12月4日)

古式ゆかり

Go! Go! パラメータ[編集]

『over the rainbow』以降、『乙女想夢 -OTOME SOUMU-』まで(『My Sweet Days』・『100%の自分』を除く)のキャラクターアルバムに収録された一連の楽曲シリーズ。作曲 - 小倉良、編曲 - 栗尾直樹

最初に収録された、副題のつかない『Go! Go! パラメータ』は、虹野沙希役の菅原祥子が作詞した。キャラクター本人のイメージと、パラメータ嗜好という本作ならではの要素を取り入れた歌詞となっている。以後、同曲をアレンジして本人(を担当する声優)が作詞するのがキャラクターアルバムの恒例となった。

下記各キャラクターのバージョンがそれぞれのアルバムに収録されている。なお、最後の2作は「Go! Go!」の表記が全て大文字になっている。

  1. 「Go! Go! パラメータ」-『over the rainbow』
  2. 「Go! Go! パラメータ 〜Shiori〜」-『Memories』
  3. 「Go! Go! パラメータ 〜Miharu〜」-『Dream of you...』
  4. 「Go! Go! パラメータ 〜Ayako〜」-『Message』
  5. 「Go! Go! パラメータ 〜Yuko〜」-『Hero』
  6. 「GO! GO! パラメータ ver.2.0」-『虹のリトグラフ』 ※虹野バージョンの続編。作詞のクレジットが菅原でなく虹野になっている。
  7. 「GO! GO! パラメータ 〜Yukari〜」-『乙女想夢 -OTOME SOUMU-』

番外として藤崎詩織役の金月真美バージョン「Go! Go! パラメータ 〜Mami〜」が、金月のアルバム『Touch and Go』の初回特典CDシングルに収録された。

エピソード[編集]

本作について[編集]

  • PCエンジン版については、開発スタッフとして本作以前に発売されたPCエンジン版『グラディウスII -GOFERの野望-』の開発に携わった人物が多数参加している。しかし、この作品は内容面で高評価を得たにもかかわらず、実際の売り上げが期待ほど伸びずに終わったことから、本作の企画開始にあたって、「シューティングゲームはもう市場的にダメだ(売れない)。新しいものを作ろう」という意見があり、当時のコナミとしては異色であるギャルゲーの開発が始まったとされる。
  • PCエンジン版発売当時、パソコンゲームとして人気だった『同級生』『卒業』を多分に意識して作られている。既存のゲームを超えなければいけないという意識の元、『同級生』のアドベンチャーゲーム要素、『卒業』の育成要素を取り込み、当時としては他に類を見ないゲーム内容となった。
  • 開発スタッフによる藤崎詩織以外の女性キャラクターの位置づけは「(本作の目的である)藤崎詩織からの告白を邪魔するため」に用意されているようで、藤崎詩織に好かれるためのステータス条件は厳しい上、さらにこれを満たすことで多くの他の女性キャラクターのステータス条件も満たすことにもなる。そのため、藤崎詩織攻略の課程では往々にして周囲からモテモテ状態という状況になり、肝心の藤崎詩織からは告白されにくくなる状況に陥る、つまりは攻略の難度が大幅に上昇する仕掛けがなされている。
  • PCエンジン版にはおまけゲームとして「フォースギア」と「ツインビーりた〜んず」が収録されている。「フォースギア」は横スクロールのスコアアタックタイプのシューティングゲームである。「ツインビーりた〜んず」は初代『ツインビー』をモチーフにしたタイムアタックタイプのシューティングゲーム。これらには過去に開発・移植に携わった作品で本作の開発スタッフが培っていたシューティングゲームのノウハウと技術力が活かされている。
  • PCエンジン版に出演している女性声優陣には、ゲーム製作時点においてテレビアニメの分野などで「人気声優」「アイドル声優」と呼ばれていた様な人物がいない。この背景には「(特定のアニメやキャラクターの)イメージのついていない人を選びたい」という製作スタッフの意向があったとされる。
    • 例えば金月は元々は1970年代の特撮テレビ番組などへの出演歴を持つ子役出身の役者で、本作出演時点で既に長い芸歴を持つ人物ではあったものの、当時の主な仕事は各種CMのナレーションであり、川口雅代(片桐彩子役)はテレビやラジオのパーソナリティー、よしきくりん(早乙女優美役)に至ってはそれまで「声優」としての仕事の経験はほぼ皆無であった。
    • もっとも、この1994年当時は、声優のテレビゲームソフトへの出演に際して支払うギャランティーについては、声優業界の出演料の決定システムであるランク制の適用対象ではなかった。この為、テレビアニメなどで知名度の高い人気声優をゲームソフトで起用するには、ランク制が適用されている現在よりも遥かに高額の出演料を支払う必要があり、それとは別に多額の紹介料なども必要となることも珍しくないなど、費用面で様々な困難を乗り越えなければならず、これはゲーム業界では当時既に大手のコナミであっても決して容易ならざるもので、さらに大型タイトルとしての企画ではなかったPCエンジン版当時に本作が置かれていた状況ではなおさらのことであった。人気声優がPCエンジン版に起用されなかった背景には、この様な人件費などの予算面に起因する都合も無いわけではない。
  • 藤崎詩織と虹野沙希は『オリコン ウィーク The Ichiban』(現・『oricon style』)1997年7月28日号の表紙になった。
  • 「古式ゆかり」は当初「星野翔子」という名前が予定されていた。しかし、PCエンジン(SUPER CD-ROM²システム)にはJIS第一水準の漢字フォントしか搭載されていないため「翔」の字を使うことができず、名前の変更を余儀なくされた。
  • 三和出版が1996年に成人向けアンソロジーコミック『ときめきALBUM』を出したところコナミ側がいわゆるキャラクター権侵害として抗議し、翌1997年に三和側が謝罪広告を出すまでになった。なお、1998年には毎日コミュニケーションズからコナミ公認のアンソロジーコミックが発売されている。
  • よゐこ有野晋哉の冠番組『ゲームセンターCX』において有野の結婚直後に有野結婚記念の寿企画として急遽、本作に変更された(本来は『ファミコンジャンプ 英雄列伝』の挑戦だった)。『ときめきメモリアル』のヒロイン「藤崎詩織(誕生日と血液型は妻の北村祐子と同じ2月26日になっている)とのエンディングを見る」を目標に挑戦した。途中、片桐彩子らに心奪われていたが目標である藤崎詩織のエンディングを見る事に成功した。
  • 本作のファンが卒業生として参加する「きらめき高校同窓会」が行われており、2003年の模様は「ニュースの森」で取り上げられた事がある。

他作品との関連など[編集]

  • PCエンジン版ときめきメモリアルのおまけゲーム「フォースギア」は、ときめきメモリアル本編とは関係の無いストーリーだが、グラディウスシリーズの一作品となっている。また、PS版のおまけSTG「スターダストシンフォニー」でフォースギアのアレンジBGMが使われている。
  • ときめきメモリアル(本編)のセーブデータの存在によって、隠しイベントが発生するものがある。PlayStation版『メタルギアソリッド』では、主人公(プレイヤー)のソリッド・スネークがサイコ・マンティスに心の中(メモリーカードの内容)を読まれ「ときメモ好き」であることを指摘され、セガサターン版『ポリスノーツ』では「主人公(プレイヤー)ジョナサン・イングラムの出身高校に伝説の樹があった」「(ときめきメモリアルのセーブデータにおける主人公の)所属クラブに可愛い女子部員がいた」などの隠しメッセージが表示される。
  • ゲームボーイ用オムニバスソフト『コナミGBコレクション』では、デフォルメされた本作のキャラクターが収録タイトルの解説や操作説明を行う。
  • スーパーファミコン・PlayStation・セガサターン用シューティングゲーム実況おしゃべりパロディウス』には、本作の舞台・きらめき高校やその世界観をモチーフにしたステージが存在する。PlayStation・セガサターン版ではある条件を満たすことによって、当該ステージのBGMが本作のヒロイン・藤崎詩織を演じた金月がボーカルを務めるバージョンに変化する。またPlayStation・セガサターン版のサブタイトル「forever with me」は、本作の同機種版サブタイトル「forever with you」のパロディである。なお、このボーカルバージョンは「実況おしゃべりパロディウス」のサウンドトラックのほかに金月のアルバム『Touch and Go』の初回特典CDシングルにも収録されていた。
  • 実況パワフルプロ野球』シリーズのサクセスモードの初期のコンセプトが本作の野球版だった。パワプロ5ではきらめき高校が地方大会の対戦相手として登場し、パワプロ'98では伝説の樹も登場する。
  • イベントであるRPG戦闘はスクウェア・エニックスの『ファイナルファンタジーシリーズ』のパロディとみられ、演出や戦闘システムが酷似している。
  • ラブプラス』シリーズに収録されたミニゲームの対戦ぱずるだまに隠しボスとして藤崎詩織がゲスト出演している。
  • ニンテンドーDS用パズルゲーム『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』『スーパースクリブルノーツ』では、日本語版限定の追加要素として、ノートに「しおり」と書くとアイテムとして藤崎詩織が登場する。同作では同様に『ラブプラス』の高嶺愛花なども出演している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ マーチャンダイジングライツレポート1998年9月号
  2. ^ マーチャンダイジングライツレポート1998年12月号
  3. ^ 読売新聞』1997年1月30日付 大阪朝刊
  4. ^ 朝日新聞』1997年5月9日付 夕刊

関連項目[編集]

  • PCエンジンCD-ROMカプセルVol.4
    • PCエンジン版『ときめきメモリアル』の予告編が入っている。ムービー化したものが『ときめきメモリアル』の10周年特設ページにてダウンロードできた。
  • クリック&デッド NETWAYスイーパーズ
    • 『ときめきメモリアル』のその後かもしれない世界を舞台にしたオリジナルラジオドラマ。
  • コナミコマンド
    • 本作中にも使用できる箇所がある。またコマンド入力以外でも主人公の名前・あだ名の入力の際に対応する文字を入力することにより効果が得られる。
  • こなみるく
    • コナミの公式グッズショップ。本作の人気絶頂期に登場しており、主力グッズも本作や『2』のものが多い。
  • あいたくて… 〜your smiles in my heart〜
    • 『どきどきびっくり箱』のスタッフが開発した恋愛シミュレーションゲーム。
  • めぐり愛して
    • 本作の制作者の一人が制作に関わっている。
  • ブルーブレイカー
    • 本作PCE版の製作者の一人が製作に関わっている。
  • ときめきメモリアルメモリーカード事件
    • セーブデータ改竄データの頒布に関する判例となった。
  • ときめき駅
    • 本作の人気絶頂期に開業した新潟交通電車線の駅。1999年に廃駅となり、現在は旧駅近隣に路線バスの「ときめき」バス停が設けられている。福田組の開発した分譲住宅街「ときめきタウン黒埼」の最寄り駅だった。なお、福田組は近くに「きらめきタウン小新」も開発している。
  • 広田さくら
    • 元、女子プロレスラー。現役当時の同名の得意技の名の由来となっている(相手の唇を無理矢理奪う。相手がときめいている時に丸め込んで勝つのが常套パターン。参考:広田さくら公式サイト内、Sakupedia:た〜と)。
  • ブルックタウン・ハイ
    • 発売元がKDEI(コナミデジタルエンタテインメント北米法人)であり、また開発元の制作者が「コナミの『ときめきメモリアル』を元にして作った」と発言していることから「北米版『ときめきメモリアル』」の俗称がある。

外部リンク[編集]