バレンタイン・キッス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バレンタイン・キッス
国生さゆりシングル
収録アルバム Pep Talk
B面 恋はRing Ring Ring
リリース 1986年2月1日
ジャンル J-POP
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 秋元康、瀬井広明
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1986年度年間14位(オリコン)
  • 1位(ミュージック・ラボ)
  • 1位(ミュージック・リサーチ)
  • 4位(ザ・ベストテン
国生さゆり シングル 年表
バレンタイン・キッス
1986年
夏を待てない
(1986年)
テンプレートを表示

バレンタイン・キッス」は、日本の女性歌手・国生さゆりの楽曲。楽曲は秋元康により作詞、瀬井広明により作曲され、国生さゆりwithおニャン子クラブ名義でリリースされている。当時在籍していた女性アイドルグループ・おニャン子クラブからのソロデビューシングルとして1986年2月1日に発売された。

楽曲はもともと、作曲の瀬井広明が当時のCBSソニーに持ち込んだデモテープが発端である[1]。瀬井は「バンドで出したい」と所望するが、ディレクターからの回答は「曲だけ欲しい」[2]。その結果、本曲は国生さゆり(正確には白石麻子渡辺美奈代(いずれもおニャン子クラブ所属))のヴォーカルによって発売され、フジテレビ月曜ドラマランド』エンディングテーマになる。第1回 日本ゴールドディスク大賞 The Best Single Of The Yearを受賞。その、ディスクを模した盾は、現在、瀬井経営のライブバー「Living Bar FI5VE」に飾られている。

本曲はクリスマスと共に、一大年中行事と化した2月14日バレンタインデーの季節には定番の曲として知られる[3]。2000年代末〜2010年代初頭時点では、本曲に加えてPerfumeの「チョコレイト・ディスコ」がバレンタインデーの定番曲として知られる[4][5]

但し、実際にはバレンタインデーの前日となる2月13日の歌(歌詞参照)である。

秋元康は本曲以外にバレンタインソングとして、倉沢淳美の「涙のバレンタインデー」とSKE48の「チョコの奴隷」を作詞している。

エピソード[編集]

  • 1986年2月14日放送の「夕やけニャンニャン」で「明日」の部分を「今日」と歌った。これ以降も、2月14日にこの曲を歌う場合は同様に変えることがある。
  • 歌詞のサビの部分では「バレンタインデー・キッス」と繰り返されているが、曲のタイトルは「バレンタイン・キッス」である。
  • ジャケット撮影の際は、国生自身がメイクとスタイリングをしたという(2008年3月13日放送『ダウンタウンDX』より)。
  • 予約特典として、国生及びおニャン子メンバーのトークが収録されたソノシートが貰えた。
  • 2007年には、国生自身によるセルフカバー『バレンタイン・キッス 2007』が期間限定でレコ直、ソニーサイト、music.jp、オリコンモバイル他着うたフル着うた、着ムービー、PVフルで配信された。さらに、フルコーラスではないが、バレンタインデー前日となる2007年2月13日に、テレビ朝日の『ロンドンハーツ』で新バージョンが放送された。
  • 2008年1月16日に、「バレンタイン・キッス 2008」としてCD発売。2008年版の新規録音に加え、2007年版と1986年版をカップリングして収録。
    • 2008年に発売したCDジャケット写真は親友である福永恵規がプロデュースし選んだもので、このバージョンのプロデュースはバーニングの平野昌一が担当している。
    • 2008年2月14日放送の『アイドリング!!! 300回記念バレンタイン生放送スペシャル』では、国生さゆり with アイドリング!!!として「バレンタイン・キッス 2008」を歌った。また同日行われたAKB48の公演にも参加し、記者会見では「今でも現役アイドル」宣言をした。
    • 2010年2月1〜5日、8〜12日放送の『ピラメキーノ』の「ピラメキたいそう バレンタインバージョン」では国生がレギュラーであるはんにゃフルーツポンチとともにこの曲の一節を歌っている。
  • 2009年2月14日放送の『中学生日記「バレンタインの放課後」』でエンディング曲として使用された。この回のオープニングでは、国生が「バレンタイン・キッス」の歌詞を朗読している。
  • 2011年2月14日放送の『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP 今夜限定!!女だらけの豪華バレンタインSP』では、国生さゆり with 渡り廊下走り隊7としてこの曲を歌った。
  • 2012年2月13日放送の『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP バレンタイン直前特別企画!恋愛の名曲ランキングSP』では、乃木坂46とのコラボにてこの曲を歌った。

シングル収録曲[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「バレンタイン・キッス」   秋元康 瀬井広明 佐藤準  
2. 「恋はRing Ring Ring」   秋元康 中崎英也 佐藤準  

収録作品[編集]

カバー[編集]

2004年2月14日に発売された跡部景吾バージョンが初で、それに続いて翌年2月5日に忍足侑士バージョンも発売され、以降2月のバレンタインデーシーズンには、毎年1~2人の出演声優がこの曲をカバーし、シングルCDとして発売するのが恒例となっている。これらのCDジャケットは、国生版のEPジャケットを忠実に再現したものとなっている。
2014年2月5日、2004年に発売された跡部景吾バージョンから数えて連続カバー10周年になった事を記念し過去にリリースした音源をまとめたベストアルバム『バレンタイン・キッス ハッピー・バレキス・ザ・ベスト』をリリース、同作には青春学園のキャラクターでは2人目となる菊丸英二が歌うカバー音源を新録楽曲として収録。なおアルバム収録だった大石・宍戸及び同日発売の向日が歌うシングル音源は未収録となっている。
前述の跡部・忍足を含め、カバーをしたキャラクター(声優)を以下に記す。
発売年月日 キャラクター名 担当声優 備考
2004年2月14日 跡部景吾 諏訪部順一 オリコンウィークリーチャートで14位獲得。
2005年2月5日 忍足侑士 木内秀信 発売日は担当声優・木内の誕生日でもある。
2006年2月1日 跡部景吾 諏訪部順一 上記2枚は両方とも初回生産限定盤としてリリースされたが、そのために発売後すぐに完売となった店が相次いだため、同年に同じく初回生産限定盤として再リリースされた。
忍足侑士 木内秀信
2006年2月8日 宍戸 亮 楠田敏之 ソロ名義のアルバム「ZERO」の初回生産完全限定版の隠しトラックとして収録されている。コーラスも跡部や樺地のモノマネで1人で行っている。
2007年2月14日 真田弦一郎 楠大典 楠本人が「自分も歌いたい」と『テニスの王子様 オン・ザ・レイディオ』で希望した。
2007年4月25日 大石秀一郎 近藤孝行 ソロ名義のアルバム「月の軌道」のボーナストラックに収録。このシリーズにしては珍しく2月発売ではない。青春学園のキャラクターでは初。
2008年2月14日 甲斐裕次郎 中村太亮 甲斐が沖縄の中学生という設定を踏まえ、このバージョンにはメロディに三線や合の手等で沖縄風のアレンジが加えられている。
2009年2月4日 白石蔵ノ介 細谷佳正 これの2ヶ月10日後は白石の誕生日である。
2010年2月3日 日吉若 岩崎征実 新規のレコーディングでの2バージョン同時発売は初となる。
仁王雅治 増田裕生
2011年1月22日 鳳長太郎 浪川大輔 初めて1月に発売される。
福士ミチル 岸尾だいすけ
2012年2月1日 木手永四郎 新垣樽助 沖縄県の中学生という設定上、コーラスが沖縄県の名産物になっている。
2013年1月30日 佐伯虎次郎 織田優成 9年連続カバーリリース
2014年2月5日 菊丸英二 高橋広樹 ベストアルバム『バレンタイン・キッス ハッピー・バレキス・ザ・ベスト』内の新録楽曲として収録。コーラスを担当したチョコレーツは菊丸がファンと言う設定。
向日岳人 保志総一朗 10年連続カバーリリース。ベストアルバム『バレンタイン・キッス ハッピー・バレキス・ザ・ベスト』と同日発売。

渡り廊下走り隊7によるカバー[編集]

バレンタイン・キッス
渡り廊下走り隊7シングル
B面 ソミソミラシラ
初恋よ こんにちは(初回盤A)
パジャマドライブ(初回盤B)
夕陽のいじわる(通常盤)
リリース 2011年2月2日
規格 CDシングル
ジャンル J-POP
時間 3分54秒
レーベル ポニーキャニオン
作詞・作曲 秋元康(作詞)
瀬井広明(作曲)
プロデュース 秋元康
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2011年2月度月間4位(オリコン)
  • 2011年度上半期25位(オリコン)
  • 2011年度年間57位(オリコン)
渡り廊下走り隊7 シングル 年表
ギュッ
2010年
バレンタイン・キッス
(2011年)
へたっぴウィンク
(2011年)
テンプレートを表示

日本の女性アイドルグループAKB48の派生ユニット・渡り廊下走り隊7は、「バレンタイン・キッス」をカバーしている。このカバー曲は、国生がオリジナル曲を発売して25年後の2011年2月2日にユニットの7作目のシングルとしてポニーキャニオンから発売された。

多田愛佳菊地あやか仲川遥香平嶋夏海渡辺麻友の5人で活動していたユニット「渡り廊下走り隊」に岩佐美咲小森美果の2人が加わり、ユニット名を「渡り廊下走り隊7」と改めてから初のシングル曲である。

楽曲のシングルCDは2種の初回盤(それぞれA、Bと区別されている)、通常盤の計3種類がリリースされた。初回盤AおよびBにはそれぞれ収録内容の異なるDVDが付属している。CDの収録曲およびジャケットは3種類それぞれで異なっている。2種の初回盤および通常盤の初回生産分には特典としてイベント参加抽選シリアルナンバーカード、オリジナル・トレーディングカードが封入されている(オリジナル・トレーディングカードは全7種のうちランダムで1種が封入されており、CDの形態ごとの違いはない)。

キャッチコピーは、「好きな人がいても、いなくても、バレンタインデーは、お祭りだ!」。

カップリング曲「夕陽のいじわる」のPVは、『夜のヒットスタジオ』に渡辺麻友がゲスト出演している設定となっている。岩佐美咲松原夏海野中美郷小森美果がスタジオゲストとして参加、その番組を見ている渡辺の姉役として柏木由紀が声のみ参加。さらに、『夜のヒットスタジオ』のMC役として、井上順芳村真理がゲスト出演している。音組の制作。

このカバー曲はセブン&アイ・ホールディングス『2.14バレンタインキャンペーン』イメージソングに起用された。

チャート成績[編集]

初動売上は前作の倍以上の9.5万枚となりこれまでの渡り廊下走り隊関連のシングル、アルバムと共に楽曲作品としては最高売上となった。またオリコン週間チャートでは2位を記録し(1位はKAT-TUNULTIMATE WHEELS)順位、初動売り上げと共に国生さゆりのオリジナル盤に並ぶ記録となった。

シングル収録トラック[編集]

初回盤A[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「バレンタイン・キッス」   秋元康 瀬井広明 大内正徳 3:54
2. 「ソミソミラシラ」   秋元康 重永亮介 岩田雅之 4:05
3. 「初恋よ こんにちは」 (渡辺麻友多田愛佳平嶋夏海岩佐美咲) 秋元康 前山田健一 樫原伸彦 3:46
4. 「バレンタイン・キッス (Instrumental)」          
5. 「ソミソミラシラ (Instrumental)」          
6. 「初恋よ こんにちは (Instrumental)」          
DVD
# タイトル 時間
1. 「バレンタイン・キッス Music Video」    
2. 「夕陽のいじわるMusic Video」    
3. 「バレンタイン・キッス Dance Shot Version」    

初回盤B[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「バレンタイン・キッス」   秋元康 瀬井広明 大内正徳  
2. 「ソミソミラシラ」   秋元康 重永亮介 岩田雅之  
3. 「パジャマドライブ」 (渡辺麻友、仲川遥香菊地あやか小森美果) 秋元康 岡田実音 高島智明 3:55
4. 「バレンタイン・キッス (Instrumental)」          
5. 「ソミソミラシラ (Instrumental)」          
6. 「パジャマドライブ (Instrumental)」          
DVD
# タイトル 時間
1. 「バレンタイン・キッス Music Video」    
2. 「夕陽のいじわる Music Video」    
3. 「バレンタイン・キッス メイキング映像」    

通常盤[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「バレンタイン・キッス」   秋元康 瀬井広明 大内正徳  
2. 「ソミソミラシラ」   秋元康 重永亮介 岩田雅之  
3. 「夕陽のいじわる」 (渡辺麻友) 秋元康 畑野嘉男 小西貴雄 3:20
4. 「バレンタイン・キッス (Instrumental)」          
5. 「ソミソミラシラ (Instrumental)」          
6. 「夕陽のいじわる (Instrumental)」          

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]