AIBO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AIBO(ERS-7型)で遊ぶ子供

AIBO(アイボ)は、ソニー1999年から2006年にかけて発売していた子犬型などのペットロボットエンタテインメントロボット)。名称は Artificial Intelligence roBOt の略で、AI人工知能)、EYE(目、視覚)そして「相棒」 (aibou) にちなむ。

概要[編集]

AIBOは、全長約30cmの動物型ロボットである。4足歩行ができ、子犬に似た動作をし、ユーザーとのコミュニケーションを介して成長するように設計されている。 専用のメモリースティックを介して、ユーザーが自らプログラミングすることも可能である。家事を分担させるためではなく、動作させてその挙動を楽しむために供されるロボットである。

同製品の成功により、現在ではエンタテインメントロボットと呼ばれる市場も発生し、玩具メーカーや他の家電メーカーにより、様々な同用途向けの製品が発売されるきっかけとなった。 それらの中には、介護や情操教育の現場で実際に用いられているものもある。

歴史[編集]

登場[編集]

AIBOに関わるマーケットが存在していなかったため、ソニー内部でも、「ソニーはおもちゃを作る会社ではない」などの冷ややかな意見が多数派であった。プロジェクトは、当時の土井利忠常務を責任者として組織され、現場のリーダーとして、ソニーを退職しゲーム会社ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)にて要職に就いていたエンジニアを呼び戻すことによって遂行された。当初より家庭向けロボットを目標に開発、試作品発表の段階で製品化による販売を望む声も多く、開発側はヒットを確信したとも言われている。開発の経緯はNHKの『プロジェクトX』でも取り上げられた(2003年7月22日放送 第122回 「復活の日 ロボット犬にかける」)。

1999年5月に製品第1号『ERS-110』の7月発売を発表し、ソニーWebサイト(ソニーマーケティング)限定で予約を受け付ける形となった[1](2000年3月発売のPlayStation 2でもSCE公式サイトで先行予約する形態が採られている)。

定価25万円にもかかわらず、1999年6月1日の開始から僅か20分で日本向け3,000台の受注を締め切る盛況ぶりであった[2]。当時のVAIOや大型テレビジョン・WEGAと並ぶ価格であったが、ソニーファイナンスによる専用のショッピングクレジットが用意されたり、ボーナスシーズンに差しかかる時期であった事から購買意欲をかき立てられたようだ。 同年11月に、同社Web上での限定予約販売から受注生産制へ移行し、市中のソニーショップ家電量販店にもお出ましした。2000年モデルからは通常生産品となった。

終焉[編集]

ロボカップにおけるAIBO達の活躍の様子。2005年に大阪で開催された第9回世界大会より。

製品第1号『ERS-110』を1999年に発売して以降、高機能化や廉価仕様 (ERS-31L) のモデルの発売が毎年行われ、ソニーマーケティングによるデモイベント等も実施されてきたが、出井伸之会長は2004年の経営会議でロボット事業からの撤退を命令[3]、2005年に就任したストリンガーCEOによるエレクトロニクス機器部門のリストラ策として、CLIE電子辞書と共に生産終了となった[4]

AIBOそのものは製造中止になってしまったが、未だにAIBOユーザーの活動は活発に続いた。例えばAIBOブログ(So-net blog AIBOカテゴリー)では、ユーザー達によってAIBOとの生活が綴られている。

2007年度までのロボカップの四足ロボットリーグでは、AIBOのワンメイクゲームになっており、ロボットの技術的な興味だけでなくAIBOたちの活躍が大人気になっている[5]。AIBO製造中止によって公式戦への参加は難しくなったが、ロボカップ参加大学などがエキシビションとして全国各地で活動を続けている。

しかし、ペットロボットというジャンルを確立した意義は大きい。それまでにも類似の商品がなかったわけではないが(ファービーなど)、受け身ではなく自律稼働する個体として家庭に持ち込まれた「ペット」であるという点が革命的だった。また、「電気製品の日本」「ロボット大国日本」のイメージを世界に向けて強く発信したという面も功績の一つだといえる。

AIBOの「死」[編集]

ソニーによる修理対応が2014年3月末で打ち切られたため[6]、故障したAIBOの修理は困難となり、皮肉にも「死なないペットロボット」であったはずのAIBOに実質的な「死」が訪れることとなった。

ただし、ソニー元社員を中心とする有志の活動により、非公式ながら2015年現在もなおバッテリー寿命を迎えた個体などへの対応が続けられている[6][7]

2015年2月には、飼い主によってAIBOの合同葬儀が執り行われた(一種の人形供養と考えることも出来る)。これらのAIBOは、故障した他のAIBOのドナーとなるという[8]

主な機能[編集]

それぞれの製品のスペックは、それぞれのカタログ、またはメーカーのホームページから閲覧できる。また、ショップなどの展示では知ることができない動作があり、飼い主(オーナー)になって初めてAIBO機能の豊富さを知る事になる。

各種センサーを備える
視覚・聴覚・触覚(所定の部分を押された事を検知するスイッチ)を持ち、移動する物体を見分けたり、専用の玩具(ボールなど)を見分けて、じゃれ付いたり、足で蹴ったりといった、動物的な反応をしたり、飼い主の声や手を叩いた音に反応して所定の動作を行う、また頭などを触られると、様々な行動を起こすといった、周囲の環境や操作に反応を示す事が出来る。視覚は女性のスカートの中をのぞけないよう設計されている。
「機嫌」が存在する・「成長」する
感情に相当するプログラム(内蔵ソフトウェア)の働きにより、同じ操作や刺激に対して、機嫌や成長度合いに応じた反応を示す。リセットして全てのプログラムを初期化する事も可能だが、長く稼動させる間に、扱い状況に応じて、次第に「個性」が発生する。この個性により、置かれた環境の違うAIBO同士では、行動の違いも発生する。
ある程度の自律行動が可能
初期の製品では自分で充電して活動し続ける事が出来ないなどの制約もあったが、バッテリーが続く間は自分で回りの環境を判断して、興味を惹く存在に近付いてみたり、呼びかけに応じたりといった行動を行い、性格如何では活発に動き回るなどの行動も行った。かねてよりユーザーからの要望の多かった自己充電機能だが、2002年10月に発売した別売りソフトウェアセットにより実現、2003年9月に発売されたERS-7からは標準で備えるようになった。この機能では、自力で充電ステーションまで移動、勝手に充電状態になり、充電後は再び活動を行うようになっている(自己充電機能は一部機種を除く)。
追加プログラムが利用できる
内蔵されたソフトウェア以外に、メモリースティックを利用して、追加プログラムを導入する事が可能で、インターネット上からダウンロードしたり、自分で開発した専用プログラムを利用する事が出来る。ソニーのオフィシャルページでも、幾つかのプログラムが提供されており、2005年5月25日にはERS-7シリーズ用の「関西弁データ」なる物も提供されている。
アプリケーションについて
2007年1月末、ソニーは「AIBO関連のWindowsアプリケーションはWindows Vistaに対応しておらず、また今後も対応する予定がない」と発表した。(CLIEなどと同様)
2009年10月中旬には、Windows 7についても同様の発表をしている。

AIBOの種類[編集]

  • ERS-110
初代AIBO。ビーグル犬に似た外見。
1999年6月1日に最初にインターネットで限定発売された時には発売開始後わずか20分で売り切れになるなど大人気だった。グッドデザイン賞大賞受賞。
全高26.6cm,重量1.6kg,連続動作時間1.5時間,自由度(駆動部)18,価格25万円(税抜)。
初代AIBOの改良版で、初め限定モデルとして発売。シルバーと黒の2色がある。
  • ERS-210
ライオンの子供がモチーフ。ERS-110からERS-210までのデザイン原画はイラストレーターの空山基による。音声認識機能を備える。
全高28.1cm(耳は含まず),重量1.5kg,連続動作時間1.5時間,自由度(駆動部)20,価格15万円(税抜)。
オプションのIEEE 802.11b方式無線LANカードを内蔵し、AIBO-wareの一つである「AIBO Navigator 2」を用いることで遠隔操作が可能。
オプションのソフトウェア「おりこうAIBO」によって電池が切れかけると自分で充電器まで歩く自己充電機能も追加できる。この機能は松本人志のアイデアによるもの。
  • ERS-300(LATTE&MACARON)
キャッチコピーは「ココロのAIBO」。モチーフはクマイヌ。デザイン原画製作はイラストレーターの若野桂
AIBO-wareというソフトウェアを入れることによって、おっとり型の「ラッテ」とやんちゃな「マカロン」と性格の違うAIBOになる。
全高28cm,重量1.5kg,連続動作時間2.5時間,自由度(駆動部)15,価格9万8,000円(税抜)。
  • ERS-220
ヘッドライトやLEDを備えた近未来志向のデザイン。宇宙探査ロボットをコンセプトとしたデザインは河森正治によるもの。
ERS-210同様オプションの無線LANカードと「AIBO Navigator 2」を用いることで遠隔操作が可能。
全高29.6cm,重量1.5kg,連続動作時間1.5時間,自由度(駆動部)16,価格18万円(税抜)
ERS-300系の廉価モデル。モチーフはパグ犬
  • ERS-311B/312B、ERS-311B/X[11]
Bluetoothによる通信機能搭載。「AIBOハンディビューワー」でコミュニケーション可能。
ERS-210/220の改良型。内蔵CPUの処理速度の向上などが改良点で、外見上は見分けがつけにくい。本体下部に「Super Core」のロゴステッカーが貼り付けられている。
  • ERS-7
初代に丸みを持たせたようなデザインを持つ。AIBOシリーズの集大成と位置づけられている。
  • ERS-7M2
ERS-7の改良型。
ERS-7M2の改良型。blogを書く事が可能。飼い主による遠隔操作も容易にできる。
2006年3月末にAIBO本体の生産、販売が終了したため、事実上最終モデルとなった。

テレビアニメ[編集]

ピロッポ

2001年10月11日から2002年3月21日まで木曜日22:54 - 23:00にフジテレビ系で放送された、ERS-300のラッテとマカロンをキャラクター化したテレビアニメーション。全23話。アニメはERS-300と信号音で連動している。
キャスト
スタッフ
主題歌
トミーフェブラッテ、マカロンTommy february6
サブタイトル
  1. なんてことない一日
  2. ネガイ
  3. 宇宙人がやってきたよ
  4. つよいエネルギー
  5. のほ
  6. 泣く人
  7. ダルイ日
  8. おうちでマタリとすること
  9. あさとよるのはなし
  10. アイボノ
  11. 風に吹かれ
  12. デンジイ
  13. ヒトリゴト
  14. ビッキーのなやみ
  15. 雨の日
  16. コキコキ
  17. ヒミツ
  18. ハカセの発明
  19. 口ゲンカ
  20. チコリ星まで
  21. ヒナタボコ
  22. クリカエスモノ
  23. バイバイ

脚注[編集]

  1. ^ ソニー、ペットロボットを製品化。インターネットで限定販売”. PC Watch (1999年5月11日). 2012年9月1日閲覧。
  2. ^ ペットロボット“AIBO”予約受付開始、すぐに完売”. PC Watch (1999年6月1日). 2012年9月1日閲覧。
  3. ^ ソニー、ロボット撤退の舞台裏
  4. ^ ソニー、AIBO、QRIO、QUALIA撤退 ~VAIOなど好調で決算は増収増益”. PC Watch (2006年1月27日). 2012年9月1日閲覧。
  5. ^ ロボカップ ジャパンオープン2006開催 ~世界大会に向けて各チームがキックオフ”. PC Watch (2006年5月11日). 2012年9月1日閲覧。
  6. ^ a b 女性自身. “「アイボ」修理サポート終了で“病気”困った飼い主たちは Yahoo!ニュース”. 2015年2月9日閲覧。
  7. ^ A・FUN 株式会社ア・ファン 〜匠工房〜. “修理事例 Repair Case”. 2015年2月9日閲覧。
  8. ^ AFPBB News. “イヌ型ロボットAIBOの「合同葬儀」 千葉”. 2015年3月17日閲覧。
  9. ^ ソニー、2月15日からAIBOの受注販売開始 台数制限なく、受注分はすべて生産”. PC Watch (2000年1月25日). 2012年9月1日閲覧。
  10. ^ ソニー、パグ犬をモチーフにした69,000円の新AIBO”. PC Watch (2002年5月16日). 2012年9月1日閲覧。
  11. ^ a b ソニー、Bluetoothを搭載し、文字で会話ができる新型AIBO ~スエードタッチモデルやクロック周波数が2倍の新モデルも”. PC Watch (2002年5月16日). 2012年9月1日閲覧。
  12. ^ ソニー、RSS配信対応の会話機能を搭載した新AIBO”. PC Watch (2005年9月29日). 2012年9月1日閲覧。

関連項目[編集]

  • 人工知能
  • 愛玩動物
  • 安曇野市長野県) - 市内の工場でAIBOが開発されたため、市役所豊科支所のロビーで愛嬌を振りまいている。
  • ASIMO
  • Nao - ロボカップ四足ロボットリーグ終了に伴い採用された、フランス Aldebaran Robotics社二足歩行ロボット。

外部リンク[編集]

フジテレビ 木曜日22:54 - 23:00
前番組 番組名 次番組
100秒の奇蹟
※火曜21:54へ移動
ピロッポ
(2001.10 - 2002.3)