家庭用ロボット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

家庭用ロボット(かていようロボット、: Domestic robot)とは家庭人間のパートナーとして導入されるロボットのことである。

概要[編集]

家庭用ロボットは、家庭における人間の生活を助けるロボットであるが、現用の製品では総合的に家事をこなすものは登場していないものの、その概念はサイエンス・フィクションの分野では比較的古くから存在する。1940年初出の『ロビィ』(『われはロボット』収録)では、細やかな動作で甲斐甲斐しく子供の世話をする喋れないロボットが描かれているが、ロボットへのシンパシーが強く存在する日本でも『ドラえもん』(1969年連載開始)に代表される、「友達」(オタク分野では「恋人」なども)としての家事もこなすロボットが描かれている。こと日本においてはそういう作品群は枚挙に暇が無いので具体的な作品名は割愛するが、その一方で1984年のアメリカ映画『未来警察』では社会全般に浸透した各種雑務をこなすロボットが様々な原因(中には不当な改造を含む)で異常動作をした際に、ユーザーに危害が及ぶ様子も描かれるなど、様々な描写が見られる。

一方、2010年代の現在においては現用の家事を担当するロボットでは、掃除用ロボットに代表される「家事のうちの一つ」を仕事とするものも一般向けの製品として登場しており、さらに言えば全自動洗濯機などはロボットとは意識されないものの、洗濯を自動的に行うことで家事に掛かる労力をかなり軽減しており、その意味では炊飯器をはじめとする白物家電のうちに自動化が進んでかなり労力の軽減に役立っているものも少なくない。

ただし本記事では自動化や高性能化で家庭内の労力軽減に役立っている自動機器は割愛し、現在、あるいは将来的に総合的に家事を担当することで家庭内労働を代行するロボットを中心的に扱う。

形状[編集]

家庭用ロボットでは、人間が親しみやすいデザインを取り入れる傾向が見られる。これは人間の生活基盤となる家庭や、その家庭が含まれる社会に於いて、周囲の人間に緊張を強いるような形状の物は、受け容れがたいためである。

このため将来的にはヒューマノイド型(アンドロイド)の物が想定されているが、それ以外にも動物的であったり、何らかのキャラクターを模した物など、親しみが涌きやすい物が多い。ただ、家事の中でも掃除調理等といった特定分野にのみ機能するような物では、その例に沿わない物も見られる。

現在開発が進んでいる家庭用ロボットの多くは、地球上の動物に倣って、「(頭部)」・「二つの」・「といった棒状の機能部分」を持っている。コミュニケーションを取る際に何らかの意思表示を音声以外(表情に相当)で行うものも想定されている。特に人間の形を模した物では、顔と識別可能な表示部分を持ち、円滑なコミュニケーションを図る機能が想定されている。(→ユーザーインターフェイス

ただこの「生物を連想させる親しみ易さ」にはいわゆる不気味の谷現象と呼ばれる問題を含み、ある一定以上の類似性を追求すると、かえって親しみやすさが失われるという。

人間型[編集]

人間の形・大きさをしているという事は、住居などの限られたスペースでは重要な要素である[要出典]。これは人のために作られた建具や家具・建築構造を変更しないで済むという事であり、同時に人間の生活に何らかの制約を求めないで済むという事でもある。

また、周囲の人へ与える心理的悪影響も人間型のほうが少ないといえる[要出典]買物などの、不特定多数の市民と接触する可能性のある仕事をこなすためには、周囲への心理的影響は大きな問題となりうる。ただしそれは日本においてのことであって、キリスト教文化圏では人型ロボットは神への冒涜と捉える傾向がある[1]

このような「人間社会の中で、人に混じって行動するロボット」の開発はすでに進められており、日本では福岡市地域おこしの一環もあって、ロボット特区と呼ばれる特区を制定、公道にてロボットの実地運用試験[2]を行う等の動きも見られ、テムザックなど現用のロボットメーカーがテストに参加している。

人間型以外[編集]

一方、21世紀初頭では家庭用掃除ロボット(掃除用ロボット)が急速に普及している[3]。米iRobotなど多くの企業が製品開発のしのぎを削っており、日本メーカーは後塵を拝しているものの、シャープココロボのように「掃除用ロボットとコミュニケーションを楽しむ」という利用法を提案する製品も登場している。

又住居全体を一つの人工知能を持つロボットとしてしまおうというコンセプト(ホームオートメーション)も存在するが、こちらは住居者自身から見れば、様々な自動化・省力化器機を備えた住居との差異が明確で無いため、此方を指して「家庭用ロボット」と呼ぶ事は少ない。

問題点[編集]

家庭用ロボットの実用化ならびに本格的な普及にあたっては、以下のような問題点が指摘されている。

保険[編集]

家庭用ロボットを実際に運用しようとすると、故障や衝突等の際の修理等の費用負担や、移動時に他者と接触したりすることで他者に怪我を負わせてしまったりした際の損害賠償、ロボット内部に保存された情報が外部に漏洩した場合のリスクなど、主に自動車オートバイ等の運用時によく似たリスクが存在する。これらのリスクの多くは既存の保険商品でカバーすることも可能だが、今後家庭用ロボットが広く普及した際には、自動車における自動車損害賠償責任保険のような強制保険や、それらを含む自動車保険のようなパッケージ商品の開発が必要であることが指摘されている。[4]

免許・検査[編集]

ロボットはその性質上内部に多数の可動部品やモーターを持つため、現時点ではメンテナンスフリーでの長期運用は難しいと考えられていることや、人間の操作ミスが原因で他者に何らかの被害をもたらす危険性もあることから、やはり自動車・オートバイの場合と同様に運転免許車検に類似する制度が必要ではないかとする意見もある。 [5]

各種家庭用ロボット[編集]

パートナーロボット[編集]

癒し系ロボット[編集]

掃除用ロボット[編集]

掃除用ロボットには家庭用の他に、オフィス病院などで用いる業務用掃除ロボットがある。

介護・福祉ロボット[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2010年4月28日放送 NHK「COOL JAPAN・ロボット」
  2. ^ 公道(不特定多数の出入りする通路等も含まれる)にロボットが出る場合の問題として、道路交通法上、車輪で自走するロボットは、現行法では原動機付自転車等に分類される。なお、同法では、自律的に自走する車両も、人型で自立歩行するロボットも想定外となっている。
  3. ^ 米iROBOT社の「ルンバは、全世界で累計500万台以上、日本でも35万台を販売した。2012年度の日本での販売台数は25万台を目指している。
  4. ^ 第2回安全工学フォーラムレポート - Robot Watch
  5. ^ 【Wireless Japan 2003レポート】家庭用ロボットは人とコミュニケートする - "車検制度"や"免許"も必要?
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]