バシネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バシネット(bassinet)とは、航空機に備えつけられた乳児用ベッド。 機内の壁(多くの場合、大きなテレビやスクリーンがある)に取り付ける形で使用される。 使用できる乳児は航空会社によって制限が異なっており、おおむね、体重10キロ未満となっている。使用する場合は、事前の予約が必要である。

離着陸時や乱気流など、機長判断でシートベルト着用のサインが出た場合は使用できない。

もともとの意味は籐で編んだゆりかごのことだが、日本語圏で「バシネット」と言えば、一義的に「航空機備え付け乳児用ベッド」を指す。


主な航空会社の使用基準[編集]

日本航空[編集]

体重10キロ未満。(バシネットサイズは77×32.5×15)

全日空[編集]

体重10キロ未満。(バシネットサイズは85×45×33cm)

ノースウエスト航空[編集]

体重9キロ未満、身長66cm以内。

ユナイテッド航空[編集]

体重11.25キロ未満。