越前リョーマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
越前リョーマ
テニスの王子様』のキャラクター
作者 許斐剛
本郷奏多(実写映画)
皆川純子
詳細情報
性別
家族 越前南次郎(父)
越前倫子(母)
親戚 菜々子(従姉)

越前リョーマ(えちぜんリョーマ)は、許斐剛作の漫画作品およびそれを原作としたアニメ『テニスの王子様』、『新テニスの王子様』に登場する架空の人物で、同作の主人公である。アニメ版の声優皆川純子。実写映画版の俳優は本郷奏多。ミュージカル版の俳優はミュージカル・テニスの王子様ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズンを参照のこと。

プロフィール[編集]

  • 学校:青春学園中等部
  • 学年:1年2組3番
  • 所属委員会:図書委員
  • 誕生日:12月24日
  • 星座:やぎ座
  • 血液型:O型
  • 身長:151cm
  • 体重:50kg(パワーリストをつけたままの測定のため本当は40kg)
  • 足のサイズ:24cm
  • 視力:左右1.5
  • 利き腕:左
  • 使用メーカー
  • プレイスタイル:オールラウンダー[1]

人物[編集]

口癖は「まだまだだね」。アメリカ出身で、アメリカのジュニア大会4連続優勝を経て日本に帰国した。その実力から青学のルーキーとして一躍注目される。目つきが鋭く、物事をストレートに言うため、生意気に見られがちなタイプ。一見クールでともすれば冷たくも見えるが、内面には熱い部分を持っている。アニメでは漫画と比べると、クールな面を残しながらも、全体的に感情表現が豊かになっている。

ずば抜けたテニスセンスは、「サムライ南次郎」と呼ばれた父親による毎日の英才教育の賜物。口癖、プレイスタイルは父親と似ており、手塚曰く「サムライ南次郎のコピー」。公式戦はシングルスでの出場が主。ダブルスは性格上不向きであり連携もルールも素人同然で、地区大会初戦で桃城と組んで以降、公式戦に出場していない。

最初は父親を倒すためだけにテニスをしていたが、地区大会後にその事を見抜き「目標達成後に何が残るのか?」と心配した手塚に、高架下のコートで野試合を挑まれ惨敗。その際に「青学の柱になれ」と言われ、闘志を燃やす。

公式戦において青学は地区大会から全国大会まで団体戦無敗で優勝を果たし、その優勝を全て自身のゲームで決めている。公式戦ではレギュラーメンバーの中で唯一、1度も負けていない。

よく他の選手の技を真似したりする(バギーホイップショット、超ライジング、零式ドロップショットなど)。一本足での「スプリット・ステップ」を使える。小手調べや手加減する時、あるいは右利きの選手にツイストサーブを放つ時は右手でラケットを持つ。

全国大会決勝直前、修行中の影響で一時的な記憶喪失に陥ったが、決勝当日歴戦のライバル達と試合をしたことで記憶を取り戻した。その後、立海・幸村戦で「天衣無縫の極み」に目覚め、「サムライドライブ」で勝利を決めた。全国大会終了から3日後、再び渡米。3年の卒業式当日に再度来日し、手塚に再戦を申し込み、快諾される。その後また日本を離れ、最終話(中学2年の春)の時点ではアメリカに居る。

アニメ版では、関東大会決勝前に真田との野試合で惨敗するというストーリーが加えられている。また、リョーマが全国大会出場に至るまでの流れが原作と異なる。関東大会、日米親善試合の功績を称えて、日本最年少として全米オープンに招待されるが、手塚からの「青学の柱になれ」の言葉や「全国大会前」ということもあり一旦は辞退。手塚に諭され出場を決意し渡米したが、最終的には全米オープンを途中で辞退し、全国大会出場を選んで帰国後、大石にシングルスで勝利しレギュラー入りしたという流れになっている。

『新-』では全国大会後の渡米中、U-17日本代表合宿に招待され同年の秋に日本に帰国。脱落を賭けたタイブレークマッチでは、南と対戦の予定だったが金太郎とトイレを探しに行ったきり帰ってこず不戦敗。その最中、練習中の徳川に試合を挑むも完敗。脱落した選手達に合流して三船コーチの元で特訓を受けた。その後、「革命軍」としてコートに復活し、2番コートに編入。

1軍入れ替え戦発表後、徳川と10球乱打の練習をし、徳川の過去を聞いた後で平等院に襲われるが、リョーガに助けられる。リョーガからは「チビ助」と呼ばれており、兄であると告げられる。

モデルとなったのは、男子プロテニスプレイヤーの一藤木貴大。

必殺技[編集]

一本足スプリットステップ
片足でのスプリットステップ。片足で着地することで通常よりも一歩半速く跳び込むことができる。天性の打球への嗅覚があってこそ成せる技。ツイストサーブと並んで初期の越前の強さの根底を支えた。
ツイストサーブ
右手で打てば右に、左手で打てば左にボールが急角度でバウンドするサーブ。プロ選手では、ロジャー・フェデラーアンディ・ロディックなどがよく使っている。
ツイストスマッシュ
ツイストサーブを応用したスマッシュ。ツイストサーブ同様、打球が利き腕方向に急角度でバウンドする。
ドライブA
至近距離から顔面を狙ったボレー。亜久津との試合で披露。
ドライブB
スライディングとジャンプの威力を応用したドライブボレー。打球の強さに反して急激に落ち、その軌道が側面から見て「B」に似ていることが名前の由来。
ドライブC
着弾後イレギュラーバウンドし、打球が跳ねずに転がっていく。
COOLドライブ
審判台を駆け上ってジャンプし、ドライブCの2倍以上の回転を掛ける。ドライブC同様に着弾後跳ねず、ラケットで捉えてもボールが離れず体を駆け上がっていく。
ドライブD
ドライブBを連続(Double)で打つ技。
サイクロンスマッシュ(アニメのみ)
相手のラケットを弾き飛ばすほどの威力を持つスマッシュ。その威力は絶大で立海大付属の真田ですら歯が立たなかった。その強烈な回転で手塚ゾーンをも敗った。
サムライゾーン
特殊な回転をかけることで、相手が打ち返した球が自分のところへ戻ってくる技。手塚ゾーンと同じ原理の技で、父・南次郎の模倣である。しかし、リョーマのは不完全のため若干しか戻ってこない。
サムライドライブ
超回転を掛けたボールをネットのワイヤー部分で真っ二つにする。
模倣
対戦した相手、あるいは観戦した試合で出た必殺技を越前は頻繁に模倣する。無我の境地に目覚めていない段階からすでに行なっており、超ライジングや零式ドロップショットなどを模倣した。
無我の境地
過去の対戦した記憶をもとに体が無意識に反応し、経験したテニスの技をコピーし繰り出すことができる。通常の模倣よりもはるかに多くの技をコピーできるが、体が無意識に反応してしまうために体力の消耗が激しい。全国大会時には自らの意志で発動、コントロールした。
百錬自得の極み
片腕に無我のパワーを集め、相手の球種・回転・パワー・球威を全て倍返しし、体力疲労をも最小限に抑える。幸村曰く、左記の効果と引き換えに他が疎かになるため、ゾーンができてこそ完璧に扱えるが、手塚と違いゾーンが完成していないため手塚より扱いが劣る。越前は移動の際にオーラを一時的に脚部に移し、瞬間的に高いフットワークを実現することでこの弱点を補った。
才気煥発の極み
脳内シミュレートで未来のイメージを浮かばせて、何球で決まるかが分かる。才気煥発の使い手同士の戦いでは実力に勝る側の予知が的中する。
天衣無縫の極み
全ての五感を奪われた状況の中、テニスを楽しむ気持ちから圧倒的な無我のパワーを持つ。南次郎曰く、テニスを覚えた頃の楽しむ無垢な気持ちを持ち続けられれば誰にでも開眼できる可能性を秘めている。乾の見解では「百錬自得の極み」の進化版。

キャラクターソング[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1st 2003年5月1日 future/WHITE LINE arrange C NECM-10002
2nd 2004年4月28日 Dreaming on the Radio NECM-10004
3rd 2004年8月18日 ミンナココニイタ -2004.8.18 ライヴメモリアルヴァージョン- NECM-10013
4th 2005年4月13日 約束/We Love SEIGAKU-ありがとうを込めて- NECM-11035
5th 2006年12月16日 Everything NECM-10056
6th 2007年9月26日 Wonder Land NECM-10075
7th 2008年4月30日 ICHIGAN 〜2008バージョン〜 NECM-10105
8th 2008年8月6日 ACROSS MY LINE NECM-10110
9th 2012年5月9日 Still NECM-10178

アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1st 2003年3月5日 cool E NECA-30080
2nd 2004年7月7日 SR NECA-50001-2
3rd 2012年12月24日 RYOMA NECA-30294

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1st 2005年12月24日 PROGRESS NECA-20021(期間限定生産)
NECA-20022(通常盤)
ベストアルバム
発売日 タイトル 規格品番
1st 2009年5月13日 J NECA-30246

参考[編集]

  1. ^ 『公式ファンブック テニスの王子様10.5』、『公式ファンブック テニスの王子様20.5』、『公式ファンブック テニスの王子様40.5』をそれぞれ参照。

関連項目[編集]