テニスの王子様の声優ユニット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

テニスの王子様の声優ユニット(テニスのおうじさまのせいゆうユニット)では、TVアニメ『テニスの王子様』の登場キャラクターによる声優ユニットについて説明する。キャラクターの詳細についてはテニスの王子様の登場人物を参照のこと。

青学ユニット[編集]

青酢[編集]

青学レギュラー9名のうち、主人公であるリョーマの他に視聴者・読者が投票した上位3名を加えた、計4名で構成されている。ユニット名は原作者の許斐剛が命名した。
メンバー
ディスコグラフィー
シングル
  1. WHITE LINE(アニメ「テニスの王子様」4thエンディングテーマソング)
  2. Happy×2☆Day!!(アニメ「テニスの王子様」イメージソング)
  3. WHITE LINE(Original Karaoke)
  4. Happy×2☆Day!!(Original Karaoke)
  1. Don't Look Back(「テニスの王子様 オン・ザ・レイディオ」4thオープニングテーマソング)
  2. FREEDOM(「テニスの王子様 オン・ザ・レディオ」5thオープニングテーマソング)
  3. Don't Look Back(Original Karaoke)
  4. FREEDOM(Original Karaoke)
  • BIRTHDAY 〜歩き始めた日〜(発売日 - 2003年10月22日)※キャップと瓶とダブルA面となる。
  1. BIRTHDAY 〜歩き始めた日〜(アニメ「テニスの王子様」イメージソング)
  2. ロック☆54 〜ロックな人をさがしてみよう〜(歌:キャップと瓶)
  3. BIRTHDAY 〜歩き始めた日〜(Original Karaoke)
  4. ロック☆54 〜ロックな人をさがしてみよう〜(Original Karaoke)
  1. 抱えたキセキ(「OVA テニスの王子様」 2ndオープニングテーマソング)
  2. 抱えたキセキ(Original Karaoke)
アルバム
  1. BIRTHDAY 〜歩き始めた日〜
  2. Don't Look Back
  3. 抱えたキセキ
  4. Happy×2☆Day!!
  5. FREEDOM
  6. WHITE LINE
  7. また君と(bonus track)

キャップと瓶[編集]

『青酢』以外の青学レギュラー5名で構成されている。リーダーは菊丸英二。ユニット名は許斐剛が命名した。
メンバー
ディスコグラフィー
シングル
  • おめっとサンバ(発売日 - 2002年12月25日
  1. おめっとサンバ
  2. KEEP ON DREAMING
  3. おめっとサンバ(Original Karaoke)
  4. KEEP ON DREAMING(Original Karaoke)
  • 飛んで! 回って! また来週(発売日 - 2003年10月22日)
  1. 飛んで! 回って! また来週(「テニスの王子様 オン・ザ・レイディオ」4thエンディングテーマソング)
  2. 石川博之? 〜モットーは文武両道〜
  3. 飛んで! 回って! また来週(Original Karaoke)
  4. 石川博之? 〜モットーは文武両道〜(Original Karaoke)
  • BIRTHDAY 〜歩き始めた日〜(発売日 - 2003年10月22日)※青酢とダブルA面となる。
  1. BIRTHDAY 〜歩き始めた日〜(アニメ「テニスの王子様」イメージソング。歌:青酢)
  2. ロック☆54!? 〜ロックな人をさがしてみよう〜
  3. BIRTHDAY 〜歩き始めた日〜(Original Karaoke)
  4. ロック☆54!? 〜ロックな人をさがしてみよう〜(Original Karaoke)
  • サンキュー!!(2007年8月8日
  1. サンキュー!!(「OVA テニスの王子様」 2ndエンディングテーマソング)
  2. サンキュー!!(Original Karaoke)
アルバム
  • キャップと瓶のシングルスベスト(発売日 - 2009年1月1日)
  1. KEEP ON DREAMING
  2. ロック☆54!? 〜ロックな人をさがしてみよう〜
  3. サンキュー!!
  4. 石川博之? 〜モットーは文武両道〜
  5. おめっとサンバ
  6. 飛んで! 回って! また来週
  7. 毎日がHappy New Year(bonus track)

青春ソーダ[編集]

ユニット名は許斐剛が命名した。
メンバー

ディスコグラフィー

  • brand-new HEAVEN(発売日 - 2009年6月17日)
  1. brand-new HEAVEN
  2. brand-new HEAVEN(Original Karaoke)

茄子[編集]

一富士二鷹三茄子から命名された。“富士”を不二周助、“鷹”を河村隆に当てはめ、二人合わせて“茄子”。
メンバー
ディスコグラフィー
  • 一富士、二タカ、三茄子(発売日 - 2010年1月1日
  1. 一富士、二タカ、三茄子
  2. 一富士、二タカ、三茄子~不二と歌おう~
  3. 一富士、二タカ、三茄子~河村と歌おう~
  4. 一富士、二タカ、三茄子(オリジナルカラオケ)
  • 星屑 ShowTime(発売日-2010年7月7日
  1. 星屑 ShowTime
  2. 星屑 ShowTime(SFとカラオケ)
  3. 星屑 ShowTime(TKとカラオケ)
  4. 星屑 ShowTime(オリジナルカラオケ)
  • Dream on dreamer 茄子 featuring 亜久津仁(発売日-2010年11月17日
  1. Dream on dreamer
  2. Dream on dreamer(オリジナルカラオケ)
  3. あの場所まで~10years(ボーナストラック)
  • さよなら春の日(発売日-2012年3月14日
  1. さよなら春の日
  2. さよなら春の日(SFとカラオケ)
  3. さよなら春の日(TKとカラオケ)
  4. さよなら春の日(オリジナル・カラオケ)

その他[編集]

青酢+キャップと瓶[編集]

青学レギュラー9名からなるユニット。
  1. DEPARTURES(『劇場版 テニスの王子様 跡部からの贈り物 君に捧げるテニプリ祭り』テーマソング)
  2. DEPARTURES(Original Karaoke)
  3. 音声コメント

SEIGAKU NINE PLAYERS[編集]

青学レギュラー9名からなるユニット。
  • 約束/We Love SEIGAKU - ありがとうを込めて(2005年4月13日
  1. 約束(歌 - 越前リョーマ)
  2. We Love SEIGAKU - ありがとうを込めて
  3. 約束(Original Karaoke)
  4. We Love SEIGAKU - ありがとうを込めて(Original Karaoke)

青学1年トリオ[編集]

青学1年3名からなるユニット。
  • ぼくたちのしっぱい(発売日 - 2006年1月1日)
  1. ぼくたちのしっぱい
  2. ぼくたちのしっぱい(1 one 1 MIX)
  3. ぼくたちのしっぱい(インストゥルメンタル)
  4. テニスの王子様 オフ・ザ・レイディオ

SEIGAKU Special Vocal Unit[編集]

リョーマ、手塚、不二、菊丸の4名からなるユニット。
  • 青いジダイ - プレイステーション用ソフト『テニスの王子様』エンディングテーマ。収録CDは本作のサウンドトラックCD(2002年4月3日)のみ。作詞の新谷早苗が自身のアルバムでセルフカバーしている。

他校ユニット[編集]

氷帝エタニティ[編集]

メンバー構成は氷帝学園を代表する跡部と、まだユニットデビューをしていなかった氷帝レギュラーのうち、宍戸と樺地を除く3名による組み合わせ(後に宍戸は『by断ち切り隊』で、樺地は『トング隊』でユニットデビュー)。メンバー選出基準は『100曲マラソン・フルベストアルバム』ブックレットに詳細が掲載されている。
メンバー
ディスコグラフィー
  1. 不条理(OVA「テニスの王子様」2ndエンディングテーマソング)
  2. 不条理(Original Karaoke)

2008年3月、『テニスの王子様100曲マラソン』のオフィシャルサイトにて行われた、「あなたが好きなテニプリキャラソンアンケート」で第1位になった[1]

  • 坂道の果てへ(発売日 - 2009年7月1日
  1. 坂道の果てへ(OVA「テニスの王子様」ANOTHER STORY 〜過去と未来のメッセージ「風雲少年跡部」エンディングテーマソング)
  2. 坂道の果てへ(Original Karaoke)

立海ヤング漢[編集]

立海レギュラーのうち4名で構成されている。ユニット名は許斐剛が命名した。
メンバー
ディスコグラフィー
シングル
  1. 業火絢爛
  2. 業火絢爛(Original Karaoke)
  1. 終わらない愛
  2. 終わらない愛(Original Karaoke)
  1. SOUL MATE
  2. SOUL MATE(Original Karaoke)

海志漢[編集]

かいしかん。『立海ヤング漢』以外の立海レギュラー4名で構成されている。

メンバー

ディスコグラフィー
シングル
  • Roman-Ranman〜浪漫爛漫〜(発売日:2009年1月28日
  1. Roman-Ranman〜浪漫爛漫〜
  2. Roman-Ranman〜浪漫爛漫〜(Original Karaoke)

混合ユニット[編集]

プルタブと缶[編集]

メンバー
ディスコグラフィー
  1. Wonderful days(アニメ『テニスの王子様』エンディングテーマソング)
  2. メラメラ
  3. Wonderful days(Insturmental)
  4. メラメラ(Insturmental)

青と瓶と缶[編集]

『青酢』『キャップと瓶』『プルタブと缶』の3ユニットの中から数人選ばれている。アニメのジュニア選抜チームとなっている。ユニット名は許斐剛が命名した。
メンバー

青酢から

キャップと瓶から

プルタブと缶から

ディスコグラフィー
  1. Gather
  2. Gather(Original Karaoke)

『劇場版「テニスの王子様」』の応援歌として、ジャンプフェスタ2005先行発売、ローソンで先行予約販売され、青学と他校のユニットのCDはこの「Gather」が初とされた。後に、イラストはそのままにCDジャケットの背景の色だけを替え、インデックスミュージックより発売された。

眼鏡's[編集]

すべて木内秀信によって作詞作曲されている。結成のきっかけは「テニスの王子様 オン・ザ・レイディオ」での眼鏡コント。
メンバーにはそれぞれイメージカラーがあり、リーダーである忍足は黄色、乾は青色、手塚は赤色である。2ndシングルのジャケットからは、それを意図したデザインになっている。
2008年3月16日に行われた『テニスの王子様100曲マラソン』の夜の部にて解散宣言をした。
メンバー
ディスコグラフィー
  • 眼鏡をはずす夜〜眼鏡's Version〜(2005年2月26日発売の忍足侑士のアルバム「結晶」に収録された)
シングル
  • Go!Go!眼鏡's(発売日 - 2006年1月1日)
  1. 眼鏡トーク3
  2. Go!Go!眼鏡's
  3. Go!Go!眼鏡's(オリジナル・カラオケ)
  • キラ★キラ眼鏡's(発売日:2007年2月14日
  1. キラ★キラ 眼鏡's
  2. キラ★キラ 眼鏡's(Original Karaoke)
  3. 眼鏡トーク4
  • 真夏の眼鏡's(発売日 - 2007年8月1日
  1. 真夏の眼鏡's
  2. 真夏の眼鏡's(Original Karaoke)
  3. 眼鏡トーク5
  • 踊りませんか?眼鏡's(発売日 - 2007年12月22日
  1. 踊りませんか?眼鏡's
  2. 踊りませんか?眼鏡's(Original Karaoke)
  3. 眼鏡トーク6
  • さよなら…眼鏡's(発売日 - 2008年3月16日
  1. さよなら…眼鏡's
  2. さよなら…眼鏡's(Original Karaoke)
  3. さよなら…眼鏡トーク
アルバム
  1. さよなら…眼鏡’s
  2. 眼鏡かぞえ歌(忍足侑士)
  3. 復活!?眼鏡トーク甲
  4. キラ★キラ 眼鏡’s
  5. 眼鏡をはずす夜(手塚国光)
  6. 復活!?眼鏡トーク乙
  7. 真夏の眼鏡’s
  8. 眼鏡祭(乾貞治)
  9. 復活!?眼鏡トーク丙
  10. 踊りませんか?眼鏡’s
  11. Memory
  12. 復活!?眼鏡トーク丁
  13. Go! Go! 眼鏡’s
  14. 真夏のマヨネーズ(マヨネーズ)

眼鏡トーク(毎回シングルに収録されている、キャラクターによるコント

眼鏡トーク
2004年10月15日に発売された忍足侑士のシングル「眼鏡をはずす夜」に収録された。
眼鏡トーク2
2004年12月1日に発売された忍足侑士のシングル「て〜つなご。」に収録された。
眼鏡トーク3
Go!Go!眼鏡'sに収録。レコーディングへと向かう電車での3人。
眼鏡トーク4
キラ★キラ眼鏡'sに収録。ライブ終了後の3人。忍足に音がずれていたと指摘される手塚と乾だったが…。
眼鏡トーク5
真夏の眼鏡'sに収録。乾は、自分たちのノリと笑顔に不安を感じる。3人で改善策を模索していくが…。
眼鏡トーク6
踊りませんか? 眼鏡'sに収録。手塚は、お互いのことを知るために眼鏡を交換しよう提案する。
さよなら…眼鏡トーク
さよなら…眼鏡'sに収録。今回のタイトルの意味について考える3人。声優3人によるトークも収録されている。

3グァバトリオ[編集]

ユニット名の名付け親でもある許斐剛曰く、「ボレーが上手い小さくてかわいい子」を集めたユニット。
メンバー
ディスコグラフィー
  1. BRAND NEW DAY(『劇場版 テニスの王子様 跡部からの贈り物 君に捧げるテニプリ祭り』挿入歌)
  2. BRAND NEW DAY(Original karaoke)

GIGS[編集]

メンバー
ディスコグラフィー
  1. Flower-咲乱華-(『「テニスの王子様」OVA 全国大会篇』第1期オープニングテーマソング)
  2. Flower-咲乱華-(Original Karaoke)

by断ち切り隊[編集]

ユニット名は、メンバーである不二の口癖「断ち切る」、千歳の熊本弁「-ばい(by)」から。曲名「恋の激ダサ絶頂(エクスタシー)!」は、宍戸の口癖「激ダサ」、白石の口癖「絶頂(エクスタシー)」をかけている。ユニット名は許斐剛が命名した。
メンバー
ディスコグラフィー
  • 恋の激ダサ絶頂(エクスタシー)!(発売日 - 2007年10月31日
  1. 恋の激ダサ絶頂(エクスタシー)!(『テニスの王子様OVA 全国大会篇 Semifinal』 Vol.2 オープニングテーマソング)
  2. 恋の激ダサ絶頂(エクスタシー)!(Original Karaoke)
  • アオゾラSTAGE(発売日 - 2011年8月31日)
  1. アオゾラSTAGE(『テニスの王子様OVA ANOTHER STORYII』オープニングテーマソング)
  2. アオゾラSTAGE(Original Karaoke)

トング隊[編集]

メンバーは番外編「焼肉の王子様」で目立ったキャラクター。ユニット名は許斐剛が命名した。
メンバー
ディスコグラフィー
シングル
  1. や・き・に・く
  2. や・き・に・く (Original Karaoke)
  3. 勃発! 樺地 VS 田仁志&知念

イケメン侍[編集]

全国大会編で青学と対戦した中学の部長を中心に構成されている。ユニット名は許斐剛が命名した。
また、一部のキャラにはソロver.もある。
メンバー
ディスコグラフィー
シングル

STONES[編集]

大石秀一郎役の近藤孝之さんが大石デビューアルバム「月の軌道」の発売記念イベントで松井Pに提案し、結成された。
メンバーの名前には“いし”がついている。
メンバー
ディスコグラフィー
  • 色褪せないあの空へ (発売日 - 2009年7月22日)
  1. 色褪せないあの空へ
  2. 色褪せないあの空へ(Original Karaoke)

脱帽[編集]

メンバー全員が帽子をかぶっていることからこのユニット名がついた。
メンバー
ディスコグラフィー
  • 1 2 3 4 5 Ready Go! (発売日 - 2010年9月15日)

テニプリオールスターズ[編集]

メンバー
ディスコグラフィー
発売日 タイトル 規格品番
1 2010年12月15日 Love Festival NECM-10151
NECM-10150
NECM-10149
NECM-12167

テじゃ俺300[編集]

2011年1月22日・23日に開催された「テニプリフェスタ2011 in 武道館」の声優によるじゃんけん大会により決まったfutureからの300タイトル目を飾るユニット。心・技公演で決まった青学・氷帝・立海・比嘉・四天宝寺各校一名ずつに加え、体公演で敗者復活戦を行い10周年にちなみ10人となった。
正式なユニット名は「テニプリじゃんけん選抜、俺達勝ち抜いて祝!300タイトル取った選手達(ヒーロー)」
300タイトル発売記念のイベントで、抽選で選ばれた300人弱のファンと許斐剛が出演するミュージックビデオが上映された。
メンバー
ディスコグラフィー
シングル
  1. テニプリ Fantastic Bazarのテーマ
  2. Brave heart
  3. TENNIVERSARY
  4. テニプリ Fantastic Bazarのテーマ (オリジナル・カラオケ)
  5. Brave heart (オリジナル・カラオケ)
  6. TENNIVERSARY (オリジナル・カラオケ)

網球男児[編集]

「新テニスの王子様」になってからの初ユニット。 ユニット名は「中国や東南アジアでテニプリは『網球王子』と呼ばれているので、アジアに進出してほしい」という思いから許斐剛が命名した[2]
メンバー
ディスコグラフィー
シングル
  1. ENJOY(アニメ「新テニスの王子様」エンディングテーマソング)
  2. ENJOY(オリジナル・カラオケ)

脚注[編集]

  1. ^ 『テニスの王子様100曲マラソン』オフィシャルパンフレットより
  2. ^ http://natalie.mu/comic/news/61475

外部リンク[編集]