インターチャネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社インターチャネル
Interchannel Inc.
種類 株式会社
本社所在地 郵便番号:162-0826
東京都新宿区市谷船河原町1番地
市ヶ谷エスワンビル3F
設立 1995年10月
業種 情報・通信業
事業内容 パソコンソフトウェア/ソリューション
映像作品の企画・制作・販売
PCソフト、ゲーム機ソフト及び周辺機器の卸売販売及び運用受託/コンサルティング業務
代表者 三好廣幸(代表取締役社長)
佐藤昭平(代表取締役副社長)
資本金 9千万円(平成20年8月現在)
従業員数 35名
主要株主 株式会社インデックス
NECビッグローブ株式会社
外部リンク http://www.interchannel.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社インターチャネル(Interchannel Inc.)は、主にエンタテインメントコンテンツソフトウェアの企画・販売を営む会社

概要[編集]

インデックスグループ内でコンピュータソフト・映像ソフトを統括する中間持株会社の株式会社インデックス・ヴィジュアルアンドゲームズと、主にソフトウェアの開発・販売を営む株式会社インターチャネル・ホロンの合併により株式会社インターチャネルとなる。

「インターチャネル」とは、"interactive"(双方向)と"channel"(経路)を組み合わせた造語。旧社名に含まれていた「ホロン」は物の構造を表す概念という意味。

かつてはアダルトゲームを初め各種コンピュータゲームから家庭用ゲームへの移植をはじめ、海外ゲームタイトルの国内移植、小学生、中学生向けの教育ソフト、PC向け各種ユーティリティソフトにいたるまで、幅広いジャンルのソフトウェアを販売しているだけでなく、各種携帯電話向けサイトの運営も行っていたが、後述するようにそれらの事業は全て他社に事業譲渡しており、現在は映像作品の企画、製作、販売が主な業務となっている。

沿革[編集]

旧NECインターチャネル → インターチャネル[編集]

1995年10月日本電気およびNECグループのソフトウェア関連部門を分離・統合して、NECインターチャネル株式会社として創業。2004年3月に日本電気が保有していた大部分(7割相当)の株式が株式会社インデックスに譲渡され、NECグループから離れたのを契機に、2004年7月1日に、株式会社インターチャネルに社名を変更。

2005年、音楽・映像ソフト制作事業の大半をアイシーアベニュー音楽出版(旧NECアベニュー音楽出版)に譲渡、同社はインデックスが株式を全取得し、2006年4月1日にインデックスミュージックとなった。これに伴い、インターチャネルはゲームを始めとするソフトウェア開発が中心業務となったが、インターチャネル側の音楽・映像ソフト制作部門もコンピュータゲーム原作のアニメ(「ラムネ」「Soul Link」など)を中心に、一部存続した。

旧ホロン[編集]

1996年10月に有限会社として設立、1998年1月に株式会社に改組。ビジネス向けテンプレート集やタイピング練習ソフト、セキュリティソフト、PC向けゲームソフトなどの企画・販売を行っており、またLinuxディストリビューションHOLON Linux」の開発発売や、DivX Networksとの提携によるDivXPro Video Encoderの日本での総代理店になるなど、様々な分野での事業展開を広げていた。

2002年ピーエイの子会社となったが、2003年には幻冬舎へ株式を譲渡、その株式はさらに2005年にインデックスへ譲渡され、インデックスの子会社となった。

インデックス傘下[編集]

2006年1月5日にインターチャネル、ホロン、デックスエンタテインメントが共同で持株会社インデックス・ヴィジュアルアンドゲームズを設立し、それぞれ同社の完全子会社となった。そして同年8月1日にはインターチャネルがホロンを吸収合併し、インターチャネル・ホロンに社名変更。インターチャネルの名前はブランド名として存続。

2007年11月1日付でエンターテインメント第1事業部のコンシューマゲーム事業と映像事業をガンホー・オンライン・エンターテイメントに譲渡、新たにガンホー・ワークスが設立。

2008年8月11日にインデックス・ヴィジュアルアンドゲームズが子会社であるインターチャネル・ホロンと合併し、インターチャネルに社名変更。

コンシューマ事業からの撤退[編集]

2009年9月1日付で、「競馬道OnLine」などのPCサイト・「F1ケータイグランプリ」などの携帯電話向けサイト等の運営事業を、会社分割・営業譲渡によりインターグローに譲渡[1]

さらに2010年3月1日付で、コンシューマ向けゲームソフト関連の事業をライトウェイトへ譲渡[2]。これにより、同社は映像作品の企画、製作、販売に注力していくことになる。 この事業譲渡は一部債権を踏み倒す目的で行われたものとして業務委託先企業から訴訟を提起されている。

主な製品一覧[編集]

パソコン用ソフト[編集]

インターチャネル
  • むすめふさほせ百人一首」(ハイブリッドCD-ROM)
  • 「競馬道」シリーズ (競馬予想支援ソフト、最新作は「競馬道GT3」)
  • 「ケンチャコ大冒険」シリーズ (小学生向け教育ソフト)
  • PCHOMEシリーズ (低価格ソフトウェア群)
  • V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ
  • かんたんPDF編集
  • BackupMyPC Deluxe
  • ファイル救出 データメディック
ホロン

コンシューマー機用ゲームソフト[編集]

※インターチャネルブランド。斜字表記は、移植元のブランド・原題。

1996年[編集]

1997年[編集]

1998年[編集]

1999年[編集]

2000年[編集]

2001年[編集]

2002年[編集]

2003年[編集]

2004年[編集]

2005年[編集]

  • 「家族計画 〜心の絆〜」D.O.家族計画」)
  • 120円の春 ¥120Stories
  • 「学園ヘヴン おかわりっ!」
  • 「そして僕らは、…and he said」(Spray)
  • 「ラムネ 〜ガラスびんに映る海〜」(ねこねこソフト「ラムネ」)
  • リラックマ〜おじゃましてます2週間〜
  • 「リアライズ -Panorama Luminary-」プレイムリアライズ」)
  • 「七田式トレーニング 右脳鍛錬ウノタンDS 瞬カン勝負!記憶力」
  • 「七田式トレーニング 右脳鍛錬ウノタンDS 瞬カン勝負!集中力」
  • 「七田式トレーニング 右脳鍛錬ウノタンDS 瞬カン勝負!判断力」

2006年[編集]

  • CLANNAD(Key)
  • 乙女的恋革命★ラブレボ!!
  • 「薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク -Das Versprechen-」Cyc Rose「薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク」)
  • 「Soul Link EXTENSION」NavelSoul Link」)
  • 「七田式トレーニング 右脳鍛錬ウノタン ポータブル」
  • 「TOCA RACE DRIVER2 ULTIMATE RACING SIMULATOR」

2007年[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

  • 「スカシカシパンマンDS 「しょこたん」こと中川翔子プロデュース」
  • 「ゆっくり楽しむ大人のジグソーパズルDS わたせせいぞう LOVE 海とブルー」
  • 「あわたま」
  • 「キャラチェンコ」

映像作品[編集]

※2006年以前のタイトルはインデックスミュージックも参照

旧エンターテインメント第1事業部製作作品
旧エンターテインメント第1事業部以外による製作・発売作品

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 運営会社の変更につきまして - タイムフィルターOnLine・2009年8月27日
  2. ^ 事業譲渡に関するお知らせ(2010年4月28日)

外部リンク[編集]