グーニーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グーニーズ
The Goonies
監督 リチャード・ドナー
脚本 クリス・コロンバス
製作 リチャード・ドナー
ハービー・バンハード
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ
フランク・マーシャル
キャスリーン・ケネディ
出演者 ショーン・アスティン
ジェフ・コーエン
コリー・フェルドマン
キー・ホイ・クァン
音楽 デイヴ・グルーシン
主題歌 シンディ・ローパー
「The Goonies "R" Good Enough」
(グーニーズはグッドイナフ)
撮影 ニック・マクリーン
編集 マイケル・カーン
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年6月7日
日本の旗 1985年12月21日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $19,000,000
興行収入 $61,389,680[1] アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

グーニーズ』(The Goonies)は、伝説の海賊が隠した財宝を探す少年達の冒険を描く1985年製作のアメリカ映画

あらすじ[編集]

舞台はアメリカ合衆国オレゴン州アストリア市、海賊の伝説が残る田舎町グーンドック[2]主人公、マイキーの家は銀行借金を抱えており、付近を買収しゴルフ場にしようとしていた銀行に迫られ、明日には立ち退きの書類にサインをしなければならなかった。

マイキー率いるグーニーズの4人は、マイキー宅の屋根裏部屋で偶然、伝説の大海賊「片目のウィリー」の遺した宝の在処を記した地図を発見。地図を元に岬の燈台レストランの地下に行くと、そこには大洞窟が広がっていた。

グーニーズにマイキーの兄・ブランドとその恋人アンディ、その友人ステファニーを加えた7人は、宝を狙うギャング団・フラッテリー一家の追跡を受けながらも、買収を阻止するため、ウィリーの宝を求めて大冒険を繰り広げる。

キャスト[編集]

グーニーズのメンバー[編集]

「グーニーズ」とは、「まぬけ」な連中という意味と、グーンドック(いも波止場)の町の名をひっかけたものである。

マイケル・ウォルシュ(マイキー) - ショーン・アスティン
主人公。父から聞かされた海賊や冒険を夢見る少年。喘息持ちで、吸入器を持ち歩く。終盤では喘息が治ったのか、その吸入器を「要らないや、こんなモン」と破棄している。歯にブリッジを入れている。
家族からも愛称のマイキーで呼ばれており、本名のマイケルは祖父からしか呼ばれない。幼い頃から、父親から毎晩、海賊ウィリーの伝説に付いて聞かされていた。
クラーク・デヴリュー(マウス) - コリー・フェルドマン
悪ぶっていて、大人の口真似をする少年。メキシコ人の従兄弟がいるのでスペイン語が堪能。お調子者でいつも口が災いの元になるので「マウス」のあだ名を持つ。
ローレンス・コーエン(チャンク) - ジェフ・コーエン
虚言癖がある少年。食いしん坊でおっちょこちょいである。フラッテリー一家に監禁された時に同じ部屋に居た末弟のスロースと意気投合。ずんぐりした体格から「チャンク(肉の塊)」のあだ名を持つ。後にスロースの面倒を見る事になる。
リッキー・ワン(データ) - キー・ホイ・クァン
イジメっ子撃退を目的としたいろいろな発明をしている中国系の少年。ただし発明品の大半はテスト中。大人顔負けの知識を持つことから「データ」のあだ名を持つ。終盤で父親と中国語で会話をしている。

以下の3人はグーニーズのメンバーではないが、成り行きでマイキー達の冒険に同行した。

ブランドン・ウォルシュ(ブランド) - ジョシュ・ブローリン
マイキーの兄。面倒見が良く、弟の病気を心配している。体を鍛えるのが趣味。アンディが好き。成り行きでグーニーズの冒険に同行する。
アンドレア・カーマイケル(アンディ) - ケリー・グリーン
チアリーダー。ブランドの恋人。ステファニーの友人。幼少時にピアノを習っていた。(このことがきっかけで冒険中、彼女最大の試練とも言うべき思わぬ実力を発揮する)成り行きでグーニーズらの冒険に同行する。暗がりでブランドンと思い込んだマイキーに誤ってキスをしてしまった。
ステファニー・スタインブレンナー(ステフ) - マーサ・プリンプトン
眼鏡を掛けた女の子。アンディの友人。マウスとよく衝突をする。成り行きでグーニーズらの冒険に同行する。

フラッテリー一家[編集]

フラッテリー・ママ - アン・ラムジー
ギャングの女ボス。フラッテリー3兄弟の母親。
ジェイク・フラッテリー - ロバート・デヴィ
フラッテリー家の長男。陽気で歌が好き。本編冒頭で脱獄したが、ラストで母や弟と共に再逮捕される。
フランシス・フラッテリー - ジョー・パントリアーノ
フラッテリー家の次男。彼の頭部には秘密がある
ロトニー・フラッテリー(スロース) - ジョン・マツザック
フラッテリー家の末弟。幼い頃の母親の虐待により顔が崩れていて、左目の位置がおそろしく不自然。また、歯も数本欠けている。現在でも兄弟達に虐待されており、一家による手錠で繋がれた状態でテレビを見ていた。ずんぐりした体つきで怪力の持ち主だが、優しい性格。一家に捕まって監禁されていたチャンクと仲良くなり、マイキー達の味方になる。そのためラストでは、フラッテリー家の中で彼だけは逮捕されずに済む。耳が動く。

その他[編集]

アービング・ウォルシュ - キース・ウォーカー
マイキーとブランドの父。自宅の屋根裏部屋にはアービングが蒐集した海賊に纏わる地図等の宝が数多く保管されている。
終盤、エルギンに立ち退きを迫られ、期日に、仕方なく家を明け渡す契約書にサインをしようとするが、ちょうど息子のマイキー達が宝を持って帰ったのを見ると、契約書を破り捨てる。
ハリエット・ウォルシュ - メアリー・エレン・トレイナー
マイキーとブランドの母。少し天然。作中では片腕を負傷中だった。
ロザリータ - ルーペ・オンティベロス
マイキー達の母・ハリエットが連れて来た家政婦。スペイン語しか話せないので、言葉がわかるのはマウスだけ。当の彼はハリエットの言葉を嘘の通訳でロザリータを困惑させ、彼女に「イカれているわ、この家」と言わせる始末であった。
最後まで活躍は無かったが、マイキー、マウスの父がエルギンの契約書にサインをする直前、海岸に流れ着いたマイキーの宝石入りビー玉袋を発見、マイキー達のところに持って来るとともにスペイン語で「書くな」と叫んでサインを止めさせ、最後の最後に重要な役割を果たした。
トロイ・パーキンス - スティーブ・アンティン
父・エルギンがマイキー達の家に金を貸していることもあり、居丈高で嫌味な態度をとる。断れないアンディらを誘って車を乗り回している。ブランドやグーニーズ全員が彼を嫌う。
エルギン・パーキンス - カーティス・ハンソン
トロイの父。マイキー達の家に金を貸しており、返済期限日には家を差し押さえようとしている。
片目のウィリー
故人。アイパッチがトレードマークの伝説の大海賊。かつて洞窟に自らの船ごと財宝を隠し、そこに辿り着くまでの道に仕掛けを張り巡らせた。財宝を巡って部下と殺し合い、自らもそこで息絶えたといわれる。白骨死体として登場する。
チェスター・コパーポット卿
プロの探検家。50年前、ウィリーの財宝を探しに行って消息を絶つ。そして50年後、グーニーズが同じ財宝を探しに洞窟に入り、その途中で彼の白骨死体を発見することになる。身分証明書を持っていたので、マイキーはチェスター卿だと確信した。
シンディ・ローパー
本作の主題歌を歌う、実在の歌手。劇中でも歌っている姿がテレビの映像で流れている。
この時、彼女が歌っている歌『The Goonies 'R' Good Enough(グーニーズはグッドイナフ)』が、MSX用およびファミリーコンピュータ用ゲームソフト『グーニーズ』のステージのBGMになっている。

スタッフ[編集]

日本語吹き替え[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHSDVDBD TBSBD
マイケル・ウォルシュ(マイキー) ショーン・アスティン 浪川大輔 藤田淑子
クラーク・デヴリュー(マウス) コリー・フェルドマン 飯泉征貴 野沢雅子
ローレンス・コーエン(チャンク) ジェフ・コーエン 岩淵健 坂本千夏
リッキー・ワン(データ) キー・ホイ・クァン 藤田哲也 菅谷政子
ブランドン・ウォルシュ(ブランド) ジョシュ・ブローリン 菊池英博 古谷徹
アンドレア・カーマイケル(アンディ) ケリー・グリーン 井上喜久子 富沢美智恵
ステファニー・スタインブレンナー(ステフ) マーサ・プリンプトン 玉川紗己子 岡本麻弥
フラッテリー・ママ アン・ラムジー 片岡富枝 遠藤晴
ジェイク・フラッテリー ロバート・デヴィ 石塚運昇 徳丸完
フランシス・フラッテリー ジョー・パントリアーノ 堀内賢雄 納谷六朗
ロトニー・フラッテリー(スロース) ジョン・マツザック 島香裕 郷里大輔
ハリエット・ウォルシュ メアリー・エレン・トレイナー 横尾まり
アーヴィング・ウォルシュ キース・ウォーカー 小島敏彦
ロザリータ ルーペ・オンティベロス 片岡富枝
トロイ・パーキンス スティーブ・アンティン 関俊彦 小野健一
エルギン・パーキンス カーティス・ハンソン[3] 西村知道 稲葉実
役不明又はその他 加藤正之
田原アルノ
鈴木祐子
荒川太郎
森利也
翻訳 菊池浩司 森みさ
演出 福永莞爾 加藤敏
録音 ニュージャパンスタジオ
プロデューサー 小川政弘 上田正人
制作 ワーナー・ホーム・ビデオ
ACクリエイト株式会社
東北新社
TBS
初回放送 1988年1月3日
『新春特別ロードショー』
(18:30-20:54)
※ノーカット放送
  • WOWOWにて2013年11月16日にTV版吹き替えのカット版に新たに追加録音したものが放送された。

映像ソフト[編集]

映像ソフトとしては、VHS・レーザーディスク・DVD・UMD・Blu-ray Discで発売。DVD版以降では当時のメインキャストが総登場し、各シーンについて解説が入る特典がある。

また、2010年12月22日にBlu-ray・DVDで発売された「25周年記念 コレクターズ・エディション」では、新たに1988年1月3日にTBSにて地上波放送された劇場ノーカット版の日本語吹き替え版が「TV版」音声として既存の吹き替え音声と同時に収録された。このTV版音声は当時の豪華な声優陣が多数出演していたこともあり、非常に人気が高かったが、長きに渡りソフト化されていなかった。ただし、地上波吹き替え版のものは後に短縮カット版が放送されていた影響により、DVDへ収録されたものはこのカット版のため一部シーンで英語音声、日本語字幕になる。また、あるシーンには全く関係のない吹き替えが当てられている(チャプター8の冒頭でマイキー達が自転車に乗ってるシーンなのにトロイ達の車の中でのセリフが挿入されている)。

続編[編集]

監督のリチャード・ドナーは続編を構想していたが、制作元のワーナー・ブラザーズは2004年、続編製作に興味を持っていないことを明らかにした。しかし現在も続編製作の噂は絶えず、近年では2007年に「かつて主役を演じたショーン・アスティンやコリー・フェルドマンの子供が、彼ら自身の冒険に旅立つ」という続編の製作についての構想を明らかにしていた。しかし2008年10月またしても計画は白紙化。今度はブロードウェイでの劇化を考えているという。2012年 MTV NEWSによると「続編が制作されることについて、僕は100パーセント確信を持っているよ。自分の子どもたちに誓うよ」と話していた。

備考[編集]

  • ラストでデータが記者にどんな冒険をしたか聞かれ、について語るシーンがあるが、そのエピソードはカットされていて本編に登場しない(DVD特典には収録)。他、多数のカットされたシーンが存在する。
  • ラストシーンで、家政婦が両手に宝石を持つシーンが2カットあるが、そのうち最初のカットと後半のカットでは、指のマニキュアの有無という撮影ミスがある。
  • ショーン・アスティンが「頼むよプリントン」とステファニー役のマーサ・プリントンの本名を呼んでしまうが、そのまま本編に使われてしまうミスがある。
  • 台詞の間違いを吹き替えで修正しているシーンがある。
  • フランシス・フラッテリー役は当初はジョン・トラボルタが演じることになっていた。

サウンドトラック[編集]

『グーニーズ オリジナル・サウンドトラック』 ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
1985年6月7日に3,200円(税別)で発売され、2001年12月19日に2,000円(税込)で再発売。「The Goonies 'R' Good Enough」を含む10曲を収録。

書籍[編集]

『グーニーズ』 ISBN 4-04-272602-X 角川文庫、1985年10月
本作の小説化。著者はジェームズ・カーン、訳者は広瀬順弘。
章のタイトルがあらすじを説明した長文という奇妙な形式を取っている。
『グーニーズ アドベンチャー・ゲームブック』 ISBN 4-576-85076-8 二見書房、1985年12月
本作を元にしたアドベンチャーゲームブック。映画と同年の1985年に出版された。
ラストでフラテリ一家に捕まらずに逃げおおせるパターンがあるなど、映画にないシーンもあるものの、チェスター・コパーポット卿の持ち物からルー・ゲーリックのカードが見つかるところ、石が落ちる仕掛け、パイプから水が出るシーン、パイプオルガンを見た時の「いやな趣味」というセリフ、コインのケネディを見てマーティン・シーンと言うところ、石をどかした後の穴からコウモリの大群が飛び出し、マウスが「お座り!!」としつけようとする件など、非常に細かいところまで、かなり映画に忠実に作られている。

ゲームソフト[編集]

コナミから本作品を題材としたアクションゲームが発売された。以下の3作品ではすべて、作中のステージBGMのひとつとして、映画の中でテレビに映っていたシンディ・ローパーが歌っていた主題歌『The Goonies 'R' Good Enough(グーニーズはグッドイナフ)』をアレンジした曲が使われている。

グーニーズMSX、1985年12月)
クレジット上にはKONAMI 1986と表記。下記ファミコン版とは別内容。スロースが主役となっている。
グーニーズファミリーコンピュータ、1986年2月21日)
MSX版とは別内容で、こちらはマイキーが主役となっている。
後に、PC-8800シリーズX1用ソフト(1986年11月)、ディスクシステムの書き換え用ソフト(1988年4月8日)としても移植。
アメリカでは、任天堂VS.システムアーケードゲーム(1986年)としてのみ発売された。
グーニーズ2 フラッテリー最後の挑戦(ファミリーコンピュータ、1987年3月18日)
ファミコン版『グーニーズ』の続編で、独自のオリジナルストーリーとなっている。
The Goonies - 20th anniversary edition(PC(WindowsMac OS XDebian / Ubuntu)、2006年)
MSX版をベースとして「Brain Games」によりリメイク、フリーゲームとして公開されている[4]
ゲスト出演作品
コナミワイワイワールド(ファミリーコンピュータ、1988年1月14日)
マイキーがプレイヤーキャラクターの一人として出演し、ファミコン版『グーニーズ』を元にしたステージが収録されている(BGMは『グーニーズ2』で使用されたオリジナル曲)。なお、後の携帯電話アプリ移植版では別のキャラクターおよびステージに変更され、登場しない。
pop'n music 10(アーケード、2003年8月6日 / プレイステーション2、2004年11月18日)
コナミの音楽ゲーム。ファミコン版のBGM(映画の主題歌を基にしたもの)をアレンジした楽曲が収録され、担当キャラクターとしてゲーム版を元にしたマイケルが登場している。編曲はMr.T[5]
アーケード版ではその後も『pop'n music 20 fantasia』まで継続して収録されたが、2012年稼働の『pop'n music Sunny Park』以降、楽曲のみ非収録となった(キャラクターは残留)。

脚注[編集]

  1. ^ The Goonies (1985)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月16日閲覧。
  2. ^ アメリカ合衆国オレゴン州にアストリアという市が実在し、多くのロケもアストリアとその周辺にて行われたが、「グーンドック」という名称は架空のものである。
  3. ^ 映画監督のカーティス・ハンソンとは同姓同名の別人
  4. ^ MSX版グーニーズのリメイク作が公開中!
  5. ^ グーニーズ - pop'n music 10 - KONAMI

外部リンク[編集]